NP・トレッキング6日目


11月24日(土)と25日(日)

パウドワールからポカラまでの2日間



宿泊施設とは思えないような
みんなで大笑いのロッジ

こんな宿でも
ネパールには 虫がいないから許せます



トウモロコシ粉で作ったパン(上)
・・・味は忘れた



ロッジを出て 村を抜けます



5分ほど歩いて 道路に出ると
手配してくれていたジープが待っていました



ポカラまでの幹線道路があるタトパニまで
歩く事は出来ますが

基本 車の通る道は車で・・・な私たち

1時間20分 悪路を揺られ揺られて
着いたのは 温泉地のタトパニ



川沿いの道から 急登を上って
丘の上にある村

そこにあるホテルへ

コテージタイプのお部屋



食堂は 今までよりお洒落



ポーターさん親子とお別れ
記念写真を



ポーターさんのお仕事
日給2000ルピー(2000円)だとか

ネパールでのお仕事としては
貴重な現金収入のようです

とても気持ちよく働いてくれたので
たっくさんチップを渡しました

重い荷物を背負わずに歩けるのは
ポーターさんのおかげ

ありがとうございました

温泉地のタトパニ

丘の上のホテルから 河原の入浴施設を見る



これが温泉 混浴
水着着用です



すご~く熱いそうです
私たちは・・・入りません(笑)

ちょっと都会っぽくなったせいか
ホテルにはケーキも



ティータイムで食べる
4人で2つ



なかなか美味しいよ

今回のトレッキングルートは
日本人には あまり知られていないコース

欧米人には人気のルートです
だから たくさんの欧米人がいました

街を散策





美味しそう



1本道の商店街
あっという間に 端から端へ



わっ 食パン
食べた~い



ホテルのレストラン



昼食は サンドイッチ
ゆで野菜と いため野菜



野菜が美味しい!

部屋には お湯シャワーがあると言ったけど
・・・やはり出ず

まあ快適に過ごして
次の日

幹線道路を通って ポカラまで行くのですが

道路工事のため
11時からしか 道が開かない

並んで待つ



気長に待っていると 動き出した



工事中の道



これが幹線道路かって思うほどの道
歩くよりはいいと考えることにしよう

途中で トイレ休憩



のどかな いい眺め

タトパニから 車で4時間
ポカラのホテルに到着





やった~ 寝袋を使わずに寝られるよ
お湯たっぷりの お風呂に入ることが出来るよ



極楽 極楽

夕食は いつもの かつ丼



特に 日本食が恋しいわけではないの

あの飽きるほど見たメニューにないモノが食べたい
そんな気持ち

めっちゃ うまい!

やっぱり日本人だね

明日は カトマンズまで移動

あと1回 お付き合いください



NP・トレッキング5日目


11月23日(金)
ネパールトレッキング5日目



コプラダンダ(3660m)から パウドワール(2020m)
1600m下ります

アンナプルナサウスや ダウラギリを
心いくまで眺めました

ここからは帰り道です



朝日が当たる
アンナプルナサウスとテェリチョピーク



雲海と 赤く輝くダウラギリの頂上

チベットパンとオムレツにも
少し飽きてきたかも



いつものように 8時出発
正面にダウラギリ



山に向かって歩くのもいいね



もう見えなくなりますね
さようなら



5人の影で 記念写真



目的地 パウドワールの案内板



今日は この谷の底まで下ります



歩いてきた山々と雲海
「歩いてきたんだね~」と感慨深げ



ダウラギリとニルギリ



この急登を下ってきたよ



ポーターさんも 元気に下ります



お寺って言ってたけど・・・
中には 何もなかった



あの稜線に 泊まったロッジがあったよ



また石の階段が出現



休憩のロッジが見えてきました



大根を干しています
大きなマリーゴールドも見事です



茶店は新しいみたいね



中からの景色は抜群



ポテトを刻む器具で 大根を切ってる



キャベツが見事



ゆっくり休憩して また歩きましょう



急な斜面に 段々畑が見えてきました



上がったり下りたりが 大変そうです



突然 牛が・・・



村が見えてきました



民家ですね



水場で 洗濯中



学校帰りの子ども達
「ナマステ~」って 手を合わせます



お母さん達の 井戸端会議?



学校だそうです



学校の隣にある ここが今夜のお宿



古い建物ですね



こちらが食堂棟





古いけれど 整理整頓バッチリでした



前回の マナスル・トレッキングは
ネパール地震で家々が倒壊したため

どのロッジも新築でした

今回のルートは どのロッジも古かったです

このお宿は・・・すごい



天井は ビニールシートを木で止めていますし
ドアの上下に壁はないし

あまりの凄さに 大笑いしてしまった

初ネパールのまちこさん
ドン引きしちゃったでしょうね

こんなのも平気になって
笑えるんだから

私達も たくましくなったものです

来るたびに
ネパールの電気事情はよくなっています

部屋の電気はいつでも点くから
ヘッドランプも必要なくなりました

以前は有料だった充電も
今では 部屋にコンセントがあったりします

無料のWI-FIが使えたりする

そんな変化を見るのも楽しいものです




NP・トレッキング4日目


11月22日(木)
ネパールでのトレッキングも 4日目になりました

そうそう いつも3人部屋でしたが
トリプルルームがないってことで ツインが2部屋

この日は 私が一番に場所を選べる日だったので
一人部屋にしました



3人でどのベッドを選ぶか
輪番制です

外にいても 部屋にいても
隣の部屋と 普通の声で会話できるから

3人部屋と変わりません



7時45分 ポーターさんが出発



私達も 早く用意が出来たので
出発しましょう



今日も いいお天気



「あそこの稜線にあがりますよ~」
「え~~~~
」な私達



急登です



突然顔を出したら ビックリするじゃないか!

「それは こっちのセリフだ」



何か見えてきたよ



右の山が ムダイピーク(朝日を見に登ったところ)
真ん中の山が 昨日休憩したロッジ

山を越えてきたのよ



休憩しましょう
急登だったから 息が切れたよ



道がずっと続いています
ダウラギリも見えてきました



「今日は 途中に 休憩ロッジがないのよね?」
「はい、ないです」

あれ?道の先に屋根が見える?



「きゃぁ~~~ロッジ!」
もう着いたの?

まだ11時前です



右の アンナプルナサウス
真ん中が ティリチョ・ピーク
左が ニルギリ



今夜のお宿は 3660m
富士山くらいですね



ロッジにチェックインしているのを待つ間
絶景を堪能



今日は 3時間ほどで着いちゃった

食堂



メニューを撮ってみる



1ルピー=1円 わかりやすいです

フライドポテトを頼むと
これが出ます



「フライド」は 油いためです

早めの昼食

いい景色のロッジですね~



午後から 明日行く予定だった
カヤール湖方面に散策へ



休憩



左側にロッジが見えますよ



だんだん アンナプルナサウスが
近づいてきます

どこまで行くのかなぁ~



しばらく歩いては休憩



急登もあるよ
ザックがないから いいけどね~



上りきって休憩



ロッジが遠くになっちゃった



雲が出てきて 素晴らしい雲海



もう大満足だね ってことで
ここがゴール



パノラマ写真にして
左から ダウラギリ・ニルギリ・ティリチョピーク・アンナプルナサウス



ポーター・息子さんの方
記念写真を撮っています



きゃっ まちこさん 上まで行っちゃった
ここは4000mだよ~ 大丈夫?



みんなで雲海を眺めて





帰りましょう



素晴らしいな



ただいま~

ロッジの右手前の ビニールハウス



ここは ポーターさん達のお部屋
のぞいちゃった



夜は 寒いんじゃないですか?

夕焼け



なんてキレイなの



日の入り



夕食は
カレー・スパゲッティ・フレンチフライポテト



食堂のストーブで暖をとる

湯たんぽと プラスチックボトルにお湯をもらい
湯たんぽダブルで ぬくぬく

毎日 早々に就寝です




NP・トレッキング3日目


11月21日(水)
トレッキング3日目

5時起床 5時半出発
荷物を置いて 丘の上「ムダイピーク」まで行きます


まだ暗いので ヘッドランプで歩きます



山のシルエットが見えます



ムダイピークが見えました



ロッジから 30分ほどで到着
ここは 標高3637m 富士山と同じ位です



今日も快晴 山がキレイですね



ダウラギリ(8167m)は世界第7位



あれ?ワンコがいる!
・・・なんか 見たことあるような



みんなで 日の出を待ちます



ポーターさんが
ポットに紅茶を持ってきてくれました

温かくて 美味しいね

山に 朝日が当たり始めました

ダウラギリ



アンナプルナサウスとマチャプチャレ



日の出です



この優しいお顔



 そして この優しいお目々



首輪を見て 間違いありません
下のロッジで見た 女の子と一緒にいたワンコです

どうしてここに?
あなたの家はどこ?

絶景を楽しむ



アンナプルナと ダウラギリの
両方を眺められるなんて すごい贅沢



記念写真





いつまでも見ていたい景色ですが
そろそろロッジに戻りましょう

朝食は
チベットパン(揚げパン)と オムレツ



8時半 出発
今日もいいお天気ですね



下ります



泊まったロッジ



下にもロッジがありますが
やはり 私達の泊まった 上のロッジの方がいいよね





この写真じゃ見えないかな
写真中央に 今日のお宿の青い屋根が見えます





休憩のロッジです



正面に ダウラギリ



ゆっくり休んで 出発ね







山の上の方に 光る屋根が見えますか
休憩したロッジです



ひと休み



大きな木



ヤク
・・・ってことは この辺りに 人が住んでいる?



谷底まで下りました 渡渉して
隣の山に渡ります



そして また登る~思ったよりも 長かったなぁ

やっと 宿泊のロッジに到着



ロッジから 5時間くらい歩いたね
早朝の ムダイピークの分もあるから もっとだわ



ゆっくり休んで 夕食は

ジャガイモのゆでたのを頼んで
ビニール袋でつぶして ポテトサラダを作る

明太子ペースト・ゆでたまご・マヨネーズも入れて
美味しかったなぁ~

あとは 春巻きと チャーハン



相変らず 美味しそうに見えないですね

でも 美味しいのよ






NP・トレッキング2日目


11月20日(火)
トレッキング2日目

宿泊した タダパニ(2595m)から
ドバト(3450m)へ向かう

標高差は 850m

徐々に 高度も上がってくるから
ゆっくり ゆっくり 歩きます



いつものように6時起床

なんと!山が見える!



朝焼けの 左が アンナプルナサウス 7219m
右が 魚の尾びれの山 マチャプチャレ 6993m

ワンコ達も眺めてます



黒いワンコ



茶色いワンコ



日の出です



キレイだなぁ~~~~

一番天候の良い 11月に来たんだもん
こうでなくっちゃ

7時の朝食
チベタンブレッド(揚げパン)と プレーンオムレツ



トーストと スープの方は こちら



雲ひとつない青空
素晴らしい天気になりました



8時出発
森の中を歩きます



今日も急登ですよ
石段ではなく 土だと歩きやすいです



木々の間から アンナプルナサウス
氷河の融けた水が 滝になって流れています



トレッキングコースは 人が少ないです
静かな山歩き



休憩タイム



標高 2965mまで来ました
もうすぐ3000mを超えますね



案内の地図看板が面白い



山を眺めながらの ティータイム
気持ちが良いし 素敵なんだけど・・・

洗濯物 何とかなりません?



雲が出てきましたね~

さあ また頑張って 歩きますよ



上の方に小屋が見えます
あそこまで行くんですって



急登だ 急登だ



着いた~~~

なんか 食堂の床が 宙に浮いてる・・・
支えの柱 細いよ



ず~~~っと上に 小屋が見えるよ
あそこまで登るの?



ランチは ネパール名物の「モモ」
小籠包みたいなものです

あとは フレンチフライポテト



フライドポテトを頼むと 別の物が出てきます
じゃがいもの油いためです

あとは ネパールの定食「ダル」



ポーターさんや ガイドさんは いつもこれ
カレーと ご飯は おかわり自由

ロバが ガスボンベを背負って行きます
重いだろうね~ 頑張れ~



さあ行きますよ



ちょっとトラバース
上りじゃないと楽ですね



お花がキレイでした



ポーターさん 重い荷物をありがとう

今回のポーターさんは2人
親子です



お宿が見えてきました



ご主人が 石を薄く割って 地面をキレイにしていました
働き者ですね



シャワーが浴びられるらしいけど
私達は 風邪を引いたら困るので 使いません



食堂は ストーブがあって ヌクヌク



ホットチョコレート
城戸ちゃん持参の わらび餅

隣の席の 外国人さんに
「それは何?」と聞かれたけど

わらび餅の説明が出来なかったわ

夕食



たぶん スパゲティと
辛いヌードルスープ

あとは カレーと ライス

赤い色の器は
どうも美味しそうに見えないね~

部屋に暖房はないけれど

湯たんぽを用意してもらって
寝袋の中は ヌクヌク