帆立貝のトレイ

 

 
しばざくら・・・今が見頃です
きれいですね~
 
さて
ちょっと前になりますが
ザルツブルガークラフトの
レッスンで作った
『帆立貝のトレイ』です
 

 
どう写しても 平面になり
帆立貝ってことが 伝えにくいです

 

 
アクセサリーなどを
ちょっと 置いておくのにいいでしょ?
 
 
今月のレッスンは
『リース』です
 

 
大きなサイズのリース作り
ワイヤーがけは 宿題です
 
たっくさんありますよ~
頑張らないとね・・・
 
次回 完成します
 
 

 
 
おまけの いたずら
 
笑ってください
 

 

 

 

 

 

 
今日は
みるてぃちゃん達と 支笏湖に行きます
 
きらら 泳げるかなぁ~~
 
楽しみだよん
 

 
 

5月のケマージュ講習会♪

 

 
今日は 我が家で 
ケマージュ講習会
 
下地を塗った この箱に
ケマります
 

 
わいわい がやがや
 
若いお嬢さんたち
可愛いね~
 
しかも美人揃いだよ~
 
仕上がった作品は これ!
 

 
ちょっと 見えにくいかな
 

 
ひとり2個 作りました
 
楽しんでもらえて
嬉しいな
 
きららは ケージで
いい子にしていました
 

 
こちらは 私の作品
 

 
みんなと一緒に楽しみました
 
次回は
マガジンラック、ゴミ箱に
挑戦します
 
 
 
 

明日はケマージュ講習会♪

 

 
今月はじめ
ケマージュ講習会を開催
 
ティッシュボックスカバーを 
作りました
 

 
みなさん 意欲満々で
またまた講習会依頼が・・・
 
明日 4人の生徒さんが参加します
 
今度は
白木の素材を使って作りましょう
 

 
トールペイント用の
白木の素材を選んでもらい
 
アクリル絵の具で下地を塗ります
 
ここまでは 私が準備しました
 
みなさんの希望の色になったかなぁ~
 
 
あとは 紙ナプキンで ケマるだけ
(ケマージュすることを ケマると名付けました・笑)
 
仕上げは ニスを塗ります
 
 
4人にしては多い?
・・・みなさん 2~3個予約です(笑)
 
 

 
その次は
マガジンラック、ゴミ箱・・・など
 
すでに予約済み
 
こうした在庫が あることに
みんなに 驚かれ 笑われた私です
 
明日 どんな作品に仕上がるか
 
楽しみですね~~
 
 

花の山~アポイ岳(810.2m)

 

 
高山植物の宝庫
『アポイ岳』
 
以前から 行ってみたいと
思っていました
 
だけど・・・遠い
 

 
札幌から 車で3時間半
襟裳岬に近い場所です
 

 
7時に札幌を出て
10時30分 登山開始
 
ここは 高山植物の 保護区です
 

 
歩き始めて間もなく
 

エゾオオサクラソウ
 
きれいな高山植物が
見られます
 
花の名前は 自信がありません
違っていたら ごめんなさい
 

 
今回の参加者
男子1名 女子8名
ガイドさんとで 合計10名
 
1時間20分ほどで
五合目に到着
 
目指す アポイ岳頂上が見えました
 

 
ここには 休憩小屋があります
中は いすだけです
 

 

アポイキンバイ
 
海もきれいですね~
 

 

アポイアズマギク
 

 
急登もありますよ
 

 

アポイアズマギツの群生
 

わからないよ・・・
 

チングルマ
 
30分で「馬の背」到着
 

 

 
日高の山も きれいに見えましたよ
左がピンネシリ 右が吉田岳
 

 

ヒダカイワザクラ
 

 

 

 
3時間くらいで 頂上に到着
 

 

 

 
お天気に恵まれ
山も 海も 花も とってもきれいでした
遠くまで来た甲斐がありましたね~
 
 
登るとき
 
幼稚園くらいの子どもを連れたファミリーが
たくさん下りてきました
・・・なに? と思ったら
 
地元幼稚園の親子登山だったようです
 
この山に 幼稚園児が登る・・・凄いですね~
 
頂上断念の子もいたようですが
頂に立てた子は
満足そうに下っていましたよ
 
辛かったかもしれないけれど 
素敵な家族の思い出になることでしょう
 

 
歩いた距離 8.8km
 
 
 
 

屋久島☆食事編

 

 
山から下りてきて 泊まったホテルは
『屋久島いわさきホテル』
 
部屋からの眺めは いいですね~
右端が モッチョム岳です
 
夕食は
 
はじめに小鉢
 

 
バンジロウ胡麻和えと 
鹿児島産黒豚の生ハム
 
バンジロウって グァバのことですって
 
 
飛魚のつけあげ
 

 
海老 磯の香り焼き
 

 
ローストビーフは 名産じゃないですが
 

 
これは珍しいよ~
 

 
亀の手 味噌汁
 
よ~く見て!
 

 
きゃあ~~!
亀の手・・・貝です(フジツボの仲間)
ビックリしたぁ~~~~
 
味噌汁の中に 入っていました
 
他にも いろいろ出ましたよ
量もちょうど良く
美味しゅうございました~
 
*
 
次の日の 昼食
 
せっかくなので 名物を食べよう!
 
私は「とびうおの お刺身定食」
 

 
他の方が頼んだ
「とびうおの からあげ」
 

 
おうどんの おだしが美味しかったそうです
こちらは あごの出汁ですね
 
「あご」は とびうおです
 
 
*
 
最後の夜は
『送陽邸』に 宿泊
 
サライなどの雑誌にも出ている
人気のお宿です
 
夕食は 海の見える場所です
波打ちぎわで 夕日が見えますよ
 

 
食事場所
 
見える砂浜が ウミガメが産卵に来る
永田浜
 

 
ウミガメの 足跡が見えるでしょ?
 
夕食は
 

 
素朴で美味しいものばかり
 

 
海老の味噌汁
半身だけど 身がいっぱいで
お腹が 苦しいよ~~
 
 
*
 
最後に おまけです
 
鹿児島と言えば
「しろくまアイス」
 

 
空港で 食べました!
 
練乳こってり 甘い甘い・・・ひゃあ~~
 
満足、満足
 
 
鹿児島空港で
芸能人 発見!
 
森真一さん
宇梶剛士さん
浅井慎平さん
 
宇梶さん
顔が小さくて 背がすらっと高くて
カッコいい~~と思いました
 
 
 
 
 

屋久島☆ウミガメ観察会

 
 

 
屋久島は 花崗岩の島
 
風化花崗岩の白砂に
ウミガメは やってきます
 

 
島の北にある 永田浜は
北太平洋最大の アカウミガメの産卵地です
 
この浜のに面した
『送陽邸』に宿泊しました
 
砂浜には
帰っていったウミガメの 足跡がありましたよ
 
 
夜 8:30からの
ウミガメ観察会に参加
 
予約80名限定
800円です
(産卵期 5/15~7/31)
 
まずは
レクチャーを受けながら
産卵を待ちます
 
このレクチャーが 面白い!
 

 
ここに産卵に来るウミガメは
ほとんどが アカウミガメですって
 

 
ウミガメは 一生のほとんどを
海の中で暮らします
 
屋久島で生まれた子ガメたちは
太平洋で回遊生活を送り
日本近海で生活します
 
親ガメになるのに・・・
30年ですって
 
*
 
産卵時期は
4月下旬から8月上旬
 
砂の温度で
オス、メスが決まるそうです
 
産卵は
1度ではなく
2~3回、日を置いて産みます
 
2~3年ごとに
産卵するそうですよ
 
サケのように
1度生んだら死んでしまうわけでは
ありません
 
*
 
ウミガメは とても敏感で
海から上がるのに あたりの様子をうかがい
ちょっとでも明かりがあったりすると
やめてしまいます
 
しかし
産み始めると 途中でやめません
やめてしまえば
卵が敵に取られてしまいますからね
 
 
産み始めたところで
観察開始
 
真っ暗な砂浜を
一列になって 進みます
 
みんなで交替しながら観察
 
もちろん撮影は出来ません
 
若い人が多かったけど
とっても静かで
マナーは とても良かったですよ
 
 
間近で見る産卵は 感動的

ドールハウス☆完成そして終了♪

 

 
長~い時間をかけて 作っていた
『八百屋さん』が
 
やっと完成
 

 
何ヶ月も かかりました
 

 
飾るための箱も用意
 
ガラスは反射するので
撮影のため 抜いています
 

 
立派でしょ?
 
近寄ってみると・・・
 

 
本当に 細かい作業でした
 

 
ドールハウスは 奥が深く
まだまだなのですが
 
あまりにも忙しすぎるので

屋久島☆屋久杉

 

 
屋久杉のことを もっと知るために
 
『屋久杉自然館』に行きました
入場料600円
 
ここは おすすめ!
 

 
屋久島の人口 14000人
 
年間降水量
平地 4500mm
山地 7500mm
 
東京1500mm 札幌1000mm
 
1ヶ月で35日雨が降る
 
*
 
水が豊富で 栄養のない花崗岩
そこに育つ 屋久杉は
成長がとっても遅いのです
 
ゆっくり育つので
緻密で樹脂分が多いため
腐りにくく 長生きします
 
500年かかって
直径40cmほどにしか
なりません
 
年輪は とっても詰まっています
 
標高500mを超える山地に自生する杉を
屋久杉といいます
 
普通の杉の寿命は500年
屋久杉は2000年を超える巨木になります
 

 
年貢は 屋久杉
薩摩藩に納められました
 
手前にある米1俵(60kg)分が
平木2310枚分
 
後ろにある 木の分量です
 
左のように 屋根に使われました
 
*
 
「縄文杉」
 

 
樹齢1000年以上を 「屋久杉」
1000年未満を 「小杉」といいます
 
確認されている最大の屋久杉が
「縄文杉」です
 
中心が朽ちているので
正確な樹齢は分かりません
 
樹齢2000年から7200年といわれています
 
縄文杉は
高さ 25.3m
周囲 16.4m
 
*
 
「紀元杉」
 
推定樹齢3000年
高さ 19.5m
周囲 8.1m
 

 
右下の 人の大きさと比べてみると
大きさがわかりますね
 
これより はるかに大きいのが
縄文杉です
 
 

 
何年か前に折れた
縄文杉の枝ですって
 
なでなで~してきましたよ

きらら☆みるてぃ、あそぼっ♪

 

 
きららは 元気ですぅ~
 
久しぶりに 一緒に生まれた
みるてぃちゃん達に 遊んでもらったよ
 
場所は いつもの公園
 

 
今日は
みるてぃ、シャル姉さん、テディの3ワンで登場
 

 
テディちゃん 元気でよかったぁ~
 
おや?
 

 

 

 

 

 
きらら・・・ボールをゲット~
 

 
ただいま6ワンいま~す
 

 

 

 
いつものように
みるてぃと 姉妹遊び
 

 

 

 

 
あらら・・・
シェルティの3ワンも 来ましたよ
9ワンになっちゃった
 

 
たくさんの仲間と
仲良く遊んで 楽しいね~
 
いっぱい走って のどが渇いたね
 
初めて挑戦・・・
 

 
上手に 飲めました~
 
今日も 大満足
 
みるてぃママさん
いつも ありがとう
 
きららは 幸せです
 
 
 
 

屋久島縦走~3日目


 
屋久島縦走 最終日です
 
3日間歩いた道は
島の中では ほんの少し
 

 
泊まった『新高塚小屋』の周りには
ヤクシカが何頭もいました
 
近寄ってこないから
お利口さん
 
・・・というのは嘘でした(笑)
 
やられました!
私たちの 朝食の雑炊になるはずだった
鍋に入ったご飯
(夕食に多く炊いておきました)
 
食べられたぁ~~~
 
どうしてくれる・・・私たちの朝食!
 

 
今日も 6時に出発
 
標高が下がってくると
屋久杉が見え始めました
 
出発から1時間ちょっとで
縄文杉に到着

 
大きくて 全部は入らないね~
 
幹の中心部が朽ちていて
年輪が正確に調べられませんが
樹齢6000年とも言われています
 
根を踏みつけると傷めますので
現在は保護のため
柵や台が取り付けられています
 

 
縄文杉に ハグしたかったなぁ~
 
まだ7時過ぎですから
日帰りの方たちは 到着していません
(日の出とともにスタートしてきます)
 
静かに眺めることが できました
 

 
ウィルソン株も有名です
 
このあたりから
下から上がってきた
日帰りの方たちと すれ違います
 

 
大きな木ですよ
中は朽ちていて 入ることが出来ます
 
中から 上を見上げると・・・
 

 
ハート型
いい感じだね~
 
トロッコ道に出ました
 

 
日帰りの縄文杉ツアーでは
このトロッコ道を ひたすら歩き
往復します
 
楠川分れに到着
 

 
日帰りの場合
縄文杉まで175分
荒川登山口まで70分
合計245分
・・・その往復です
 
休憩を入れれば
9時間かな
 
私たちは
ここからトロッコ道を外れ
白谷雲水峡を目指します
 
大きな岩!
 

 
途中
太鼓岩に行きました
 

 
景色がいいですね~
 

 

 
「もののけ姫」の舞台です
 

 
雨だと 苔の感じがいいでしょうね
 

 
そろそろゴールかな
 

 
歩くと揺れる つり橋
 

 
ものすごい水量です
 

 
そして
白谷雲水峡に到着
14:15でした
 

 
1日目 1.5km
2日目 13.5km
3日目 11.9km
 
合計27km歩いた縦走です
 
お天気にも恵まれ
楽しく歩くことができました
 
歩けるのか
とっても不安でしたが
少し自信ももてました
 
参加して 良かったなぁ~
 
 
 

屋久島縦走~2日目


 
赤い線が 今回縦走した道です
 

 
朝食は お雑煮でした
ちから餅を食べて
元気に 6時出発
 

 
黒味岳が見えてきました
 

 
湿原もあります
 

 

 
花之江河に到着
 

 
平坦な道は ほとんどありませんでした
ロープで 上ったり 下りたり
 

 
滑らない石なので
助かります
 

 
屋久島って
大きな岩だらけなんですよ
 

 
しゃくなげが きれいですね
 

 
とにかく 歩くのが大変な道ばかり・・・
なかなか進みません
 

 
あっ!
ヤクシカ発見
 

 
お尻が白くて可愛いです
 

 
空気が気持ちいいなぁ~
暑くなく 寒くなく 快適
 

 
栗生岳は ベレー帽をかぶっているみたい
宮之浦岳は もうすぐです
 
そして・・・
出発から5時間かかって
宮之浦岳(1936m)頂上!
 

 
字が薄い
 
宮之浦岳は 九州最高峰です
 

 
今日は 10kmの行程ですよ
 
次に目指す 永田岳(1886m)が見えます
 

 
森林限界を超え
笹が茂っていますが 小さな笹でしょ?
 

 
ザックを置いて
永田岳を目指しました
 
最後の岩です
 

 
宮之浦岳から2時間で 永田岳頂上!
 

 
記念に私も登場です(笑)
 
さきほど登った 宮之浦岳です
 

 
結構 長かったなぁ~
 

 
きれいな しゃくなげを見ながら
『新高塚小屋』目指して
黙々と歩きました
 
小屋には夕方到着
あれ?写真がない・・・
 
 
 
今日は 歩きました
 
岩だらけの段差のある道ばかりです
しかも10時間も・・・重いザックを背負って
 
全くバテることなく歩けたことが
奇跡です
 
まわりの景色を楽しみながら
屋久島を満喫しました
 
夕食は レトルトカレー
 
夜は 満点の星空
 
深夜 となりの種子島から
人工衛星が発射されたんですよ
(見ませんでしたが)
 
 
 
 

屋久島縦走~1日目

 

 
屋久島縦走の 始まりです
 
朝 千歳空港を出発
羽田、鹿児島で乗り換え
屋久島に着いたのは・・・15時
 
遠いですね~
 

 
屋久島空港は 小さいよ
 
飛行機だって ほら!
 

 
小さいね~
貨物室にいる ワンコの吠える声が 聞こえるんだから(笑)
 
とりあえず 欠航にならなくて良かったわ
 
タクシーで スーパーに寄り
登山口に 向かいます
 

 
淀川(よどごう)登山口に着いた頃には
17時を過ぎていました
 
ここから
今夜泊まる『淀川小屋』を
目指します
 

 
長い縦走が 始まりました
 
今回の参加者は
男子3名 女子3名
ガイドさん2名の 計8名です
 

 
このあたりは
登山道も整備されていて
歩きやすいですね
 

 
4~50分で 
目的地の『淀川小屋』に到着
 

 
屋久島は 水がきれいです
 

 
小屋は 無人なので自炊
電気はありませんから
ヘッドランプで 過ごします
 

 
トイレですよ
夜は 怖いな~
 

 
さあ 夕食!
 

 
今夜は「牛丼」
 
山で食べる食事は 美味しいです
いっぱい食べました
 
私は 
シュラフ(寝袋)、シュラフカバー、マットを
背負って歩くのは 初めて
 
今回 50リットルのザックを買いました
必要なものを詰めて・・・
背負って歩けるのか 自信がない・・・
 
とにかく
入れるものは 最低限にしました
 
・・・が
みなさん お酒、つまみetc
いっぱい入っています(笑)
どんどん出てくるから 驚いちゃったよ
 
ガイドさん達は
食材、鍋、コンロなど いっぱい!
重いよね~
ありがとうって思いました
 
明日のために
早々に就寝
 
山は 早寝早起きです
 
 
 

ウミガメの産卵


今夜はウミガメの産卵を見てきました
間近で見ることができ、感激したんですよ

ウミガメ保護のために、勝手に砂浜に立ち入ることはできません

観察会に参加し、レクチャーを受けての見学です

テレビで観たことはありましたが、実際に見て、学んで、素晴らしい体験ができましたよ

屋久島縦走


2泊3日の屋久島縦走が終わりました

お天気に恵まれ、素晴らしい景色を堪能しました

途中で縄文杉にも会えました
写真は縄文杉です~上手く写せませんね

心配した体力も…大丈夫!
元気に歩きましたよ

明日からは屋久島観光です
楽しんで帰ります

濃昼山道

 
濃昼山道(ごきびるさんどう)
 

 
その昔
海岸線は 切り立った崖になっていました
人々は 海路のみの通行しかできませんでした
 

 

 
安政4(1857)年
濃昼(ごきびる)から 安瀬(やそすけ)までの
10.5km区間の 陸路通行を可能にしました
北への開拓に 使われたそうです
 
明治期になり
地元の人々の 生活道路として 使われます
しかし、狭くて崖の迫る道であるために
苦労して通行したようです
 
昭和46(1971)年
国道231号線の開通によって
濃昼山道は使われなくなりました
 
・・・昭和46年ですよ!!
そんなに昔じゃないですよね
 
この道が『保存会』の方々によって
2005年 歩行可能となりました
 
「行ってみたい!」 ずっと思っていました
 

 
濃昼からスタート
 
いにしえの道を たどります
 

 
今回の参加者は
男子1名 女子3名
ガイドさん1名 合計5名です
 

 
山桜がきれいです
 

 
徐々に 高くなってきましたよ
 

ヒトリシズカ
 

エンゴサク
 

サクラソウ
 

 

ニリンソウ
 
お花がいっぱい咲いています
 

カタクリ
 
もうすぐ 峠ですよ
 

 
桜がいいですね~
 

 
濃昼峠に到着
 

 
札幌方面
霞んでいますが 石狩平野です
 

 
あらら・・・鹿に食べられましたね
 

 

シラネアオイ
 
とにかく ウドがいっぱい!
みなさん 山菜採りに夢中です
 
切り立った崖ですから
海に流れ込む沢がたくさんあり
その都度 川を渡ります
 

 

 
リュックには ウドがいっぱいです
 

 
面白い沢の名前!
 

 
いちいち 沢を山側に回りこんで歩くため
こんな名前をつけたのですね
 
本当は5時間くらいのルートでしたが・・・
山菜採りに夢中で
6時間半もかかりました
 
まあ それも楽しいですけどね
そんなに担いで どうするの?ってほど
採っていましたよ(笑)
 
安瀬(やそすけ)に到着
 

 
海がきれいですね
ここは 夕日が日本海に沈みます
 
とっても素敵なところなんですよ~
 

 
明日から 山旅にでかけます
 
屋久島の縦走です
 
楽しい報告ができるといいな
 
 
 
 
 

狭薄山(1296m)

 

 
中岳から見た 狭薄(サウス)山
登ってみたかったのよね~
 
ここは 笹がすごいので
雪のある時期に登る山だそうです
 
豊滝から登りました
 
あら・・・
 

 
ゲートが閉鎖されていて 車が入れない
3kmの林道歩きになりました
 
今回の参加者は
女性ばかり7名
ガイドさんひとりの 計8名です
 
上り4時間の予定ですが
林道歩き3km分、増えました
 

 
山菜がいっぱい
でも帰りまで おあずけだよ~
 

 
残雪が出てきましたね~
順調、順調
 
 
ふふふ・・・
 
 
 
ビックリしないでね!!!
 
 
ジャ~ン!
 
 
 
 

 
真冬だぁ~
 
樹氷だよ
 

 
稜線まで出ると 突風
 
樹氷が風で落ちてくるので
雹が降っているみたい
 
寒いし・・・
 
笹薮の中で
フリースを着込んで温かくして
昼食
 
ここで遭難したら
『熟女遭難』ってニュースに出るのか
などど 馬鹿な話をしながら 休憩
 

 
結局  悪天候と
連休の大雨で雪が無くなり 笹が深くて歩行不能
 
あえなく 撤退・・・
 
(例年なら 同じ時期に行けているそうです)
 
来年は4月にリベンジ!と約束
みなさん お元気ですね
 
帰りは 山菜採りだよ
 

 
下は 晴れているのになぁ~
 

 
私は「アズキナ」を たっくさん採りました
正式名は「ユキザサ」ですって
 

 

 
クセがなくって 美味しいよ
 
天ぷらと おひたしにして 食べました
(海苔、かつお節、ポン酢あえ)
 

 
 

 

 

 
 
標高差750m
上り3時間 下り2時間30分(山菜採り含む)
 

 
 
 
 
 

きらら☆おんぶ犬


 
今週は 暖かい日が続いていますよ~
 
さて きららの
 

 
 
 
なんと!
 
 
 

 
ママさん 写るの 恥ずかしいからさぁ
 
嫌だよ~~
 
でも・・・きららの為さ
 
ソファに座っていると
「おんぶ~♪」って乗ってくるんだよ
 

 
重いんだよね~
 
家の中を一周して
 
満足、満足の きららですぅ

またまた講習会♪

 

 
前回実施した
『ケマージュ講習会』
 
好評だったようで
また他の方に依頼されちゃった
 

 
ティッシュボックスカバーは
既製品(315円)
自分で組み立てます
 
そこに
ビソルドペーパーという紙を
貼っていきます
 

 
これで下地が完成
ここまで私が準備をしておきます
 
あとは紙ナプキンを貼るだけ
 

 
みなさん上手にできました

 
こんな白木もOK!
近くに こうしたトールペイント用の
白木が売っているお店があり 
とっても安く手に入ります
 
マガジンラック1050円
箱525円・・・
 
社長さんが作っているから
リクエストするとね
何でも作ってくれるの
 
できあがりは こんな感じ
 

 
次回のレッスンを頼まれました
このボックスですよ
材料費は 1個525円
 
私は先生ではないので
材料費だけいただいて
一緒に楽しめればいいんです
 
他にもありますよ~
 

 
ティティーの ご飯台として 作りました
 
今は
 

 
きららの 水台
 

 
いいでしょ?
 

 

 
欲しい方 作りますよ~
 
・・・って商売始める気?
いえいえ、全くの趣味です
 
喜んでもらえたら嬉しいんです
 
 
 
 

きらら☆会えるって嬉しい♪


 
みるてぃちゃん OKだって~
 
きららは 嬉しくて
車で大騒ぎ
 
先に到着~
 

 
来たぞ、来たぞ~
 
「また会えたね~」
 

 
みるてぃママさんの写真を入れながら・・・
 

 

 

 

 
本当に 嬉しそう!
 
みるてぃ「あれ?誰か来たよ」
 

 
ファミリーが来ました
即刻 リードをつけます
 

 
家族さんは 凧揚げをしています
 
きららたちは つながれながら遊びます
 

 
きらら、よだれ?鼻水?(笑)
 

 

 
また姉妹遊びが始まったよ
 

 

 

 

 

 

 

 

 
楽しいね~~
 

 
帰りに またお邪魔しちゃったよ
みるてぃちゃんち
 
きららは・・・
 

 
また あがってるし・・・
 
おやつ おねだりするし・・・
 

 

 
11歳のテディちゃん、可愛いんだよ~
癒されますぅ
 

 
ご機嫌なきららでした
 
会えるって 嬉しいね 

私のピアノ♪

 

 
チューリップが咲きました
草も伸びてきました~
 
 
さてさて
 
4年前 実家から連れて来たんです
私のピアノ
 

 
子どもの頃から ずっと習っていました
大学まで・・・
 
はじめはオルガンで練習していましたが
鍵盤が足りなくなって
やっと買ってもらったピアノ
 
当時
カラーテレビを買うか
ピアノが先かって頃ですよ
 
もう40年を超える 年代物です
(あっ、年がばれちゃう~)
 

 
ピアノのレッスンが大好きで
休まずに通いました
 
練習は好きではありませんでしたし
才能もなかったから・・・
その道には進んでいません
 
両親が 私のために買ってくれたピアノ
多分 当時の一番安いピアノだと思いますが
それでも 高い買い物だったことでしょう
 
買ってもらったことに
感謝しています
 
ですから
やっぱり手放せません
 

 
久しぶりの調律は
ひどいもので
乾燥のせいか ズレズレです
 
今日と後日の
2回の調律となりました
 
「あ~やっと気持ちいいな」
ピアノが喜んでいると思います
 
きれいに調律が終わったら
何の曲を弾こうかな?

きららは 調律の間 
ケージでおとなしくしていました
 
ワンとも スンとも言わず・・・(笑)
 
お利口さんだったね~
 

 

 

 
じゃぁ・・・
みるてぃちゃんに会いに行こうか?
 
 
 
 
 

ブログ開設一周年

 

 
昨日の5月6日は
ブログ開設一周年でした
 
もう1年が過ぎたのですね~しみじみ
 
 
ティティーが逝って辛い時期
 
ブログ友さん達の優しい言葉に
救われました・・・ありがとう
 
ブログを勧めてくれた
くまぐまさん・・・ありがとう
 
みなさんのブログで
自分の世界が広がりました・・・ありがとう
 
 
みなさんには
感謝の気持ちでいっぱい
 
これからも
よろしくお願いします
 

 
 
 
 

芦別岳のとなり槙柏山(1184m)


 
連休最終日
 
なんとか晴れました
 
登った山は『槙柏山』(1184m)
 

 
この山は芦別岳(1726m)の隣にあります
場所は 富良野のスキー場近く
 
今年初めての「つぼ足」
つまり登山靴での歩きです
 
でも 途中から残雪が深いかもしれません
スノーシューを背負って上ります
 

 
重いなぁ~~

 
ふきのとうが いっぱい
 
えっ!川を渡るんだ・・・
 

 
雪解け水と 連日の大雨で増水
ゴーゴーいって流れています
 

 
2本の木の高さが違うんだもん
怖いよ~
「だから楽しいんじゃない」とはガイドさん
 
林道のようなところも
ジャージャー流れています
 

 
このあたりからは残雪
 

 
スノーシューは なくても大丈夫
埋まりませんね
 
重いので 途中に置いていきました
 

 
ずっ~と急登が続きます
 
頂上が見えてきました
登山道のない山なので大変です
 

 
階段のように上ります
 

 
こんなに上ってきたんだね~
 

 
富良野をはさんで
向こうに 十勝岳も見えます
 

 
さあ、もう少し・・・
ここからが大変でした
 
やぶ漕ぎです
 

 
笹が滑るし 枝には引っかかるし
なかなか進みません
 

 
それでも 尾根にたどりつくと
芦別岳が デ~~ン!
 

 
「うわぁ~近い!かっこいい!」
写真じゃ 迫力が届きませんね・・・
 
山頂までは まだあります
GPSで確かめながら
歩ける場所を探して進みます
 

 
やっと頂上!
芦別岳の 雄大な景色を満喫して ひと休み
 
素晴らしい景色を見られて
最高の気分です

 
また川に到着
 

 
スリルを味わいながら 渡りました
 

 
下ってから 土砂降り
終わった後で 良かったぁ~
 
ラベンダーの湯

 
 
 
 
 
 

きらら☆いい天気♪

 

 
5月2日は 
いいお天気でした
 
近所の公園に お散歩
 

 
ちょっと長めのリードで
自由度アップ
 

 
すっかり 雪も解けました
 
 

 
気持ちいいね~

 
桜はつぼみ・・・まだみたいね
 
こぶしも まだですね~
 

 
いつ咲くのかな
 
あっ!
 

 
きらら・・・ビビッています

 
かなり腰が引けているよ(笑)
 

 
結局 側には行けず
 
臆病「きらら」なのでありました
 
 
 
 

初めてのお泊り~暑寒別岳

 

 
初めてのお泊りって・・・
 
きららでは ありません
私です
 
初めて
山小屋にお泊りしたんですよ~
 
 
今回登った山は
『暑寒別岳』(1491m)
 
登山口にある
『暑寒荘』で前泊し
早朝から登山する予定でした
 

 
しかし・・・
悪天候の予報により 予定変更
 
早朝に札幌を出発し登山
下山後 宿泊となりました
 
札幌を6時に出発
9時から登山開始しました
 

 
目指す 暑寒別岳は
あの山の もっと向こう
 
今日は 上り4時間半の予定です
お天気は もつかなぁ
 

 
今回の参加者は
男子2名 女子2名
ガイドさん2名の 計6名
 
スノーシュー組と
山スキー組です
 

 
残雪は かなり汚れています
黄砂のせいでしょうか
 
寒くなく 汗をかきながら
順調に進みます
 
一緒に歩く まっちゃんは
めっちゃ速くって・・・
私はカメだからね
 
マイペースで メトロノームのように
リズムを一定に進みます
(最近やっと自分のペースがわかってきました・遅)
 
山スキー組は
ずっと後を歩いています
(見えなくなっちゃった)
 
日本海も見えて いい気持ちですが
山頂は 真っ白・・・
 

 
トラバースって言うのかな
斜めっている所を歩くのは苦手
 
スノーシューでは横滑りしないように
踏ん張って歩くから
足首に負担がかかるんだよ
 

 
1200mを過ぎた付近
向こうに見える大斜面を登れば 
頂上はすぐなんだけど・・・
 
濃霧と突風で考慮
まっちゃんは「頂に立ちたい!」と希望するも
ガイドさんが悩んだ末の判断で撤退
 
そんなこともありますね
また挑戦すればいいよ
 
山スキー組は 一気に滑り降り
見えなくなっちゃった
下りは 山スキーがいいね
 
私達は 尻すべりしながら下山
 

 
上り 3時間40分
下り 2時間くらいかな
 
いつも 下りながら
「こんなに登ったんだ」って思う・・・
 
登山口の山小屋
『暑寒荘』に到着
 

 
夕食は自炊
ガイドさんが用意してくれました
 

 
塩こうじの鍋
かぼちゃのサラダ、スモークサーモンサラダ
 

 
ラムの焼肉
美味しいなぁ~
 
泊まった部屋は 一応個室
 

 
4畳に 6人が寝袋で寝ました
 

 
2階から見た様子
らせん階段があるんだよ
 
食事場所
 

 
他のパーティーも
私達と同じ場所で撤退したそうです
 
まきストーブ
 

 
初めての 山小屋泊まり
寝袋も初めて
(背中が痛い~)
 
だけどね・・・
 
新発見!
 
私って 着替えないとか
顔を洗わないとか
雑魚寝とか
ズボラ 平気なんだぁ~笑
 
秘境の旅経験が生かされてるなかな
 
次の日は ゆっくり起床
観光、温泉を楽しんで 帰りました~
 
寝袋や食器も買ったことだし
また山小屋泊に行きますよ
 

 
 
 
 

沖縄☆観光編

 

 
今回の観光は3ヵ所
 
大体の観光地は見ているので
離島と鍾乳洞にしました
 
沖縄本島って
島がいっぱいあるんだね
 
離島解消により
たくさんの橋が造られました
 
 
まずは
『宇古利大橋』
屋我地島と宇古利島を結ぶ橋で
長さは 約2km
 

 
お天気が 今ひとつ・・・
晴れていたら きれいでしょうね~
 
あっ!浜は サンゴなんだ
 

 
宇古利島は 小さな島
あっという間に一周できます
 

 
宇古利島の 売店で買った
スナックパイン(左)と
ピーチパイン(中央、右)
 

 
完熟で美味しそう
ニオイもプンプンしてるし・・・
 
買って帰りました
 
 
沖縄本島には
「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として
世界遺産が9つあります
 
グスクって 城です
 

 
琉球王国成立以前に存在した
北山国の王城です
 

 
万里の長城みたいだけど・・・
こんなに低かったら 乗り越えられちゃうんじゃない?
 
そんなことを考えながら
遠い昔に思いを馳せていました
 
ユリがきれいに咲いていたよ
 

 
資料館で
琉球王国のお勉強 
 
 
そして
『海中道路』
4つの島を結びます
 
一番奥の 伊計島
きれいな海がいいですね~
 

 
浜比嘉島では
眺めの良いホテルで コーヒータイム
 

 
観光客も少なくて
静かに過ごしました
 
 
最後は 鍾乳洞
 

 
一度見たかった
沖縄の鍾乳洞
 

 
ん~なかなか大きな規模
 

 
見事ですよ~
 

 
見学通路の鍾乳石・・・
明らかに切って道を造っています
 
天然記念物の鍾乳石
 
確かに 切らなきゃ 
こんなに奥まで見学できないね
「でも、いいのかなぁ・・・」
 
ちょっと残念に思うのは
私だけ?
 
 
 
 

沖縄☆食事編

 

 
沖縄料理は 美味しいですよ
 
飲食店はたくさんありますが
GWということもあり
予約して行きました
 
 
1日目の夕食は 『恩納つばき』
おまかせコースを予約しました
 

 
トロカツオが美味しい!
もずくは大好きです
 

 
ぐるくん(タカサゴ)は 沖縄でたくさん獲れる魚
赤い魚は 北海道にはいませんよ
 

 
ご飯は 「じゅーしー」
沖縄の炊き込みご飯です
 
どれも美味しかったです
あっという間に満席・・・
予約して正解でした
 
 
 
2日目の夕食は 『しまぶた屋』
ここも予約で行きました
 
ここは 島豚アグーの
蒸し料理が美味しいそうです
 

 
名前入りで歓迎されちゃった(笑)
スタッフは元気で気持ちがいいです
 

 
海ぶどうの 冷たい茶碗蒸し
 
何周年記念だかで
ビールのジョッキが な・な・なんと!5円!!!
何杯でもだよ~
 
しかも!
島豚アグーを 無料で1人前追加できるんだって!
 
太っ腹~~

 
きゃっ!
「めんそーれ 北海道から沖縄へ」だって(笑)
北海道がうまく書けたね~
・・・他の県の場合 どうするのかな?
 
まずは 野菜を敷いて 肉を並べます
 

 
ふたをして 3分待つのだぞ~
 

 
砂時計でチェック
 
さあ 出来上がり~
 

 
たれにつけて いただきます
 

 
ん~~なかなか美味しいですよ
もちろん!無料の1人前を追加して・・・
満足、満足

 
美味しゅうございました~
 
 
最終日の昼食
『わだや』
 

 

 
せっかく沖縄に来たんですから
沖縄料理ばかりを食べました
 
沖縄そばは・・・絶品とは思いませんが(ごめんね~)

沖縄☆ホテル編

 

 
今回泊まったホテルは
『カフーリゾート』
 
開業2周年の 新しいホテルです
場所は恩納村にあります
 
1年前のGWでは
 キャンセル待ちをしていましたが
結局ダメ・・・残念
 
今回はリベンジです
 

 
なんと! ジュニアスィートに
アップグレードしてくれました
(もちろん無料)
 
パッケージツアー客なのにね~
 
部屋は11階で 眺めもいいよ
 

 

 
新しいのもあり
清潔で気持ちがいいよ~
 

 
サービスもいいです
 
何でも貸してくれるんだよ
例えば フットバスとか エクササイズボールまで
ほとんど無料なのが嬉しいね
 
館内の自販機も
普通の価格だもん
 

 
2ベッドルームだから・・・
どこで寝るか 迷うね(笑)
 

 

 

 
ゆったりしちゃうな~~
 

 
アメニティも 大好きな『ロクシタン』
 
もっと 長く滞在したいよ~~~
 
 
 
 

きらら☆どこ行ってたの?

 

 
北海道でも
やっと水仙が咲きました
 
春ですね~
 
今朝 きららのお迎えに行きましたよ
昨夜 沖縄から帰ったのです
 

 
怒ってる?
 

 
きららの お土産なんだけど・・・
 

 
でしょ~ そうこなくっちゃ
 

 
見て!見て! まずはこれ!
 

 
どうかしら?
 

 
あげますよ~
 

 
さっそく ソファに 運びます
 

 

 

 
どお?どお?
 

 

 
単純な きららでありました・・・(笑)