きらら☆これは前転といえるか?

 

 
きららは 
よく前転をします
 
その瞬間を 
動画に撮りたいけれど・・・
 
「やれ!」と言って
するわけじゃないからねぇ
 
これどう?
 
 
 
 
ん~~~前転とは 言えないかな?
 
上手に くるんとするところを
いつか お見せしますよ~~~
 
 
 
先日 大事な友達の
くまぐまさんと会ったよ
 
久しぶり~嬉しかったなぁ
 

 
甘味処なんだけど
ランチは お寿司があるの
 
美味しかった
 
今度は
甘味で攻めましょう~
 
 
 

 

アジスアベバ市内観光

 

 
アクスム空港ロビーで 
コーヒーセレモニーを見かけました
 
今日は アクスムから 
首都アジスアベバに飛行機移動です
 
国内線も4回目
自由席にも慣れました
 
アジスアベバで昼食
 

 
 
国立博物館横の 『ルーシーレストラン』にて
 
食事後 博物館見学です
 

 
私達のツアーは
イヤホンガイドがあるので
イヤホンから説明を聞きます
 
離れていても 説明が良く聞こえます
 
勝手にブラブラしていると・・・
 

 
「あっ!可愛い
お尻に 噛み付いています
 
メインの ルーシーコーナー
 

 
人類の発祥と言われる『ルーシー』
ビートルズの歌の題名から命名されました
 

 
小柄な女性だったんですって
残念ながら骨はレプリカ
本物はアメリカにあります
 
アジスアベバ大学構内の 民族博物館にも行きました
 
三位一体教会
 

 
ハイレ・セラシエ皇帝により
イタリアへの勝利を記念し1941年に建てられました
 

 
ステンドグラスが きれいですねぇ~
 

 
天井も素晴らしいです
 

 
このあと みんなが行きたかった
コーヒー豆店へ
 

 
エチオピアは コーヒー発祥の地
近くの モカ港から 世界に輸出されました
 

 
本当は 豆が欲しかったけど・・・
250gの挽いたものしかなく
10袋 お買い上げ~~~~
1袋200円ほど
 
エチオピア最後の夜は
アジスアベバ・シェラトン
 

 
あのシェラトンのチェーンではなく
サウジの大富豪が 自費で建てたホテルですって
 

 
いやいや豪華!
ここまで豪華じゃなくっても・・・
 
次の日
 
飛行機の出発まで時間があり
東アフリカ最大規模のマーケットへ
 

 
ここで お買い物がしたかったねぇ~
(見るだけ)
 

 
バスが駐車できないから
ひとまわりしてくる間
 

 
様子を眺めていると
 

 
ゲッ!重そう・・・
 

 

 
これでもかぁ~ってくらい 頭に載せていました
 
バスの中から 広い広い マーケットを観察
 

 
品目別に お店がかたまっています
あまりの広さと 混雑に絶句
 
昼食は 韓国レストラン
 

 
得体の知れない 不思議なスープ
(はじめから この量)
かけた器
 
 
刺激的な エチオピアの観光も 終わりました
 
アジスアベバから
エミレーツで ドバイに向かいます
 
 

 
 
(おまけ)
 
アジスアベバ空港で
 ドバイ行きのチェックインする時
 
イスラムのストールを被った
15歳くらいの女の子の集団が
お行儀良く 2列に並んでいました
(50人くらい)
 
小学校の 前ならえ(前へ倣え) ならぬ
小さい前ならえ 気をつけ 無言
 
ちょっと 異様な感じ
旅の楽しさは 伝わってきません
目が不安げ・・・?
 
 
搭乗が始まりました
 
早くに通路側に座っていた私に
搭乗券を見せます
・・・って さかさま

 
4時間で ドバイに到着しました
 
乗り継ぎの関係で
ドバイに1泊です
 
 
 
 
 
 

エチオピア☆アクスム


 
ラリベラから アクスムへ 飛行機移動
45分
 
まずは昼食
 

 
 
めずらしいピザ
何種類かありましたが・・・味は微妙(笑)
 
 
シバ女王のプール
 

 

 
水汲みをして 家まで運ぶ
大変な重労働です
 
きれいな水に見えませんが
ティムカット祭では 司祭が十字架を水につけると
聖水に変わります
 
しばらく進むと
エリトリア国境40キロ
 
カレブ王の墓
 

 
ここで 初めて日本の別ツアーと会いました
 
周りは のどかな風景
 

 
エザナ王の碑文が見つかりました
保存している 掘っ立て小屋
 

 
これが碑文
 

 
その後
ステレ(オベリスク)を見学
 

 
あ~~~倒れちゃったのね
 
模様のない部分が 埋められた土台
 

 
これじゃあ 倒れますね
 
 
シオンの聖マリア教会
 

 
新しいので きれいでしょ?
それでも ビニール袋を履きます
 

 
聖書を見せてくれました
 

 

 
太鼓の生演奏
 
 
 
 
シバ女王と ソロモン王の間に生まれた
メネリク1世が エルサレムから持ち帰ったとされる
聖櫃「アーク」が眠る 教会
 

 
アークを守るのは たったひとりの聖職者
その役につくと 一生をそこで過ごします
彼は アークを見ることの出来る
唯一の人で 真実を知る人です
 
あ~~~映画と同じだねぇ
 
なんと!
シバの女王 神殿跡
 

 
実際に シバ女王に関係するものは
見つかっていません
 

 
 
一日で たくさん見学しました
簡単に紹介しましたよ
 
今夜のホテル
 

 
 
バスルームのシャワー室にビックリ!
なんじゃこりゃぁ~~
 

 
なぜ ここだけ近代的?
カプセル型シャワー室・・・みなさん見たことある?
 
今までのホテルもそうでしたが
 

 
バスルームにある給湯器
タンクのお湯がなくなると
お湯になるまで 時間がかかります
 
各部屋なのでいいですね
 
夕食
 

 
 
 
味のまったくないペンネ
 
ごめんなさい
食べられなかった
はじめて 食べられないもの登場でした
 
 
旅も終盤
首都アジスアベバに戻ります
 
あと2~3回で完結しそうです
いつも まとまりのない文章を
読んでくださって
 
ありがとうございます
 
 
 

百松沢山(1038m)

 

 
札幌市内から見える山
百松沢山 1038m
 
藻岩山や手稲山は有名で
誰でも知っていますが・・・
 
毎日見ているのに
名前を知る人は少ない
そんな山です
 

 
お天気が良いけど
寒い・・・
マイナス10度以下でしょう
 
この山は
ふたつのコースがありますが
今回は『源八の沢コース』
 

 
車を置いて 7時45分スタート
 
札幌の中心部から 30分かからずに着きました
早いスタートです
 
はじめは
スノーモービルのコースを
歩かせてもらいます
 

 
スノーモービルコースは かなり長いです
 

 
途中から コースを外れ
山に入ります
 
今日の参加者は
女性2名と ガイドさん 3人です
 
はじめは寒かったけど
だんだん暑い 汗が出ます
1枚脱いで歩きました
 

 
見た感じ 歩きやすそうな雪に見えますが
表面サラサラ その下締まって 更に下はサラサラ
重くて 滑って 歩きにくい・・・
 

 
かなりのハイペース
必死で ついて行きます
 
冬は 重装備で
写真1枚撮るのも大変

 
この送電線は 
札幌の街からも よく見えるそうですよ
 
あいにく曇ってきて
眺望なし
 
雪が降ってきました
 

 
登り始めて 3時間25分
(休憩含む)
 
頂上です!
 

 
めずらしく 記念撮影

 
左が 私です
 
札幌の街や 周辺の山々が見えるはずが・・・
まったくダメ
 
残念~
 
となりの南峰(1043m)が見えます
 

 
登頂が 11時10分なので
往復1時間の南峰
行くことも可能
 
でも 眺望ゼロなので やめました
 
寒いので 下山開始
 

 
きれいな山の景色を楽しみながら
尻すべりもして下ります
 
スノーモービルコースにでました
 

 
あらっ やっていますよ~
 

 
見ながら 車に戻りました
 

 
到着は 13時15分
2時間で下山しました
 
札幌市内なので 温泉もなし
 
ずいぶん早い帰宅となりました
 
久しぶりのロングコースに
スッキリ~~~

きらら☆みるてぃと遊ぶの最高♪

 

 
きららにとって
みるてぃと遊べる日は 最高に嬉しい
 
車の中で
公園が近づくと 大興奮
 
見て!この嬉しそうな顔!
 

 
毎度おなじみ 似たような写真ばかりですが・・・
見てやってください
 
今日は 雪玉防止のお洋服を
やめてみました
 

 
いつも服を着ているから
着ないと感触が違う?
 

 
スリスリして 雪を楽しんでる
 

 

 

 

 

 

 

 
やっぱり・・・
 

 
きららだけ 雪玉地獄
お腹全体が ぶどうの房のようになってます
 
それでも
 

 
元気に 駆け回り
 

 

 

 
手が冷たくなった・・・
 
「うちで 温まってから帰りなよ」って言葉に
 
甘えるぅ~~

世界遺産☆ラリベラの聖ゲオルギス教会

 
たくさ~んの教会群を見て
頭が混乱気味
 
何が何だか
分からなくなっています
 
 
でも
いよいよ メインの『聖ゲオルギス教会』
元気がでてきたよ
 
あ~~~見えてきた!
 

 
そう!これこれ!
エチオピアのパンフレットには 必ず出ているんだよ
 

 
いいね~これぞ 岩窟教会
 
あれ?何やら人が集まっている?
 

 
何だろう・・・ズームイン!
 

 
結婚式じゃない?
 
行ってみようよ
 
 
 
 
ちょうど移動するところで
行っちゃった
花嫁さんと 花婿さん 見たかったなぁ
 
穴に近づくと
 

 
結構 深いよね
 
どうやって下りるのかな
 
この穴の外に 岩を掘った通路があって
バリアフリーのように 坂になっています
坂を下っていくと
穴の底に出ます
 
下から見上げると
 

 
かなりの大きさですが
中は狭いです
 
あっ!これ
 

 
穴の壁にミイラいや白骨
 
海外からきた修道士さんが
白骨のまま残っていました
 
なぜか・・・足はふたり分?
 

 
ラリベラ王の貴重品を入れていた箱もありました
 
ラリベラでの2泊目
夕食
 

 
 
 
白身魚のフライは美味しいです
じゃがいものクレープ(素朴)
 
 
エチオピアの切手
 

 
日本まで 5.80ブル
300円近い?~高いなぁ
 
私は 絵葉書を 
帰りに 首都アジスアベバから投函
 
まだ着きません
 
 
明日は アクスムに移動します
 
 
 

世界遺産☆ラリベラの教会群(その2)

 
キリスト教に熱心だった
ラリベラ王(在位1185~1225年)が
教会群の建立を命じました
 

 
白い人がいっぱいいるでしょ?
そう 今日は日曜日
教会に行き 3~4時間も祈るとか
 

 
教会へは 白いストールを巻きます
 
『聖ガブリエル・ラファエル教会』
 

 
アーク(十戒の破片を納めた箱)を模して
作られたもの
 

 
アークって こんな箱なんだね
 
天国への道を通ります
 

 
真っ暗で怖い
電気をつけてはご利益がないそうです
 
前の人の肩に手を乗せて
みんなで天国に行き着きました
 
着いた先は
『聖メリコリウス教会』
 

 
ここも 掘りぬかれた教会です
 
上から掘り 窓の部分から
教会を掘っていきました
 
教会群を案内してくれたガイドさん
 

 
ラリベラ王の妻が 24時間で作らせたといわれる教会
 

 
作りかけで 壁とつながっています
 
太鼓を聴かせてもらいました
 

 
外に出ると
 

 
白いストールを巻いた人が 集まっています
お祈りの後 パンを食べて おしゃべりするんですって
 
パン
 

 
頂いて 食べてみました
素朴で 美味しいパンでした
 

 
楽しい時間なのでしょうね
 
私達も 昼食です
 

 
 
 
料理が口に合わないと聞いていましたが・・・
そんなことはありません
 
必ずある野菜スープは シンプルで美味しい
すべて薄味で 味がないくらいですが
濃いよりいいかな
 
午後からは
『ネアクトリブ』
 

 
山の頂上にある 修道院から トンネルでつながっています
 

 
本当かな・・・
 
バスを降りると
 

 
土産物を売っています
 
岩の口に造られた教会
 

 

 
中は 水が滴ってきます
 

 
天井に濡れた跡はありません
そこで 聖水として扱われています
 
実は 教会群の中で 一番湿度があり
虫の繁殖が盛んらしく
要注意の教会です
 
でも 司祭さんは とっても親切
 

 
次から次へと いろんなものを出し
見せてくれて
 
これは 乳香
 

 
これでもかって
 

 
紹介してくれました
 
ここは町から離れているので
個人旅行者は なかなか来ることのできない場所
 
観光客は少ないです
 
 
聖画の職人さん
 

 
動物の革に描いています
 
教会群ってだけあり
たくさんの教会を巡りました
 
何が何だか 混乱

世界遺産☆ラリベラの教会群(その1)

 
いよいよ 
ラリベラ教会群の見学です
 
はじめは
一番大きな『聖救世主教会』
 

 
雨で侵食されないように 屋根で保護しています
 
28本の柱が支えています
 

 
岩を くり抜いて 掘り下げて 造られました
 

 
中は こんな感じ
 

 
キリスト正教ですから
カーテンの奥が聖域です
 
すべて靴を脱いで入ります
 
 
『聖マリア教会』
 

 
司祭さんが カーテンの奥から
十字架を持ってきて
 

 
写真を撮らせてくれました
 
天井には ダビデの星
 

 
ここには
『聖十字架教会』『聖処女教会』
『聖ゴルゴダ教会』『ミカエル教会』
 

 
たくさんの教会が集まっていました
 
ぐるぐる歩き回り・・・何が何だか わからなくなった

 
靴の見張り番専門の方がいます
 
私達のグループについている方は
入るたびに脱ぐからでしょう
 
全員の靴を 覚えてしまい
言わなくても 自分の靴を渡されます
 
さすが その道のプロ・・・とみんなで感心
 

 
カーテンの奥が見えました
めったに見られない場所です
 

 
またまた 司祭さんのサービス
 

 
渡されるチップじゃなくて
お布施
 
教会にとって 大事な収入源なのでしょう
 
岩を掘り下げて造っていますから
上ったり下りたり
 
結構 歩きます
 

 

 
教会群は
まだまだあります
 
メインの教会は これからです
 
 
この日の夕食
 

 
 
 
 
 
 
 

ティティーの思い出☆二年前

 

 
ティティーの思い出を 読んでくださった方から
コメントをいただきました
 
嬉しかったぁ~
 
急に ティティーのことを
書きたくなりました
 
 
ちょうど2年前の今頃
 

 
急に 弱ってきて・・・
命の期限が 残り少ないことを感じました
 

 
愛おしくて 愛おしくて
寝顔を ずっとずっと 見ていました
 
 
病院から頂いた書類のファイル
 

 
血液検査
預かり記録
予防接種
手術の同意書・・・などなど
 

 
全部揃ってはいないけど
かなりの厚さでしょ?
 
いかに病院に行っていたかが
わかりますね
 
後半は なくなりましたが・・・
 

 
保育園みたいに 預かりの様子を
ていねいに記録してくれて
安心してお任せできました
 
そうそう
フィラリアのお薬袋
 
体重 マックス32kg(笑)
 

 
だけど 年齢とともに 体重は減ります
フードの量は倍に増やしてもです
 
たぶん、腸の吸収が悪くなるのですね
 
 
この頃から 貧血が悪化
歩くのもフラフラして ゆっくりゆっくり
 
バランスを崩して 顔から転ぶことも・・・
防御できないから まともにぶつかります
でも ワンともキャンとも言いません
 
抱きしめて 泣きました
「痛かったでしょう?ごめんね」
 

 
「ティティー」と呼ぶと
すぐ近くに私がいるのに
きょろきょろして 私を探します
 
(目が見えていないんだ・・・)
 
抱きしめて 泣きました
「おかーさん ここにいるよ」
 

 
ろうそくの炎が 小さくなっている・・・
 
最後の2ヶ月間
泣いてばかりいました
 
小さな衰えを感じるごとに
泣きました
 
ずっとそばにいて
ずっと話しかけて
ずっと抱きしめて
 
こんなに衰えても
 
ご飯を食べ
外に散歩に行きトイレを済ます
おやつをねだり
 
穏やかに 穏やかに
過ごしていました
 
 
ちょうど 2年前の今頃です
 
 
 
 
 
 

両古美山(803m)

 

今日は 登山の日
 
行った山は
『両古美山』 803m
 
場所は 積丹半島
 

 
当丸峠の駐車場が スタート
 

 
天気予報は 大荒れ
 
雪も降っていないし
風もない
 
どこまで行けるかな?
 
本日の参加者は
男性2名 女性3名
ガイドさんとで 合計6名
 
しばらく進むと・・・
 

 
突風が吹いてきた
見えていた山も 見えなくなった
 

 
体が飛ばされそう
 
マイナス9度だけど
体感温度は もっと低い
 

 
「やめましょう」 と撤退
 

 
前の人の足しか見られない
 
ほっぺが ピリピリ痛い
 

 
いったい どこにいるのか
わからなくなりそうに・・・
 
大丈夫
 
ガイドさんは この猛吹雪の中
コンパスを見ながら 進みます
 
ただ ひたすら 前の人についていく
 
 
突然
 

 
出発地点に着いた
 

 
スタートして 1時間半
 
寒かったし まったく前が見えなかったし
体を使ったって感じもない
 
そんな日も あるさ
 
 
古平温泉で まったり

 
私は 『磯丼』
ホタテ・ホッキ・ツブのお刺身
 
 
ヘロヘロになるほど
山歩きがしたいなぁ~
 
 
 
 
 
 

エチオピアのラリベラにて

 
世界遺産
ラリベラ岩窟教会群
 
これらの紹介の前に・・・
 
ラリベラの様子の紹介を先にしましょう
 

 
ティクルと呼ばれる
伝統的な住居
 

 
1階は動物
2階が住居です
 
直径5mほどで ひと部屋
 

 
ここに 7人も8人もの家族が
住むんだって
 
中を見せてもらったけど・・・狭い

 
世界遺産の街だけあって
土産物店が多い
 

 
学校の隣には 文房具屋さん
 

 
スーパーマーケット
 

 
たぶん 髪を結ってくれるところ
 

 
ちょっと不気味な毛
 

 
土産物店のお嬢さん
姉妹ですって
 

 
ストールを購入
 

 
1枚100ブル(500円)
家に帰って 熱湯で洗濯
 
夕方 ヤギ達が おうちに帰ります
 

 
のどかな風景です
 
 
ここは
ラリベラに滞在中 2泊するホテルです
 

 
ここが最大の難関ホテル
街では 最高級ホテルですが・・・
 

 
今までのツアーでも 虫の被害が続出
 
ホテルの衛生状態って言うよりも
教会群を見学した人が
虫を連れてきてしまうらしい
 

 
床がじゅうたんはマズイ

 
ベットのシーツとマットレスの間に 
入れてくれました
 
私は 海外旅行必携の 
旅行用シュラフを持参しているから
(欧米には 持って行かない)
 

 
これはスグレモノで
怪しいベッドだと思ったら使います
 
ベッドの中に入れて 枕もスッポリ
身体が枕・シーツなどに直接触れないようにできます
ベッドでは 枕が一番危ないんだ
 
シルクで軽いし小さいから最高!なんだよ~
(使わなきゃ意味ない)
 
もちろん 見学時は
 

 
こうして ビニール袋を履き
ズボンの裾も床につかないようにし
 
服もカーテンなどに触れないようにし
 
神経質なくらい
気をつけているのに・・・
 
結局
首5ヵ所、腕3ケ所、足7ヵ所
合計15ヵ所も刺された
 
ガックリ
 
 
首は 前に泊まったホテルの枕
(旅行用シュラフを使えばよかった・・・)
 
あとは
このホテルだと思う
 
じゅうたん敷きを
スリッパでパタパタ歩いたからね~
 
痒くて 痒くて
夜中にも目が覚める
 
熱をもって痛い
 
ノミ・ダニ用の 強い薬を塗り続けたよ
 
刺されやすいって 悲しい・・・
 
 
 
だけど
 
行きたいんだよ
 
仕方がないんだな~
 
 
見ているだけで痒くなる?
 
ごめんね~~~ 
 
 
 

ラリベラのサタデーマーケット

 

 
今回 エチオピア航空の国内線に
4回乗りました
 
エチオピア航空は 結構正確だし
荷物は届くし なかなか良かったよ
 
でもね・・・この搭乗券の半券 見て
 

 
ラリベラ行き 122便のみ
 
いつ 誰が どの席・・・すべて無い
つまり自由席(笑)
 
空港に入る時 搭乗ゲートに入る時
2回セキュリティチェックがあるんだけど
 
靴を脱いで ソックスで歩く・・・嫌だなぁ
しかも じゅうたんだし
小学校の時 上靴脱いで廊下歩くの嫌いだったの
 
そんな こんなで ラリベラに到着
 

 
きれいな青空

 
何か 首がヒリヒリする・・・
もしかしたら虫にやられたかも
 
首ってことは 枕だから
あのホテルかなぁ
 
清潔そうに見えたから 油断した

 
走ってくる 走ってくる
君たち どこから来たの?
 
あ~そっか
 

 
店を広げ始めました
 
町に向かっていくと・・・
 

 
たくさんの人が 荷物を持って歩いていきます
 
ドンドン増えて
 

 
帰る人もいるみたい
 

 
かなりの距離を 歩いていく先は
サタデーマーケット
そっか 今日は土曜日だね
 
あそこが マーケットが開かれる場所
 
行ってみよう
 

 
かなり遠くの村からも やってくるんだって
 
はちみつの 名産地だからね
 

 
おじさん 手ですくって 売るのかい・・・
 

 
こりゃあ 買えないなぁ
 
一応 品目別に売っているよ
 

 

 
何たって すごい人・人・人
 

 
塩や生姜など
 

 
コーヒーの生豆
 

 
すごい靴
 

 

 
マーケットに行くと
その土地の様子が よくわかるよね
 
ヒリヒリしている首に
5つも刺されたあとがあり 痒い
 
やっぱり やられた

 
 

 
 
デザートのケーキが 
素朴で甘過ぎず 美味しかった
 
 
ホテルからの景色
(昼食のみで 宿泊は違います)
 

 

 
のんびり眺めて ゆっくりしました
 
これから 今回の旅のメイン
教会群の見学です
 
 
 
 
 
 

アイゼン研修

 

 
前回のスノーシューツアーが
吹雪で中止になり がっかりしていたところに
別のガイドさんから電話が・・・
 
 
 
 
アイゼン・ピッケルの使い方を
習いたいってお願いしていました
 
 
場所は 小樽の銭函天狗山
春香山登山口から入ります
 
はじめはスノーシューで
 

 
雪がしまって 歩きやすいよ
 

 
今回の参加者は
女性3名と ガイドさん
 
採石場の
あの岩壁で練習をします
 

 
冬は 動物の足跡が見られて
いいですよ
 

 
1時間ほどで到着
何度も登っている 春香山が見えます
 

 
さあ アイゼン装着!
 

 
靴の前の歯で 登るんだよ
 

 
みんなのシルエットがいいよね
 
ガイドさんに続いて
まずは私が挑戦
 
前爪を使って 体重を乗せるのに苦労しました
 

 
3番手さんは ガイドさんに
ロープをたらしてもらって 引っ張ってもらいましたよ
 

 
何度も 上ったり下りたりする練習
 
下りる時 下を向いて下りたんだよ
上るより 下る方が難しい・・・
ちょっと怖かったなぁ
 
 
上は 景色がいいです
 
石狩湾
 

 
小樽方面
 

 
今度は 命綱を腰につけて歩く練習
 

 
準備写真のみ
 

 

 
30分で車に到着
 
初めての アイゼン・ピッケル体験
 
難しいけど 楽しかったぁ~
 
どこの山を目指しているのかって?
 
へへへ・・・秘密だよ
 
 
 
 
 

エチオピア☆コーヒーセレモニー

 

 
山の上のホテルでの昼食あと
コーヒーセレモニー体験へ
 
「フォーシスターズ」というお店
 

 
天井は 教会で見た天使だよ
 

 
コーヒーセレモニーとは
日本で言う 茶道のようなもの
 

 
草を敷き
*草は ただの草って言ってましたが・・・
市場にも これ用の束が売っています
 
この光景は 空港ロビー、ホテルのロビー
街中でも見られますが
現地の人は 家で人を招いて行います
 
カゴに入っているのは ポップコーン
 

 
乳香をたき
 
あっ 乳香って これです
 

 
南アラビア・東アフリカ・インドに分布
樹木から分泌される樹脂です
歴史は古く 交易でも扱われていた高級な香料
 

 
お土産に購入
決して いい香りがするものではありません
 
炭をたいて その上にのせて 香りを楽しみます
 
コーヒー豆を煎ります
 

 
待っている間 ハニーワインでも飲みましょうか
 

 
はちみつ酒
 

 
色はきれいですが 味はまずいそうです(失礼!)
 
豆を煎ったら すり鉢で挽き
ポットに入れ お湯を注ぐ
 

 
沈殿したら 上澄みを注ぎます
 

 

 
ひとり3杯くらい飲むんですって
 
コーヒーが入ったら
音楽や踊りで楽しみましょう
 

 

 
ひと通り終わるまで 2時間半
 
終わったら
「じゃあ 私の家にいらっしゃい」と
次の家に はしごするんですって
 
 
 
 
私たちは 1時間に短縮して 体験しました
 
 
さて次は 街中の散策
 

 
世界最貧国にもなったことのあるエチオピア
 
あっ これは お店だよ
 

 
ほらっ 乳香をたく 炭を売っているでしょ?
 

 
市場に行きました
 

 
見ているだけで 面白いね~
 

 
お~じゅうたんだぁ
 

 
この子が売っているのは
木のクズみたいなもの
 
乳香みたいに 炭の上にのせて
香りを楽しみます
 
買っちゃった・・・50円なり
 

 
そのままでも いい匂い
スーツケースが いい匂いになったよ
 
この子 学校に行けているのかな・・・
学校に行けない子が いっぱいいるそうです
もちろん義務教育はあるんだよ
 
「スーパーマーケット」って書いてあるお店・・・
日本のタバコ屋さんくらいの大きさ
笑えるぅ
 
本当のスーパーマーケットは
無いみたいですよ

土産物屋さんは 結構あって
アルジェリアより豊富です
 
 
 
 
 

きらら☆みるてぃ~待ってたよ♪

 

 
今日は みるてぃと遊ぼう!
 

 
来た! 来た!
 
 
 
 
シャルちゃんと みるてぃは 突進してくるもんねぇ~

 

 

 

 

 
あっ 遠くに ワンコが・・・
 

 
前にも会ったことのあるワンコ達
 

 
みんなで 仲良くだよ~♪
 
足が冷たくなったから

 
ママさんちに おじゃましま~す
 

 
テディーちゃん 最近は発作がないって・・・
ずっと元気でいてよ~
 
あらっ
 

 
もちろん! おやつを待っています(笑)
 

 
みるてぃは キャッチができるぞ~
 

 

 
自宅のように 寛ぐきらら
 

 
そして 遊びだす
 

 
ボケボケですね・・・
 
 
だけどさぁ~
 

 
こういうの いいなぁ~ 憧れるよ
 
 
帰って きららは・・・
 

 

 爆睡です 
 
いい夢みてるね きっと
 
 
 
 

世界遺産・古都ゴンダール

 

 
ゴンダールに着いて 次の日は
世界遺産にもなっている ゴンダール観光です
 
はじめに
 

 
なぜか日本家屋へ
どこかの町から 友好の印として移築されたそう・・・
 

 
かなり痛んでいますが 
レストランとして使われています
 
ゴンダールの城群へ
 

 
門を入ったところで
コーヒーセレモニーの準備をしていました
 

 
エチオピアの女性は美人です
 

 
コーヒーセレモニーについては次回として
 
『不思議の城』
 

 
17世紀から200年続いた ゴンダール王朝時代の城
代が変わるごと築かれたので 6つの城があります
 
何でこんな場所にヨーロッパ風の城が?ってことで
不思議の城 なのかな
 

 
みんなで スーパーマリオの城を思い出したよ
 

 
広い敷地に 観光客はほとんどいない・・・
静かな散策です
 
ジャカランタが きれいだねぇ~
 

 
中の見学もしたので
結構歩いて疲れてきました
 
次は
エチオピア正教「ダブラ・プラハン・セラシエ教会」
 

 
エチオピアは キリスト教が半数
イスラム教が30%
 
エチオピア正教の教会は
靴を脱がねばなりません
 
実は これが最大の恐怖!
 
床のじゅうたんに ノミ・ダニがいるのです
 
そこで・・・失礼ですが
 

 
靴下を二重に履いたり
ビニール袋をかぶせたりします
 
ズボンの裾も 床につかないようにします
 
 
エチオピアの最高傑作といわれる
天使の宗教画があります
 

 
正教ですから 正面にはカーテンがあり
中は見ることが出来ません
 
天井の天使達
 

 
みんな違う方を見ています
見逃さないって意味なんだそうです
 

 
フラスコ画が きれいに残っていました
 
エチオピア正教の教会には
必ず「たいこ」があります
 

 
大きい面が天国 小さい面が地獄
紐はキリストをたたいたムチ
太鼓の周りの紐は たたかれた時の傷
 
 
教会から出て 靴を履く時
二重に履いた靴下は ビニール袋に入れて捨てます
 
そして足やズボンに殺虫剤をかけます
連れて帰っては大変ですからね~
 
この国では 教会に入るごとに
こうして見学をします
 
 
ファシリデス王のプールへ
 

 

 

 
たくさん見学して お腹がすきました
 
バスで山の上のホテルに行きます
 

 
学校は 午前の部と 午後の部の 二部制
色とりどりの制服を着ています
(学校ごとに違います)
 
さて 山の上のホテルで昼食
 

 
素敵なレストラン
 

 

 
 
 
午後からは 
コーヒーセレモニーと 街の散策です
 
 
 
 
 
 

ナイル川の源流「青ナイル」

 
エチオピアに着いて 次の日
 
首都アジスアベバから
エチオピア航空で バハールダルへ
 

 
小さいプロペラ機
1時間ほどで到着 意外に正確に飛びました
 
いきなり田舎

 
エジプトのナイル川は
白ナイルと 青ナイルが合流して ナイル川になります
 

 
ここは 青ナイルの源流
タナ湖のある町です
 
これが タナ湖
 

 
ここから エジプトのナイル川へと 
つながっているんですね~
 
タナ湖にあるホテル
 

 
あとで昼食をとります
 

 
プルメリアが キレイでしょう?
 
今どき めずしい砂利道を
30分ガタガタ揺られて進みます
 

 
駐車場から しばらく歩いて
 

 
船着場
 

 
川を渡ります
 

 
第一陣 観光客はモーターつきの舟
地元の人は 棒で押す舟
 

 
舟で渡ると またしばらく歩きます
 

 
いやぁ~エチオピアの女性
たくましいですね・・・重そう
 

 
あっ!見えてきました

 
青ナイルの滝
糸を紡いでるオジサンもいました
 

 
うわぁ~~なかなかの迫力
 
動画で・・・同じ映像なのでスルーしてね
 
 
私たちは 渡し舟を使いましたが
歩いてつり橋を渡ってくることもできます
 

 
タナ湖のホテルで ランチ
 

 
 
サラダと スパゲッティ
味は まあまあでした
 
午後は 移動です
 
4時間かけて ゴンダールへ
 

 
途中の 青空トイレで
おじさんに遭遇
 
写してもいいって はいポーズ

 
日が傾きかけた頃
ゴンダールに着きました
 

 
ゴンダールも 標高2200mです
 
泊まるホテルは タイエホテル
 

 
 
まだまだ清潔です
 
夕食は ホテルのレストラン
 

 
 
トマトスープ 肉の炒め物(じゃがいもとライス添え)
パンが美味しいです
 

 
 
デザートは フルーツカクテル
コーヒー
 

 
ローカルビール
3種類くらいあるようです
 
 
ゴンダールには 2泊します
 
 
 
 
 

日本からエチオピアまでの道

 

 
日本から エチオピアまでの
直行便はありません
 
まずは
成田からUAE(アラブ首長国連邦)の
アブダビまで エティハド航空で13時間
 

 
エティハド航空は 初めてですが
きれいだし なかなかいい感じ
 

 
 
食事もいいですよ 右は朝粥 
機内食2回と 軽食(カップラーメンorサンドウィッチ)
 
おやすみグッズもお洒落だね
 

 
行きと 帰りで ポーチの色が違うよ
使えるポーチに満足
 
朝の5時に アブダビ到着
いったん入国
 
さすがUAEは きれいです
 

 
アブダビから バスで ドバイに向かいますよ
 
今回 アブダビから エチオピアまで
エティハド航空で 乗り継ぐ予定でしたが
許可申請がおりず・・・
 
ドバイから エミレーツ航空で行くことになりました
 
アブダビから ドバイまでは
バスで 1時間半
 

 
車窓からの景色を眺めながら
ドバイに到着
 
ドバイから出国して エミレーツ航空で 
エチオピアの首都アジスアベバに向かいます
 

 
ドバイからは 4時間
機内食1回
 
13:30 アジスアベバに着きました
 

 
アジスアベバの空港
 

 
いったんホテルに荷物を置いて
アジスアベバを見下ろす
エントト山に 行きました
 

 
アジスアベバでも 標高が2400mあります
急いで歩くと 息が切れます
 
ジャカランタ並木
花が咲いていますね
 

 
紫の木々は もっと鮮やかなのですが
写真にすると 色が薄く写ります
 
今夜のホテルは
アジスアベバの ラディソンホテル
 

 
部屋はきれいですね
虫は まだまだ登場しませんから ご安心を(笑)
 
夕食はブッフェ
 

  
 
右は エチオピアの主食インジェラ
イネ科のテフの粉を発酵させ
クレープ状に焼いたもの
酸味のあるスポンジ状
 

  
 
ゆっくり 休みました~
 
 
 
 
 
 

きらら☆ドッグランに行ってきたよ♪

 

 
 
今日は 登山に行く予定でした
 
しかし・・・
 
家を出る直前に
中止の連絡が入りました
吹雪ですって
 
行く気満々だったから・・・
がっかり
 
 
 
じゃあ きらら
ドッグランにでも行くかい?
 
きららは 喜んで
お出かけ準備(笑)
 

 
吹雪で中止になったのに・・・
ここは晴れています
 
きららは 雪山大好き
駆け上がり
 

 
よその人に甘えます
 

 

 
小さい子が多いね
 

 

 
急な坂でも平気です
 

 

 
今日は 19日ぶりにプラスの気温になったそうですよ
ずっと真冬日だったそうです
 

 

 
13歳のゴールデン
 

 

 

 

 

 
少し日が長くなりましたね
 
急に寒くなってきたので
帰りましょう
 
 
 
 

エチオピアってどんな国?

 

 
エチオピアって国名は
みなさんご存知ですが・・・
 
どこにあって どんな国かは
あまり知らないことでしょうね
 
場所はここ!
 

 
エチオピアといえば
 
1.シバの女王とソロモン王の神話
(イエメン説もあり)
 
2.人類発祥の地
318万年前の化石人骨が発見された
名前は「ルーシー」
(愛知万博で展示)
 
3.失われたアーク
インディー・ジョーンズ「レイダース失われたアーク」でご存知
モーゼの十戒の破片を納めた箱「アーク」がある
 
4.コーヒー発祥の地
アラビカ種はエチオピアが原産地
モカ港から運び出されたため「モカ・コーヒー」と呼ばれる
 
5.長距離王国
東京オリンピックのアベベは有名です
首都アジスアベバで標高2400mもあります
高地の国なので長距離を得意とする
 
6.ナイル川の源流
エジプトのナイル川
白ナイルと青ナイルが合流しナイル川になる
そのうちの青ナイル源流がある
 
7.アクスム王国の繁栄
エジプト、ギリシャ、アラブ、インドとの交易
アフリカで最初の硬貨
キリスト教を信仰
 
 
…などなど いろいろあります
 
 
世界遺産にもなっている
岩窟教会に 行きたかったぁ~
 
ずっと ずっと 行きたかったのに
行けなかった訳
 
それは・・・
 
 
 
 
そう ノミとダニが 半端じゃなくスゴイ国なのです
旅人の間では かなり有名な話
 
それが嫌で
 
今まで躊躇いました
 
 
今回の参加者は みな同じ
意を決して やってきた人ばかりです(笑)
 
 
 
 
 
 

ただいま~♪

 

 
 
昨夜
 
エチオピアから 無事帰国しました
 

 
昨年11月に行った アルジェリアが
大変なことになっているのを
帰宅して知り・・・驚きました
 
ニュースで みなさんも
「え~!アルジェリア!」って思ったのでは?
 
 
今回のエチオピアは
なかなか なかなか なかなか・・・
刺激的な旅でした
 
これから少しずつ
紹介していきますね
 
とりあえず
無事帰国の お知らせです
 
 
 
 
 
 

行ってきます♪


成田空港も18時を過ぎると閑散とします

何となく、置いて行かれたような不安な気分

これからエティハド航空でアブタビに向かいます

エチオピアでブログ更新は無理みたいなので、しばらく音信不通になりそうです

楽しんできますね

行ってきます♪

きらら☆今年もよろしくね♪

 

 
みるてぃ・シャルちゃんと
今年 はじめてのご対面♪
 

 

 

 

 
久しぶりだねぇ~
今年も よろしくだよ
 

 

 

 

 

 

 

 
シャルちゃん 大きな氷の塊を
ガリガリかじる・・・
 

 
歯ぐきから 血が出てますよ~
 
きららは また雪玉地獄
 

 
マイナス5度 冬日の きらら地方です
 
たっくさん走って 楽しかったよ~
 
 
明日から
エチオピアに 行ってきます
 
 
 
 
 
 
 

小天狗岳(765m)

 

 
札幌の定山渓温泉近く
さっぽろ湖にある 小天狗岳765mに登りました
 
今日は いつもと違いますよ~
ツアーではありません
 
ちょっと珍しい組み合わせ
 

 
こちら さっぽろ湖にある
定山渓ダム
 
今日は 元同僚の山男と 二人で登ります
この人 年末年始は 日高の山で
ひとりで過ごしました(毎年のこと)
 
「いや~まぶたが凍傷になったの初めてさ」
まぶたが 黒くかさぶたになってるよ・・・
 

 
さあ出発!
 

 
しばらくは快調~♪
いつものスノーシューツアーと 同じです
楽々は30分ほどでした
 
この右手の坂を登って行く?・・・まさか

 
次の写真は 頂上です・・・なぜかって
途中で写真など 撮る余裕なしだった
 
追いついたら進むから
私は 休憩ないもんね~
 

 
急な坂を 必死で登りました
途中で ズル~ッと 下まで滑り落ちる
ストックなんて 使い物にならず
よつんばい状態
 
途中 空洞になっていて 穴にはまる
「穴で熊が冬眠してるかも知れないぞぉ~」って
脅される(笑)
 
日高の山の猟師さんの話では
最後に熊を見たのは12月25日ですって
 

 
こんな坂 登ったことないよ~
「なだらかな所上っても 面白くないだろぅ~」
 
登り始めて 3時間30分
やっと頂上です
 
定山渓天狗岳 烏帽子岳 
秋に登った八剣山
 
そして 下には さっぽろ湖とダムが 見えました
 

 
この山は 急ですが 
夏だと1時間半くらいで登れます
 
3時間半・・・大変でした
「結構 登り甲斐のある山だなぁ~」って
 
あり過ぎです!
 
でもね 必死でついていって
頑張れたこと・・・嬉しいな
 
*15分ほど休憩*
 
「さぁ 楽な下りだぁ」って
 
下るのも大変
 
もう足に力が入らず 踏ん張れないよ
 
 
やっとダムが見えた
 

 

 

 

 

 
下山は 1時間30分
 
思ったより早かったけど・・・
筋肉がパンパンだわ
 
こんな冬山登山 初めて
 
だけど 最高に面白かったぁ~
さらに ハマルよ
 
 
今朝は
学生時代の 激しい筋トレ以来の
全身筋肉痛~
 
 
 
 
 

きらら☆お天気いいよ~♪

 

 
今日は お天気最高~♪
 
久しぶりに 長沼のドッグラン『さくら』へ
冬季間300円です
 

 
除雪中で 少し中で待ちました
 
OK!ってことで 外に出る
 

 
おひとりさま~貸切です
 

 

 

 
ランの真ん中には 雪山
 

 
気持ちいいねぇ~
 

 

 

 

 
そりすべりしようよ
1回だけ 抱いて乗りました
 
あとは おか~さん ひとりで遊ぶ
 

 

 
柴とコーギーのMIX 9ヶ月ですって
 

 
追いかけっこ~
 

 

 

 

 
仲良く遊べたね
 
きれいな景色だよ
 

 

 
たそがれる きらら
 

 

 
登ったことのある山々も見えて
嬉しいな~
 
暖かくて 2時間くらい遊んだよ
 
きらら~楽しかったね♪
 
 
 
 
 
 

きらら☆お暇なお正月です♪

 
 

 
 
北海道は大荒れ!って
ニュースで流れていますが・・・
 
きらら地方
雪かきのない 
静かなお正月を過ごしています
 
きららは
 
毎日 お暇です
 

 

 

 
きららは 家が散乱していようとも
いたずらは あまりしません
 
今までの いたずらは
ソックスと ティッシュのみ
 
よっぽど暇なのか…
 

 

 

 
掃除用に使おうと思って
置いてあった歯ブラシを 持ってきた
 
めずらしい~
 
自分で歯みがきをしました
 
・・・って なんで床にあったのか
だらしなさが露呈
 

 

 

 
おと~さんに お散歩してもらい
 
満足な きららです
 
 
 
 
 
 
 

永平寺♪

 

 
福井の2日目は
行きたかった『永平寺』
 
前日と違い 大雨
 

 
山に近くって いい雰囲気♪
 
10万坪もの広い境内
雨の中歩く覚悟をしたけど・・・
 

 
なんと! 玄関を入り
中を歩いて回れるんだって
知らなかった

 
道元禅師が開いた 曹洞宗の大本山
 
一休さんを 思い出すね~
「そもさん」「せっぱ」
 
 
 160畳もの大広間の格天井
 

 
この中から「鯉・唐獅子・りす」を
見つけられたら 願いが叶うって・・・ムリ

 
広いお寺の 隅々までピカピカ
主婦としては 掃除のことを考えちゃうね
 

 
250人もの修行僧、雲水さんがいます
お掃除も 修行です
 
法堂(本堂)
 

 
どこを進むといいのかな・・・って
かなり迷います
 
友人の娘さんの分骨があるから
手を合わせてきました
 

 

 
NHKの「行く年 来る年」の除夜の鐘
永平寺は よく出るよね
 

 
迷子になりそうになりながら
見学終了
 
大きなお部屋で
「修行僧の1年」のDVDを観る
 
分かりやすくて 面白いです!
 
知り合いの僧侶が 永平寺の修行に入った時
「なかなか門を開けてもらえないんだよね」って言ってたことが
DVDにも出ていました
 
昼食は
精進料理と思いましたが・・・
『幸家』は年末年始休業ですって
 
そこで 『雲粋』で 蕎麦会席
 

 
胡麻豆腐とか 他にもいろいろありました
 
永平寺と言えば
 

 
もちろん買いましたよ~
 
次は
一乗谷朝倉氏遺跡・越前おおの
丸岡城・・・などに 行くつもりでしたが・・・
 
とにかく すごい雨

 
な・な・なんと!
年末年始休業だって

 
ブロ友の 愛ちゃんママさん
きららちゃんがいるんだよ
 
「会いましょう!」って 言ってくれました
 
とっても嬉しかったよ

 
短い日程でしたが
ずっと行きたいと思っていた場所に
行くことができました
 
車窓から見る 福井の景色は 
穏やかさを感じました
 
さすが 幸せ度日本一です
 
また来たいな
 
 
最後のお宿は
山代温泉『ゆのくに天祥』
 

 
おおみそかに 帰ってきました
 
楽しい旅になりました
 
 
 
 

東尋坊♪

 

 
小松空港から 高速道路で
東尋坊に向かいます
 
霊峰『白山』がきれいに見えたよ
 

 
ブロ友の なかしょさんを 思い出した
私も 登ってみたいな・・・
 
三大霊峰
富士山・白山・立山
 
うん!必ず登ります!
(また 目標が増えちゃった)
 
 
福井県は2回目
ずいぶん昔に来たことがあります
 
遅い昼食になりましたが
やっぱり海鮮ですね~
 
お食事処『田島』の海鮮丼
 

 
2500円でした
甘エビ・寒ぶり・・・
 
どれも新鮮で美味しいなぁ~うまうまに
大満足

 
ジャジャジャ~ン♪って
サスペンスの音楽が聞こえ・・・ないけど
頭の中で 聞こえるよ

 
遊覧船
乗りたかったけど やっていない

 
きれいな海だね
 
東尋坊タワーにも のぼってみた
このタワー 昭和30年代の物らしい
維持するのが大変そう・・・なんて 要らぬ心配をしちゃった
 

 
ここ 自殺の名所なんでしょ?
お天気のせいか そんな雰囲気なかったよ
 
今日のお宿は 山中温泉
次の日は 山代温泉
 

 
本当は 山代温泉の有名な
『べにや無阿有』か『あらや滔々庵』に
泊まってみたかったけど・・・
取れなかったんだぁ
 
年末だもんね
 
 
ホテル近くの 鶴仙渓
遊歩道を散策してみる
 

 
紅葉時期は きれいでしょうね
 
ブロ友の 愛ちゃんママさんを思い出す
たしか このあたりに 紅葉時期 来てたよね
 

 

 
草月流のデザイン 『あやとり橋』
 
ゆげ街道で 山中塗りを購入
 

 
お手軽に使えそう
お正月のお雑煮を これで食べました
 
 
夕食は 炭焼き会席
 

 

 

 
『白山わくわくビール』
 

 
温泉で まったり~~

松井秀喜ベースボールミュージアム♪

 
 

 
パパさんの 3日間だけの休日に
 
石川&福井に行くことにしました
 
 
12月29日の朝
 
千歳から 羽田経由で
小松空港 10時50分着
 
 
前日 松井秀喜の引退発表
こりゃあ ミュージアムに行かないとね
 
パパさんは 野球少年だったんだよ
 
車のナンバーが
『51-55』だったこともあるの
 
そう イチローと松井
(今の車は違うナンバーだよ)
 

 
小松空港から 10分くらい
『松井秀喜ベースボールミュージアム』
入場料300円
 

 
きれいに展示されています
 

 
今年のお正月は 戻ってこないんですって
赤ちゃんが生まれるからね~
 

 
写真には誰もいませんが
結構混雑していましたよ
 

 

 
怪我をしなかったら
もっと活躍できたのかな
 

 
実物大?・・・とっても大きいわぁ
 

 
打撃成績・・・撮っておいてって・・・
 

 
見えるのかなぁ~
 
可愛いのが
 

 
子どもの頃の作品
大事に取っておいてくれたんだね
 
で、グッズを購入
 

 
パパさん 満足みたいです
 
 
ここから 高速で 東尋坊へ行きました
 
(つづく)
 
 
 
 
 
 

今年もよろしくお願いします♪

 

 

 
 
今年も よろしくお願いします!
 
 

 
 
昨日 
大晦日の夕方
 
福井から帰りました
 
小松ー羽田は 順調でしたが・・・
羽田ー千歳が 整備不良で 機体変更に
 
2時間遅れとなりました
 
まずい
 
 
みんなで お正月を迎えました
今年の抱負