オーストリア工芸でお雛様


 
旅行から帰って 
すぐに2月のレッスンがありました
 
頭がボーッとしていて
作業が めっちゃ遅い
 
しかも眠いし・・・(笑)
 
 
 
今月の オーストリア工芸
 

 
お雛様の 飾りです
 

 
玄関に 飾りました
 
 
 
 
 

きらら☆いろいろ・・・


 
おととい
 
めずらしいことに 下痢ピー・・・
なにか悪い物 食べたっけ?
 
もう治りましたけどね~
 
 
同じく おととい
 
病院に 爪切りに行きました
 
あれ?
 

 
足の毛が トラ刈り・・・
 
嫌がって 大暴れしたから(笑)
切る方も大変です
 
押さえつけていた私 汗だく
 
体重 22.5kg 変化なし
 
先生に
「きららちゃんは 本当に陽気な子だねぇ~
呼んだら どこからでも飛んでくるしね」
 
・・・これって ほめ言葉?
ん~~~微妙・・・
 
おひげは 私でも切らせるようになったけど
爪切りや 足毛カットは 大暴れ
 
少し慣れさせないと 病院でも大変だわぁ
 

 
今頃になり
 

 
お鼻が・・・
 
預かりで ケージに 鼻スリスリしていたんだと思う
 
ティティーも そうでした
 
 
お暇なので
 
きららを 吠えさせてみる
 
 
 
 
映像は ブレブレ
声だけ 聞いてください(笑)
 
 
おと~さんが 冷蔵庫を開けると
 

 
必ず 見るんだよ
美味しいものを 持って来るって知っているの
 
そして
 

 

 
そりゃあ 欲しがりますよ
 

 
今日は きららの いろいろでした
 
 
 
 

 

キリマンジャロ登山2日目

 

 
ジャンボ!(こんにちは)
 
初日 入山手続きをしている時に
「おととい 日本人に死者が出たから
気をつけてね」って言われた
 
どこの旅行会社かな
添乗員さんは大変だろうなぁ~
・・・などと考えていました
 
ひとり旅の男性53歳
現地調達で
ブラジル人のグループと一緒に 登っていたそうです
 
頂上で「疲れた」と座り込んで
そのまま亡くなったようです
 
遺体を 下の町まで運び
大使館の人が いろいろ手配したみたい
 
ひとり旅だと 誰もいないもんね・・・
考えさせられました
 
 
さて 2日目は
 

 
マチャメキャンプ3010mから
ニューシラキャンプ3845mまで
6時間のコースです
 
8時過ぎ 出発
 

 
いいお天気です
 
いつも 夜中から お昼までは快晴
午後からは雨
 
毎日 そんな天気でした
 

 
「ポーターさん 通ります」の声で
横によけます
 
重い荷物を持って 
すごいスピードで登っていきます
 
彼らは ネパールのシェルパ族と違い
平地に暮らしているので
高山病になるそうですよ
 

 
今日は なかなかの急登です
 

 
あの丘を越えて まだ先だそうです
 
ポーターさんを 追い越させていたら
いつまで経っても 先に進まない・・・

 
このテントは 宿泊用ではなく
昼食用テントなんですって
欧米人のツアーです
 
私たちの倍のツアー代だとか(笑)
 
で、私たちの昼食は
 

 
ランチボックスならぬ ランチ袋
こちらの卵は 黄身が白っぽくて変な感じ
用意してもらって ありがたいです
アサンテ!(ありがとう)
 
昼食の後は また歩きます
 

 
やっぱり午後は 小雨
 
高山病対策で ゆっくり ゆっくり 登ります
 
ポレ ポレ (ゆっくり ゆっくり)
 

 
ちなみに ポレは お疲れさま
 
今日のキャンプ地 ニューシラキャンプが 見えました
 

 
ポレ!
 
ポーターさん達
 

 
顔が同じに見えて 覚えられない・・・
30人以上いるし・・・

 
こちらは 我が家
 

 
早い時間に着いたので ゆっくりできました
 
この ニューシラキャンプは 3845m
すでに 富士山(3776m)より高いです
 

 
今日も スープと(クノールらしい)
 

 
煮込み料理
 

 
「水分を多めに取りましょう」ってことで
いろんな温かい飲み物を ガブガブ飲む
ミロが人気ありましたよ
 
今日のキャンプ地は広い!
トイレは 遠い!
 
どうやって 帰ってこよう・・・
絶対に 戻れないよ・・・
テント前に 懐中電灯を照らしておく
 
さっすがぁ~~~~
明かりを頼りに 戻ることができました
ありがとねぇ~~
 
 
(追記)
 
1日目の夜から吐いている 珍しい人がいます
睡眠時 呼吸が浅くなるらしく
寝ると 吐きます
 
今日も 昼寝をして 吐いていました
 
 
 
 

きらら☆みるてぃ~久しぶり!

 

 
久しぶりに みるてぃと会いました
 
きららは 雪玉防止のデビル服を着用
 

 
みるてぃは 避妊手術をしたんだよ
経過は 順調なようです
・・・良かったね
 

 
寒いけど いいお天気で 気持ちいいね
 

 
ワンコ達 走る 走る

 
みるてぃの 笑顔が可愛い

 
あっ!シェルティちゃん達!
いつも会うね~
 

 

 

 
きららは やっぱり 雪玉だらけ・・・
 

 

 

 
いっぱい走って走って
 
それでも疲れを知らない(笑)
 

 
おか~さん達は
いつものラーメンで ほっこり
 
その後 ママさんちで ティータイム
 

 
もちろん!おやつですよ
 

 
テディーちゃんには 癒されるねぇ~
 

 
きららは みるてぃ達といると
こんなに嬉しい顔をします
 

 

 
くつろぎ過ぎ~
 

 
そして 姉妹の遊びが始まる・・・
 

 

 

 

 
いっぱい いっぱい 遊んでもらい
 
ありがたいですぅ~~
 
 
 
 
 
 

キリマンジャロ登山1日目

 

 
長~い飛行機移動で
やっと到着したホテル
 
シャワーを浴びて
荷物整理をして ぐっすり寝ました
 
翌朝は 9時出発
 
ミニバスで 登山口へ向かいます
 

 
この車は ポーターさん達
 
こちらの車も ギュウギュウ詰め
 

 
途中の スーパーマーケットで
ミネラルウォーターを購入
 

 
2リットル1本100円
私は3本買いました
 
マチャメゲートに到着
 

 
ここで 入山手続き
ポーターさんに預ける荷物を渡します
 

 
ポーターさんの数は 登山者の3倍
つまり私たちは11人グループなので
33人は いるってことです
 
預け荷物は ひとり20kgまで
寝袋・着替え・防寒用具・行動食などを
ひとつにまとめて 渡します
 
ポーターさん達は
テント・登山者の荷物・調理器具
食料・ガスボンベまで
大量の荷物を分担して運びます
 
キリマンジャロは
高度馴化しながらとはいえ
ネパールのように 連泊して 
ゆっくり馴化させていくことはしません
 
高い所に なるべく長居しない方法で 登山します
 
ですから
体への負担を 極力少なくするため
ポーターさんに頼るわけです
 
あと
現地の雇用も兼ねていますね
 

 
右下の 体格の良いご婦人
3日目くらいまで見かけました
登頂できたのかな・・・
 
ポーターさんの準備に時間がかかるので
(計量しながら仕分けるため)
 
ゲート横の小屋で 早めの昼食
昼食は ランチボックス
 

 
2時間くらい待って・・・
さあ いよいよスタートです
 

 

 
重たい荷物を 頭に載せて運ぶんだよ
 
 
1日目のルートは
 

 
マチャメゲート1790mから
マチャメキャンプ3010mまで
5時間の登山です
 

 
途中 雨が降ってきました
 

 
5時間で マチャメキャンプに到着
 

 
ポーターさんが 先に行って
テントの準備や 夕食の準備をしてくれています
 
我が家
 

 
2人で使います
 
中は こんな感じ
 

 
大きなカバンは 預け荷物
マットの上で 寝袋に入って寝ます
 
トイレもありますよ
 

 
レストラン棟
 

 
これが ふたつ
 
すべての物を 運んでくれている人がいるんですよ
ありがたいことです
 
夕食は
 

 
温かいスープと パン
 
野菜・サラダ・魚のフライ
 

 
明日に備えて 早めに就寝
 
夜中 トイレに行きました
 
新月なので 真っ暗
星がきれいです
 
焦ったぁ・・・
 
 
 
 
 
 

キリマンジャロってどんな山?

 

 
キリマンジャロの麓の町
「モシ」から見たキリマンジャロ山
 
キリマンジャロは ケニアとの国境近く
タンザニアにあります
 

 
キリマンジャロの写真といえば
 

 
こんな写真が多いですよね
実は この写真は ケニア側から見た景色
 
タンザニア側からは この景色は見られません
 
 
さて
 
キリマンジャロって どんな山でしょうか
紹介しましょう
 
キリマンジャロ 5895m
(世界遺産)
 
アフリカ最高峰にして 世界一の独立峰
 
赤道付近にありながら 頂上には氷河がある
(2020年までに消滅の可能性が高いとされる)
 
麓は キリマンジャロコーヒーの産地
 
特別な技術がなくとも挑戦可能な 世界で最も高い山
 
初心者でも登頂可能だが 
ベテランでも高度順化ができないと失敗する
(高山病の回避が登頂のカギ)
高山病による死者も出ている
 
「誰でも登れる山」ではなく 「誰でも挑戦できる山」
 
頂上は ウフルピーク
(ウフルは スワヒリ語で自由の意)
 
 
ルートは 主に5本ある
 

 
右側の 《 マラングルート 》
別名「コカコーラルート」
 
登山する人の50%が利用する
(日本人は90%)
 
唯一 山小屋完備の 難易度が低いポピュラールート
 
 
 
今回挑戦したのは 左側の 《 マチャメルート 》
別名「ウィスキールート」 または 鉄板ルート
 
難易度は マラングルートよりも少し高め
景色が良く 植生豊か 岩場あり
変化に富み馴化に適したルートで 欧米人に人気がある
長さは50kmくらい
 
下りは 下山専用のムウェカルートを利用
 
 
今回 登山の旅行会社ツアーではなく
個人の企画による募集で参加しました
 
参加者は10名
(男性7名 女性3名)
 
登頂できたのは 6名でした
 
 
 
次回からは
登山のようすを 紹介しますね
 
 
 
 

タンザニアへの道

 

 
タンザニア
 
アフリカって 遠いですね~
 

 
関空から 23:40発の エミレーツ航空で ドバイへ
飛行時間は 11時間
 

 
 
 
機内食は2回 
他にカップラーメンがいつでも食べられます
(食べ損ねたから 帰りは食べよう)
 
お休みグッズも もらいました
 
ドバイ到着は 5:45
 
エミレーツ航空で乗り継ぎ
タンザニアの首都「ダルエスサラーム」へ向かいます
 
ドバイ発は 10:15
4時間半も 空港内で待ちました
 
ドバイ空港は エアコン効き過ぎで寒い
 
ドバイから 5時間40分
 

 
機内食1回
 
やっと ダルエスサラームに到着です
「うっ 暑い」
入国審査は 順調♪
 
事前にビザの発給を受けていて
そのページに付箋を付けてあったのに・・・
 
「ビザはあるのか?」 「Yes」
ポンッとパスポートを投げてよこして
「ビザのページを開け」って・・・
 
探すのは あなたの役目でしょ?(笑)
 
空港を出ると・・・
お~!アフリカだ!
 

 
まずは両替です
 
ポーターさん達へのチップが必要なのと
サファリへ出掛けるので
300US$を 両替
(およそ27000円)
 
50万シリングくらい受け取る
一番大きな札が1万だから
すごい厚さで お金持ちになったよ
 
 
さて ここから国内線で移動
 
国際線も 国内線も
チェックインカウンターは同じ
 

 
スーツケースの重量を測る秤
今どき こんなの使っているのねぇ~
 

 
首都ダルエスサラームから
キリマンジャロ空港まで 1:20
 
そこから モシの町まで車で移動
 
千歳空港から 4回も乗り継ぎ
やっと到着
 
千歳空港を飛び立ってから
32時間が過ぎていました・・・
 
 
 
 
 

ただいま~♪

 

 
昨夜 タンザニアから 帰国しました
 
みなさん 応援ありがとうございました!
お陰さまで キリマンジャロ 5895mの
頂上に立つことができました
 
5泊6日の キリマンジャロ登山
 
苦しかったけど
楽しい充実した時間でした
 

 
今回 日本の登山ツアーが使う
一般的な マラングルートではなく
 
難易度が少し高い
変化に富んだ 欧米人が利用する
マチャメルートで登りました
 
このルートで登頂できたことは
私にとって 大きな自信になりました
 
企画者が
写真・ビデオを撮ってくれていますので
紹介しながら 旅行記を綴りたいと思っています
 
 
 
登頂後
 
おまけに タンザニアのサファリを楽しみました
 

 

 

 

 

 

 
たくさんの動物達を 見てきましたよ
 
それらも 紹介しますね
 
 
みなさんのご声援・・・心強かったし
嬉しかったです
 
本当に ありがとうございました
 
 
 
まずは・・・洗濯です(笑)
 
 
 
 
 

ご報告いたします…



みなさん、応援ありがとうございました

2月14日7時(日本時間14日13時)

無事にピークに立つことができました

ただいま下山しましたので、まずは結果をお知らせします
 
 
 
 

行ってきます♪

 

 
あらら・・・
 
また どっか行くんだ
 
なんて言わないでください
 
 
 
今日から しばらく 旅に出ます
 
 
今回の旅は タンザニア
 
 
 
 
実は・・・
 
 
 
 
言いにくいのですが・・・
 
 
 
 

 
アフリカ最高峰
キリマンジャロ(5895m)に
 
 
 
登ります!
 
 
 
写真の町から出発するんですよ~
 
 
 
本当は 内緒で行って
帰ってからの報告にしようかと思っていました(笑)
 
 
だけど
 
今まで みなさんの応援があって
ここまで頑張ってくることができましたから
 
 
 
今回も
 
応援してもらえたら 嬉しいな
 
 

 
こんな所を登ります(資料映像)
 
登山口は 標高1790m
頂上は 標高5895m
 
標高差 4105m
 
テントに泊まりながら
5日かけて登ります
 
 
高度順応が 上手くできるといいな
 
とにかく緊張しています
ドキドキ
 
 
自信は全然ないけど・・・
挑戦してみたい気持ちが 強かったのです
 
 

 
頂上の ウフルピーク
憧れのピークです
 
 
最終キャンプを出るのが
日本時間 2月14日 朝5時頃
(現地は夜中)
 
8~9時間の急登が続きます
 
頂上到着予定
日本時間 2月14日 13時半
 
 
 
その頃 
「頑張れよ~」って 応援してくれたら
頑張れるかも・・・
 
 
 
 
タンザニアは 
多分 インターネットが使えないと思います
 
しばらく ブログの更新はできません
 
 
 
結果がダメだったとしても
 
 
温かく迎えてくださいねぇ~~~~
 
 
 
 
 
 
 
 

きらら☆ショボ~ン

 

 
今朝 きららは 吐いちゃった・・・
 
毛玉が 2個出てきた
あんたは 
 
吐きそうだったので
チラシを敷いたら その上で吐いたんだよ
 
偉いぞぉ~
 

 
あっ 玄関のパネルヒーター
 

 
家中 パネルヒータがあり
暖かいです
 
ボイラーで 温めた不凍液を まわしています
玄関は 16度に設定
家の中では 一番低い温度
 

 
ちょっと しょげている きらら
 

 
大丈夫だよ~
 
 
そうそう
 
きららは 時々
どこを見ているのかな?って 仕草をするよ
 

 
どこを見ていると思う?
じ~っと しばらく見ている
 

 
きららには 何が見える?
 
階段から 顔を出す きらら
 

 
この顔 みるてぃに似ているね
 

 
そうだね
みるてぃの方が かわいいよ

 
お暇な おかーさんでした(笑)
 
調子が戻ったら
久しぶりのシャンプーをしよう
 
毛が ゴワゴワしてきたからね~
 
 
 
 
 

きらら☆うれしいな♪

 
昨日の吹雪は 去りました
 
夜中 久しぶりに除雪車が・・・
 
そういえば
この3週間くらい 除雪車は来ていません
 
道の雪も融けて 良かったのになぁ
 

 
今日は 遊べるね♪
 
いつもの公園で 待ち合わせ
 

 
雪玉地獄になるので
やっぱり着せました『デビルちゃん』
 

 
今日は 森に入りました
 

 
雪が締まっていて 埋まりません
 

 
追いかけるほうが好きな きらら
 
あっ!
 

 
みるてぃは 牛乳パックをゲット
 

 

 
森の中を 1時間ほど走り回り
ママさんたちも 歩いていい運動
 
みるてぃの おうちで 
ほっこり
 

 
あ~~お雛さんだ
きれいだね
 

 

 

 
ふたりの必死顔・・・笑えるぅ
 

 

 

 

 

 
姉妹で 遊んでいる姿って いいなぁ~
 
きららにとって 大好きな場所と時間
 
幸せだね~・・・わたしも
 
 
 
 
 

きらら☆雪まつりだって

 
今日から
さっぽろ雪まつりが 始まりました
 

 
1950年から始まり 64回を迎えます
毎年200万人を超える人が来る大イベントです
 
さっぽろ雪まつりの公式HP
→ http://www.snowfes.com/index.html
 

 
子どもの頃は行きましたが
大人になってからは 行っていません
通りかかった時に 見るくらいかな
 
もちろん きららは 行けません
 
朝から パパさんに甘えるきらら
 

 

 
スーツに毛がつくから そばに行っちゃダメ!
 

 

 

 
おとーさんが 大好きなんです
・・・実は オヤツが狙い?(笑)
 
オーストリア工芸
12月レッスンをお休みした分 完成
 

 
ベルです

 
おねーちゃんに 話しかけているのではなく
 

 

 
ベルに興味があっただけです
 
きらら地方は吹雪

きらら☆ハウス♪


きららは
 
私たちが食事の時は
ハウスに入ります
 
パパさんが おやつを用意するので
自分からハウスに入って
待っています
 
 
 
 
「おやつ ください」って
見上げる顔が 笑えます
 
 

 
 
先日
 
お料理の1dayレッスンに 誘われて 
参加しました
 

 
《 韓国料理 》
 
海鮮チヂミ
カルビスープとご飯
プルコギ
即席オイキムチ
 
カルビスープに ご飯を入れていただきます
 
右上の
味の素『鍋キューブ』は お土産です
 
どれも 美味しくて
お腹いっぱい!
 
 
 
 
 
 

きらら☆助けてぇ~

 

 
土日は
 
仕方がない
ドッグランにでも行こうか
 
「行く!行く!」と 大喜びの きらら
 
貸し切りです
 

 

 
 
 
 
ひとりで走り回る
外は マイナス5度 寒いよ~

 
黒ラブちゃんだ
 

 
男の子と 女の子の2頭飼いですって
 

 
遊ぼう!って なかなかしつこい・・・
女の子は 背中をツンツンする
 

 
 
 
 
めずらしく きららが怒る
 

 

 

 
遊ぼうって 言ってるだけなんだけど・・・
 
そのうち 小さなワンコが来た
 

 
注目は そちらへ
 

 
小さなワンコにも しつこいって 怒られる(笑)
 

 

 

 

 

 
1時間半も外にいたら
すっかり寒くなって
 
帰りましょう~~
 
 
今日は 節分
 
恵方巻きを買って
帰りました
 
あっ!きららを鬼にするんだった
・・・忘れてた
 
 
 
 

オーストリア工芸♪

 

 
 
1月の オーストリア工芸レッスン
 
作ったのは
 

 
アクセサリーボックス
 
金のモールを貼るのが大変でした
手がベタベタ

 
ふたの裏に 鏡がついています
 
上から見ると
 

 
ビーズで お花を作って
まあるく挿します
 

 
こんなきれいな箱に入れるような
素敵なアクセサリーは
 
残念ながら
持ち合わせていません

きらら☆甘えのポーズ♪

 

 
きららの 
甘えのポーズは 変わっているよ
 

 
ソファに座っていると
腕に アゴをのせてくる
 

 
北海道の室内 半袖が露呈

 
いつまでも このポーズ
体勢は オスワリ
結構 重いぞぉ~
 
じゃあ ついでに 
今月のネイルも見て~
 

 
今回は
ミント色にしました
 
トルコ石色などの
ストーンを根元につけています
 
 
 
 

ドバイにて

 

 
エミレーツ航空で ドバイに着いたのは夜
 
アブダビからの エティハド航空成田行きに
同日乗り継ぎができず
 
ドバイに1泊することになった
 
本当は
アジスアベバから エティハド航空で アブダビに行って
成田行きに乗り継ぐ予定でした
 
就航認可が下りなかったので
ドバイ1泊は 旅行会社もち
旅行も1日長くなりました
 
 
さて
ドバイ入国
 
入国審査官
「働かない・・・」全然やる気なし
白い服の人は 本当に働かないなぁ
 
ゲートがオープンしたと思ったら
10分ほどで 休憩に入る
立ち話が楽しそう
 
大行列なのにねぇ
 
やっと順番がきた!と思ったら
後から来たUAE国籍の人が入る
(本国の人が優先です)
 
第4婦人まで連れたらしき一行に
興味津々
「第一婦人が一番きれいだ」などど観察
 
すご~~~~い待たされた
 
見ていて
入国できない人の多さに驚く
出稼ぎ労働者の国だからねぇ
働く目的の人には 厳しいのかな
 
私の順番
「どこに泊まる?」って聞かれて 慌てた
だって 見ていなかったもん
 
ツアーで行くと のん気なものです(笑)
 
で 泊まったのは
ハイアット
 

 
 
ここも豪華だねぇ~
朝食なんて ビックリのブッフェだよ
 
飛行機は 夜だから 時間はたっぷり
 
午前中は 自由時間
・・・といっても 行くところもない
 
みんなで散策に行く
 

 
ホテルに近い 卸売り市場
 

 
えびの種類の多いこと!
 

 
果物なんて すべての種類があるよ
 

 
ぜんぶ輸入品
世界中から集まってくる
柿まであったよ
 

 
季節感なんて まるでないね
 
これは デイツ(なつめやしの実)
 

 
ドバイには 地下鉄が走っています
日本の近鉄が作ったとか
 

 
駅のデザインは みんな同じ
 

 
きれいだけど・・・誰が乗るの?
ドバイの人は 高級外車の運転手つき
 
ん~~外国人労働者のため?
 
UAE人は 汗して働かない
汗して働くのは すべて外国人労働者
インド・パキスタン・エジプト・・・
様々な国から 働きにやってくる
 
賃金は高くないのに
生活費が超高額
 
本国に送金するのは
とっても大変なんだって
 
なにも考えずに お金が降ってくる
石油がなくなったら どうするんだい?
お金を 湯水のごとく使っているけど
将来のことは考えないのかな
・・・って 余計なお世話ですね
 
 
お昼にホテルをチェックアウトして
ショッピングセンターのレストランで昼食
 

 
 
 
左の写真にあるのは 豆のペースト
ホブス(中東のパン)につけて食べる
 

 
 
 
なかなか美味しかったよ
 
軽く観光に行きましょう
 
運河を渡る 渡船舟
 

 
市民の足
 

 
海?川?の色がきれいだね
 
ドバイは近代都市です
周りは砂漠だよ
 

 
スーク(市場)へ行く
 

 
スパイスの香りがします
 

 
世界一のビルを眺める
 

 
ブルジュ・カリファ(828m)
 
この前の世界一は 台湾のビルだった
次は 上海に出来るんだっけ?
世界一競争は続く
 
えっ!?
 

 
ドバイに キッザニア!
 
ジュメイラビーチ
世界一のホテル『バージュ・アル・アラブ』
 

 
逆光だよ(笑)
 
5つ星ならぬ7つ星の全室スイート
上部にある パラボナアンテナ状のものは
ヘリポート
そこで テニスも出来ます(怖)
 
トイレタイムは ショッピングセンター
 

 

 
中は おしゃれなスーク風
ドバイは タックスフリー すべて無税
かといって 何も買う予定なし
 
街中に ショッピングセンターがあります
 
時間潰しも終わり
アブダビ空港に向かう
 
アブダビ
シェイク・ザイード・グランドモスク
 

 
美しい~~~

 
異教徒は 入れませんでした
 
エティハド航空
北京経由で名古屋へ
 

 
 
はっきり言って この飛行機
中国路線に おまけで名古屋まで行くって感じ・・・
 
乗る人は ほとんど中国人
機内食も中華だし
 
名古屋から 千歳行きに乗り 無事帰宅
 
旅の終了です
 
 
毎回 長々とスミマセン
 
読んでくださって ありがとう