大雪山赤岳(2078m)その2

 

 
コマクサ平に着きました
ちょっと休憩
 
コマクサが 見事ですよ
 

 
ミヤマリンドウ

 
チシマツガザクラ

 

 
イワブクロ

 

 
イワギキョウ

 
めずらしく 山ガールも参加しています
 

 
チングルマ

 
ヨツバシオガマ

 
頂上に到着

 
2時間半で着きました
 

 
先日歩いた縦走路が見えます
白雲岳・旭岳
 

 
中央の北海岳
白鳥の雪渓が見えるでしょ?
 

 
30分休憩して 下山
 
リンネソウかな

 
エゾイワツメクサ

 
ヒメイワタデ

 
ウスユキトウヒレン

 
 

 
たくさんの花を見ました
 

 
さすがに 花の山です
 
ここは紅葉も見事なので
秋にも訪れたいものです
 
層雲峡で温泉に入り
帰りました
 
 
 
 
 

大雪山赤岳(2078m)その1

 

 
某スポーツ店主催の
登山ツアーに参加しました
 
参加者は 24人くらいかな?
ガイドさんは2名
 
札幌から貸切バスで
登山口に向かいます
 
層雲峡を越えて
「銀泉台」に到着
 

 
人気の山なので 車もいっぱい
 

 
7時に札幌を出ましたが
登り始めは 11時近い

 
林道を少し歩くと 登山口
 

 
長い列で歩くので
写真も遠慮しがちになり
 
ハクサンチドリかなぁ

 
ピンボケですが 記録しておきます
 
カラマツソウ

 
チシマヒョウタンボク

 
雪渓を通ります
 
雪渓の上は 
冷たい空気で気持ちがいいです
 

 
エゾコザクラ

 
ミヤマキンバイ

 

 
これはなに?

 
せっかく見つけたのに・・・ピントが合わないなぁ
ジンヨウキスミレ

 
リンネソウ

 
アオノツガザクラ

 
コメバツガザクラ

 
雪渓の上は涼しい
気温が高いので モヤが発生
 

 
ミネズオウ

 
ジムカデ

 
コエゾツガザクラ

 
お花の名前は 難しいです

きらら☆雨だって平気だよ♪

 

 
雨は降らなさそうだし
遊ぼうよ!
 
待ち合わせ時間になると
 
土砂降りだぁ~~~
 
それで中止にする
ママたちではない(笑)
 

 
どうせ水遊びで濡れるんだし
同じさ
 

 
ワンコも 雨なんて 関係ないね
 

 
みんなで 走り回るのが 楽しいのだ
 

 

 

 

 
みるてぃママさん
カッパ持参で 偉いなぁ~
 

 

 

 
あらっ きらら?
 

 
迷い犬みたいじゃない?
 
あらっ シャルちゃん
 

 
すみませんが…ゴールデンとは 思えませんよ

 

 
みんなでワイワイ 楽しい時間
 

 
雨だけど 寒くない
かえって 気持ちいいかも
 

 
きららって すぐに 休む
 

 
雨宿りしたり 日陰に入ったり
怠け犬
 
シャルちゃんは 鳥が好き
 

 
追いかける姿は キツネさん
 
きららは こんな所で…
 

 
やめてぇ~~~

 
いっぱい遊べて 良かったね
 
帰ったら もちろん! シャンプーです
 
 
 
 
 

進化する山ご飯♪

 

 
山での昼食といえば
 
シートを敷いて 
お弁当を広げるイメージだけど…
 
「行動食」といって
休憩ごとに 軽く口に入れながら
カロリー補給して
歩くことが多いんだよ
 
私は 日帰りの場合
ソイジョイとかを持参(めったに食べない)
あとは おにぎり
 
 
今回の縦走では
4回分の昼食が必要だったからね
 
アルファ米を買ってみたよ
 

 
もち米が好きだから
「炊込みおこわ」と「お赤飯」の2種類
 
お湯なら20分 水なら60分
 
朝 お湯を入れておけば
いつでも食べることが出来ます
 
これがねぇ~美味しかったの
ビックリしちゃった
 
お赤飯には「ごま塩」も入っていたよ
 
山ご飯も 進化しているね~
 
 
ごりぬいさんと
次の登山用に スポーツ店へ行って購入
 

 
本当は えびピラフが欲しかったけど…売り切れ

 
ちょっと高級っぽい
 
私達が食べたのは「冷やしたぬき」
900円
 

 
更科の細い麺
コシがあって 美味しい
 
ふふふ…満足です

きらら☆ひとりで公園♪

 

 
一日中 雨が降ったり やんだり…
 
夕方 雨がやんだから
誰も来ない公園に行ってみる
 
今日は ひとりで公園だよ
 

 
それでも「わぁ~い!」
 
テニスボールを レトリーブ
 

 

 

 
走る 走る
 

 

 
時々 駐車場を見る
 

 

 
「来ないよ」って言うと わかったみたい
 
また ひとりで レトリーブ
 

 
なぜか ご機嫌
 

 

 
涼しいし いっぱい走ったよ
 

 
30分くらい 走り回って
満足かなぁ~
 
あたりには エゾアジサイ?が
いっぱい咲いていました
 

 
真っ白で きれいだね
 
 
 
 
 

大雪山縦走(黒岳~トムラウシ)最終回

 
7時 下山開始
 

 
爽やかな朝
 
たくさんのお花が咲いています
 

 
2週間前 同じ道を歩きました
 

 
雪渓が 小さくなっていますね
 

 
大学生のアルバイト君
 

 
重たい荷物を運んでくれてありがとう
 
物静かな彼ですが
よく気がついて よく動き よく働く
 
探検部に所属しているってことですが
部活青年だからではなく 彼の人柄でしょう
 
今どきの若者…こんなしっかりした子もいるんですよ
 
 
さようなら トムラウシ
 

 
雪で埋まっていた トムラウシ公園も 春です
 

 
雪も半分かな
 

 
イワギキョウ

 

 
前回 残雪がきれいで うっとりしたっけ
 

 
ほら! 2週間で こんなに違うんだね
 

 
気持ちよく ゆったり休憩
 

 

 
コマドリ沢までの下り
登山靴で滑る…本当は尻滑りがしたい
 

 
この標識も 雪で埋まっていました
 

 
最後の 急登  頑張ろう!
 

 
トムラウシが あんなに遠くなりました
 

 
このあたりは ドロドロ悪路で有名なのに…
きれいに乾いています
 
超ラッキーですよ~
 

 
最後の分岐 あと20分かな
 

 
ここから 急にスピードアップ(笑)
どんどん進む
 
早く 温泉に入りたい! ビールが飲みたい!
 
そして
 

 
登山口に到着
12時45分
 
下山は5時間45分(休息を含む)
 
登り始めの層雲峡から ここまで
車を 業者さんに移動してもらいました
 
トムラウシ温泉で入浴
 
 
宿泊先の コテージに入ります
 

 
夕食は 焼き肉
 
 
そして 長々と書いた記録を
読んでくださった みなさん
 
ありがとうございました
 
 
 
 
 
 

大雪山縦走(黒岳~トムラウシ)その6

 
縦走4日目
 
「快晴なら 頂上に行って 御来光!」
 
朝の3時過ぎ
テントから外を見る
 
天気はどうかな…
 
 

 
 
「みんな!快晴だよぉ~!」
 
「じゃあ行くか」って みんなが起きだす
 
3時半
女性全員と ガイドさん アルバイト君で登る
男性2人は寝ています(笑)
 
4時の頂上
 

 
きれいだねぇ~
 
昨日は雲で見えなかった
歩いてきた方向も くっきり
 
白雲岳や忠別岳も見えます
 

 
あの山々の 向こうから 歩いてきたんだよ
 
 
十勝岳連峰
雲海が 波打ちぎわのように見えるね
 

 
ちょっと カッコつけてみる私
 

 
墨絵のような山々
 

 
残雪がきれいです
 

 
逆光で記念写真
 

 
顔が見えないのが またいい
女性6人
 
 
 
 
風もなく 寒くもなく 穏やかな日の出
45分間も 楽しみました
 
さあ 下山して 朝食にしましょう
男性陣が お腹をすかして待っているね
 

 
テント場
 

 
イワイチョウ

 
5時45分 朝食
 

 
今朝は 煮込みうどん&力餅
 
朝食と夕食は提供されますが
昼食を含めた 行動中の食事は自分で用意
 
私の今日の昼食は
「炊込みおこわ」 アルファ米です
 
お湯を入れて 混ぜ混ぜ
これが なかなか美味しいのです
 
 
薄い雲が素敵でしょ?
 

 

 
こんな気持ちのいい朝を ゆったり過ごす
最高の贅沢です
 
みんなで テントを片付けて
 

 
出発の準備が完了
 
あとは 下るだけ
 
下山後 温泉に入り
コテージで 焼き肉が 待っています
 
 
 
 
 

きらら☆近況♪

 

 
山の記事が続いています
 
きららのことも書かないとね
 
 
夕方の散歩
 

 
こっち向いてぇ~
 

 

 
こっち向いてぇ~
 

 
何やってるの?
…もしかして それは ティティーのぬいぐるみ
 
あら~

 
最近は 綿出しをしなくなったのに
めずらしいね
 
ピーポーピーポー
 
きらら あわてて 窓から外を見る
 

 
お向かいさんちに 救急車
…何か あったのかな?
 
みるてぃママさんから
素敵なキルトをいただきました
 

 
色も バラの柄も 素敵
 
きららと一緒に写そう
 

 
何で あんたは そうなの?
 
 
 
 
 
 
 

大雪山縦走(黒岳~トムラウシ)その5

 
化雲岳から いよいよトムラウシに向かいます
 

 
岩の多い山です
 

 
ミヤマリンドウ

 
ヒサゴ沼が見えてきました
 

 
雪渓横は キャンプ地です
 
登山道にも お花がいっぱい
 

 
近くに思えたトムラウシも
遠いですねぇ~
 

 

 
イワイチョウ

 
果てしなく続く 岩
 

 

 
南沼に到着
 

 

 
ここで ワンコに会いました~
 

 
え~~~~!ワンコが トムラウシ登山!
凄いなぁ~ 鍛えていないと
足裏がボロボロになりそう
 
私達も 頂上を目指します
 

 
大きな岩を 何度も乗り越え
「もう少しだよ~頑張れ!」って 励ましながら
 
あと一息
 
やっと 頂上です

 
トムラウシ 2141m
 
やりました

 
みんなで 長かった道のりを眺めます
 

 
みんな 達成感でいっぱい
 
いい時間ですねぇ
 

 
ゆっくり過ごし 今日のキャンプ地
南沼に下ります
中央がキャンプ地です
 

 
14時 キャンプ地 到着
 

 
今夜のテント
女子部屋 6人が寝ますよ
 

 
みんなは 水汲み
浄水器を通すので 時間がかかります
 

 
今夜の食事は 何かな~
 

 
5時 夕食
 

 
メニューは
マーボー春雨・オニオンスープ・白飯
 
ここは オーバーユースのため
携帯トイレを使用します
 
どうやったら 快適に寝られるか
いろいろ工夫中
 

 
ザック・登山靴 すべてテントに入れて寝ますよ
 
寝るのは まだ早いですよ
7時まで 我慢 我慢(笑)
 
 
明日の早朝 頂上へ行くかどうかの相談
 
私 「快晴なら 行きます!」
 
みんな 「そうしよう!」
 
で 私が3時に起きて 天気の確認係に…
 
責任重大だぁ~~
 
 
 
 
 
 

大雪山縦走(黒岳~トムラウシ)その4

 
縦走3日目
 
3時半起床 4時朝食
 

 
朝食は ラーメン
いつも美味しい食事です
 
5時出発
今日の行程は トムラウシまでの10km
 

 
今朝も快晴

 
気持ちのいいスタートですね
 
参加者の男性の膝痛は どうかな?
様子を見て 歩くのが難しい場合の 代替案提示
 
予定変更で トムラウシ登頂後
天人峡に下山もありとのこと
 
みんなの反応は…
 
「あらっ、天人峡もいいね~ しばらく行ってないし

 
目指す化雲岳が見えます
 
あっ!
残雪が 北海道! 真ん中の大雪山が黒い!
 

 
などと話しながら歩きます
 
墨絵みたい…
 

 
富士山のような山は 北見富士
 
1時間ちょっとで 五色岳に来ました
 

 
今月登ったニペソツが見えました
 

 
面白い岩を 発見!
 

 
昨日登った 忠別岳
奥の左端は 旭岳
 

 
目指す トムラウシも 近くなってきましたよ
 

 
雪渓で 記念撮影
 

 
エゾウサギギク

 
リシリリンドウ

 
トムラウシと お花畑
 

 

 
大学生のアルバイト君
カッコいいぞぉ~
 

 
花 花 花…
 

 
出発して3時間
化雲岳1954mに到着
 

 
ちょっと休憩し 先に進みます
 
膝も回復し バッチリとのこと
歩きながら回復するなんて凄い!
 
予定通りのコースで行くことに
 

 
参加者8名と アルバイト君
 
縦走も3日目
24時間 寝食を共にすると 結束力も深まります
 
和気あいあい

 
エゾノハクサンイチゲ

 
ミヤマキンバイ

 
お花の名前は難しく…
 
間違っているかもしれません
 
勉強しながら 訂正していきますね
 
 
 
 
 
 

大雪山縦走(黒岳~トムラウシ)その3

 
白雲岳を横切り
白雲小屋が 見えてきました
 

 
赤い小屋が映えますね
まるでヨーロッパみたいです
 
エゾノハクサンイチゲ

 
キバナシオガマとエゾタカネツメクサ

 
白雲岳避難小屋です
 

 
ここには泊まりません
休憩だけです
 
トイレ休憩して 先に進みましょう
 
チシマキンレイカ

 
右端の尖ったところが
これから登る 忠別岳
 

 
イワギキョウ

 
リシリリンドウ

 
ウスユキトウヒレン

 
ヨツバシオガマ

 
高根ヶ原から見た沼
 

 
ヒグマの生息地って わかるなぁ
 
エゾカンゾウ

 
高根ヶ原は広い!
 

 
平坦ですが 長い長い…
疲れもたまってきます
 
でもね
 

 
花達が 癒してくれるんですよ
 
タカネシオガマ

 
あの山の とんがりが 忠別岳頂上
 

 
出発して 8時間15分
忠別岳の頂上
 

 
あはっ またまた字が黒くて写らない

 
さあ 今日の宿泊地
忠別岳避難小屋に行きましょう
 
ほ~ら 見えてきましたよ
わかる?雪渓の縁にあるでしょ?
 

 
頑張って 歩きましょうね
 

 
分岐まできました
あと0.6kmです
 

 
着いたぞ 着いたぞ
 

 
思ったより 小さい小屋だわ
 

 
今日は 10時間歩きました
みんな よく頑張ったね
 
トイレもあって 良かったぁ~
 

 
中は 2階建て
2階は ハシゴで上がります
 

 
夕食は 5時
チンジャオロース・玉ねぎスープ・白米
 

 
誰ですか?6時から寝ている人!
ちょっと早過ぎでしょ
 
などど言いながら
みんな7時には 就寝

大雪山縦走(黒岳~トムラウシ)その2

 
縦走2日目
 

 
3時半起床 4時朝食
今朝は「雑炊」です
 
外は 快晴
 

 
5時出発
 

 
まずは 北海岳を目指します
 

 
朝は 気持ちがいいですね~
 
エゾノツガザクラ

 
チングルマ

 
チングルマの上の方
霜が下りていますよ
 
北鎮岳には 残雪が白鳥のように残るそうです
 

 
残雪が 鳥に見えますね
白鳥というより…アヒル?
 
雪渓を歩きます
 

 
途中で 雪渓から流れる
美味しい水を 汲みました
 
まだ こんなに雪が残っています
 

 
7月ですからねぇ
 

 
お花がいっぱい!
 

 

 
道は歩きやすく 快適です
 

 
ザックの重さにも 慣れてきましたね
 
イワブクロ

 
朝日を浴びて 輝く花達
 

 
クモマユキノシタ

 

 
北海岳が 近くなってきましたよ
岩がゴツゴツしています
 

 

 

 
エゾコザクラ

 

 
チングルマの 咲きあと

 
頂上は そこですよ~
 

 
コマクサ

 
1時間45分で 北海岳頂上です
 
あらっ 北海岳の看板の文字が見えない

 
文字が黒なんだもん・・・
 
キバナシオガマ

 
目指す トムラウシが見えてきました
 

 
トムラウシを越えていきます
・・・遠いねぇ~ 行けるのかしら
 
ヨツバシオガマ

 
北海岳から 白雲岳に進みます
 

 
白雲岳には登らず 横切ります
 

 
大きな雪渓
 
あっ! 白雲小屋が見えてきました
中央右の 赤い建物  見えますか?
 

 
 
(その3へ 続きます)
 
 
 
 
 

大雪山縦走(黒岳~トムラウシ)その1

 

 
北海道の有名な観光地
層雲峡(そううんきょう)
 
ここから縦走がスタートします
 
 
憧れの 黒岳からトムラウシまでの
大雪山縦走
 
自分が このコースを歩けるなんて
思ってもいませんでした
 
夢の実現です
 

 
トムラウシまでの縦走といえば
4年前の大量遭難を思い出す方もいらっしゃるでしょう
(あちらは 旭岳スタートです)
 
私達は 山に3泊し 予備日も設定し
安全優先で歩きます
 
 
札幌を朝に出発
ゆっくり準備して お昼頃になりました
 
まずはロープウエーで五合目へ
 

 
そこからは リフトで 七合目まで行きます
 

 
リフトの終点
ここが 登山口
 

 
今回のツアーは
男性2名 女性6名
女性ガイドさんと 大学生の荷物持ちバイト君
全部で 10名のグループです
 
寝袋・食料などを持ちますから
10~13kgのザックを背負います
 
もちろん
ガイドさんや バイトの青年は
私達の倍は 持っています
 
さあ 出発!
 

 
重いので ゆっくり ゆっくり
 
私の前を ごりぬいさんが歩きます
安心感がありますよ~
 

 
チシマノキンバイソウ

 
黄色い花が一面に咲いています
 
あっ お花の名前は詳しくないので
違っていたら ごめんなさいね~
 

 
たくさんの登山者が下りてきます
旅行社の団体さんもいっぱい
 

 
1時間45分で 黒岳(1984m)頂上
 

 
今夜は 黒岳の石室に泊まります
 

 
あと少しですね
 
エゾツツジとイワウメ

 
ちょっとガスっていますが
きれいなお花畑です
 

 
登山道に コマクサが咲いています
踏まれないでねぇ~
 

 
黒岳石室が 見えてきました
 

 

 
キバナシャクナゲ

 
チシマツガザクラ

 
黒岳頂上から30分ほどで
石室到着
 

 
ここは 夏の間 管理人さん常駐
なんと!北海道では唯一?ビールなどが売っています
食事の提供はありません
 

 
私達は より快適な方の 別館に泊まります
 

 
キタキツネがいましたよ
 

 
イワヒゲ

 
ハクサンチドリ

 
石室の周りは 高山植物がいっぱい
 
そして シマリスも
 

 
別館内
 

 
戦時中か?…って戦時中を知らないけれど(笑)
ここで 持参の寝袋やマットを敷いて寝ます
 
夕食は 5時
メニューは スープカレー
 

 
ガイドさんの料理は いつも絶品

 
海草サラダもついて 満足ですぅ~
 
明日の長丁場に備えて
7時就寝

きらら☆暑っついねぇ~♪

 

 
きらら地方
 
15日ぶりの 30度超えですって…
(みなさん 羨ましい?)
 
きららを 病院に迎えに行き
遊びに行こう!
 
みるてぃママさんを誘ってみる・・・
 
誰も来ない公園に集合!
 

 
草刈りしてくれたんだね~ありがたいなぁ
 
先に到着したよ
 

 
きららは みるてぃ達が来るって
わかっています
 
たらいに水を入れて
準備OK!
 
あらら…
 

 

 
ずっと 駐車場を見ていますよ
 

 
あっ 来たよ~
 

 
みるてぃ、シャルちゃんも 元気だね
 

 
きらら!独占はいけませんよ
 

 
レトリーブして
 

 

 
クールダウン
 

 
みるてぃは 蛇口から出る水で遊ぶ!
 

 
そして
 

 
穴掘りのように じゃぶじゃぶ
 
きららも レトリーブに参加できるようになって
嬉しいな

 
相変わらず 入浴 きらら
 

 
シャルちゃんは ママさんに
水をかけてもらって クールダウン
 

 
そこに
わんちゃん登場~
 

 
ご近所さんですって
ご近所って…近くに家があったかな?
 
誰も来ない公園に ワンコが来たぁ~(笑)
あちらも驚いていましたよ
 
みんなでクンクン攻撃

 
仲良く遊べて良かったねぇ
 

 
暑い時間だけど
日陰と 水があるから いっぱい遊べます
 
2時間も走り回って
 
満足 満足~
 
 
みるてぃママさん
お付き合いしてくださって
 
ありがとねぇ~~~~

ただいまぁ~♪

 

 
ただいま~
 
大雪山縦走から 帰ってきました
 
山に3泊して
大雪山を縦断しました
 
層雲峡・黒岳から入り
トムラウシ・新得に抜けました
 

 
お天気に恵まれ
大雪山を満喫しました
 
また報告しますので
見てくださいね
 
とりあえず
 
無事に帰宅できたことを
お知らせいたします
 
ありがとうございました
 
 
 
 
 

きらら☆楽しくて楽しくて♪

 

 
きらら地方は 晴れ
 
暑くなく 爽やかで 気持ちがいいよ
 
誰も来ない公園で 遊ぼうよ!
 

 
今日は たらいを買ってきたよ
 

 
早速 興味津々
 

 

 
水の好きな子達だからね~
気に入ってくれたかな
 

 

 

 

 

 
きららったら…
 

 
やると思いましたぁ~
 

 
クールダウンできるから
元気 元気
 

 

 
走っては 水へ~
遊んでは 水へ~
 

 
きらら 独占しちゃダメだよ
 

 

 

 
いつも みんなと違う方向へ走る きらら
不思議ちゃんだったのに…
 
はじめて レトリーブに参加したよ
 

 
結構 取っています!
 

 
みるてぃママさんに いっぱい ほめてもらう
 
益々 やる気満々
 

 
私が投げても みるてぃママさんの所へ…
 
ほめてもらいたいのね
 

 
取れなくても ママさんの所へ 一番乗り
 
やがて
 

 
みるてぃが取ったのに
横取りか?
 

 
へぇ~~~~~ ビックリ!
 
きらら 2歳にして
レトリーブの楽しさを 知った(笑)
 

 
ママさんは ほめ上手だなぁ
 
誰だって ほめられると 嬉しいもんね
 

 
2時間半
たっぷり遊びました~

 
明日から
大雪山縦走に出掛けます
 
5日間の予定です
 
訪問・コメントが遅れ
ごめんなさいね
 
帰ったら 報告します
 
 
 
 

ハスカップ♪

 

 
ハスカップの季節です
 
支笏湖の帰り 
千歳のハスカップ農家さんに 立ち寄りました
 

 
広~い ハスカップ畑
 

 
なってる なってる
 

 
自分で採ると安いのですが
プロの方が採ると完熟ばかり…さすがに違います
 

 
ブルーベリーとは 全く別物で
味は 酸味があります
 
品種改良された 大粒の甘みの強いものを買いました
 
アントシアニンなどは
ブルーベリーの3~10倍ですって
 
生は 日持ちがしないので
ほとんど流通していません
 
家に帰って 少し生を食べて 少し冷凍して
ほとんどを使って ジャムづくり
 
完成

 
ラベルも貼りました
 
砂糖を 保存可能の最低限ギリギリにして
作っています
 
100%ハスカップと グラニュー糖だけです
 

 
中が見えませんね
 

 

 
ビンから 出してみましょう
味見です
 

 
きゃぁ~~~美味しそう!
 
フルーツソースのような出来です
成功 成功 

 
きららは ダメですよぉ~~
 
 

 
オーダーの トイレプレートも完成し
トイプードルのシルエットボードと一緒に 納品しました
 

 
トイレプレートは 500円です
 
 
とっても喜んでもらえて
 
嬉しかったですよ~
 
 
また頑張って作ります!
 
 

きらら☆バスローブが届いたよ♪

 

 
待っていましたぁ~~
 
バスローブ 到着です
 

 
可愛い 巾着袋入りです
 

 
へへへ…
みるてぃと シャルちゃんのもだよ
 
早速 着てみようよ
 

 
うんうん いい感じ
 
着せ方が悪くて スミマセン
 
 
このバスローブ
 
オペラママさんのお友達
ヨモギママさんに 作ってもらったの~
 
わんこグッズ ”e-wan"

http://ewan111.blog.fc2.com/
 
とっても丁寧に作られていて 上手だね
なのに 2800円だよ
 

 
ハートの おリボンだもんねぇ~
 

 
うん 柔らかくて 触った感じがいいね
 
でもさ お尻が・・
 

 

 

 

 

 
きららったら…
 
支笏湖や 川の帰りは
濡れていても これを着るといいね!
 
嬉しいなぁ~
 
汚したくないなぁ…
 
ヨモギママさん
 
とっても素敵なバスローブを
 
ありがとうございます
 
 
3ワンで 着させてもらいますねぇ~~~
 
 
 
 
 

きらら☆支笏湖だよ~♪

 

 
三連休の 
2日間も山に行ったから…
 
昨日は
きららへの サービスデーだよ
 
お天気もいいみたいだから
 
みるてぃを誘って 支笏湖へ行こう!
 

 
先に 軽く泳いで待ちましょう
 
隣で ボーダーコリーさんが
上手に泳いでいます
 

 
カットした きらら
 

 
濡れると お尻と 尻尾が…(笑)
 
まだかなぁ~
 

 
車を待っています
「あっ 来た来た!」ちゃんと わかるんだよね~
 

 
みるてぃ!
 

 
短い動画を つなぎ合わせました
 
 
 
 
いっぱい泳いで 楽しいね
 

 
きらら 得意のポーズ
 

 
浸かるのが 好きなんです
 
みるてぃは
 

 
どんどん泳ぎますよ~
 

 

 

 
シャルちゃん お顔が~
 

 
みるてぃが 何かを始めました
 

 
どうやら 水の中の石を 掘っているようです
 

 

 

 
快晴予報が…曇りです
暑すぎず 長く遊ぶことが出来ました
 
写真を見ると 寒そうでしょ?
ちょうどよい温度なんですよ
 
2時間くらい遊んで 帰りました
 
帰って シャンプー
 
そして
 

 
爆睡でありました
 
 
 


 

後方羊蹄山(1898m)その2

 

 
お鉢まで来ました
 
ここから お鉢を歩いて 
頂上まで進みます
 

 
途中の 北山ピーク
 

 
頂上は まだまだ遠いねぇ~
 

 
お鉢の中には 残雪が…
 

 
ピークは まだかぁ~~~~
 

 
そして!頂上

 
ちょうど5時間です
 

 
ごりぬいさん 超華奢なんだもん
私 オデブさんに見える
…って オデブですけどね(笑)
 
独立峰は 登った高さがわかり
嬉しいです
 

 
こんなに よく登ったねぇ
 
30分ほど 昼食タイム
 

 
お鉢一周は しませんよ~
来た道を帰ります
 

 
三連休のせいか 若い人がいっぱいです
山ガールですね
最近は 山ボーイも増えました
 
高校スキー部のトレーニング
走って登ってきました
1時間50分だって!
 
帰り道 1等三角点
真狩岳の旧山頂 1892m
 

 
お鉢から下ります
 

 
あらっ 石を囲んで 花が咲いています
花輪ですねぇ~
 

 
お花畑
 

 
雨が降ったら ドロドロかな
 

 
段差の大きな道を ひたすら下ります
 
5合目 あと半分だね
 

 
景色や 花に 癒してもらいました
 

 
途中 若者達が
「避難小屋に 水が売っていますか?」って…
売っていませんよ~
 
手持ちの水は ごくわずかみたい
 
「それじゃ 足りないよ あげるか?」
ごりぬいさんが 水をあげることに
私も 余っている分を あげました
 
水は 大事だよ
 

 
3時間半 14時に 登山口到着
 

 
お疲れさまでした~
 
tity-mama 完全復活です
 
気の合う ごりぬいさんと 一緒の登山
 
本当に楽しかったぁ
 
心地よいペース
優しい気遣い
楽しい会話
 
ごりぬいさんは 素敵な人です
 
また一緒に登ってくださいね
 
 
帰りは くっちゃん温泉
いいお湯でした
 

 
帰り道
羊蹄山は 雲の中でしたけど
 

 
じゃがいも畑が きれいでしたよ
 
 
 
 
 
 
 

後方羊蹄山(1898m)その1

 

 
春の羊蹄山の写真です
 
後方羊蹄山(しりべしやま) 1898m
 
今では 羊蹄山(ようていざん)と呼ばれ
富士山に似ていることから
蝦夷富士(えぞふじ)とも呼ばれています
 
私は この山が大好き!
 
20年以上も前になりますが
パパさんと ふたりで登りました
 
今回 久しぶりに挑戦です
 

 
先日の「夕張岳」では 軽い熱中症になり
みなさんにご心配をお掛けしました
 
ごめんなさい そして ありがとう 

 
一日しか経ってないけど…大丈夫?
はい、大丈夫です!(笑)
 
今回は 山友達の ごりぬいさんと
ふたり登山
 
朝?深夜? 2時半に 家を出発 

 
はじめは なだらかな道を行きます
 
今回は リハビリ登山?(笑)
また具合が悪くなったら どうしよう…
 
ちょっと不安だけど
ごりぬいさんが ゆっくり先を歩いてくれて
ありがたいわぁ
 

 
風穴…富士山にも あったよね
 
だんだん急になってきました
 

 
ゆっくり ゆっくり 進みます
 
50分で 2合目
 

 
木陰を歩くのと 朝早くて涼しいのと
順調に登っています
 
今回は 暑さ対策万全ですよ
 
ニセコアンヌプリが見えました
 

 
お花がいっぱい
 

 
すご~い!おしべ?
 

 
ツアーと違い 緊張することなく
写真を撮りながら 自分達のペースで登ります
 
とっても 心地いいなぁ~
 
登り始めて 2時間半
6合目まで来ましたよ
 

 
ユリを見っけ!小さいお花ですね~
 

 
ここまで来ると 高度感抜群
倶知安(くっちゃん)の町が見えます
 

 
ほとんど樹林帯を歩きますが
時々こんな風に 見通しの良い場所があり
思わず 足が止まります
 
景色も 花も きれいだねぇ~
 

 

 
時々 人に会いました
 
こんな早い時間に 下山する人は
避難小屋泊まりの人達
 
昨夜は満杯で 
廊下にも寝ていたそうです
 
石だらけの ガレ場に到着
 

 
アンヌプリが あんなに低いよ
スキー場は ヒラフスキー場
 
りんごさんちは 見えるかな?
 

 
え~!ここを登るの?と思ったら
ここは 避難小屋への道
 

 

 

 
私達は 頂上方面へ
 

 
9合目まで来ましたよ
4時間かかりました
 

 

 

 

 
羊蹄山って 花の山だっけ…?
 
たくさんの花々が 素晴らしいです
 
歩く場所にもいっぱい
 
花を守るために 
登山道にロープを張ったほうがいいかも…
 
さあ 頂上まで あと少しですよ
 
 
その2へ 続きます
 
 
 
 
 
 
 

夕張岳(1668m)金山コース

 

 
夕張岳は 花の山
 
高山植物が咲き乱れ
春は人気の山です
 
しかし
夕張側から登る ノーマルルート
林道崩壊により 片道7kmの林道歩きが…
ツアー中止?
 

 
通常は左の緑線
今回は 「しむかっぷ」 からの赤線
長い「金山コース」で登りました
 
朝 4:50に札幌集合
 
高速で 「しむかっぷ」まで行き
金山へ
 

 
無人駅の「かなやま」で 最終トイレ
 
登山口へ向かいました
 

 
車は1台 さすがに登る人は少ないです
 
8時15分 スタート
片道9km弱のコースです
 

 
今回の参加者は
男性1名 女性6名
男性ガイドさんとで 8名
 
参加者の男性は 大阪から参加
 
 
いきなりの急登が 延々と続きます
 

 
急登は苦手ですぅ~
 
熊さんの 落し物がいっぱいだよ
 
でも 頑張って上り 眺望が…
 

 
十勝岳連峰が見えましたよ
 
登り始めて 2時間ちょっと
 

 
3kmちょっとまで来ました
 
このあたりから 残雪が見え始めます
 

 
頂上方面も 見えてきました
 

 
3時間で 小夕張岳 1234m
 

 
ここから グ~ンと下り
登り返しが キツイ
 

 
雪渓で 休憩
 

 
登り始めて4時間
 
どうも体調が悪い…

 
秋に 登るから 待っててね~
…なんて言ってる場合じゃない
 
体が動かないし みんなと離れちゃうし
頂上は難しいかも…と弱気
 
とにかく みんなに迷惑はかけられない
(すでに迷惑をかけてますが)
 
置いていって欲しい気分だけど
そうはいかない
 
 
雪渓を渡ります
 

 
何てことないのですが…
大阪の男性が 滑る、滑る
 
そっか、私達のような
 雪のある所で暮らしているのと 違うんだね
 
ここで 先行者と会いました
もう帰るんですね
 
苦戦しながらも 
夕張からのコースとの分岐まで 来ました
 

 
あと少しだもん 頑張ろう!
 

 
わっせ わっせ
 
神社まで来ました
 

 
頂上は目の前
 
ザックを置いて 頂上へ
 
やった~~~

 
みんなに迷惑をかけて
辛くて 苦しくて…こんな登山は初めて
ごめんなさい
 
頂上に 立てないかと思ったよ
 
だけど
眺めは 抜群
 

 

 
今日 夕張岳に登ったのは
2グループだけかも
 
神社まで下りて 昼食
 

 
気持ちが悪くて 何も食べられない…
けど トマト きゅうりを食べました
 
途中でガイドさんがくれた
凍った水 1リットル
「身体を冷やしなさい」
 
助かりましたぁ~
 

 
 

 
 

 
 
暑い時期の登山は
暑さ対策が必要ですね
 
いい勉強になりましたが
みんなは大丈夫なんだから
情けない
 
さあ下山も長いぞぉ
15時下山 暗くなる前に着けるかな
 

 
立ち入りが出来ませんが
お花畑が きれいでした
 

 
必死でついていきます私
 
雪渓まで来たぞぉ~
 

 
あっ 大阪の男性
何度も 滑り落ちる
頑張って~!
 

 

 
帰りの 長いこと 長いこと
 

 
ひたすら下ります
 
だんだん暗くなってきました
 

 
4時間20分
19:20に 登山口到着
 

 
暗いけど 
ヘッドランプは使わない程度でした
 
なんと!5万歩!
 
帰りに
「湯の沢温泉」420円に立ち寄り
 
やっと持参したオニギリを食べました
3リットルの水 トマト きゅうりで
11時間歩いた(笑)
 
家に帰ったら 深夜12時近かったぁ~
 
 
 
今回は 思いっきり自信喪失
 
明日は 羊蹄山 1893mに登ります
 
さらに どん底に落ちるか
はたまた 自信回復か
 
とにかく ゆっくり 楽しんで
登るからねぇ~
 
 
 
 
 

ティティーの思い出☆誕生日♪

 

 
今日は
 
ティティーの誕生日
 

 
14歳の誕生日
 
まだまだ元気だったよ
 
夜は 先にベッドへ行って
寝ていました
 

 
寝顔は 愛おしいね
 

 
マメちゃんが 来てくれて
オヤツに 注目
 

 
もう美人さんでは なかったけれど
 

 
私にとって 本当に幸せな時間だった
 

 
今でも
家には ティティーの写真が いっぱい
 

 
写真と 私達の心の中で
 
いつも笑っています
 
 
ティティー
 
ずっと ずっと 大好きだよ

きらら☆ビフォーアフター♪

 

 
きららの毛は モジャモジャ
 

 
ゴールデンらしいと言えば
ゴールデンらしい
 
だけど 飾り毛は
 
うんPが軟いと 毛に付くし
外で遊ぶと 泥だらけ
 
そこで
 
初めて カットしてもらいました
 
先程の写真は ビフォーで
 
 
そして アフターは…
 
 
じゃ~ん!
 
 

 
あんたは 子どもか

 
お尻と 尻尾も スッキリ!
 

 
顔は
 

 

 
これで ハーフチョークで
毛が 絡まないかな
 
ラブちゃんっぽい?
 

 
かなりスッキリ
 

 
 
これで
 
湖や川遊びも 後始末が楽かも
 
 
 
 
 

創作意欲満々?

 

 
お隣の じゃがいも畑が
いまだに満開
 
そんなに長く咲いているものだったっけ?
 
 
トイプーちゃんの ボードが完成
 

 
ラッキーくんは
まだ1歳になっていません
 
若い子だから
明るい感じに仕上げてみました
 
価格は 1500円です
 
 
同じ柄の 紙ナプキンを使って
ハンディボックスを 作りたくなりました
 
一気に完成
 

 
一番広い部分の幅で 28cm
高さ 21cm
 
底にも 柄を入れてみました
取っ手の棒は 18cm
 

 
メインの柄
 

 
いくらで売ろうかなぁ~
1200円かな
 
 
あっ きららも載せなくっちゃ
 

 

 
いつも お暇な きららです
 
いろんな表情を 撮ってみる
 

 

 

 
不思議ちゃんでも 
我が子は 可愛いものです
 

 

 
今日の天気は どうかなぁ
 
 
 
 
 
 

ふたつの郵便♪

 

 
最近 お手紙が届くなんて
滅多にないなぁ~
 
自分も すっかり筆不精になっています
 
郵便といえば
請求書とか チラシばっかり…
 
 
昨日
ふたつの郵便が届きました
 
ひとつは 山男しげさん
 

 
写真と 手紙が入っていたよ
 
キャンプの楽しい写真も…
 
しげさんが撮ってくれた4人
(5人の写真がなくて 残念)
 

 
ニペソツをバックに しずちゃんと
 

 
しげさん マメだなぁ~
 
何だか とっても嬉しかったよ
 
実は このメンバーが揃って
一緒に仕事をしていたのは
20年前なの
 
私は若輩者
みんなは中堅で 活躍中だったっけ
 
いいご縁ですね
 
 

 
もうひとつは
 

 
上士幌町の 観光協会から頂いた
登頂証明書
 
やったぁ~~!
 
嬉しいな
 
記念になりました
 
 
 
 
 

きらら☆夕日を見に行こう♪

 

 
朝から 
午後から 晴れてきて
 
みるてぃママさんが
夕日を見に行くって~
 
じゃあ 参加しちゃおう
 

 
5時半過ぎ 公園へ
 
毎度 同じような写真ですが…

 

 
暑くて 水をいっぱい飲む
 
でも…どうやら 涼んでいる感じ
 

 
本当は 水に入りたいのかもね
 
見て!このツーショット!
 

 
どっちがどっち?(笑)
 
左が きららだよ
 
ちょっと休むと 復活~
 

 

 
あれ? 急に きららが 
あっちの方を見て 吠え出した…
 
何?
 

 
どうやら アンテナの明かりが 点滅しだしたんだね
それ見て吠えてるみたい…?
 
いつも 不思議ちゃんな きらら
みるてぃも シャルちゃんも 反応なし(笑)
 

 
雲があるねぇ~
 

 
また 雲のない日に 来ようね
 
夕方は 蚊がいっぱい
シャルちゃんは ダニが付いていたんだって
 
 
2日連続で会えて
嬉しかったなぁ~

きらら☆快晴の公園♪

 

 
快晴だぁ~
今日は 30度超えだよ
 
きららの耳元で そっと囁く…
「みるてぃと 遊ぶよ」
 

 
早く行こうと おねだり
 
じゃあ行こう
 

 
今日も 子ども達が来たよ
 

 

 

 
めずらしく きららがボールをゲット~
 

 

 

 

 
楽しいねぇ~
 

 
うわぁ~ 砂煙!
 

 
隣で 農家さんが作業中
 

 
かぼちゃ畑だね
 

 
ボール みっけ
 

 
うれしそうな きららの顔
 

 
ツーショット
 

 
スリーショット
 

 
滑り台で
 

 
うわぁ~シャルちゃん!
 

 

 
危ないよ~
 
きららは すぐに 日陰で休む
 

 
いっぱい走って 満足ですぅ
 
みるてぃママさん 
鉄棒で さかあがりが出来た!
 
私…出来なかった
 
 
夕日が見たかったけど…
また太陽は高いね
 
今度は もっと遅くに来よう
 
じゃあ
ノハナショウブを見て帰りましょう
 

 
咲いた 咲いた
 

 

 
休憩テントに 説明がありました
 

 
へぇ~ 花が終わったら
刈り取るんだね
 
ここは
 

 
石狩大湿原 だったんだぁ~
 
 
 
 
 
 

トムラウシ(2141m)その2

 

 
夜中は 雨が降っていました
 
外は 霧
 
みんなグッスリ6時間寝ましたよ~
 
5人用テントで
5人寝たのは初めて
 
狭い
 
頭と足を 交互にして寝ますが
ひとりのスペースは40cm(笑)
腕は 隣の人の寝袋の上
 
いびきを かく人がいなくて
良かった
 
ザック・登山靴・鍋なども
すべてテントに入れますから…
そりゃあ すごいことに
 
まずは朝食
お蕎麦と餅の「力蕎麦」
 
天気の回復を待つことも考えましたが
 
下山にも 時間がかかります
 
なので出発!
 

 
霧で 頂上方面も見えません
 
登頂

 
頂上は 大きな岩がゴロゴロ
 

 
なぜか3人(笑)
 

 
風がなくて 良かったわぁ~
眺望ゼロですが 
念願のトムラウシに登頂できました
 
あとは 下山
 

 
「霧だから 頑張って離れないように歩くんだよ」
と 励まされる さっちゃん
 

 
自分だけだったら
迷うような場所が いっぱい
 
トムラウシの遭難事故
メンバーが バラバラになり
下山するのが大変だったろうな…
 
霧の中ですが
高山植物がいっぱい
 

 

エゾノツガザクラ
 

 

チングルマ
 

エゾノハクサンイチゲ
 

コマクサ
 

 
少し明るくなってきました
 

 
トムラウシ公園
 

 
ロックガーデンを下り
 

 
前トム平に着く頃には 晴れてきました
 

 
歩いては 待って
歩いては 待って その繰り返し
 
だけど よく頑張るわぁ~
 

 
ここからの雪渓は
尻滑り
 
デコデコしていて お尻が痛い
だけど 歩かなくていいから やっぱり楽チン♪
 
山の天気って
上と下とでは 大違いです
 

 
相変わらず ドロドロの 登山道
 

 
昨日よりは 乾いたみたい
 

 
陽射しが強い! カンカン照り
 
カムイ天上まで来ました
 

 
そして 温泉との分岐
 
あと15分かな~
 

 
登山口 ゴールです

 
しげさんと私が みんなを待っていると
 
明日の登山に向けて
下見に来ているグループが 何組か来ました
 
本州からの登山者やグループ
 
私達に いろいろ質問します
 
何時間かかったか
迷うところはあるか
雪の状態
 
そうだよね 不安だよね
頑張ってくださいねぇ~
 
 
しずちゃん、ただっさん、さっちゃん
順番に到着
 
みんなが無事下山しました
 
帰りは トムラウシ温泉

 
懐かしい 元同僚達との登山
 
一緒に仕事をしていた時と
変わらない
 
車の中も ワイワイ楽しかった
 
 
(おまけ)
 
山に泊まるのが初めてのさっちゃん
 
やたらザックが重い・・・

トムラウシ(2141m)その1

 

 
大雪山
トムラウシ山 2141m
 
憧れの山です
 
日本100名山の中で
第三位の人気なんですって
 

 
トムラウシ短縮コース
日帰り登山で 一番使われているコースです
 
今回は
ちょっと変わったメンバーとの登山
 
元同僚とのグループです
 

 
男性2名 女性3名 計5名
 
リーダーは 山男しげさん
(1月に 小天狗岳に連れて行ってもらいました)
 
女性は しずちゃん、さっちゃんと私
男性の ただっさん
 
私が一番の年下です
 
彼らは 十数年 
毎年1回 一緒に登山をしています
(もうひとり男性がいますが 今回不参加)
 
私は 今回初めて ご一緒させてもらいました
「あんた、昔 何十回誘っても来なかったでしょ
それが 今や 山女だからねぇ~」(笑)
 
と言いながら 歓迎してくれる元同僚
久しぶりの再会 うれしいなぁ~
 

 
新得町の 短縮登山口からスタート
 
普通 日帰りなのですが
さっちゃんが 年1度の登山しかしていないので
日帰りは無理と判断
 
頂上下でキャンプをします
 
リーダのしげさんが 
テント&鍋などの炊事道具
 
私が
5人分の夕食と朝食 炊事担当
その食材をすべて背負います
 
だいたい 14kg
頑張って歩きますよ~
 
 
温泉との分岐までは 快調です
 

 
そこから 雪渓が…
 

 
今年は 雪が多いですね
雪が融けて 登山道はドロドロ
 

 
あまりにすごくて 滑って転びそう
もっとひどい場所は 歩くのに必死で撮れません
 
やっと カムイ天上
 

 
アイゼンは付けていません
つぼ足(夏登山靴)で大丈夫
 

 
さすが しげさん 無駄のない歩き
とっても楽に歩いていますね
 
遅れてくる さっちゃんを ただっさんがフォロー
 

 
しばらく進んでは待つ
追いつくと しばらく進んで待つ
…その繰り返し
 
晴れてきましたね~
左の奥の方が 頂上方面です
 

 
先週登った ニペソツも見えます
 

 
登った山を見ると 嬉しくなります
 

 
去年は このあたりで
大雨による撤退でした
 
コマドリ沢まで 一気に下ります
 

 
雪渓は 登山道が見えないので
迷いやすいです
 

 
有志の方々が 矢印を目立つように
書いてくれたそうです
 

 
ここは 本当なら川なんですよ
 
ここの沢から 今度は一気に上ります
 

 
さっちゃん 頑張れ!
 

 
スプーンカット状になっているので
そこを上手く利用して上ります
 
長いよねぇ~
 

 
決して弱音を吐かない さっちゃん
時間はかかるけど 着実に足を運びます
すごい根性ですね
 
やっと雪渓が終わりました
 

 
振り返ると きれいな景色
 

 
さあ 頑張って進みましょう
 

 
すごい岩で 歩きにくいよ
 

 
高山植物が 癒してくれます
 

 
こけもも
 

 
こけももの ジャムが売っていたっけ
 
前トム平に到着
 

 
これからは 少し歩きやすいかな
 

 
まだまだ 雪が残っていますね
 

 
ロックガーデンって ここかな
 

 
必死で登ります
 

 
大雪山らしい お花達
 

 
かなりの時間がかかって
やっと トムラウシ公園
 

 
次の登山道がわかりません
 

 
山男のしげちゃんがいるから いいけど…
多分 みなさん 苦労するでしょう
 

 
すんなり 次の登山道を見つけて
続きを歩きました
 

 
やっと キャンプです
 

 
今日は 7時間歩きました
 
長かったけど…さっちゃん 頑張りました!
仕事が忙しく 前日の睡眠2時間だったそうで…
仕事をしているって 大変です
 
しげさんが テント張り
私が 調理
 
忙しくて 写真どころではありません(笑)
 
 
夕食は
 
五目御飯を炊いて
野菜の塩こうじ汁
 
たらこ きゅうりの漬け物
煮卵 くだもの…etc
 
山ご飯は 美味しいなぁ~
 
山ご飯は
いつも ガイドさんに作ってもらっていました
 
今回 自分ですべて用意して
背負って
作って
 
大変さも分かったし
楽しさも分かりました
 
 
いよいよ明日は トムラウシ頂上です
 
みんな8時に 爆睡
その2へ 続く~