夏の北海道ツアー




去年

モンブラン登頂と
ネパールのエベレスト街道をご一緒した

女4人組

北海道に集合です

2泊3日の
夏の北海道ツアー

お天気に恵まれ
最高の登山が出来ました



6/28(日) ニペソツ山 2013m



6/29(月) ウペペサンケ山 1848m

詳しくは
これからじっくりと 記事にしますね


ずっと コメント・訪問が出来ていません
ごめんなさい

こちらも これから
じっくりと







きらら☆ハッシュ&ディーノと♪




くまぐまさんに 誘われて
誰も来ない公園に 行ったよ

久しぶりだねぇ~

この写真は 何の図?(笑)

こんな図



きらら 嬉しくて
転げまわる

ディーノくんの ボールをゲット



お互い ボールを持つと
見せびらかす



ディーノと きららは
半年違いの ほぼ同じ年齢

体の大きさは 違うけどね

小さい時から知っているからか
同格なんだよね



ハッシュは わが道を行く?



可愛いのだ 



いつまでも ボールを見せびらかして遊ぶ
ディーノと きらら



















ケンカになりそうな時もあるけど

上手く回避




いいコンビです

きらら 落ちていた 野球ボールを発見





楽しかったよ~

また遊んでね 









きらら☆パパさんとドッグラン♪




めずらしく パパさんが
明るいうちに帰ってきた







軽く走って

水飲み場





パパさんがいると 嬉しいんだね
…あのう よだれが凄いんですけど 





最近は お花がいっぱい咲いているね

お散歩で お花を見るのが楽しい



写真を撮っていると…



退屈そうな きらら(笑)

「きらら~ 写真撮るよ」










きらら☆「きらら」つながり




愛ちゃんママさんちの「きららちゃん」

今日は 10歳のお誕生日 

うちの「きらら」と同じ名前
そんなご縁で お付き合いをさせてもらっています

一昨年
白山登山の時に きららちゃんとご対面

泳ぐ きららちゃん



記念写真
私と きららちゃん



愛ちゃんママさんちの ワンコ達



ゴル7頭  まだパピーの大きなデーン
みんな女の子

先代の 愛ちゃんは9歳8ヶ月
桜ちゃんは 9歳11か月

どちらも 10歳を迎えることが出来ずに
旅立ってしまった

ママさんにとっては
10歳の壁

きららちゃんが 10歳を迎えられるか

きっと不安だったと思う

私も ずっと 10歳を無事に迎えて欲しいと
願っていたよ

(年は とってほしくないけどね)



きららちゃん!
お誕生日おめでとう 

パパもママも
とっても喜んでいると思うよ

これからも ずっと元気でいてね


そして



うちの きららも みるてぃと一緒に
ずっと長生きして欲しいよ 


愛ちゃんママさんのところから

勝手に写真を頂いちゃって
勝手に記事にしちゃいました

ごめんね













塩谷丸山(629m)




夕張岳の次の日
6月22日(月)

お店を開いた 友人Nさんの リクエストで
塩谷丸山に登山

ごりぬいさんも誘って 3人です

朝6時出発 

小樽から 余市に向かう途中の
JR塩谷駅から登りますが…私達は登山口まで車

駐車場は ただいま工事中

なんの工事?

ん~~~~ たぶん



小樽から余市までの
高速道路建設工事ですね

このあたり 小樽西インターになりそう

登山者のために
駐車場・登山道が整備されて トイレまであります



駐車場は 私達が1番乗り

用意して 歩き出します



10分ほどで 登山口



今日は
距離6km 標高差579m

Nさんは 普段登山をしませんが
興味はあるみたいです

1月に スノーシュー登山を ご一緒しました
…それ以来の登山です

なので ゆっくり ゆっくり



途中 急な所もありますが
大体は 森の中

450m台地に出ると
頂上が見えてきました



ごりぬいさんも Nさんも 優しい

だから ワイワイ賑やかじゃなく
穏やかな感じの登山

な~んか 癒されるのよ
この雰囲気

お花も咲いていて



ウルシに触らないでね とか



この花 不思議だね とか



軽く汗をかいて

最後の岩場を上ると



頂上 

登山口から 1時間半



ここは 海が見えるんですよ~

お天気が 



頂上には 神社と
大きな いかりがあるよ

海の神様だね きっと


ごりぬいさん



そして Nさん



頂上で ゆっくりランチタイム
気持ちいいねぇ~

ミニカップ麺・キュウリの塩こうじ漬け
ごりぬいさん宅の さくらんぼ

そして 食後のコーヒーとお菓子

楽しいねぇ~ 


さあ 帰ろうか

下から 上って来る人が 結構いますよ
・・・私達 早すぎ?

工事現場まで戻りました



駐車場も 車が増えています



下山して 12時

温泉で汗を流し
南樽市場で お買い物

イカが旬かな? 1皿200円でした

大根とイカの煮つけにしたよ


今日も楽しかったね 

Nさん また行きたいって
…でも お店の定休日しか行けないからなぁ










きらら☆好かれても困るわ…




昨日は ドッグランで
みるてぃ&シャルちゃんと 待ち合わせ

待っている間
ゴルのレオンくんと遊ぶ



レオンくんは きららより若い
スレンダーな イケメン










きららは 人の方が好き



あっ! みるてぃ達が到着だよ



トイプーのココアちゃんに好かれる



みんなで 何のニオイを くんくん?



ココアちゃん
いっぱいいるのに きららが好きみたい

好き好き攻撃です



飼い主さんが「やめなさい!」って言っても…



時には 抱いて確保されるも
下りると…



飼い主さんが「すみません」って
そばで見ているから いいよ~





みるてぃと きららの 追いかけっこ
どっちが どっち?



たぶん 追いかけているのが きらら・・・でしょう

いっぱい遊んで 我が家でランチ

シャルちゃん 鹿の角カジカジ



みゆきさんと話していると・・・

足元で みるてぃが寝てる



めんこいなぁ 

少し 我が家にも慣れてきたかな


なぜか



近いところで じゃれるよね

あっちでやれば?

ティッシュ ゲット~



みんな我が子



可愛いのだ

来週 4歳だねぇ~

なんだか「もう4歳」って感じ






夕張岳(1667m)




6月21日(日)
夕張岳に登ってきました

国道から登山口まで 14kmの林道

その中間で 林道崩壊のため
7km歩かねばならない事が多い(いやだぁ~)

しかし!

前日 登山口まで開通したとのことで
早速行くことに

たぶん とっても混むだろうとの予想で
コズさんちを 2時半出発 

登山口には 4時到着

すでに たくさんの車 
(小屋に泊まる人もいるから)

なんと 1台だけ空いているわ
そこに駐車できました~ラッキー

車を置けたので
あとは ゆっくり用意



ゲートの近くからの 嬉しいスタート
4時半です

きくちゃん コズさん
よろしくね



上りは 冷水コースを行きます

今回
きららと そらは お留守番

混む山には 来ることはできませんよ

標高差 約1100m
コースタイムは 上り4時間10分



涼しいから 快調に歩きます

冷水の沢で 休憩



急登もありますが あっという間に分岐



シラネアオイが満開



まだ朝早いので ちょっと元気がないけどね

さすがに お花の山
きれいな お花がいっぱい





芦別岳が見えてきましたよ~



お~~~ 快晴だわ



望岳台まできました



雲海がキレイ

雪渓も残っていますよ



頂上方面も見えてきて 嬉しいな





気持ちいい 気持ちいい





黒ラブちゃんが 下山していきました
お利口さんでしたよ

木道が乾いていて 歩きやすいです



北海道人 アイゼンが無くても 登れます



頂上に 人が見えました!



ユウバリソウだわ 





お花を見ながら 楽しんで歩く 

金山ルートからの合流点です



おととしかな 7kmの林道歩きを避けて
金山ルートで 登りました

軽い熱中症のようになって
辛かったっけ…あの時の事 いまだにトラウマ 

頂上直下の神社に 到着

あと少しだよ



頑張ったねぇ~

頂上です 



4時間切りました! 3時間50分

頂上で 8時半前だもんね

涼しかったからかな
あっという間に 頂上でした



最高の登山日和ですね


夕張方面



恵庭岳・羊蹄山も見えます

十勝連峰・大雪山も



360度の絶景を楽しんで
50分 ゆっくり休みました

だんだん 頂上が混んできましたよ



下山しましょう

下から ドンドン登ってきます
グループも多いわ



何人と すれ違ったかな

100人以上いたよ
150人?

下山も お花を見ながら
ぐんぐん下り

上りとは別の 馬の背コース
新しくなった「夕張岳ヒュッテ」を眺めて



無事下山しました



下山も 3時間を切ったわ
到着は お昼です



あれだけの人が上ってきたってことは…
車は どれだけいる?

ゲートから なんと!
1km以上 道路横に 車が並んでいました

すごいねぇ~

でも7km歩かなくていいから
やっぱり 今がチャンスだよね


帰りは

夕張メロンソフトを食べ
(夕張メロンは 高くて買えない)

名物「ぱんぢゅう」を買い



名物 うさぎやの「シナモンドーナッツ」を買い

温泉で汗を流し

ラーメンを食べ



これじゃあ 痩せるはずがない

けど とっても楽しい・美味しい
アフターでした

夕方には帰宅

あ~~~~~
最高の登山だったわ

満足・満足 


きくちゃん コズさん
ありがとね~











きらら☆山ガール犬のニューファッション




最近 コンビニに行くと
やたらと「メロン味」の商品が並んでいるよ

北海道での コンビニと言えば
セイコーマート…略して セコマ

シェアは 1位で
どんな地域にも存在します

コンビニと言えば高いけど
ここは 生活用品の特売もあり

野菜、肉、豆腐まで置いていて
小さなスーパーみたいです



かりんとうまで メロン味

美味しいのかな


さて
時々 山ガール犬のきらら

身体を守るための服

汚れる・破れる

そこで 新しいのを購入しました





大型犬のつなぎは 滅多になく
あっても すぐに売り切れ

種類も選べるほどありません

在庫のあるうちに 買っちゃおう

前に買った 高級ウエットスーツは
18000円でしたが

こちらは 4000円くらい

惜しげなく 着せられます

もちろん
破れても 汚れても

ずっと 着用しますよ
アップリケつけてね


ウエットスーツは 雪遊び専用です



服を 広げていたら

行く気 満々な子がいます

「どこにも 行かないよ~」








尻別岳(1107m)




お天気狙いで 尻別岳を目指します

ごりぬいさんの リハビリ登山 第3弾

場所は 札幌から中山峠を越えて
ルスツリゾートのある山です

いつもは 早朝に出発しますが
今回は ちょっと遅い出発

10時半のスタート



ルスツスキー場のリフト

そして ルスツリゾート
夏は 遊園地として賑わっています



眺めの良い 登山道



爽やかな風が吹き 気持ちがいいな~

尻別岳の全容が見えてきました
左側の 稜線を登ります…うっ 急じゃないか!



この山も お花の山なんですね







あと 1000m



ここからが 大変でした

気温が上がり 暑い 暑い

そして急登 
ロープも張ってあります

足が重いわぁ… 


かなり頑張って歩いたところで

「悲しいお知らせがあります!」



なんと! さっきの
 「あと1000m」 から 半分かい… 

ひぇ~~~~ 


気温25度だもんね

暑いなぁ~ 長いなぁ~



「あそこが頂上?」

「悲しいお知らせがあります…まだ先があります」

これを 何度も繰り返し

やっと 羊蹄山も見えてきた



お花たちに 励まされ



やった! 頂上 



大好きな 羊蹄山



見えた! 見えた! 

コースタイム 1時間50分
私達 2時間ちょっと過ぎちゃった

この暑さの中では
まあまあだと 勝手に思うことにします


今度 登るぞ 昆布岳



昆布岳の 尖がったシルエット

洞爺湖も 見えました



ゆっくり 羊蹄山を眺める
至福の時間



お約束の 記念撮影 



だめだわ 羊蹄山が入らない
やっぱり これからは 三脚を持参しよっと

1時間以上 ゆっくりしちゃった

さあ 帰ろうね







こんな所を 頑張って 登ったんだねぇ
・・・と しみじみ







白ペンキを塗ったような 葉っぱ
いつも「なんで?」って 思う





無事下山
下山は 1時間40分

お疲れさまぁ~ 

ごりぬいさんとの登山も
いつも 楽しい 

きくちゃん&コズさんとも 楽しい
まっちゃんとも 楽しい

そして ガイドさんのツアーも 楽しい


こうした仲間と登れるって
幸せですね



コズさんに 教えてもらった
留寿都(ルスツ)温泉 



村営の温泉かな
清掃協力金200円で 入浴できます

え~~~安っ! 知らなかったよ

いいお湯だったわ

温泉に入って スッキリ爽やかぁ~ 










きらら☆みるてぃ!鹿の角だよ~




きらら地方
昨日は 暑かったよぉ~

近くの 市営無料ドッグランに 集合!



きらら
 「遊ぼう!」って 誘われて



追いかけっこ



きららは いつでも オニ役です 



小さいけど速い! 追いつかないね~



小型犬って 足が速いよねぇ

あっ 1歳になったばかりの
パピー・トイプーちゃん 



可愛いねぇ 

お~~~!
みるてぃ&シャルちゃん 到着



みるてぃったら・・・



みゆきさんに 群がる ワンズ



みんな みゆきさんが 大好き

めずらしく 追いかけっこする 姉妹



あらら みるてぃの顔
怖すぎ(笑)

だって





そう 楽しいのよね 



日陰のない ドッグラン
暑いから みんな帰っちゃった

私達も 移動しましょうか

我が家に来てくだされ~



みんな お水ガブガブ

ドッグランにも 水飲み場あったのに…

3ワンで がぶ飲みだよ


で オヤツタイム



そして!
お楽しみ 鹿の角~



シャルちゃんは 興味なし?

でも
みるてぃは 気に入ったみたいだよ







夢中で かじっていました

あ~~

楽しかったわ 

やっぱり この時間が いいのよね


これからも ずっと 一緒にいようね







カフェ・ハルテラス




先週の土曜日

久しぶりに くまぐまさんと
おしゃべり することに

連れて行ってもらった場所は
札幌の南円山地区

高級住宅街にあります

カフェ 「ハルテラス」



ワンコOKだけど

ハッシュ&デョーノ&きららは
家でお留守番

ここは 普通の家をカフェにしてます



2階のお部屋に案内されました
元和室ですね…床の間があります

各部屋にテーブルがあるので
仕切られている感じ

畳の部屋には 入り口に柵があって
小さな子どもが 出て行かないようになっていました

子ども連れが安心して利用できるので
ママ友さん達に 人気のようですよ



日替わりランチ



お~~~美味しい!

デザートも 食べちゃおう



くまぐまさんは 和風をチョイス



ミニ桜もちが のってるよ~

食後のコーヒー



ねえねえ 手前のは クッキーに見えない?
こんなお菓子 あったよね

…実は スプーン(笑)



くまぐまさんは お仕事が忙しいから
なかなか会えないけど

たまに こうして会えると 嬉しい

お互いブログで
動向を見てるはいるんだけどね

いろんな話をして
楽しい時間を過ごす

きららもOKみたいだから
今度 連れてこようかな



今朝のきらら

毛玉をカットして シャンプーしたから
ブラッシングをしたい

でも
ブラッシングが 大嫌いなんだよね

すぐに 逃走 



昨日も シャンプーの後
ハウスに逃げ込んで 寝てた 










きらら☆西クマネシリ岳~ピリベツ岳




通称「おっぱい山」
(おととし撮影)

右が 西クマネシリ岳 1635m
左が ピリベツ岳 1602m

6月14日(日)

きくちゃん・コズさんと 一緒に登りました
きらら&そら 同伴です

朝?深夜? 2時出発 



きららの用意もあるので
登山開始まで ちょっと時間がかかります



やる気満々の ふたり

5時15分スタート



きらら きくちゃんの後ろに
ピッタリくっついて 歩きます



渡渉は お任せください!
さすが ゴールデンです



そらも 頑張ります



西クマネシリ岳が 見えてきました





「大丈夫だよ~」
いちいち戻ってこなくていいのに…

どう考えても 私達の何倍も 歩いています





だんだん 急登になってきました



ピリベツ岳と 西クマネシリの 分岐です
どっちを先にしましょうか



岩場のある方を先にします
疲れてからじゃ 大変だと思います



急だねぇ~



自分で 登る きらら



最大の難所



途中 落ちたら真っ逆さまの 岩を渡ります

まずは きくちゃんが ザックを置きに行きました

そらは コズさんのザックの中

きららは 抱いて 受け渡しをしましょう
抱かれた きらら…固まる

良かった 暴れられたら お手上げ
こんな時は 臆病がいいわ

そして 25kgで良かった
重かったら 受け渡しができなかった

きくちゃんのお陰で
きららも 頂上に 立てました



登山口から 2時間40分かかりました
そらも きららも よく頑張ったわ

これから行く ピリベツ岳が見えましたよ



さあ頑張って 進みましょう

また同じ道を戻ります
上りより 下りの方が大変です



こんな岩場を 下りてきました



分岐まで 戻りましたよ



気持ちのいい 稜線歩き







きららが クールダウンしている間に
行者にんにくを 収穫する きくちゃん&コズさん



笹が茂って 道が見えないほど
…こりゃあ ダニがつきそう 

西クマネシリから ピリベツまで
2時間で 頂上です 



やったぁ~ 

きららの 満足そうな顔



下から グループが上ってきました

…な、な、なんと!
ガイドのゆかさんじゃないですか

木曜日に オロフレ山で会ったばかりだよ



お昼を食べて お先に下山



先に登った 西クマネシリが見えます
また途中まで 上るんだよ





振り返って ピリベツ岳を眺める



石狩岳方面の山々



きららは ずっと きくちゃんの後ろ



川も平気だしね~
…帰りは 水を飲んで フセしてクールダウン



水の苦手な そらも 頑張って渡ったよ



途中 フキ採りもして
無事に 登山口到着

ピリベツ岳頂上から 3時間半でした

結局
今日は 休憩を抜いて 8時間歩いたわ

すごい すごい!


犬を連れて登山するって
自分に余力が必要

ワンコの お世話もし
ワンコの 水や食料など 荷物も増える

自分の事で いっぱいいっぱいだったら
連れて歩くのは 無理だよね

こうして きららも一緒に登ることが出来て
本当に幸せ 

きくちゃん、コズさんに感謝です


帰りは 

十勝地方の ソウルフード?
チェーンの 「インディアンカレー」



メッチャ安くて 美味しい
うまうま


毎回 楽しい登山をありがとう

きららから ダニ3匹 捕獲~










きらら☆鹿の角。。。切ったどぉ~




パパさんが
長い鹿の角を 切ってくれたよ

ノコギリで 必死になって 切ってたわ
結構固いんだね~

早速 きらら



カジカジ開始



手を使って かじるところが
親バカながら 可愛い 



どうやら



切り口の



髄が 美味しいらしい



必死である

ほぉ~ら



髄の部分に 穴があいてる
 
今度
みるてぃ&シャルにも かじらせてみたいわ

楽しみ 






オロフレ山(1230m)




6月11日(木)

ごりぬいさんとの
リハビリ登山第2弾

今回は オロフレ山にしました

登山口は オロフレ峠
登別温泉と 洞爺湖を結ぶ道

新しい道が出来たので
ここは 昔の峠

今は使われていません

あらぁ~~~ ガスガス



今日は 5時出発 

1時間半ほどで 着きました
高速を使うと 速いですね

駐車場 誰もいない…
私達 1番乗り


ほぉ~ら

青空も見えていて
雲が吹き飛ばされてるよ

太平洋も見えま~す



準備している間に
晴れてきました

ここは 峠なので
すでに標高 930m

スタートです



オロフレ山は 1230m
標高差は 300mだよ

お天気も いい感じかな~ 



頂上が見えてきたわ



洞爺湖も 見えてきたよ





ここは お花の山で人気

咲いてる 咲いてる 









↓ これは チシマフウロかな



水滴がいっぱいついて
キレイだよ



前回よりも 段差が大きい

ごりぬいさん 膝は大丈夫かな



木のアーチ



ゆっくりめだけど 順調に歩いて

コースタイム通りの 1時間半で

頂上 



お湯を沸かして ランチ



…いや まだ8時台だから
朝食ですね

女性ひとりが 登ってきました

あっ!あのTシャツ!
「サザンのコンサートに 行ったのですか?」

そう

サザンのコンサートで売ってた
ぶどうのTシャツ(笑)

その方に 撮ってもらいました 



頂上は 雲の中~

それにしても

人気のお山のはずなのに
私達3人だけ

平日のせい?


カップ麺を食べて
コーヒー飲んで

1時間もいたよ

さあ 下山しましょうか



下から どんどん 人が上がってきますね~

すれ違う時は 上り優先
待機して やり過ごします


上りでは しおれていた
シラネアオイも 元気に咲いた



森の 奥の奥まで
見事に咲いているわ

さすが お花の山



お~~~ 洞爺湖の 中島も見えたし
有珠山&昭和新山も 見えた



すれ違う人達
年齢は高く カップル(ご夫婦)が多い

かなりの人と すれ違ったよ
やはり 人気の山ですね

写真には 人が写っていませんけどね(笑)







岩に群生する チングルマ



さすがに1000mを超す山
ヤマザクラが まだ咲いてるわ





水滴がいっぱい!
ビーズをのせたみたいに キラキラ きらら



きららは いい子で お留守番してるかな?



こうやって お花を守ってる



この山が ずっと お花の山で ありますように…

ウコンウツギも 見事です



途中 ガイドのゆかさんツアーと会いました

会えて嬉しい!

お客さんは 知った顔ばかり

みんな ごりぬいさんの復活を
喜んでくれましたよ~

「もうすぐ ツアーにも 参加できるよ!」



ゆかさんが
 「駐車場の向こう側 チングルマがいっぱいですよ~」

どれどれ 行ってみよう



お~~ ホントだわ



いやぁ~ビックリ!



なんと 駐車場には 車が32台!

こんなに登っていたのね~

ごりぬいさんの 膝の調子も良く
快調に歩けました

うんうん

にわかトレーナー(私)
次のプログラムを 考え中です


登別の温泉に入り
「わかさいも本舗」でお土産を買い

と~っても 楽しい1日でした
















きらら☆よく似た姉妹♪




昨日は
みるてぃの家に行きました

きらら&みるてぃも
来月には 4歳になります



本当によく似た姉妹

飼い主でも 「あれっ?どっち?」
こんな事が よくあります


みるてぃは 骨カジカジするのに
ヘソ天 (笑)



これは きらら しませんね





この 不思議なものを見るような
きららの視線

笑えます 

シャルちゃんも 元気だったわ



イブさんが いなくって 寂しいな
今頃 お空で みんなを見守ってくれてるよね



きららも 骨カジカジに 夢中



めずらしい ツーショット 



シャルちゃん 「あたしも~」



さあ おやつタイム~ 



ちゃんと 順番が わかっています





この子達
オヤツの時しか 並ばない 














神威岳(983m)~烏帽子岳(1109m)




6月7日(日)

コンサートの次の日は
お山の日

札幌から定山渓に向かう途中にある山
神威岳です

道路情報館 7時に待ち合わせ 

今日の同行者は
まっちゃんと まっちゃんのお姉さん

7時10分スタートです
先行者 スタスタと軽い足取り



林道の途中から 短縮路を歩く



森林浴
空気が気持ちいいですね~



足場の悪い場所も…
注意して進みます



気温が低く 風は冷たいのに…私ひとり 暑い 

ひ~ひ~言いながら やっと 巌望台



お~~~ たしかに 
神威岳の姿が くっきり



先行者さんが おにぎりを食べながら


いつまで経っても着かないんだ

どうやら この山の ベテランさんらしいわ


少しずつ頂上は近くなるよ



それにしても この姉妹
涼しい顔して登ってるわ 

恐るべし 

ロープ場もあり



先行者さん
また休憩して おにぎりを食べてる

1個を 分けて食べてる?
それとも これは2個目?

などと 
どうでもいいことを考えてしまう(笑)


あれっ もう分岐だ



やっと登ってきたくせにね~ もう分岐だって(笑)


ここから頂上はすぐだよ

2時間50分で 頂上です 



手稲山のアンテナと 手前は 百松沢山 



お約束の 記念写真 



カップ麺を食べ ゆっくり休息

虫がうるさいよ


先行者さんは
とうもろこし 卵焼きをパクパク

黄色い物ばっかりだ(笑)


では 烏帽子岳に 向かいましょう

どひゃ~っと 下り
うぅ・・・上り返しがキツイぞぉ

振り返ると 神威岳が見えま~す



もぅ 虫がブンブン うるさい 

写真にも いっぱい写ってるよ



4か所も 刺されちゃったわ

眺めが良くなってきたね~



百松沢と南峰ですね
冬に 登ったことがありますよ



シラネアオイも まだ咲いているわ



それにしても
このふたり 健脚だわぁ~

鍛えているのもあるけど

考えたら
私より 20歳も若いんだもんね



こりゃあ 同じに歩く方が無理な話

あそこが頂上?
ずっと先だったりして



オバサン やっとこ ついて行きま~す

おっ 残り僅かな 雪渓



頂上は どこだ~?

あった あった!
神威岳から 烏帽子岳に着きました

約1時間です



手前は 小天狗岳
奥は 無意根山かな



札幌岳方面



お湯を沸かして ティータイム 

良く頑張りましたね

あとは 帰るだけですよ



お天気良いなぁ~

神威岳もキレイだわ



ハクサンチドリ みっけ



分岐まで 戻りました

この方は
烏帽子岳までの道を 枝払いしてくれていたよ

有難いねぇ~



ロープは 楽しいな 







いつも 下りは 飽きる

歩いても 歩いても (って 昔 歌にあったっけ)
まだ まだ まだ

そして 思う

よくこんなに登ったよね って


看板まで下ったよ



熊情報
平成23年 熊目撃って…4年前の情報かっ 

竹の子採りして フキ採って~

お~~~ 駐車場だわ



着いた 着いた ゴールです

15時40分

ん~~~ 休憩も ゆっくりしたけど
8時間くらい歩いたわ

17km 33000歩
階段にすると 230階(・・・ってi Phone に出てた)

今日も 良く歩いたね


私って 亀だから
やっぱり遅いんだよね

歩いていれば いつかは着くんだ 

だけど ちょっと迷惑だよね
ごめんなさい

スピードが課題です


まっちゃん みきてぃ
本当にありがとね~ 

また ご一緒させてくださいな













サザンのコンサート♪







10年ぶりの全国ツアー

マメちゃんママさんと
行っちゃいましたよぉ~ 

アルバムも 車で毎日聞いて
しっかり覚えたよ 


マメちゃんパパさんに
会場近くまで 送ってもらったわ 

会場は 札幌ドーム



6時開演なんだけど
開場の 3時半到着

まずは
ショップに行かなくっちゃね



何を買おうかな

販売テント



並んで~



Tシャツと タオルを 購入

転売防止のため?
座席は 分からない

チケットは 引換券のみ送られてきて
入場の際に 座席が分かる仕組み

どこの席かなぁ~

いい席だといいな

さあ 入場

…ちょっと残念かも 

スタンド席の ステージ横側だね
でも 距離は遠くないからいいかな

「おいしいぶどうライト」を配布されたわ
腕につける ライトです
(帰りに返却)


開演を待つ間

スクリーンに
「アロエ」の踊り方指導が流れる

・・・笑える 



いよいよ開演

全36曲

休憩なしで 3時間半を超える
すごいパワーとスタミナ

開場は 盛り上がったよ

配布された「おいしいぶどうライト」が
曲に合わせて 青・赤・・・変化

会場全体が きれいにライトアップ


あっという間の3時間半

最後は お約束の 記念写真 



とっても楽しいコンサートでした
やっぱり 生はいいね

帰りは 退場規制があって
席ごとに「帰っていいよ」と案内されます

退場に 1時間もかかったわ

家に着いたら 11時半でした

大満足 






CAFEのプレート♪




友人が 自然食のカフェを 始めたよ

お祝いに プレートをプレゼントしよう

完成 



コルヌ コピアって
ギリシャ神話の 「豊穣の角」だって

前に作ってあげたプレートと
同じ感じがいいとのリクエスト

芸がないと思うけど…

本人の希望だからいいか



食材にこだわり
身体に優しい食事



彼女の 夢の実現に 拍手です



やりたいと思っても 実行は難しい



ランチのプレートは 日替わり



酵素玄米を使ってるよ
ひよこ豆のスープもありました



どこかに ひっそり飾っておくれ…(笑)







生こうじ♪




しっぽさんの作品展に 向かっている時のこと

札幌中心部の アンダーパスを走ってたの
一方通行の3車線 トンネルです

んっ?

何かあった?

みんなブレーキ踏んで
向こうの方に 何かが起こっている様子

何? 何?
真っ暗だから 良く見えない

事故?



・・・なんと 

逆走車 


きゃぁ~ こんな時 どうしたらいいの?

とりあえず ハザード点滅

逆走車 止まったけど
ライト点けてないし 

方向転換して 走って行きました 


ふぅ~ 

怖いな


ニュースで よく聞くけど
実際に遭遇したら どうしていいのか困るね

事故にならず 良かったよ



きららの服

木に引っ掛かって
穴が開いちゃった

もったいないから 補修しよう

穴を縫って アイロンアップリケ



出来た 

さすがに 残雪の汚れ
洗っても 洗っても 取れません


さて 本題

私は 何年も「塩こうじ」を使っています

やっぱり
乾燥こうじより 生こうじが美味しい

でも
生こうじは なかなか手に入りません

ごりぬいさんとの 山の帰り
こうじ屋さんに立ち寄りました



年のいった お母さんが 店を守っています

生のこうじを 量り売り
紙袋に 入れてくれました

こんな感じ



200g 206円…安い 

今回は 醤油こうじを 作りましょう

醤油と こうじを 混ぜるだけ



1日1回 混ぜて 空気を入れるだけ
常温です

1週間経って とろみが出てきました



もう少し 粒がとけたら完成です

愛用の 生こうじで作った 塩こうじ



トロトロでしょ

キュウリの浅漬け・鶏肉の下味
塩こうじ鍋が オススメ

鶏肉は 超美味しくなるよ~


生のこうじが 手に入って
大満足です 










しっぽさんの作品展♪




見事な藤の花

いい香り~
あまり上手に撮れませんでしたけど 



昨日は ごりぬいさんと



しっぽさんの 作品展に行ってきました

「第6回 風と友だち Siberian husky 3人展」

シベリアンハスキーの
写真・水彩画・イラスト

3人で 毎年 作品展をしています

お知らせのはがきに…



これは 行かなくっちゃ 


ハスキーの写真





ハスキーの水彩画



そして しっぽさんの
イラスト





しっぽさんの家には
ハスキーの カブくんがいます



去年 お宅におじゃました時の写真です
人懐っこくて 超可愛いです 

いっぱい甘えてくれて…
すっかり ハスキーファンに なっちゃったのよね 

去年 しっぽさんに
みるてぃ&きららを 描いてもらいました



大事に 飾っています


そうそう!

しっぽさんは LINEの スタンプも出しています

とっても可愛いから
私も使っています



これからも
素敵な作品を描いてくださいね

そして
3人展が 続いていきますように


心が癒される 作品展でしたぁ



さて お昼ですよ~
ランチに 行きましょう

しっぽさんに 電話番号を教えてもらい
当日予約 



12時開店
まだ 閉まっています

開いたよぉ~ 


ワンプレートランチ



私は 若鶏
ごりぬいさんは ハンバーグ風



人気のお店で いっぱいになりました

夜は お高いから…
ランチは お得でいいですね






きらら☆怖いよぉ。。。




昨日は 午後から
猛烈な 雷雨でした

外で オシッコしようとしたら
…ゴロゴロと 大きな音

ビックリした きらら 

オシッコも 止まった 

家に入ると



よほど怖かったのか

ずっと 震えっぱなし



今まで 雷は 平気だったのにね

この辺りは 豪雨のため
冠水した所も あったみたい



あらっ 頭隠して… だね (笑)



夜には 雨もやみ

安心して オシッコ&ウンチが出来ました

今朝の きらら



年々 臆病になるんだよね

きららも 普通のワンコになりつつあるかな



そうそう

去年の6月 サマーカットしたっけ

毛がボーボーで 毛玉になるから
思い切って バッサリ切った


去年の カット後の写真です



ははは 今見ても 赤ちゃんぽい 



また毛玉が凄いので

カットしようか 迷い中

でもね

パパさんが あんまり短いのは
貧相で 可哀そうだって言うの







きらら☆黄色いツツジ♪




いつもの朝のお散歩



今日は 夕方から雨になるんだって





あはっ お茶目な きらら



このツツジ
レンゲツツジって言うんだね



昨日 みなさんが めずらしいって言った
黄色いツツジ



これは キレンゲツツジ だって



レンゲツツジには 赤と黄色があるそうです



北海道では よくみかけます
お庭に咲いていますよ







北海道は お花の季節になりました


昨日は
みるてぃ&シャルちゃんと遊んで

夕方は
コズさんと 空くんが来てくれて

きららにとって
楽しい1日でした



大満足ですぅ

また遊びに来てね~ 








きらら☆みるてぃ遊ぼっ♪




このところ 気温が上がっています



つつじが キレイだね

朝のお散歩道は お花があっていいな



ご機嫌な きららだよ

そう みるてぃと 遊ぶんだもんね


市の無料ドッグランに着くと
みるてぃ&シャルも 来たよ



きららなら 笑えるぅ

今日は めずらしく ペロちゃんがいない

シニアのゴルは 癒しだね 





なんと ゴールデン 6頭集合



シャルちゃんは ちゃっかり甘えます



あんた達 似ていて わかんないわ



滅多に見られないシーンです!
みるてぃが トイちゃんと 鬼ごっこ 



走る 



遊ぼう 



トイちゃん 速い 



あれっ? きららもかい?
・・・飼い主なのに わからないわ(笑)





だって 姉妹は 似ているんだもん





さあ 我が家へ移動



またまた 滅多に見られないシーンだよ

タオルの 引っ張りっこ



必死







あはは 面白いねぇ~

お水を ガブガブ飲んで
何度も オシッコに行って

楽しい 楽しい 



みるてぃは 座椅子が好きかい

最近のきららね

自分のお布団で寝ないで
ここで寝るんだよ

タオルを 全部 よけちゃうの


久しぶりに 楽しい時間を過ごしたね

ありがとね~ 






芦別岳本谷~無念の撤退




5月30日(土)

「芦別岳」を 車窓から眺めます

憧れの「芦別岳本谷」に
やっと挑戦できるかな

・・・でも 今年は雪解けが早く
雪は ないんじゃない?

ツア-は 日程が決まっているかね

とりあえず 中止にはならなかったので
行けるのかな

アイゼン・ピッケルの
今シーズン最終です



芦別岳の麓には
朴の木の 花が咲いていました

甘い いい香り~


登山口で 準備



本日の 私のザック

ユーフレ小屋に泊まるから
寝袋などの お泊りセット

そして
アイゼン・ピッケル・ハーネス etc

レインウエアに 水2リットル

夏山縦走よりも 重い装備だわ

最低限の荷物にして 12~3kg

頑張って 小屋まで歩こうね



本日の参加者

男性3名 女性5名
男性ガイドの石川さん 計10名


川沿いを歩いて 小屋まで行くだけ

軽い林道歩き…と 思っていたら
とんでもない



結構 大変

上って 下っての 繰り返し





ロープで下りる時
ガイドさんに「tity-mama ずいぶん上手くなったな」

え~~~ホント?嬉しいな

やっぱり ほめて伸ばす

これ大事だよ 



渡渉は 怖くなくなったよ

慣れてきたのかな



予定時間を 大きくオーバーして
2時間半

ユーフレ小屋が 見えてきました



ここね オバケが出るんだよ 



夜中に ドアを バタンッ と閉めて入ってきて

赤いヘッドランプを点けて
(周りが眩しくないように 赤いヘッドランプを点けるのね)

ザックの荷物を ずっと出し入れしてるの

やがて ランプを消して 寝るんだよ

・・・翌朝

誰もトイレに 起きていない 


かなり リアルなオバケさん



夕食は
ソーセージと アスパラと カレーライス



みんなで相談

トイレに行って帰ったら
「○○で~す」と言うこと(笑)

10人も居たからかな

オバケは 出なかったわ


翌朝
予報通りの雨

朝食は 雑煮
お餅で 元気を付けよう

回復傾向なはずってことで
しばらく待つけど やまない

出発しよう 





雪渓が見えてきたよ





さあ アイゼン装着





しばらく行くと

あ~~~~ 



ゴルジュの 口がパックリ開いている



両脇の崖の部分も 切り立っているし
これ以上進めない

やっぱり 来るのが遅かったかぁ


この本谷は タイミングが難しいらしいよ

雪がしっかりないといけないけど
早過ぎると 落石と雪崩の危険がある


やっぱり2週間くらい
雪解けが早かったんだね…残念


みんなで 記念撮影 

「は~い 残念な顔して~」



なんか 高巻きして行けそうな感じだけど
それも 危険らしいよ

10人もいれば無理だよね

また来年チャレンジするよ!

さあ 帰りましょう







帰りは 雨が降ったから
川が増水していたよ



ガイドさんがサポートしてくれるから
安心して渡れたよ





足場が濡れて 滑りやすくなってたから
慎重に下山

帰りも
小屋から2時間かかったわ





帰りに
富良野で お蕎麦を食べて 

知ったメンバーだったので
いい雰囲気の 楽しい山行でした

頂上まで行けなかったのは
残念だったけどね

ゴルジュまでのルートを体験できたから
次回の参考になるはず

来年また来るからね~