ただいま♪




ただいま~

昨日 無事帰国しました


tity-mama 企画手配のツアー
昨年11月のネパール・エベレスト街道に引き続き

第2弾
インドヒマラヤの ストックカンリ登頂

インドのラダック地方は
チベットよりもチベットらしい 独特の文化があります

ずっと行きたかった地域です


登山がメインですが
チベット仏教の僧院も いっぱい見ましたよ



標高3000mを超える 荒涼とした大地とオアシス

そこに根付く チベット仏教



現地の素晴らしいスタッフのお陰で
夢のような 素敵な旅ができました


ストックカンリ 6153m
右下の点は 標高5000mのベースキャンプ



何から どう書いていいのか…

ゆっくり じっくり

少しずつ 紹介していきますね






速報☆ストックカンリ



苦しくて 苦しくて 苦しくて。。。
辛くて 辛くて 辛くて。。。

それでも何とか ずって はって やっと やっと 頂上にたどり着きました

念願の6000m峰に登頂達成

応援ありがとうございました

今夏の挑戦




今年の夏は

インドヒマラヤにある

ストックカンリ 6153mに 挑戦です



ストックカンリって…
在庫管理じゃないよ(笑)


今まで一番高かった山は
キリマンジャロ 5895m

たった 250mほど高いだけですが…

されど

6000m超えの挑戦です


インドのデリーから 国内線で
レーという街に行きますが

そこは すでに 標高3500m
富士山の上に着くようなものです

インドの奥地
ラダックという地域にありますが

昔から 行ってみたかった場所です


なんたって
高度順応が一番難しい

高度順応に時間をかけ
ゆっくり頂上を目指します


山仲間4人での挑戦

頑張ります


いよいよ明日出発です







きらら☆シャルちゃん、元気になってね





シャルちゃんの 体調が良くなくて
食欲がない… 

じゃあ 

ポチエサ持参で 行ってこようか

ポチエサは
ワンコ用のミンチです

近所の お肉屋さんに 売ってるの
固いけど 人間も食べられるんだよ

これだったら 食べてくれるかもね~



シャルちゃん 笑顔で迎えてくれたよ





ごりぬいさんから もらった
オモチャの争奪



きらら 素通り



おっ みるてぃの 犬パンチ





きららは 眺めているだけで
楽しい



お天気もいいし お散歩に行こうか

よそのお庭のラベンダー



富良野のラベンダーも 見頃だね きっと



自由な姉妹



















いっぱい遊んで 満足 満足

戻ると みんな マッタリ~


シャルちゃん
ずっと ずっと 元気でいてよ

ママさんの そばにいてよ


家に帰ると…



食べてなかった 朝ご飯を ボリボリ

ホント 食にむらがあるのよね


そうそう



きららの後ろ足

ダニが食いついてると思って
思いっきり 引っこ抜いたら…血が出た

ん? ダニじゃない?

病院に行ったら…イボだった

化膿止めの軟膏 もらったわ

悪い飼い主の おか~さん

きらら ごめんよ
(きらら 気にせず)






きらら☆夏到来~♪




北海道も 暑くなりました

この土日から 30度を超えています

今日の最高気温は
20度って…ホント?

だったら涼しくていいけどね



お散歩中に見る花も
きれいです



昨日は 山のお友達と
楽しいお茶会…って ふたりですけど(笑)



山の話は 止まりません
放っておいたら 朝まで喋ってますよ きっと 



遊歩道の小川にも 花が咲きました







きららと 長閑な散歩

楽しい時間です






きらら☆大好きな場所♪





きららは
みるてぃの家に行くのが 嬉しい

「みるてぃの家に行くよ」って言うと
ルンルン 


おじゃましま~す 



みるてぃの家では ニッコニコ 



家では なかなか笑ってくれないもんね

みるてぃも 嬉しそうだわ





あらっ? シャルちゃんは?



甘えん坊のシャルちゃん
可愛いよ

シャルちゃんの みるてぃ狩り
 


やっぱりお姉ちゃんだね

きらら?眠い?



トロ~ンとしてるよ(笑)

突然 ぬいぐるみをもらい・・・戸惑う



みんなで まったりタイム



みるてぃったら
シャルちゃんにくっついて


平和な時間だね~








きらら☆ダニ退治




山で こんなんなっちゃった 

そこで

帰って シャンプー


おや?

うしろ足首に 黒いゴミが…

ん?

取れない…

もしかして ダニ?



よく見ると やっぱりダニ

食いついています

そこで

新兵器登場



ダニ取りの ティックツイスター

クルクルクルクル ピッ 

取れた

お~~~~ ダニちゃん
生きてる…



くぎ抜きみたいに はさんで
クルクル回して抜くんですね

頭が残らずに 抜ける優れもの

血を吸った ポンポンのダニ用と
小さなダニ用の 2サイズ入り

これは ワンコ用ですが
人間でも バッチリって聞いて

山に持参しています

ネットで 700~800円くらい
メール便で送料無料のショップを使えばいいですよ


もちろん

山ガール犬の きらら
ダニ予防のフロントライン しています



用意しておいた 新兵器

大活躍しました~






きらら☆狩場山(1520m)




7月10日(金) 納豆の日

前々日の8日に
ごりぬいさん&きららで登山したけど

また行っちゃった

朝2時半 出発だよ

狩場(かりば)山 1520m
道南最高峰

登りたかった山なのよ~
でもね 島牧村だから…遠い 遠い


やっと 登山口に 到着



ごりぬいさんの リハビリ登山
第5弾?かな

ゆっくり 時間をかけて 登ります



いい天気だわぁ~

5合目までは 結構早かったけど



5合目って 半分だよね?
な~んか まだまだ遠い気がする



雪渓が出てきたよ



きらら 雪が大好き



羊蹄山が見えたよ



いい眺めだね~



この雪渓は 渡りやすかったね



あらっ 





きゃぁ~~~~ 

やっぱり雪渓は汚いなぁ





次の雪渓は 急登で 難儀したよ
固くて けり込んでも ステップがきれない



軽アイゼンは持参していたけど 使わず
慎重に ゆっくり 上りました

頂上が見えてきたね
ず~~~っと 向こうだよ



やっと 手前の「南狩場」です



ここからは なだらか







もう どれだけ汚れてもいいや







お花も 少し咲き始めていたよ

親沼



子沼



ごりぬいさん あと少しだよ~
頑張れ!



頂上 



嬉しいな~ 狩場山に登れたわ!

ゆっくり ランチタイム



少しすると 単独行の男性2名 到着
写真を撮ってもらったよ

さあ帰ろうか



かなりの段差のある山道



どれくらいの段差なら 下りられるか
…きらら だいぶわかってきた

どうしても無理な段差は
私が 抱いて 上り下り



急登の雪渓

下りは 少し危険だから
ごりぬいさんには 軽アイゼンを装着してもらう



単独行の男性2名も 私達に追いついて

4人で雪渓を下る

上りよりも 雪が少し柔らかくなったけど
やはり 慎重に 慎重に

みんな 結構時間がかかったよ

自由に 伸び伸び
行ったり 来たりしていたのは

きららだけ(笑)

この雪渓で
ロングリードは私が危険

みなさんに「ごめんなさい」して
フリーにさせてもらうわ


こんなに下りてきたんだね~



帰りも ゆっくり ゆっくり

無事 登山口に戻りました

ごりぬいさん
コースタイムは 気にしないでね

これだけの長い時間
歩き続けられることが 凄いと思います


狩場山の 全容



帰りには
千走(ちはせ)川温泉 

汗を流して 

お天気に恵まれ
最高の登山でしたよ

きららも 車で 家で ぐっすり



ごりぬいさんにもらった プレゼント
カードもついてたよ





いつも いつも ありがとう!

また登りましょうね











きらら☆徳舜瞥山(1309m)~ホロホロ山(1322m)




7月8日(水)
ごりぬいさん&きららで

徳舜瞥(とくしゅんべつ)山と
ホロホロ山に 登ってきました

ごりぬいさん リハビリ登山
第4弾か?

駐車場には 車が7~8台
人気の山なんですね

9時50分 登山開始



ここは すでに5合目

登山届には 先行者7人書いていますが…
書いていない人もいますからね

今日は きらら
ロングリードにしましょう


いちいち ごりぬいさんを
迎えに行きます



私達の 2倍歩く きららです



7合目から 頂上が見えました



きららは 登山に慣れてきたようですね

段差も 上手に 上って行きます



9合目
あと少しですよ



見晴台

ホントだ いい景色~~~



羊蹄山も見えますね(頂上は雲ですけど)



気持ちいいなぁ~

ゆっくり歩いて 頂上
2時間ちょっとかな



犬好きの 若いお姉さん2人に
可愛がってもらった きらら

おだって 転げ回る(笑)



だから こんな記念写真

徳舜瞥山から見る
ホロホロ山



30分って書いてあるけどね

ごりぬいさん リハビリ中だから
無理しないで



お花がいっぱいで キレイだよ~

ホロホロ山に 向かいましょう



ここで
向こうから ワンコ連れが…

きらら ご挨拶で
ガウッた 

ごめんなさい 



振り返ると 徳舜瞥山が





30分なんて無理ですわぁ~

きららには 上れない段差もあり
抱いて持ち上げる

そんなところが 何か所かあったよ


最後の岩場



ちょっと きららには 無理だ…

ごりぬいさんも リハビリ中だし
無理しちゃダメ

ちょこっと行って



写真だけ 撮ってきたわ

ほんのちょっとの距離だから
頂上まで行ったようなもの

また 戻ります

きららが 下りられない段差があって
抱いて下ろす

おか~さん 体力使うわぁ~


徳舜瞥山で 昼食

きららは
鶏肉と ソーセージ



さっき にぎわっていた頂上も
誰もいないね

ゆっくり帰ろう

キレイな眺めを楽しみながら下山



きらら

ちょっと無理かな?って思うような段差も
上手に下りる

山に慣れてきたね

私の後ろを
足にぶつかるように くっついて…

めんこいな

ダニが 結構付いたわ

ダニチェックして 登山完了


ごりぬいさん&きららと
のんびり登山

楽しいねぇ~


帰りに

北湯沢温泉にある
「湯の里館」で 



ここが温泉?

実は 地域の人用の 無料温泉

誰でも 入浴OKなんだよ

近所にあったら 毎日入っちゃうな

いいお湯でした~











きらら☆ノハナショウブ♪




今年から ノハナショウブの群生地入口に
かかしが…

なぜか ふなっしーもいて 微妙(笑)



ここは ノハナショウブの里

石狩湿原の名残です



ノハナショウブ保存会が
長年 保護・再生してきました



風が強くて 上手く撮れませんが



どうも 一面の・・・って感じに写せませんね





たくさんの人が 見に来ていました
年々 有名になってきています

すぐ近くが いつもの公園です



ここにも
ノハナショウブが 植えられています

ここのノハナショウブも ずいぶん増えましたね



久しぶりの公園です



毎年 みるてぃ達と 遊んでいましたけど

「犬を 放さないで」の看板以来
あまり来ていません



誰もいないので
ちょこっと 放牧~♪



ここに来ると



みるてぃが 来ると思っています

駐車場が 気になるんですね



来ないよ



でも 気になる



こうなると
前足・後ろ足 何が何だか 不明(笑)







また みるてぃ達と来たいね

タライ犬にも ならなくっちゃ










きらら☆そらくん、ありがとう!




昨日の夕方

コズさんと そらくんが
お散歩途中で 寄ってくれたよ

え~~~~!
きららに プレゼント



いいのに~

ありがとね 


そらに 見せびらかす



きららが コズさんを 襲撃中

その隙に そらは…



プレゼントのボールを チェックする





そらが 新しいハーネスをしてる!





反射するようになってるね

そらの物は 小さいなぁ~
可愛いよ



そらは いつもお行儀がいいし…

どこかの誰かさんとは 大違い(笑)

きららは
コズさんが来ると 嬉しくてね

コズさんの鼻先3cm位のところで
じっと見つめるのよ

みゆきさんにもそうだしなぁ

何だっていうのかな?
何がしたいのかな?

そんなに近いと
近過ぎて 見えないでしょうに…

やっぱり不思議ちゃん



面白いよ このコンビ



きらら

そらの 年上の彼女になれるかな

…無理だな 



コズさん ありがとうございます

感謝 感謝~ 







チロロ岳(本峰1880m・西峰1848m)




7月5日(日)
早朝?深夜? 2時半出発

コズさんと きくちゃん 3人で行ったよ
きらら&そらは お留守番

今回の チロロ岳は
日高の山

名前は 可愛いけれど
アクロバティックな山です

初めての 沢登り
沢靴を 買いました


4時45分
沢靴を履いて スタートです

15分ほど林道を行くと
取水施設が見えました



さあ ここから 沢登りの始まりです



登山靴での渡渉は
「濡れたくないなぁ~」と思うのですが

沢靴を履いていると
ザブザブ入っちゃう…気持ちいいです

しかも 滑らないので安心



それにしても 急登だわ



コズさんのブログから
写真を追加させてもらうね





ヤチブキが きれいです





上って 上って

一旦下ります

あの雪渓を上まで行きます



雪渓に たどりつきました
ここまで3時間



ここで 沢靴から 登山靴に履き替えます
登山靴を背負って…重かったぁ

濡れているので 沢靴・手袋など
木に干してデポしましょう

では 雪渓歩きのスタート



踏み抜きがあって 危険です
慎重に歩かないとね

しばらく行くと うしろから
「きゃぁ~~~~」の悲鳴

後ろからきた若い人達
雪がハスの葉状に抜けたそうです

危ない 危ない 



むかえの山は パンケヌーシ

こうした雪渓は 間をおいて歩かなくっちゃ
重みで 抜け落ちますからね

雪渓も急登





この山
距離は そんなに長くないのですが

標高差1000mを
沢と雪渓の 急登オンリー

日高らしい山ですが
なかなかハードですよ


やっと 西峰が見えてきました



お~~~ 本峰も見えた!
手前の三角ではなく 奥です



コルに到着
ここから 本峰と西峰に分かれます



まずは 本峰に向かいましょう



西峰の全容が見えました
一番左が頂上です



さぁ~って 頑張るかぁ



ハイマツが じゃま!
全然進めない



難儀して やっと頂上



5時間もかかりました
全身の筋肉を使ったよぉ~

だけど



日高の山々が素晴らしい!

十勝幌尻・伏美岳・ピパイロ・戸蔦別・幌尻・・・などなど
登った山、登りたい山がいっぱい

きくちゃんが 山座同定してくれて
山が分かると さらに面白いです

ありがとね~

最近のマイブーム



最高の時間です

では お次は 西峰



ホント 歩きにくい!

引っかかって
タイツに穴が開いちゃったよ…きららと同じだわ







分岐まで戻って ここから西峰だよ



なんと こちらは お花がいっぱい



あ~~~ 熊さんの 堀り跡



いるんだね~熊さん

お花ロード 最高





あのずっと先が 頂上だよ
稜線歩きは 気持ちが良いな





さっき登った 本峰も見えます



そして頂上

・・・すごい いっぱい



日高町の 町民登山とか
さすが 日高町民…みんな凄いです

ゆっくり休んで



360度の景色を堪能



さあ帰りましょうね



急登は 下りもキツイ

途中で 沢靴に履き替えて
沢も下ります



全身 お疲れ~

下りも かなり時間がかかりました
11時間15分の 山行でしたよ

初めての沢登り体験
楽しかったぁ~

真夏の沢なら 最高だわ




帰り道

林道から国道に出たら渋滞

どうしたのかな~

…どうやら事故らしい

救急車が来たから 事故が起きたばかり?

日高町の手前だから抜け道なし
通れるのを ひたすら待つ

待つ

待つ

1時間半も待ったかな


事故現場まで歩いて行って 聞いてきた人の情報

え~~~

そこで みんな一斉に Uターンして
日勝峠を越え 十勝清水ICから高速に

こんな時
警察も忙しいでしょうけど 教えて欲しいな

3時間もの 時間ロスで
占冠の温泉

そこで ラーメン



あ~~~~ ホッとしたわ

きくちゃん 運転お疲れさま
ありがとね













きらら☆そらく~ん♪




昨日の お散歩風景です





きれいなお花を見ながらの
お散歩が好き

ワンコと お散歩するようになって
季節を感じることが出来るようになったよ



はいよ~







な~んか 涙目だね…



目薬を入れなくっちゃ


お誕生会で 盛り上がった夕方

そらくんが お散歩の途中で
寄ってくれたよ



きらら コズさんに ペロペロ攻撃

そらくんは ソファに ちょこんと座ってる
お利口さんなんだよ~1歳半なのにね



鹿の角を発見したね







お手本を見せてる(笑)
豪快だね

みゆきさんからのプレゼントを
見せびらかす



そらと きらら
この大きさの違いったら…

でも山では いいコンビなんです






きらら☆4歳のお誕生会♪




おだちまくりの きらら

今日7月3日は
みるてぃ&きららのお誕生日


なんと・・・

4歳だって

早いよね~


きららが 我が家に来た時



そして みるてぃの パピーの頃



みるてぃと きららが
一緒に遊ぶようになった頃



生後5ヶ月くらいかな



毎週のように会って
ずっと 一緒に育ってきたね

今の ふたり



今回は
うちの別宅で お誕生会をしよう!

ワンコもOKかな
…と シフォンケーキを用意したんだ

まずは 記念写真だよ


あ”~~~~~~



みるてぃ フライング

せっかくの文字が…



この子達の場合
これが精いっぱい(笑)

並んで 撮れただけ いい方かもねぇ

このあと 切り分けて

写真撮ってから
「食べようねぇ~」と 思ったら…

みるてぃ

写真や 「マテ」の前に
一瞬で 食べてしまった

しかも シャルちゃんの分も 


まっ みるてぃらしくて いいか 



次の ご馳走は

お肉だよぉ~

お誕生日だから 特別メニューだよ



このお肉ね~

近くの お肉屋さんで
「ポチエサ」って 売っていたの

牛の固い部分を ミンチにしたもので

なんと…500g 100円

手づくりフードの人に 人気なんだって



みるてぃ いっき食い



このあと

ちょっと 油断している間に…

私達のケーキも みるてぃに 食べられた(笑)



悪いことをしている意識はある…
テーブルの下に 逃げ込んでるからね

なにっ? 結局 3個も食べたじゃないか!


きららは
ママさんに プレゼントをもらったよ

骨型の おもちゃ



きららは こんな感じのおもちゃが 好きなんだ

もう 夢中だよ





今日は
みるてぃ&きららの誕生日だけど

実は
みゆきさんの 誕生日でもあるの

おめでとう~



めでたいので お赤飯だよ~

北海道名物 甘納豆のお赤飯ね

これからの1年を
健康で過ごして欲しいです

健康が一番!だよ



みるてぃと きららも ずっと元気でいてね



これからも 仲よく一緒に過ごしていこうね
楽しい思い出を いっぱい作っていこうね


近くの遊歩道に行こうか

やっぱり 川が好きな姉妹だな







自由な姉妹だけど

そこが いいんだよね~

みゆきさんに キルトも もらっちゃったよ



いつも本当に ありがとう

これからも 末永く お付き合いしてくださいね









ウペペサンケ山(1848m)




ニペソツ山からの下山後

宿に戻り 
おしゃべりして

美味しい夕食をいただく
昨夜と違うメニューを用意してくれてるね

昨夜は5組のお客さんがいたけど
今日は日曜日…私達だけ

貸し切りだわ

明日も登山だから 早めに就寝




6月29日(月)

3時起床 3時半出発

ウペペサンケ山の登山口は
ニペソツより近いよ

7kmの林道を走り 20分で到着

車が1台あるから 先行者がいるみたい
・・・良かった 安心です

準備して 4時20分スタート



ウペペサンケ山 1848m
アイヌ語で「雪解け水をどっと押し出してくる」の意

昨日登った ニペソツ山のお隣りです

2日連続の 大きなお山
ゆっくり歩きましょう

稜線まで 急登が続くのよ



お~~~~! 雲海だよ



お天気いいし 気持ちいいねぇ~



頑張って歩いて 見通しの良い所に出ました
標高1600mまで 2時間半です



ウペペサンケの全容が見えました

この山は
頂稜部が 東西2kmにも及びます



稜線歩きは最高です



近くに見えるけど…なかなか着かないねぇ



♪歩いても~ 歩いても~♪ ・・・年がばれる(笑)







4時間ちょっとで 「糠平富士」1834m 



ここは 東端ピーク
三角点があり 一応 頂上



昨年の9月22日にも 登りました
ガスガスだったっけ

去年の写真です



お天気リベンジ成功ですね

実は…最高点の1848mは
ずっと ず~っと先



とりあえず 進みましょう



…が この先
ど~んと下って あのてっぺんまで



さっきの頂上よりも 14m高いだけなんですけどね
距離が1.5㎞もあるんです

このケルンのある場所でいいなぁ

だって ニペソツも見えるし
雪のトムラウシも見えるし



満足ですぅ~~~



いやぁ~~~ 最高だわ



宿で作ってくれた おにぎり食べて
絶景を堪能



帰りは 3時間かけて下山

途中 足元に ナッキー
(なきうさぎ)

巣穴から出てきた所で 鉢合わせ

ナッキー 固まってた(笑)

みんなで そっと ナッキーを見て
耳が ま~るい

川の近くで フキを採って

本日は 8時間の山行でした

帰り 糠平温泉郷までの国道で…


道路の のり面を
ヒグマが よじ登ってた

振り向いたって言うから
慌てて逃げたんじゃないかな


宿のお父さんに言ってもらったから




上士幌の「トカトカ」で ランチ



ここは パンが美味しいけど
十勝牛を 自分で肉を選んで 焼いてくれるよ



きゃぁ~~~ 歯がなくても食べれる!
この肉 1000円

帯広空港へ~

きどちゃんと にしちゃん 下車
19時発の

お土産を買う時間があって 良かったぁ

さとちゃんと 札幌へ~

スープカレーを食べて
22時発の夜行です



素敵な 2泊3日の登山でした

2日連続の登山でしたが
みんな凄い体力です

この夏 海外遠征に行きますが
そのトレーニングに なったかな

みんな 本当にありがとう!









ニペソツ山(2013m)





6月27日(土)

列車で来た 秋田のさとちゃんと 札幌で合流

そして 千歳空港へ

東京の きどちゃん&にしちゃんを
お出迎え


一路 糠平温泉郷へ 

千歳空港から 3時間ほどで
お宿に到着

すぐに 夕食



美味しい 美味しい

ご主人が採った 山菜がいっぱいだよ






2時半起床 3時出発

ニペソツの登山口まで40分



車が 1台いましたよ
先に歩き出してくれたので 良かったわ

4時出発



先日 きららと一緒に登った
おっぱい山が 見えます

ゆっくりペースで 順調に進みます

岩越えもバッチリ



石狩岳・音更山・ユニ石狩岳
ここも縦走したいな



眺めがいいので 朝食です



お宿で おにぎり弁当を用意してくれました
大きなおにぎり2個 

岩稜帯です



お花がいっぱい



気持ちのいい登山です







そして!
天狗平に 到着



やっと ニペソツが 見えましたよ~

ここまで来ないと 姿が見えないんですよね
突然姿を現す ニペソツ

やっぱり カッコいいな

ここからは 大きく下って…



帰りは 上らないとね

ニペソツをバックに 



あ~~~~~!

これ



幻の花 ツクモグサでしょ



きゃぁ~~~
咲き後だけど 見れて嬉しいな

頂上まで あと1km





頂上まで あと少し



ファイト!ファイト!





十勝連峰



そして
大雪山 トムラウシ



こんな景色の中を歩くって
最高だね



そして 頂上です 



明日登る
お隣の ウペペサンケ山も見えました



ゆっくり休んで 下山だよ

振り向くと…



やっぱり ニペは カッコいい 
大好きな山です

だって もう3回目

何度登っても 最高なんだわ~


あらら 

ガイドのゆかさん御一行
…また 会っちゃった



え~~~~



気を付けて帰ろうね 



言われた雪渓を探したけど…もう いなかったわ

天狗平に戻って



さとちゃんに 撮ってもらった私



帰りの岩場も 無事通過



最後の丸太橋も 帰りは乾いていたわ



休憩も含めてだけど
11時間もの 長い山行

みんな 今年はあんまり登ってないって言うけど
…本当なら 凄い体力

さすがの みんなだわ

私は ここを何度か登っているから
先頭を歩いたけど

実力では とても みんなにかなわない

尊敬しちゃいます 


おととし 2013年
ニペソツの標高年でした

あの年は 大混雑だったっけ

今は 静かなニペソツ



お宿に帰って 

ゆっくり夕食でした~











うるう秒




今日は
「うるう秒」なんだって

午前
8時59分59秒

8時59分60秒


9時00分00秒

になるんだって


面白いねぇ~

(やだっ 書き間違えたから 修正しました)




ところで
しょっちゅう変わる Yahooブログ

「アクセス解析」なんて 必要?


容量が増えるのは ありがたいけどね

いつも突然で
ビックリしちゃうわ