きらら☆旭山公園~藻岩山(531m)




10月30日(金)
前日 急きょ決まった登山

ごりぬいさん、友人のつぐちゃん
きらら&ラッキーも一緒だよ

今回は
旭山公園から藻岩山

藻岩山は 札幌市民の山
札幌市内が 一望できます

私は 藻岩山に
旭山公園から登るのは初めて



山に来ると 嬉しそうな きらら

つぐちゃんは
お店を 臨時休業…内緒だよ~



真っ黄色の木々と 落ち葉ロード



ラッキー こっち向いて

きゃっ 走り出した



ラッキーも 2回目の登山
だいぶ慣れてきたわ



きららは 自分が先導しているつもり?



落ち葉が カサカサ鳴って
快適な登山





ラッキーを見て 気配りする きらら
…な 訳はない(笑)



キレイな黄葉だねぇ~



不安定なお天気が続いてるけど
今日はいい感じ

気持ちいいなぁ~

目指す藻岩山は まだ遠い
アンテナが目印



札幌の街並み



石狩湾も見えるよ

めずらしい ツーショット



藻岩山の頂上も 近くなってきたわ



お地蔵さん 32あるんだって
33か所目は 頂上のお堂



ゆっくり 1時間半で頂上



頂上は ループウエーの駅
外国の観光客がいっぱい

可愛がってもらったよ

休憩です



お水を飲んで フードを食べ
オヤツを食べ…お腹がすくんだね



私達は お茶と オヤツを少し

お昼は我慢

なぜって 今日のメイン
下山後の海鮮丼



これが待っているのだ

さあ帰ろうね~





「海鮮丼!海鮮丼!」と 呪文のように唱え



足取りも軽い



無事に下山だよぉ~~

お疲れさま

下山したら 雨が降ってきたよ
お~~~ついてるね


さあ 海鮮丼

一路 魚屋さんの イートインへ





ガーン 

お店は2時までなんだけど
ラストオーダーは 1時半だって

着いた時間は 1時37分


あ"~~~~残念


これで帰るなんて 悲し過ぎる

…ってことで 回るお寿司屋さんへ


ひひひ



こぼれ甘えび

最高だったわ






きらら☆あ~あ…




昨日は
きららの ワクチン接種で 自宅へ

病院は いつも混んでいて
待ち時間が長い

ラッキーなことに
待っている人は 2人

そのあと
どんどん来て 待合室は満杯

きららは
みなさんに可愛がってもらい 大満足


諸々の用足しも終わり
別宅に帰ろう

途中 久しぶりに
お気に入りの公園へ



お気に入りの公園も
すっかり秋色

日が傾いて すごい逆光



ルンルン走る



今日の診察は
院長先生ではなく 女医さんだった

「体重 増え気味なので 注意してくださいね」



たしかに 太り気味か
26kgだったわ

飼い主が メタボだもんね…仕方ないか



ここに来ると
みるてぃも来るって 思っているのよね

駐車場ばかり 気にする



この間の 病院での預かりの時

先生が 何頭かで遊ばせようと
診察室とか 待合室で自由にさせたら

きららは 玄関で
ポツ~ンと 外を見てたらしい

「寂しがりやなのかな 家に帰りたかったかな」って
心配したそうです

…違います

きららは 家でも そうなんです

有名な 不思議ちゃんなんです



さあ帰ろうね~

別宅近くのスーパーでお買い物

レジ前で気がついた

財布がない


ひゃぁ~~~
自宅に忘れてきた


財布がないのは困るし
仕方がなく 自宅に戻る

片道25km 30分以上かかる

そこを往復

こんなに長く感じたことはなかったわ

もう外は真っ暗


自分の 馬鹿さ加減にうんざり










きらら☆寒い、寒い…




雪が降った きらら地方

寒い 寒い

ちらっと降った雪も
すぐに無くなって…



落ち葉のじゅうたん



きららの色は
落ち葉と 同化するから

どこにいるのか 分からないでしょ



演習の大砲がド~ンと鳴るたびに
不安げに 私を見る



大丈夫だよ~


パパさんは おとといの登山で
すごい筋肉痛

運動不足だからね…(笑)

それでも 仕事の日は
万歩計が 2万歩近くになってるって



私は 筋肉痛に 何年もなっていないわ

筋肉が柔らかいと
筋肉痛にならないってホント?

いや 単に いつも登っているからだと思う

他の運動したら 筋肉痛になるよ



遊歩道の川が 寒そうに見えるね



今日も 演習の音で ビビりまくりかな

また下痢Pに ならないといいけど








きらら☆伊達紋別岳(715m)




どうしたことか

パパさんが 「山に登りたい」と…

週末は
大荒れの雪予報だし

歩きやすく 軽め
そして お天気が良い山

天気予報と にらめっこ

「もう2度と嫌だ」と思われないように
どこの山にしようか すっごく考えたよ~

で 選んだのが 「伊達紋別岳」
太平洋側の方が 天気が良いはず


10月25日(日)



家を出てから ずっと雨と風
伊達に着いて 

まずは良かったぁ~ホッ

さあ登ろうね~



あれ~ 雪が積もってるよ





有珠山や 洞爺湖が見えるね~

きらら 久しぶりの雪に
大好きな ゴロスリ



だんだん 雪がいっぱい…
夏靴だからね~ 行ける所までかな



パパさんも 頑張る



ゆっくり ゆっくりね~



木に雪がついていて きれい







景色がいいね~

パパさん 休憩しない…「休むと 歩けなくなりそうだ」だって
足がつるといけないから 水飲んでね



雪が多いから終わる?
「頂上まで行くよ」…根性あるのよね(笑)



急登にロープが張ってあるよ



歩く道が白くなって よくわかるね





伊達市街と海



歩いてきた道だよ



青空の稜線歩きは最高



看板があるけど 「前紋別岳」です
目指す紋別岳より 0.4m高い



山々にも うっすらと雪が



きらら パパさんに甘える





やっと頂上だぁ~



コースタイム通りの2時間
パパさん 足を止めることなく歩き通したわ

洞爺湖 羊蹄山も見えたよ



思ったほど風がなく

お湯を沸かして
カップ麺・コーヒーで ランチタイム

きららも フードを食べたよ
最近 頂上で フードを食べるようになったね

喜びの踊り?



記念写真





曇ってくると ちょっと寒い

さあ帰ろうね~



急な所も 元気に登る



下山は 1時間20分
速かったねぇ~



お疲れさまでした~

伊達温泉

ドライヤーまで 10円玉が必要だった

お金を持たず入ったパパさん
「最悪」

気を取り直し 人気のお蕎麦屋さんへ
並んでやっと食べる

頼んだのは「そばセット」



高いけど 美味しかったよ~

有珠山サービスエリアで
きららの シッコタイム





シッコ中



売店で いろいろ買って
帰ってきました~

途中 雪が…

高速道路も「冬タイヤ走行」になってました


パパさんは
きららと初めての登山

「きらら すごいなぁ~」ですって

そうだよ

すごいんだよぉ~









マメちゃんのお父さん♪





寒い 寒い

きらら地方
とうとう雪が降ったよ~


先日
マメちゃんママさんと会ったの

いろんな話をした中で
面白い話があったよ

マメちゃんは
四国から迎えた子なのね

以前から 両親に会ってみたいって
言ってたんだけど

この夏 実現したんだって~


ペットショップから迎えたので
血統書を頼りに探したみたい

関西旅行のついでに
訪ねたんですって

マメちゃんのお父さん
マメちゃんと 比べてみて~


まずは マメちゃん



あっ 間違えた(笑)

マメちゃん 7歳です



可愛いね~

で 四国のお父さん犬 9歳



あ~ん ゲージの柵で見えないよ~

もう1枚



ひゃぁ~~~そっくりだわ

動画もあったよ

マメちゃんのお父さんに会えて
良かったね

マメちゃんは 残念ながらお留守番
親子のご対面は出来なかったの

それから お母さんは
ここのワンコではなかったみたい

お父さんに会えただけでも
すごいよね



ティティーの両親にも会いたかったなぁ
そして 同胎犬にもね

ずっと そう思ってたよ

結局 会えなかったけど







きらら☆みんなで小樽散策♪




昨日は
みるてぃの家におじゃましたよ

きららは
まず2階へ上がって探検

下りてきて シャルちゃんに 乗っかる
…きららの無礼を許してくれるシャルちゃん


お母さんが 外から入ってきた



きららとシャルちゃんの めずらしいツーショット



お昼に 美味しいお赤飯を頂く
・・・美味しい

小樽の街を散策しよう

目的地は
北菓楼(きたかろう)の ソフトクリーム



みんな いい子で歩いているよ



旧手宮線



ママさんが撮ってくれた きらら



なぜに きららは 尻を向ける?
・・・不思議ちゃんだ





小樽一番の観光地帯に突入



ママさん みるてぃとシャルちゃんの
リードが絡まり 転んじゃった

足首をひねって捻挫…

少し休んで歩き始めたけど大丈夫?
…痛そうだわ


それでも北菓楼まで行く

外で3ワンを ママさんに見てもらって
私が買ってくるよ~



店内は行列
ほとんどが海外からのお客さん

やっと買って戻る

ママさんの撮ったアイス
…みるてぃが下から狙ってる(笑)



私のアイスは…



この界隈 ソフトクリーム屋さんがいっぱい
北菓楼のアイス 美味しいです

ベンチに鎮座する みるてぃ





お店の外のベンチは 団体観光客の通り道
たくさんの人が ワンズを撫でてくれる





いっぱい写真を撮ってくれたよ
誰かのブログやFacebookに登場してるかも





み~んな 外国からのお客さん
…日本に お金をたっくさん落としてね~



中国や台湾の方は ワンコ好きが多いみたい



さあ帰ろうか
信号待ちでも 声を掛けられるよ



北一硝子周辺を過ぎると
運河沿いの道路も人が減るね



そう 今日は平日だもん

船見坂って…海の街だね~



いっぱい歩いて ワンズも満足

このふたり ガン見しないで笑おうよ(笑)



みゆきさんの足が心配
家に帰ると 腫れてたよ

腱が伸びてるかもね…病院に行った方がいいかも

私が車を取りに行ったら良かったなぁ
無理させてゴメンね

また遊びに行くよ~










きらら☆晩秋♪




まっかだな~



まっかだな~

と 歌いながら
近所の遊歩道を きららとお散歩



そろそろ葉っぱも落ちて 晩秋って感じ

先日 雪虫が飛んでるのを見たから
そろそろ雪が降りそう

タイヤ交換で 何時間も待つ前に
昨日 トヨタに行ってきたわ…これで峠も安心



カツラの木の葉が 甘いにおいを強く出していて
思わず クンクン…あま~い香り



もう かなり落ちちゃったね

落ち葉の匂いなんて
山を登るまで 気が付かなかった



きららは 記念写真には向かない



散歩中は 忙しいみたいだ



呼んでも 無視かぁ~



散歩中は元気なんだけど…



家では こうなの



今週は 自衛隊の大砲の音が特に激しい

演習場は そんなに近くないはずだけどなぁ
いやに近くでやってる感じ

なんか
いつもと違う場所から聞こえる気がするわ

朝7時から ド~ン ド~ンと
地響きがするほど…しかも1日中

窓ガラスが ピキピキいってるよ



ご飯も食べずに ハウスしてます

お腹の調子が悪く

夜中に 下痢Pで 2度も起こされた
凄い下痢Pだなぁ

完全にストレスだね

昨日は 自宅に避難して 絶食にしたよ

今日は お腹の調子 どうかな



食べてみたかった 念願の「太秋柿」

食べた!

ん~~~~~

梨のような シャリシャリした食感
濃い色の部分は たしかに甘いけど

…微妙(笑)


私は 完熟を過ぎた
トロトロになった柿が好きなのよね

もう1個は しばらく置いて
柔らかくなってからにしようっと










きらら☆靜台


昨日のつづきです



当別町にある「かばと製麺所」

讃岐の「るみばあちゃん」の所で修行したらしい
1玉350円…讃岐うどんって安い

私と ごりぬいさんは1玉
友人は2玉 それでも480円


お腹いっぱいになって

「どこか違う山、ないですか?やっぱり登りたい」

ってことで

馬追(マオイ)の靜台にしよう
1時間ほどで登れるからね



登山口は
美味しい「馬追の水」を汲むところ

さあ出発



朴の木の 大きい葉っぱがいっぱい

友人に 撫でてもらってご機嫌



途中 倒木があったよ



心配な きらら



でも ラッキーは 軽々越える



さあ 難所のトンネルです



初めての登山で ここに来た きらら
トンネルに入ることが出来ず 「いやだ!」と頑張ったっけ

その時の写真



この時は 3月で 雪があったよ

今回は…



お~~~~成長したわ



ラッキーを待っているよ~

先に頂上を見つけて
戻ってきた



ずっと待ってる



そして 頂上です



きららと ラッキーは お水をいっぱい飲んで

ゆっくり休憩して下山



必ず待つ

登山口に戻って終了



美味しい水を
ペットボトルや水筒に汲んだよ

これで ご飯を炊いたり コーヒーを淹れると
美味しいの~


近くの「あいチュらんど」で



ソフトクリーム300円

ずっしり重い・濃厚

ソフトクリームにはうるさい北海道人でも
激ウマだと思う

この時期の平日4時に行列
人気なのがわかるね~


今回は 
入りたかったけどね~

ラッキーも頑張ったなぁ
また みんなで登ろうね







きらら☆浦臼山~撤退




10月19日(月)
お店を開いた友人の定休日

山に行きたいってことで
浦臼山へ~

今回は きららと
友人のワンコ トイプーの「ラッキー」も一緒だよ

ラッキーは お山が初めてです


登山口に着いて







準備OK!

さあ 登ろうね~  と思ったら



登山口にロープが張ってある…

『クマ出没のため 入林禁止』 だって

ん~~~~迷った
行こうかな

でも…やっぱり
立入禁止のロープを またいで行くのはね

マナー違反だな


あきらめて 林道を散策



ラッキーが来るのを待つ



真黄色で きれいだね~



ラッキーも 頑張って歩く





ラッキーは きららに ビビる



そして 逃げる



尻尾が 股に入ってるぞ~

だけど 並んで歩く



うふっ 可愛い 





ラッキー アイコンタクトして えらいね





きららの 嬉しそうな顔



車まで 戻ってきたね



登山は出来なかったけど
紅葉を眺めて 気持ちのいい散策ができたよ


帰りに
道の駅の 神内ファーム直売所に立ち寄る

前回 美味しい梨が30円だったし
キレイな赤のマンゴーが1000円だったからね

今回は いっぱい買うぞ
と 意気込んで行ったけど

マンゴーは 終わってた

梨も なかった…残念


でもね~~~~

太秋柿があった!



しかも 箱入りじゃないか!
ペンを置いてみた…大きいどぉ~

太秋柿って 知ってる?

最近出た 人気の品種
サクサクで甘~い

表面の黒いガサガサが 甘さの目安

ずっと 食べてみたいと思ってたのよね~

1個300円くらい
わざわざ箱に入れなくてもいいと思うけど(笑)

食べるのが 楽しみだよ



そして
当別の「かばと製麺所」へ

ごりぬいさんも誘って 合流しちゃった

ここの 麺が 最高に美味しいの!
○○製麺は もう食べられないほどの違い

天ぷらも美味しいしね~

ここは 冬季休業なんだよ
だから 今日は絶対食べたかったのよね

写真?…撮り忘れた








中央アルプス(木曽小屋~千畳敷駅)




木曽駒ヶ岳の頂上からは
360度の絶景だったよ

南アルプス・八ヶ岳・北アルプスの穂高連峰

その左の山は…?って思ってたけど
乗鞍岳だったみたい

そして 噴煙を上げる御嶽山

無風で気持ちいいなぁ~~~


景色を楽しんで
さあ 頂上下の小屋に向かいましょう



頂上木曽小屋の 屋根が見えます

屋根には 石がいっぱい並んでるね
よほど風が強い場所なのかな

また岩の多い道を下る



木曽小屋に到着

山小屋は
10月の連休あたりで小屋を閉めるところが多いけど

ここは 11月の初めまで営業しています



14時30分到着





「こんにちは~~予約していたtity-mamaです」

優しい木曽弁(?)のおじさんが出てきた

受付をして
1泊2食ひとり8000円を払う

「好きな場所に寝ていいでねぇ」



布団を敷いて 寝床の確保をしていると
「お茶が入ってるでねぇ」と 声をかけてくれる

食堂



何日か前の3連休は 大荒れだったんだって
雪が積もり 水も凍結して大変だったそうだ

100人も宿泊していたので
下山させるのに苦労した話を聞かせてくれた

「今日は夕方から雨の予報だったのに嘘だね
一日晴れとったわ」

小屋の外から見える景色





誰もこないね~
もしかして…私たちだけ?

17時夕食だったけど
「早くてもいいかねぇ」



赤ワイン付き
美味しい食事でした

結局 誰も来ないから
私たち 小屋の貸し切りです

山小屋って
混んでいる時は 1枚の布団に3人寝る事もある

貸し切りなんて 贅沢だぁ~

食堂から見える夕日



お月様も見えるよ



明日は 曇りで9時から雨予報
ほんとかなぁ

夜の食堂で
ごりぬいさんとおしゃべり…寝るには早いからね



寒いからって
ペットボトルの湯たんぽを 2本ずつくれたよ

本当に親切にしてもらって
ありがたかったわぁ

「明日 朝日が見られそうなら 5時に電気つけるでねぇ」

することもないし
早めに就寝



朝5時起床 5時半朝食
5時50分出発

朝日を見て 小屋に戻るのも面倒だから
ザックを背負って 出発しちゃった

すでに明るいよ



頂上まで10分くらいかな

雲海です





6時過ぎ 日の出



きれいだね~



予報に反して 今日も快晴



中岳の頂上は通らず
巻き道を行こう

岩場の通過です





急がないから ゆっくり ゆっくり



宝剣小屋の前のベンチで
コーヒータイム



ゆっくりして 乗越浄土から 千畳敷駅に向かいます



急な坂を下ります



ロープウエイの始発が到着したのか
下から たくさんの人が上ってきます

ロープウエイは60人乗りだから
みんなじゃにとしても かなりの数が上がってくるね



1時間かからず 千畳敷駅に到着





お土産買って ロープウエイで下りましょう
土曜日のせいか 30分毎なのに バンバン臨時便が出てたよ

下は キレイな黄葉





「こまくさの湯」で

ここは 早太郎温泉
いいお湯でした~

高速バス・飛行機で 夜に帰宅



楽しい山旅の3日間でした
ごりぬいさんと行けて 嬉しかったわぁ

山を歩けるだけで楽しいのに
快晴のおまけつき

ごりぬいさんのおかげです

本当にありがとう










中央アルプス(宝剣山~木曽駒ヶ岳)




伊那前岳から戻って
左手に見える 宝剣山に登りましょう

この山は 岩山





ごりぬいさんは
ザックを山小屋に預けて 空身で挑戦



行ける所まで 行きましょう

ふたつの山小屋が 小さくなりました

あっ!
御嶽山が見えましたよ



ここからは 岩登り



慎重に 慎重に



ごりぬいさんも 頂上まで上りました!
すごいです



宝剣山頂上から見た
向こう側の景色





千畳敷
街は 駒ヶ根市



さっき歩いた 伊那前岳までの稜線



やっほ~



本当は
この石のてっぺんに立ちたかったけど…危険だよね



山小屋の作業に来た人も
昼休みで登ってたよ

深い谷だね



さあ下山しましょう



宝剣小屋に戻り



昼食は カレー 900円



ごはんを 半分にしてもらうと良かったな
多かったわ

お腹いっぱいになり
先に進みます

30分ほどで 中岳頂上



その先の 木曽駒ヶ岳が今日の目標
木曽駒ヶ岳の頂上が見えます



手前の山小屋は 頂上山荘

本州の山は
山小屋がいっぱいあるね



中岳は 岩だらけ
上りも 下りも 岩いっぱいで歩きにくい



中岳から下りたら
次は 木曽駒ヶ岳の上り



今夜宿泊の 木曽小屋が見えてきたよ



この天気なら
夜は 満天の星だね~きっと

宝剣山荘から 1時間ほどで
木曽駒ヶ岳の頂上



木曽駒ヶ岳 2956m

3000mに ちょっと足りなかったね
百名山ですよ



時間は 2時

日帰りの人達は すでに下山
静かな頂上です

今日歩いてきたルートを眺めて
大満足



少し下って
泊まる 木曽小屋に向かいます~つづく











中央アルプス(千畳敷カール~伊那前岳)




ごりぬいさんとの
山ふたり旅計画

ごりぬいさんは
3月に膝の手術をしてリハビリ中

長く歩かず
山小屋に泊まって
自分も行ってみたい山

この条件を満たすのは・・・

これだ!

木曽駒ヶ岳に行ってきましたよ~



10月15日(木)
札幌から はるばる~~~~

飛行機・高速バス
いやぁ~~遠いわ

ふもとの国民宿舎「すずらん荘」に宿泊


でもね
快晴でお出迎え~


10月16日(金)

駒ヶ岳ロープウエイで
一気に 2612mまで行っちゃえます



千畳敷駅に着くと
デ~~~ンと 南アルプスの山並み



そして 剣ヶ池から見た
千畳敷カール



今年の紅葉は 2週間も早かったらしく
もう終わっちゃってた

このカールは 2万年前の氷河時代
氷河によって削り取られたんだって

あの稜線の 乗越浄土まで登るよ



急登の始まりには こんな看板



ロープウエイで来られるから
軽装の人も 結構登っちゃってますね



急だけど 整備されているし
1時間ほどの頑張りで 稜線まで行けるんだよ



ロープウエイの 千畳敷駅が見えます
ここには 日本一標高の高いホテルがあるんだよ



予約がいっぱいで
泊まれなかったけどね~



さあ 頑張って登ろうね
ごりぬいさん あと少しだよ!



やった



後ろに見えるのは 宝剣山



宝剣山は あとで登ることにして
先に寄り道しよう





千畳敷カールの稜線歩きで
伊那前岳へ



百名山の空木(うつぎ)岳も見えます

この稜線
いい感じでしょう?



振り返ると





前には 南アルプスが
で~~ん



甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・北岳・間ノ岳・農鳥岳
すごいぞぉ~~

そして 八ヶ岳も



伊那前岳まで 30分



だ~れもいない 穴場ポイントを独占して
コーヒータイム

ゆっくり休んで
乗越浄土に戻りましょう





素晴らしい開放感だよ



この先の稜線を行きたいね~



やっほ~





雪があるよ
最近降ったのかな



乗越浄土には
二つの山小屋があります

宝剣山荘と天狗荘が並んでるね

天狗荘は
もう冬期休業に入っています

次は
宝剣山、そして中岳から木曽駒ヶ岳へ~つづく












中央アルプスにて

ごりぬいさんと中央アルプスにきました
快晴の1日で最高です



木曽駒ケ岳に登って360度の絶景を楽しみました

今日は山小屋に泊まります

ティティーの大事・大事♪




先代ティティーのお気に入り
だいじ だいじ の ぬいぐるみ

ティティーも よく綿出しをしたけど
この3匹のワンコだけは 破壊しなかったの

赤ちゃんの時から



ほらね! うしろにスヌーピーがいるでしょ?



赤ちゃんの時から一緒だったんだよね~

こうして いつも抱っこ







だから 今も大事に取ってあるんだよ


そうだ!

きららに 貸してあげてみよう
破壊しないでね~



あ~~~~
きららも 大事 大事 するかな?

ん~~~~



 

綿出しをしそうなので没収


やっぱり
まだ きららには あげられないな








きらら☆楽しい日♪




雨が降ったり 青空が見えたり
…変な天気の 三連休最終日

みるてぃの家に 行ってきたよ

きらら
みるてぃのお尻のニオイを  しつこくクンクン



昨日は ワンコ大集合で
尻尾を股に入れて ビビリション

尻尾を振って 飛び散ったらしい…(笑)

みるてぃは 大胆なようで きららと同じ
ビビリ姉妹







シャルちゃんも 元気だよ









きららは 興味津々



お母さんの部屋をのぞく
「行っちゃダメ!」で 引き返す

じゃあ 2階へ…探検隊



ビビリながら 下りてくる姿が笑える



みゆきさんちへ行くと
まず 2階に行って探検

また気が向くと 何度か行く
自由な きらら













みんなの笑顔に 癒されるよね~







最後は お気に入りの1枚



こんなに くっつくことは めずらしいよ~


いつも 楽しい時間を
ありがとね~







きらら☆ぐ~たらな日




特に何もない三連休

家で ぐ~たら しています

きららと お山にでも…と思ったけど

ダラダラしているうちに
時間が過ぎる

そのうち 雨が降ってきたわ



家に居ると きららは じ~っと見つめる

動くたびに 目で追う







こんな日もいいかな

次回の旅の計画をして
…それも楽しい








きらら☆秋を感じて♪




きらら地方も すっかり秋色

昨日&一昨日と 素晴らしい快晴


昨日の夕方のお散歩



ゆっくり時間をかけて
いつもより遠くまで足を延ばす



光が当たると ゴールデン



木々もオレンジに光ってるね



いっぱい歩けて 嬉しい きらら



人が少ないなぁ~
こんな素敵な遊歩道なのに…



おいおい 木の下に潜り込んで…
何かのニオイ?





左にいる 小さな子と 若いご夫婦
きららをナデに きてくれたよ



とってもいい雰囲気の家族さん
優しさが溢れてた



大雪山の石室では もう積雪だって
北海道の秋は 短いのよね

もうすぐ雪が降るなぁ~





痒いの?



ゴロスリは しなかった
・・・山では 絶対にするのにな



グラウンドで 少年野球の練習中



女の子もいるんだね~

きらら
フェンスにかかっているザックを クンクンしてたわ


今日から
北海道は大荒れ

先週のような 風台風が接近中です

被害がないといいね









きらら☆イチャンコッペ(828.9m)




10月6日(火)
昨日は 朝から雲ひとつない快晴

こんな日は 山でしょ

・・・そうじゃなくって

家周りに草刈りが入るから
車がじゃまになる

「家にいないで」ってことで
ごりぬいさんを誘って山へ~


こんな



駐車場で 準備体操中

本日の山は イチャンコッペ



この山は 登山を始めた頃にきた
数年ぶり…

はじめの急登に泣かされたっけ



こんなの平気だよって顔の きらら

最高の天気!嬉しいな



急登は きららに引っ張てもらうのが一番



あれぇ~ もっと長かった記憶が…
あっという間に 急登も終わり

支笏湖が見えてきた





ごりぬいさんも 最近 膝の調子がいい



日焼けしないように 怪しいマスク着用



↓ 樽前山と 風不死山



休憩すると ゴロスリ



大好きな 恵庭岳



去年の大雨で 駐車場が土砂に埋もれてね
ただ今 工事中

稜線歩きは大好き





1時間45分で 頂上

4年前 2時間40分もかけて登ったって記録
…どんな登り方してたのかな(笑)

長かった事だけ覚えているわ



また ゴロスリ





獣医のお兄さんが到着して
可愛がってもらったわ

お兄さんのFacebookに きららが登場してたよ~



お兄さんが撮ってくれた きらら



カップ麺&コーヒーで 景色を満喫
いいなぁ~ 最高の山日和

さあ 帰ろうか


次は ごりぬいさんの写真なんだけど
こうしていつも ごりぬいさんを 待っているんだよ





たくさんの人が上がってくる
さすがに人気のお山です

きらら

みんなにナデナデしてもらい
可愛がってもらい 大満足

ワンコを温かく見守ってもらえるって
ありがたいね

マナーを守っていかなくっちゃ







最高!最高!



1時間半で到着



最高のお天気で 登山が出来て嬉しいな~

大満足でした


帰りに 丸駒温泉で入浴
ここは 1000円と お高い

でもね

お風呂からの景色も最高











きらら☆嬉しい♪嬉しい♪





みるてぃの家に行くのが楽しい

嬉しくて 嬉しくて



みんな 大はしゃぎ

外での写真は みゆきさんにもらいましたよ~



シャル&みるてぃで 枝の取りっこ



家でも 軍手の取りっこ





きららは? テーブルの下で どうした?



寝ている姿も 可愛いな



みゆきさんを見つめる きらら



完全に 甘えている顔だ



シャルちゃんも テーブルの下



みゆきさん撮影の きらら





きらら&みるてぃ



オヤツを待っています

いつも同じだけど・・・それがいいのだ







きらら☆白雲山(1186m)&岩石山


10月4日(日)

コズ&きくちゃんとで 登山です
きらら&そらも一緒

いつものように 3時出発

向かったのは
東大雪の「クマネシリ」

登山道に向かう長~い林道

なんと!先日の爆弾低気圧のせい?
倒木が道をふさぐ…

3人で木を移動



やった

しかし…
その先にも倒木

今度は 根から倒れているので
動かせない



登山口まで まだ5㎞あるから
・・・断念


次に向かったのは
「南クマネシリ」

芽登温泉を通って
林道を進むも…

今度は



ありゃぁ~~~道が見えないほどの倒木
絶対無理

ここもだめかぁ この時 7時

温泉入って帰るのかなぁ~と思いきや

そこからが達人の コズ&きく

急きょ 行き先変更



然別湖の「白雲山」へ行こう!



クマネシリへの林道からは
結構 離れているよ~

きらら&そらも 行く気満々



ゴロスリきららと それを呆れて見ている空



登山道へ



登山届を書いて~8時50分スタート





あらぁ~ ここも倒木



よほどの風だったのね

きらら 上手に越えていく



急登も 岩場も



行ける所を見つけて進む



両手が掛かれば 上れるって分かったみたい
上手になったね~

ドヤ顔の きらら



白雲山のちょっと下にある 岩石山



未踏のコズ&私だけ 行ってみることに
・・・きららは 無理



ヤッホー



下りてくると

お留守番の3人組



きらら きくちゃんに甘えてるわ

紅葉が少し残ってたよ





頂上付近は 岩だらけ



きららも行けそうなルートを探しながら

頂上



湖は 然別湖



きららも 頂上に行けて 良かったね~
きくちゃんの手助けがあったからだよ・・・感謝

いい景色~



人が多かったからかな

きらら 落ち着きがなく…
ゆっくり休んでいられない

リードを木に繋いでいたけど
ハーネスを取る方法を見つけた きらら

何度 付け直しても 取る

座って ご飯を食べさせておくれ


帰り道



さっき登った 岩石山



ここは 士幌然別湖線
未完のまま 建設は中止された



面白そうだから ここを通って下山
車が通る道だから やたらクネクネと長い

やっと舗装道路に出たよ~



山では きくちゃんに ピッタリついて歩く
そして きくちゃんを いつも見つめる

きらら&そらも 歩きやすくて ルンルン



わぁ~い わぁ~い



ゴールだよ~






ヌプカの里で ソフトを食べる

「落としちゃった」



嘘だよ~~~(笑)

床にある ニセモノに びっくり

本物に見えるわ


帯広名物 インディアンカレーを食べて

オベリベリ温泉



車で待つ きらら



寝てたけど…起きちゃった


いつも参加させてもらえて嬉しいです
きららも 登山に慣れてきたよ

何度も きくちゃんに助けてもらったね
ありがたいです

家で
抱いた時に 後ろ足を縮める練習しなくっちゃ

どうしても どこかに足をつきたくて
伸ばしちゃって…その足がじゃまなのよ











塩谷丸山(629m)




10月1日(木)
やっと今日は晴れそうだ…

ごりぬいさんと 小樽の塩谷丸山に登ろう

登山口は
高速道路の工事中

小樽西のインターチェンジが出来るらしい
完成は 再来年

出来上がったら 便利になるね



この工事中の 横を通る

きららを連れてくるか 迷ったけど…

道はドロドロ
連れてきたら 大変だったわ



急登を ヒーヒー言って登ると
電波塔





ここからの眺めもいいね

頂上まで もう少しだよ~



ススキの季節だね

積丹半島の
余別岳・積丹岳も見えた~



最後の岩稜帯を登ると



頂上だよ

1時間半で着きました



海の神様かな



羊蹄山も見えて嬉しいな
初冠雪したって…ホントだ 上の方が白いよ



やっぱり山はいいね



カップ麺&コーヒーで まったりタイム
1時間も過ごしたよ



さあ下山



登山口で一緒だった 山ガール3人娘が
ワイワイと 上がってきた

初めての人もいたのかな
2時間半かけての頂上です

ヒーヒー言っていたわ


ゆっくり1時間20分で登山口



「湯の花」で入浴

南樽市場で お魚を買って 帰宅



来週は どこに登ろうか

考えるのも 楽しいよ









きらら☆沖里河山(802m)




9月30日(水)

ごりぬいさんと
お山に行く予定だったけど…

突然の雨が降りそうな予感

じゃあ ドライブにしよう!
きららも一緒だよ~


滝川のお気に入り
「プティラパン」に行ったら…閉店してた


で 「ボン・ビヴァン」でランチ


 

スープと コーヒーは 撮り忘れ
日替わりランチは オムライスだよ

そうそう!

途中 浦臼(うらうす)の道の駅で
神内ファームのお店が出来てた

知ってる?CM
関根恵子こと 高橋惠子の 神内和牛「あか!」

この神内ファーム

お肉のほかに 果物もあったよ
梨が 1個30円

試しに買ったら…美味しい!



さて ランチの後は

深川の 沖里河(おきりか)山へ~

旧深川スキー場の所に
「イルムケップ・スカイライン」という道がある

騙されちゃいけません


ただの林道(笑)

山の上の方まで行けます

到着



先客なし





沖里河山の 頂上に向かって
スタート



誰もいないから フリーにしよう







そう

ここは 階段90段で 頂上なんです



素晴らしく整備された 頂上



素晴らしい景色







ここから 音江山に行きたい



途中 すごい藪漕ぎって情報があったけど

コズさんによると
「大丈夫、道があるよ~去年行ったよ」

な~んだ

今度 歩いてみようかな


ゆっくり コーヒータイム



ごりぬいさんと 記念写真
ご機嫌 きらら

時々 いなくなる…きらら
「きらら~~~~!」と呼ぶと



さあ 帰りましょうか

きらら 階段トレーニングか?








行ったり来たり 猛烈に頑張る





黄金色の稲



きららは 帰ってグッスリ

楽しいドライブだったよ









日高・神威岳(1600m)




9月26日(土) 16:30

海沿いの荻伏から 山に向かって1時間
日高の 神居山荘に到着

炊き込みご飯・鍋
サンマ・カボチャサラダ・チーズ etc

貸し切りの山小屋で 楽しい夕食
みんなでワイワイ盛り上がる


その後
警察・山岳会・消防などがきて 慌ただしい動き

それについては 前の記事に記載したよ


9月27日(日)

夜中の1時半に 山岳救助隊7名が
頂上に向かって 登っていった

5:10 私達も 沢靴を履いて出発
途中 履き替えるので 登山靴をザックの中に入れる



ガスっていて いい天気じゃないね



山は見えないね



あ~~~ 車だ
ここまで入っていたんだ…

これじゃあ 真っ暗な中 探しても見えなかったよね



沢靴で 川の中を ザブザブ進む













ここまで 2時間半
ここで沢は終わり

登山靴に 履き替えて 急登に取り付く所

遭難者さんが 救助隊と一緒に 下山して来たら
すれ違うはず…

会わないってことは まだ見つかっていないってこと

そんな中で 登山することに躊躇するよね
…で ガイドさんは撤退を決定

記念撮影



また来年 挑戦しよう

下山しながら 景色を楽しむ
紅葉が進んできたよ







途中で 山ブドウを いっぱい収穫



どうか 無事に生きて帰れますように
(次の日 9月28日に自力下山して救助されました)



最後の渡渉



私は 沢が好きだよ
な~んか 水をジャブジャブって 楽しい 

…って きららみたい(笑)



下山も 2時間半
今日は 撤退だけど 5時間歩いたね


帰りに 

雨で濡れたのと 汗をかいたのとで
下着まで べっちゃり

冷たかったから 温泉は嬉しいな


ガイドさんからの ゴチ



美味しかったわぁ~



来年のリベンジを誓い合った
メンバーでした