道外遠征

ごりぬいさん、こずさんとの3人旅

今日は大菩薩嶺と大菩薩峠を歩いてきました



キレイな富士山を眺めながら楽しみましたよ



最高で~す!

きらら☆サギだ!


詐欺ネタでは ありません
・・・あしからず



今朝の きらら地方は 
先日の大雪が 融けて凄いことに

運転が 大変です



積雪量も 減りましたね~



お~~~

最近 見かける 大きな鳥さん
…サギだよね

1羽だけ いつも ここに居るの



気づかない きららに笑えます

北海道は
アオサギがほとんどとか

最近 ダイサギが
ウトナイ湖にも 増えてきたそうです





やっと サギの存在に 気づいたわ



きららは 何と思っているのかな









興味はあるけど
これ以上は 行っちゃいけないと 思ってる?

やがて

興味を 失った…(笑)











冬山トレーニング~その2




マイナス10度のテント泊は
寒かったぁ~~~~

6時起床

昨夜の 残った鍋に
うどんを入れて朝食

温まったわぁ


さあ 気合を入れて準備



昨日は 半日行動だったけど
今日は 1日行動だよ

8時前に 出発



今年の3月に登った
富良野岳が 見えてきた

今日は どこを登るのかな
雪が少なくて ハイマツが黒く見えるね



白黒写真じゃないよ~

ちょっと茶色く見えるのは
火口が近いからだよ



夏道で 上富良野岳を目指す
うっすら 山を横切る登山道が見えるね



だいぶ上がってきたよ
左の方に 小さくオレンジのテントが見えるよ



このくらいなら つぼ足(夏の登山靴)でOK



きれいだね~



スタートして 1時間20分
富良野岳と 上富良野岳の 分岐



ここから アイゼン装着


風が強くなってきたわ
…前方に 人影が



お~~~ いるいる





今回は やすこさんの すぐ後ろ
絶対 遅れずに ついて行くと決めていた

ガンガン登る
遅れるもんか

やすこさんが 振り向いた

後ろを見たときは
必ず 姿勢を正して 顔を上げる

「顔を上げなさい」って言われないようにね(笑)


「あれ ばてたかな」

ん?

私が 後ろを見ると
ついてきていない

時々 待ちながら 離れないように進む


風は強いし 寒いし

後ろから 声がしたよ
「やすこさん もういいです~」

「ここで 終われないでしょ」


最後は 稜線をガァ~ッと上り
頂上



3時間15分かかって 無事頂上でした

やりましたぁ~

指先が冷たい…


早々に下山です



お~~~~渋滞

こんな稜線で 説明会はやめてちょうだいな

左から 追い越し



晴れてきたよ

振り向くと
頂上から下山している人達が見えたわ



どんどこ下る



あらぁ~~~~ また渋滞

エベレストの映画みたい(笑)



下りは 夏道を使わず バケモノ岩横の崖を行く

ザイルを使って下りるから ひとりずつ
それで渋滞しているんですね

「夏道で帰りましょうよ~」って声
止まった途端 急速に冷えてくるから…

「ここ下りた方が 速いって」

待っている人達を追い越し
向こう側に ザイルを設置



ハイマツの根元に ロープを結ぶ

「はい いいよ~」



横には バケモノ岩



「どんどん行って~」

だいぶ下りたね





じゃあ 次は私だよ

新雪で足場が滑る

スーッと流れて 落ちそうになった
危ない 危ない

やっぱり 安全のためのザイルは必要


無事に下りて 上を見上げる





みんなが下りてくるのを待つ



雲が取れて 青空が出てきたね
日本とは思えないような景色だよ



あとは 帰るだけ



樹氷のトンネル









到着~

下山は 2時間半

車がいっぱいだね



白銀荘に戻って 

お湯に入ると
冷え切っていた 指先と足先が 痛かった

芯まで温めて 雪訓も やっと終わったなぁ



あっ

なんと 白銀荘

3連休は 「感謝デー」だって

入浴料が 半額の300円
しかも ポテトチップス1袋サービス

な~んか 妙に嬉しかったなぁ(笑)



冬山トレーニング

寒かったけど 充実感でいっぱい

この春は ついて行けず 悔しかったっけ

今回は いい感じだったことが 嬉しいな~
また頑張ろうっと








きらら☆ドカ雪だぁ~




昨日から 降った 降った

ドカ雪だぁ~~~

40cm以上降ったどぉ~



朝のお散歩タイム

除雪車が 入っていないので
雪が深いわ



札幌で 11月に40cmを超える雪は
62年ぶりだって~

本当に いきなりのドカ雪



除雪されていないので
道路は ガタガタ

国道は渋滞ですって



どこの家も 雪かき(除雪)で
大変です



朝のお散歩の後
我が家も 2台分の車の 雪かき

きららは 外に繋いでおく



雪かきをしていたら
コズさんが お散歩で通ったよ



そら~~~~













このあと リードが ブチッ

何日か前も切ったから…
続けて 2個もダメにした


今度から
繫留用ワイヤーにしようっと

大型犬の ロングリードは
高いんだぞぉ~~~~


このあと
コズさんと そらが 遊びに来てくれたよ

きらら うるさいから…ハウス

あ~~~ 静かだわ









冬山トレーニング~その1




ガイドの やすこさんから
「冬山の 足慣らししませんか~」とのお誘い

「行きま~す」と言ったものの
今年は 雪が遅い

十勝岳周辺も 山が真っ黒だって

日程変更も考えたみたいだけど
出来る所で 出来る練習を ってことに


で 連休の 11/22と23 行ってきたよ

お~~~~~

真冬じゃないかぁ~~~

テントも張ってるし



12時頃 スタート

参加者は
男性2名 女性2名 と
ガイドのやすこさんで 計5名

テントがいっぱい
…雪訓と言うらしい



練習してるね~



例年 この時期の 安政火口周辺は
山岳会の 冬山訓練時期で いっぱいなんだって

私たちも アイゼン装着して
アンザイレン(ザイルで繋がる)



指導中…待っていると メッチャ寒い
歩いていると 何とか耐えられるけどね

風が強くて ゴーグルが正解



寒い~ 寒い~

指先が かじかんできたぁ~~~ブルブル

今シーズン初の エビの尻尾



3時間くらい歩いて…終了



冷え切ったぁ~~

片づけて 車で移動

「白銀荘」は 自炊宿
温泉が 気持ちいいのです



が 私たちは ここに泊まらない

「泊まりたい!」アピールしたけど…

テントで~す



泊まりたいよ~
温泉入りたいよ~



白銀荘のスタッフさんが
「空いているから 泊まりなよ~ 寒いよ」って

「雪訓ですから!」

みんなで テントを張って
食料や寝袋を運ぶ



カセットコンロが 暖房

お~~~ あったかい

夕食は キムチ鍋



テントって ちょっと面倒だけど
セッティングしちゃえば 快適なのよね

テントの中で ワイワイ楽しかったわ

さあ寝ようか

気温は マイナス8度

寝るときは ガスコンロを止めるから
急激に冷え込む

私の寝袋 3シーズン用
…冬用なんて 持っていないし



見たら マイナス6度までだわ

ダウンの上下とか
いっぱい着込んで寝たけどね

寒かったぁ~~~

ホントに

寒かったぁ~~~~~








きらら☆雪だよ~雪だよ~♪




連休は
冬山トレーニングに行ってきたよ

まだ雪はないのに~と思っていたら

今朝の きらら地方

雪です



今年は 雪が遅くって
いいなぁ~だったけど

やっぱり冬は やってくる


今日は
人間ドックだったんだよ

朝早くから 札幌までJR

通勤時間で 激混み

みなさん 毎日の通勤・通学
お疲れさまです

健診は 午前中に終わり
昼食券で ホテルランチ

ちょっと おひとりさまは
慣れてないなぁ



外は 雪が降ってるから
眺めは残念

ゆったり気分で パスタランチ



昼食券の差額は 自己負担です
美味しかったですよ

健診の結果?

年々 元気になっちゃって(笑)
お医者様に 驚かれるわ

そりゃそうだ
これだけ登っていればねぇ~


帰ってきて 夕方の散歩

朝よりも たくさん積もったよ



きららは 雪が好きだ









お散歩 ルンルン



トイレしなくて いいのかね?





気温が低くないから ベタ雪

雪玉がいっぱい

家に帰って 大変でした~


今週は ずっと雪マークだよ







きらら☆意地悪きらら




朝 コズさんと そらが 
お散歩途中 寄ってくれたよ

窓から コズさんの声がすると
きららは 大喜びで 玄関へ

ロングリードをつけて 外に出たら

リードが ブッチリ切れた

ひゃぁ~~~~~



夕方は 家に来てくれたよ

きららは またまた大騒ぎ~

コズさんに 好き好き攻撃

年下の彼氏 そらには…



そらが オモチャで遊ぶと
取るんだよ~~~~~



で ほかのオモチャを そらにあげると…

また それを 取るの



きらら 意地悪だね~

みるてぃや シャルには 絶対しないよ

そらを 下に見ていない?

そらは 優しい男の子だから
怒らないんだよね

きららは それを ちゃんとわかってるんだ


そうそう この間
近くのお店に行ってみた

コズさんに 教えてもらった
ハンバーグのお店だよ



ハンバーグのお肉

牛100%と 牛50%豚50%を
選ぶことが出来る

めずらしいでしょ



パパさん

食べ過ぎぃ~~~~~


美味しかったから また行ってみようっと






きらら☆ごりぬいさんも一緒に♪




先週 りんごさんちで
ワンコいっぱいを満喫した ごりぬいさん

犬好きとは知っていたけど
…そんなに好きだったんだ


みるてぃの家に遊びに行くのに
「ご一緒しましょ」って誘ったよ


みゆきさんちが近付くと
吠えだす きらら

…ちゃんと わかっているんだよ

家に着くと 大騒ぎの3ワン


ひとしきり 暴れまくって
家の中に~

遅くなった シャルちゃんへのプレゼント



興味津々の シャルちゃんと みるてぃ



そして 取り合い



みるてぃは お腹を出して お願いするも



シャルも譲らない



初めてのオモチャは 魅力的なんだね

破壊しちゃいけないからって 没収

破壊しても いいのにね~


オヤツタイム



オヤツの時だけ 整列できる(笑)

ごりぬいさんが 袋をゴソゴソ



ね~~~~ すごい 真剣でしょ?



ごりぬいさんに いっぱい なでてもらう
これは みるてぃ だな



久しぶりの みるてぃ 得意技



で お母さんの部屋を覗く



ちょっとした隙を狙って
食べ物をゲットするらしいよ

きららも いっぱい ナデナデしてもらったよ



きららも シャルちゃんも
触ってもらうのが好き

こんなに 触ってもらえるのは
滅多にないからね~

うっとりしてたよ


またまた楽しい時間を
ありがとう

みゆきさん いつもありがとね

ごりぬいさん
大きなワンコって 可愛いでしょう?

また 遊んでね









どうしても観たかった映画♪




きらら地方

昨日から気温が下がり
寒い 寒い

今年は 初雪以来
雪は降らず…

週末から 雪予報です



さて

題名から ピンときたよね~

ずっと 公開前から 「観る!」と
決めていた映画は

これ




3Dの他に

さらに ど迫力の IMAX3D
っていうのがあってね

そっちで観たよ

なんと!  2300円もするわ
しかも いろんな割引の対象外


登山を始める ルクラから
エベレストの ベースキャンプも出るなぁ

去年歩いた所を 見たいな~と思ってた

エベレストを登る人には
スタート地点の ベースキャンプ

私たちは ゴールだったけどね


1996年の実話を忠実に再現してるってことで
凄かった


撮影は大変だったろうな

俳優さん達は
保険会社の保証対象の高度まで行ったそうだよ

ネタばらしは出来ないから…そこまでね


それにしても

3D って… 

迫力は凄いけど 酔いそうにならない?


そうだ!

来年3月に
「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」が公開されるって

岡田准一 阿部寛 尾野真千子 出演



引き受けてくれる俳優さんがいなくって
やっと 岡田准一さんが 引き受けてくれたそうです

原作は もちろん読みました

くーちゃんのお父さんに教えてもらった時にね
・・・あっ 間違えた

くーちゃんのお父さんオススメは
「神々の座を越えて」だった

訂正します

エベレスト物 いっぱい読んで混乱


楽しみだぁ~~~~







きらら☆イチャンコッペ(828.9m)




11月16日(月)

朝、コズさんからのお誘い
「晴れてるから イチャン登らない~~?」

イチャンって イチャンコッペ山のこと
支笏湖にあるから 近場の山

「うん 行こうか~」で 即決定
近所っていいね~



9時55分 登山開始
先行者 1名です





そらは
お母さんの後ろに行きたいはず…

きららは 前を譲らない

そらの方が 大人だわ

ここは
はじめに 急登が30分

汗だく



いいコンビだね~

コズさんの写真を
いっぱい いただきました~

ピッタリ コズさんの後ろを行く



支笏湖が見えてきたよ
キラキラして きれいだね~



先行者さんと スライド

お~~~山は もう私達だけ
独占です


日に当たると
メッチャ 暑い 暑い 暑い



首の後ろが ジリジリするわ
日に焼けそうだね~



汗をいっぱいかく・・・いったい何月だよぉ

恵庭岳が 見えたよ~



樽前山と 風不死岳



雲が湖面に模様をつくる
神秘的~





暑くて 暑くて たまらん


「ごめん 脱がせて!」



冬用のウエアを1枚脱いだら

ふぅ~~~~~スッキリした




以前 電波の反射板があったところ

涼しくなって 快調だよ









なんか 写真の順番が…入れ替わってるかも

まっ いいか

頂上で~す

今日は
1時間40分くらいかな





暖かいので ゆっくり休憩



景色を楽しんで

コズさんから お味噌汁を頂いて
きららに ご飯と ソーセージをあげて

コーヒー飲みながら 山を満喫



さあ 帰ろうか



コズさんが 前を歩いてくれると
きららは 追い越さないので助かるわ

湖面が キラキラ キラキラ
本当に きれい



この山は 下りが絶景







景色を楽しみながら
ゆっくり下山







あと少しだよ~



下山完了



誘ってもらって 楽しい登山が出来たよ

コズさん
本当に ありがとう!

そらの きららへの 気配りに感謝です

また一緒に登ろうね~





きらら☆りんごさんち~♪




お山と 温泉のあと

りんごさんちに
立ち寄らせてもらったよ

りんごさんちは
おうちのドッグランと 羊蹄山がデ~ン

りんごさんのブログ



愛ちゃんが ごりぬいさんに
「おんぶ~」って

ララちゃんは
先日 みゆきさんちで遊んだこと 覚えてるのかな?











みんなで 「おすわり~」 



あ~ん エバちゃんが 重なっちゃった



りんごさんから 頂いちゃった



ごりぬいさん
おんぶ愛ちゃんに 感動!



きららと ララちゃんの 見つめ合い





きらら つれないぞ









ごりぬいさん
いっぱい触れて しあわせ~







ララちゃん 大きくなったね







りんごさん
遊んでくれて ありがとう!

とっても楽しかったわ

犬が大好きな ごりぬいさん

「最高の1日だった~

嬉しいね


手ぶらで乱入したのに
お土産までいただいて…スミマセン

また遊ばせてね ありがとう


「いちむら」の お蕎麦を食べて~



めかぶ ぶっかけ



グラウビュンデンで
お土産の サンドイッチを買って

帰りました~


行って良かったなぁ~






きらら☆チセヌプリ(1132m)




11月13日(金)

晴れ予報で
札幌近郊の山に行こうと思ってた

けど りんごさんに
ニセコ情報をもらうと…上の写メ

うん! 雪が あまりない!

ニセコ夏山 最後のチャンスかも


未踏の ニセコ チセヌプリに決定



ごりぬいさんを 5時に迎えに行ったよ

ごりぬいさんは
いつも こんな私に付き合ってくれる

…ありがたい

湯元温泉郷は 煙がモクモク
硫黄のニオイがプンプン

冷えて 霜がいっぱい



チセヌプリの スキー場は
何年か前に 閉鎖しちゃった

登山道は リフト横からです



チセヌプリは アイヌ語

チセは 「家」

アイヌの家の 屋根の形をした山

7時25分 スタ~ト



張り切る きらら



チセヌプリの頂上は
雲で見えないね~でも これから晴れるよ



シャクナゲ岳との分岐

シャクナゲが群生していたらしいよ



雪が嬉しいねぇ~



山の姿が見えてきたね



こんな道も
自分で上がれるようになった



上がれない時は
一旦戻って 別のルートを上がる



頂上が近くなったよ
…笹は すごい霜だね 真っ白!



なんだか キレイ



足あとがあるけど 誰か登っているのかな



ここは 行けないでしょう
…困っている きらら



枝の下の隙間から上がるといいよ
…無事 通過

こんな所も ぴょ~ん



尖がった昆布岳が見えました



シャクナゲ岳や 岩内岳方面かな



私達が 登ってきたルート



あと少しだね~







そして 頂上

やりましたぁ~



上り1時間50分ほど

寒い時期は ほとんど休憩をしないの
止まると 冷えちゃうからね

ごりぬいさんも到着~



記念撮影



アンヌプリと その向こうに羊蹄山
羊蹄山の頂上が ちらっと見えたわ



足あとは 先に進んでいったみたいだよ

海だぁ~ 岩内方面だね
泊原発も見えます



雪遊び



風の当たらない所まで
下って休もう



シャクナゲ岳の分岐で休憩





嬉しいね~ 頑張ったご褒美だって



行くときは 凍っていた道も

帰り道は 融けてドロドロ



楽しく下山



トイレに行ってくるから 待っていてね



そして 終了



いやぁ~~~今回も いい登山だったわ

結局 誰にも会わなかったね
お山 独占~~~


隣の「雪秩父」



9月にリニューアルオープンで
ずっと 激混みだったらしいけど

ゆったり入ることができたよ

ここは 強いくらいの
いいお湯~~~


このあと りんごさんちに寄ったよ
それは 次回に~











きらら☆支笏湖へ~♪




昨日は 朝から快晴
お散歩も気持ちいいわ~

パパさんが
勤務時間外の振り替えとやらで…1時半に帰るって

「どこか行こうか、考えといて」
…って 丸投げかいっ

私のプランに
「え~ 遠い」 なんて言わせないぞぉ


そして

1時半に帰ってこない…し

出際に 上の人から声がかかったみたい
(仕方がないね)


で、樽前山の展望台はやめて
支笏湖の国民休暇村へ

まずは お散歩です



ここが 休暇村



お散歩の後 温泉に入るんだよ



支笏湖まで 階段を下ると 湖畔に



外国のお客さんが たっくさん散策してたわ



恵庭岳には うっすら雪が



樽前山と 風不死(ふっぷし)岳



そして いつもの



キレイな景色だね~
支笏湖は 大好きだよ



湖畔の散策路を歩いていくと…



水を見たら入る きらら
どうするか



ちょっと迷ってる





んっ 入る?





動画にしてみたよ

大したことないから(笑)
スルーしてもいいですよ

石が痛くて
「あいたたた・・・・」が笑えるだけです






結局 泳がず…な~んだ



じゃあ 車に戻ろうね



元気に ドンドン行く





眺めが分かるの?



偉そうに~



なんか リーダーのつもりかな?



きららは 車で待って

私達は 休暇村の

720円は 高いと思うけど
お湯が ツルツルすべすべ


千歳までの道
パトカーが いっぱい走ってる

「何かあったのかな」

帰ったら ニュースでやってたわ

正面衝突事故があったんだって
私達の通った道じゃないみたいだけどね

気を付けなくっちゃ

晩ご飯を食べて 帰ったよ~


平日の プチ ドライブ

楽しかったよ  ねっ








きらら☆遊ぼぉ~♪




朝は ねぼすけ きらら

パパさんが仕事に行っても 寝てる



シャッター音で 目をあけた(笑)


昨日は みゆきさんちに 行ったよ



みゆきさんちからは 海と山が見える
お母さんが「あの山はどこ?」って

増毛や 暑寒の山々だよぉ~
冬は 山が真っ白で キレイだよぉ

オヤツの時だけ 集中するワンズ



…シャルちゃんは みゆきさんを見ちゃった

シャルちゃん 元気になって何よりだわ
食欲は回復したよ



みるてぃも めんこいぞぉ





みるてぃは 私に抱き付いて よく喋る





なになに?

「おばたん 大好き 好き 好き~~~」か????

いや

そうじゃない

たぶん・・・

「おばたん オヤツ ちょうだい ちょうだい ちょうだ~~~い」だな



普段しないのに おだつ みるてぃ



きららも 同じです
人が来ると おだつ姉妹

きららは



テーブルの下

お母さんが 外仕事から帰ってきたよ



「誰?誰?」の姉妹

鹿の角をカジカジする みるてぃ



得意技は ヘソ天カジカジ



この姿 さすが姉妹
同じ行動(笑)



見つめ合う ふたり



私がトイレに行くと…



不安げな きらら

みゆきさんの写真をいただきました



こうして 楽しい時間は
過ぎていくのでありました

チャン チャン







きらら☆やきもち




昼間は 寝てばかりの きらら

夜になると 活動開始

鹿の角を カジカジし始める



そうそう みなさんちのワンコ
やきもちを やきますか?



シャルちゃんは
誰かがワンコを ナデナデしていると

割り込んで「あたし~」と
ナデナデを 求めます



きららは

私が みるてぃやシャルを ナデナデしていると

みゆきさんの所に行って
甘えるの

…これって きららの やきもち?



ちょっと めずらしいタイプかな



みなさんちのワンコは
どんな風に やきもちを やきますか?



そんなに 見つめないでぇ~












きらら☆穂別坊主山(790.6m)




11月7日(土)

まっちゃんと 登山!
久しぶりだから 嬉しいなぁ~

なんと!

お姉さんのみきてぃと ごりぬいさんも参加
4人で登ろう

登ったのは
穂別坊主山 790.6m

夏山ガイドに載っていないけど
1時間かからず 眺望抜群の山だって

胆振振興局のHPには ちゃんと載ってます


10時に登山口集合

道道から 長い長い林道で
やっと登山口に到着

さあ登りましょう



なんて整備された登山道!
きれいな遊歩道を歩く感じだよ

でもね 鹿猟解禁のため
ちょっと注意の地域です

きららは 目立つように
ピンクの服を着た方がいいかも

30分歩いて ちょっと休憩



最高の登山日和 気持ちいいねぇ~

お~~~~山小屋が見えてきたよ
写真では小さくて 皆さんには見えないな



頂上方面も見えてきたね



ルンルン



山小屋到着・・・可愛い山小屋だね~



「こんにちは~」って 覗いてみる



中もキレイだよ~



自由に使っていいんだって

なぜに 1時間もかからない山に 山小屋?
ちょっと不思議だけど

地元の人に大切に管理されているって感じがいいね



きららも 上がりたい…
ちょっと 躊躇したけど 上がれたよ

あとで ここで昼食にしよう

まずは頂上まで行こうね



どこまでも気持ちのいい登山道
キレイに 笹刈りがされているよ



振り返ると 可愛い山小屋が見える



夕張岳が見えたよ



遠くには 雪をかぶった 十勝岳連峰も見えたわ

こちらは 日高の山々



もうすぐ頂上



最後の急登(笑)



1時間かからず 頂上





今日はここで終わりですか?・・・の きらら

いい景色だねぇ~



笹が 芝生みたいに見える



樽前山も見えたわぁ~



みきてぃ…初対面の 大きなきららに ビビってると思う

許してねぇ~



360度の景色を いっぱい楽しんで
小屋に戻ろうね



ねぇ きらら



ごりぬいさんに 近付き過ぎだってぇ

前が見えないでしょ(笑)





小屋の中で ジンギスカンです



なんと まっちゃん
ガスコンロと フライパンを背負ってたぁ

ワンタンスープ お寿司
ジンギスカンで ワイワイと 楽しい昼食

食後のコーヒータイム

この小屋に泊まってみたいわぁ


「小屋の使用簿」があって記入すると
ふたつ上の段に かもしかさん?って思われる名前

…違うかな?


ゆっくり休んで 下山開始



青空に 白樺が映える





車が見えてきたよ



ゴール



きらら 歓喜の舞?



松の落ち葉…チクチクするよぉ~

穂別の樹海温泉「はくあ」で



穂別は 恐竜の街だもんね


登山は 短いけど



道道から 登山口までは遠い



帰りに

夕張の 「うさぎや」で シナモンドーナッツ
「おぐらや」で ぱんぢゅう

長沼の あいチュランドで ソフトクリーム

いっぱい楽しんじゃった



久しぶりの まっちゃん&みきてぃ

また みんなで登ろうね~~~ありがとう!







きらら☆きららのら~♪ララらのら~♪




昨日は お天気もいいし
みゆきさんちに行ってきたよ

家のもみじが きれいだね~


先週は 会えなかったから
久しぶり~



それぞれ自由なワンズ

おうちに入って~



みんな嬉しそう

めずらしく きららにちょっかい出す みるてぃ







テーブルの下には…



みるてぃと シャルちゃん
めんこい

くつろぐ きらら&みるてぃ





ニセコのりんごさんから~

近くにいて 立ち寄ってくれるって


久しぶりに会えるよ~嬉しいな


ず~~~~っと 会いたかった
ララちゃん!





りんごさんちで迎えたパピー

ブログで成長は見ているけど
会うのは初めてだよ

りんごさんのブログ

可愛いねぇ~~~~~

早速 きらら ララちゃんの所へ









優しく接することが出来て 良かったワン



ララちゃん
6頭飼いの中で育ってるからね

下手に出る所は さすが



きらら チェック終了
みるてぃに バトンタッチ





みるてぃ~~~~





ビビリ みるてぃ
顔だけ怖いけど…何もしないよ

ほらっ



次に シャルちゃん登場







みんなにチェックされた ララちゃん

たくましく育っています

いいなぁ~ パピー欲しいなぁ~

ララちゃんみたいなパピーがいたら
楽しいだろうなぁ~



車に乗っていた愛ちゃん
ご挨拶してくれたよ

愛ちゃんは セラピー犬
お仕事してるんだよ



他4頭は 車の中のケージで待機

静かに待ってるんだよ
お利口さんだね


みるてぃ&シャルちゃんにも会えたし
ララちゃん、組員さん達にも会えたし

みゆきさん りんごさんとも お話し出来たし

とっても楽しい1日になりました~

ありがとね~








片足で立ち上がることが出来る?




晩秋の きらら地方
木々の葉も すっかり落ちてきちゃった

このところ 気温は高め

暖かくて 散歩も気持ちいい





まだ葉が残っているね





落ち葉のじゅうたん





錦って美しい



お嬢さん こっち向いて~




サントリーのロコモアの 最近のCM

椅子から 片足で立上がる

…思わずやってみた(笑)


「ロコモ」って言うんだね~
立つ・歩く筋肉があるかをテスト



食卓テーブルの椅子で およそ40㎝
ソファで およそ30㎝

ソファから 片足で立ちあがれたら
中高年なら合格かな

反動つけちゃ ダメですよ~









山仲間増殖中♪




昨日の お気に入りの公園

自宅から 別宅に戻る途中
寄ってみたよ

日暮れが早くなったね

薄暗くて きららはブレブレの写真



白い車が駐車場に入ってきた
車に向かって 突進

「ダメ!」なんて言っても 聞くもんじゃない

誰だ しつけたのは…私です


先日 くまぐまさんと
おいしいと評判のピザ屋さんに行ってみた

マルゲリータと マリナーラの
2種類のピザのみ



窯で焼いているよ~

サイドメニューなし
飲み物は 水もすべて注文

まぁ 水ボトル100円だし
ソフトドリンク250円と安い

2種類のピザを注文

マリナーラ(750円)が出てきた

…あれっ 2種類注文したんだけど

食べ終わるころ
マルゲリータ(950円)が出てきた



そっか
熱々を食べてもらうための配慮か~感激!

生地は薄くて美味しい

ひとり1枚分ペロリですな

ピザ2種類のみで勝負しているお店
なかなかいい感じ

くまぐまさんと行った
イタリアで食べたピザを思い出したわ








今日の本題

友人のつぐちゃんが 「山に行きたい」と
お店を臨時休業してまで登ってるよ

すっかり 山にはまり 嬉しいことです



今年の夏 一緒に登った大雪山



昨日
はな子ママさんからメールが…

なんと!ご主人と
高尾山に登ったそうな

送ってくれた写メ


    

すごい すごい!

山歩きの楽しさを知ってもらえることは
とっても嬉しい

…あっ 勝手に載せちゃってゴメンね
あまりに嬉しかったの(笑)


どんどん山仲間が増えるといいな

そして
一緒に登ろうよ~

どこへでも ご案内しちゃいます


誰にでも出来るのが登山

私も始めて4年ほど

友人に無理やり連れていかれた登山
はじめは 小さな山も苦しかったっけ

ゆっくり ゆっくり歩けば
いつかは頂上

喘息の私でも 心肺能力が向上したよ

山はいいよ~










きらら☆とあるお山へ~




11月2日(火)
朝5時出発

とある湖の とある山に 登りました

「とある」と言う名前の
湖&山ではないです

なぜ とある場所なのか

理由はこれ



先月の風台風により
倒木被害で入林禁止

復旧は来年夏 とのこと

前回は クマ出没で入林禁止
…今回は倒木

倒木なら 避けて行けばいいか

行ける所まで 行ってみよう

あくまでも自己責任
良い子の皆さんは 真似しないでね


そんな訳で
「とある山」にしておきます



きらら
雪を見ると スリスリ

たしかに倒木がいっぱい





こんな所も



それでも 回避しながら
順調に進む

ひと休みの きらら



とある湖が見えてきたよ
…晴れ予報だったのに イマイチです



登山道をふさぐ倒木には
赤いペンキと 番号の標識



木を切って
登山道を通れるように作業するんだね

目標の山が見えてきたわ



きららは 登山にも慣れ
元気に登る



大きな段差を越えると
してやったりの ドヤ顔



そして 頂上



無理な体勢のごりぬいさん
上手に撮れなくてゴメン

前回別ルートで登った時は
きくちゃんに助けてもらって 頂上に立ったきらら

今回は無理なので
手前で記念写真



ごりぬいさんに 撮ってもらったよ



向こうに ウペペサンケが きれいに見える



風が強いので 寒いから
休憩せずに 次の山に向かうね









順調に進みます



次の山の上りが始まるよ
急なんじゃないかな



思ったよりも快適



間違えそうなところには
ピンクテープがあって ありがたいね





相変わらず どんよりした天気
ちょっと暗いけど 景色はいいよ



二つ目のお山に到着





ちょっと下った 風のない場所で
昼食

きららは ソーセージをもらい
ご機嫌


次に目指すは 幻の湖

倒木が増えてきた…



幻の湖が見えてきたよ~



ところが ここからが大変だった



倒木の海に突入

登山道は すべて倒木で埋め尽くされてるし
回避しようとも 斜面全部が倒木で覆われてる

魔の領域に迷い込んで知ったみたい…

戻るに 戻れない

登山道から離れないように進むも
根から倒れているので すごいえぐれ方

障害物競走みたいな状態

きららがいるので
通れそうな所を探しながら行かないと…

山の東斜面は
相当な風が吹いたんだね

ナビで現在地を確認しながら
とにかく湖まで頑張る


まだ日没までの時間に 余裕があったから
焦らずに済んだものの

湖に出るまで 2時間半は要しちゃった


やっと湖畔道に出るも
やはり倒木だらけ

迂回しながら進む



難儀しながら やっと建物まで来たわ



ふぅ~~~~~




倒木の海の中で

きららが「また ここを越えるの?」って
うんざりした顔をしたっけ…ごめん

木に引っかかって
背中が バックリ破れた


登山口に 15時50分到着



この時期では 日没ギリギリの時間

ひと回りしてくるのに
8時間近くかかったってことか


ごりぬいさんの 足の状態を考えると
申し訳ないことをしちゃった

きっと「ひどい目に合った」と思うよなぁ
不安だったろうなぁ

ごりぬいさんは
「超楽しかった 不安なんてなかったよ」

…いい人だぁ~~~~





私の山の師匠は
「基本 登山道を歩かない」人です

彼は いつも こんな登山をしているのかな

今回 登山道を離れることが
とっても不安だった


たっくさん学んだ登山でした
反省いっぱいだわ