秋田駒ケ岳(1623m)


やっぱり雨だぁ~

登山道の入り口は 通行規制がされていて
バスで上がります

でも 朝の5時半までに通過すれば
自家用車で上がることが出来ます

ホテルを5時出発して
車で上がりました

駐車場



登山口



登りましょうね~
5時半 登山開始



な~んにも見えないけれど
ニッコウキスゲが 歓迎してくれています



どこを歩いているのかな~~?





男岳への分岐



秋田駒ケ岳の最高峰「男岳」には 行かなくっちゃね

あっちが頂上方面?・・・たぶん



着きました~頂上 





雨でも 元気で楽しい 私たち



分岐に戻ろうね



阿弥陀池小屋で休憩しよう
おっと…見逃すところだわ

みなさん 見えますか?



ここの中で 休ませてもらいましょうね



ホテルでもらった 朝食弁当



朝ごはんです

ゆっくり休んで 「どうする?」

本当は ぐるっとまわる予定でしたが
さすがに 何も見えないしなぁ





「帰りましょう!」ってことに

バスで上がってきた人たちと
すれ違いましたよ

無事 下山

また晴れた日に登って 景色を楽しみたいな





秋田の観光編に つづく~



鳥海山(2236m)その2


鳥海山 2日目

3時だったかな 3時半だったかな
早起きするも ガスガスのため ご来光は断念

もう一度寝る

5時起床 
5時半 シンプルな朝食



ご飯・みそ汁・お茶は お替りなし

夕食で ご飯が多くて苦労して食べたので
朝食は 隣のお兄さんに 1/3くらい もらってもらった

助かったぁ~


6時出発

まずは 急登を歩き 外輪にあがります
目指すは 七高山の頂上



急な岩場を せっせと登るよ



30分もかからずに 頂上です



七高山 2229m
昨日登った 新山よりも 少し低いね

記念写真 



ここから 外輪のふちを進みます



昨日歩いた道を 見下ろしながらの 稜線歩き



日本海が見えました



雄大ですね



振り返る… あの ふちを歩いてきたんだよ



景色を眺めながら



お花に囲まれて



整備された登山道



ウラジロヨウラク



昨日見降ろした 鳥海湖まできました



涼しくて 快適に下ります

頂上には 雲がかかっているね
深い谷を見ると やはり鳥海山は 大きなお山



帰りは 早かった気がします
登山口に到着



登山口から 頂上が見えました



楽しい登山をありがとう!

お昼は 名物「稲庭ざるうどん」



稲庭うどんは コシがあって美味しいな
ホントは ぶっかけがいいけど…なかった

ここから 鳥海山の裾野にある
「獅子が鼻湿原」へ

中島台レクリエーションの森には
遊歩道があって 特異な形の ブナ林があります

遊歩道を一周するには
参考タイム 2時間半

下山してきたばかりなのに
元気な私たち(笑)

ハイスピードで 森を歩く

有名な「あがりこ大王」と ご対面





そして「鳥海マリモ」



阿寒湖のマリモは 丸いけど
ここのは こんもりしているらしい



落ち葉が積もって 枯れてきていた
落ち葉を取ってあげればいいのに…と思うけど

「自然のままに」ってことで
賛否両論 あるそうですよ

難しいですね

入口に戻ったら…なんと!
1時間半で帰ってきてた 


そこから 田沢湖へ

田沢高原温泉郷で宿泊



明日は 秋田駒ケ岳に登ります
・・・ぜったい雨 


今回 登ったルート






鳥海山(2236m)その1




山仲間の「さとちゃん」が 秋田に住んでいるの

秋田の山を登ろう!ってことで
西ちゃんと 行ってきたよ

さとちゃん 西ちゃんとの 3人登山に
わくわく



まずは 鳥海山 2236m

山形県と秋田県にまたがる 大きなお山
出羽富士と呼ばれています

日本百名山

車で 登山口の 鉾立へ
準備をして スタートね



とっても整備されているけど
暑い!

鳥海山固有種「チョウカイアザミ」



たくさん咲いているけど
下を向いているので お顔は見えません

恥ずかしがり屋さんかな

整備されて 石が敷き詰められているよ
逆に 下から熱が上がってくるのよね~

汗だく 汗だく

ゆっくり進みますが こりゃあ大変だわ
普段 肌寒い所に住んでいるからね~

やっと「賽の河原」に到着



カメさん歩きで 地道に進む

やっと 途中の 御浜小屋



コースタイムでは ここまで2時間ですが…
結構かかりましたよ~

鳥海湖です



ニッコウキスゲが満開です

お花がいっぱい!



雲が薄くなり 頂上方面が見えてきたわ



ウスユキソウも きれいです



お花が好きで 詳しいふたり
「あーだ こーだ」やってます



私は何度聞いても 覚えられません 

頂上まで いくつも山を越えますね



石畳が 強烈な熱を反射します

そうかと思ったら 石だらけの急登



雪渓が見えてきました



雪渓は 涼しいよ~~~
きららがいたら 喜ぶなぁ…ゴロスリやるね



アイゼンは要らないよ
ザクザクして 歩きやすいです

頂上が近くなったぞ
目指すは 左側のツノです



時々 雲が流れてくると
冷気が 気持ちいい~



晴れてきたね



外輪山がくっきり
明日は あの稜線を歩くんだよ



あの上まで頑張ったらいいのかな



残雪がいいね~コウモリ模様!



最後の登りかな



ふぅ~ 今夜のお宿 御室小屋に到着



ここは「大物忌神社」があって 山小屋もあるの



鳥海山固有種「チョウカイフスマ」



鳥海山の固有種は
「チョウカイアザミ」と「チョウカイフスマ」のふたつ

両方見られて 嬉しいな~

頂上は あの岩々の向こうにあるよ



看板あり



荷物を置いて 頂上の「新山」を目指す





後ろから来ていたグループの人が 落ちた?のかな
遠いので 様子はわからない…大丈夫かな

30分ほどで頂上



さあ帰ろう 帰ろう



帰り道は 違うコース
雪渓があって楽しいよ





小屋が見えてきたよ



シンプルな小屋



シンプルな夕食



食べられるだけで ありがたい

水がない場所だから 使い捨て食器なんだね
水も すべて購入

ペットボトル500ml 500円なり 

明日は 別のコースで下ります


今回歩いたコースです



つづく



きらら☆うれしいな


昨夜は 無事
千歳空港に着陸することが出来ました

きららを迎えに行って
帰ってきたら…



いつもの きららですね~

日高地方の大雨で
町内全域に避難勧告が出ています

あらら…

戻るのを やめました(ごめん、パパさん)


今回の 秋田遠征では
鳥海山と 秋田駒ケ岳に登りました

お天気は イマイチでしたが

気の合う仲間と
楽しい・楽しい時間を過ごすことが出来ましたよ

また報告しますね


帰ることが出来るのかな

秋田空港にいます



可愛いポスター見っけ!


千歳空港強風のため着陸できなければ

秋田空港に戻るか
羽田空港に行くか

条件付き運行だって…

家に帰ることが出来るのかな
…あれれ

またJRA見学ツアーへ




JRAの乗馬教室で一緒だった
きよちゃん

参加者12人のうち 女性は私たち2人だけ

はじめの一歩を一緒に踏み出した
そんな私たちの連帯感

彼女は 仕事が忙しく
なかなか会えなかったけど

今朝メールが来て
「JRAの見学会に行くよ~」って

「私も行くわ~」 …行ったばっかりだけどね


久しぶりの再会
「会いたかったよ~~~~~」

今日は 土曜日なのに
参加者は5人…寂しいね

お馬の親子を見に行くと
外で待っていてくれたよ



前回と違う親子だね

仔馬の前髪が…可愛い



この子は 生まれて3か月



お母さんの オッパイを飲む



ツンツンして しっかり飲んでたよ



今日の特別企画は「フリーダムホースショー」



フリーダムホースショーって
鞍や手綱などの装具を使わず 調教師と信頼関係だけで動かすこと

ポニーのテリーくんも 笑ってご挨拶

前髪が三つ編み
尻尾も おかっぱみたいでお洒落

お花のレイが可愛いね

はじめに何をするのかな



馬は臆病で こうした台に上がるのは怖いそうです

のれた~~~



あらっ 調教師さんも乗っちゃった



え~~ 立ち上がる!



お利口さんだね

まさか…そんな小さな台?



難しいね~



体重を前に移動して

のれた!



5人で 大きな拍手

今度は乗馬



サラブレットと違い チョコチョコ走っていいね




みんなが見ているところでは
無防備な体勢になりたがりません

でも 調教師さんとなら

バタン



ひざをついて おじぎ



乗っても平気だよ



マテ・オイデ  何でも出来ます

すごいね~~

最後に にっこり笑顔で



記念写真



次は 急きょ

今週 セレクションセールで買った
1歳馬に会えることになりました

おととい 厩舎にやって来て

知らない仲間たちと一緒に
昨夜は 一晩 外で過ごしたそうですよ

そう 初めてのお泊り会



競り落とした馬は7頭ですって

オスは競り落とせず 全部メス

その中でも 一番高いのは
「ルドラの15」



「オルフェーブル」のこども
1200万円

ねぇ~ こっちむいて



「フジティアスの15」



この子は 育成牧場で生まれたよ

人懐っこい



同じ1歳の子たちが集結し
仲間として 一緒にトレーニングして行くんですって

大体 70頭くらい買い付け
宮崎の育成牧場と 日高の育成牧場に分けて飼育するとか

応援したいねぇ


先日は 霧雨でモヤモヤだったけど
今日は



展望台からの景色もいいよ~

海も見えます…海の近くが 我が家



最高のお天気で 楽しいツアーでした

何度来ても 違う内容だったりしていいわ
お話も違うしね



広い敷地 気持ちいいな

ツアー中は ツアーに集中したよ

終わってから ふたりで少しお喋り

きよちゃんに会えて 楽しかったし
本当に嬉しかったわ~

ふたりで 話したかったことがいっぱい
全部 馬の話(笑)

いろいろ情報交換して
今度は 晩御飯食べようねって約束しました


明日から4日間
お山で本州遠征に出掛けます

訪問できず スミマセン



JRAの見学ツアー




JRA(日本中央競馬会)の日高育成牧場

ここは普段中に入ることはできません

7月から 見学ツアーが始まりました
夏休み前で ガラガラとの情報…行かなくっちゃ

JRAは広い、広い



このバスで移動します



つまり ツアーの定員は
バスに乗れるだけ

本日は 11名の参加

まず案内されたのは「繁殖厩舎」



JRAの母馬が出産をして
子育てをしている場所です



今年は 5組の親子がいるそうですよ

4か月の赤ちゃん



うわぁ~~ 爪が可愛い



お母さんと一緒に



みんなで触らせてもらいました

チビッ子も嬉しそう



そろそろ草も食べ始めて
離乳の時期に入ります



お母さんは8歳
4回目の出産…だったかな



癒されますね~~~

次は「展望台」



残念ながら雨
見渡す限り JRA

JRAでは 昨日のセリで 3頭購入したそうですよ



500万~800万の平均的な馬を買い付け

どう育てたら 良い競走馬になるか
研究をしています

秋から馴致(じゅんち)をして
人を乗せる準備をします

年が明けたら
競走馬として 速く走るためのスピード調教をし

2歳の4月 JRAブリーズアップセールで
馬主さんに買ってもらうそうです


「屋内坂路馬場」



1000mの坂になった室内練習場

比較的 キツイ勾配で 筋力・持久力のトレーニングをします



通過時間
ハロンタイムが記録できます



あらっ 今走ったばかりじゃないの
見られなくて残念



「坂路芝馬場」というのもあって

2400mの坂になったコース
衝撃を少なくしながら スタミナアップ

3歳の時 一度だけ出場できる
日本ダービーの距離と同じにしています


ここの施設は 民間の牧場も
練習に使用できます

使用料は 1日1頭 1000円で 使い放題

私たちの トレーニングジムみたいな場所



ゲートの練習用



幅がいろいろ…徐々に狭い所に慣らしていく

「屋内直線馬場」



さっきと似ているけど
こちらは平地で 1000m

あっ きたきた



現在活躍中の馬も
ここに滞在してトレーニングするそうです

滞在料は
厩舎1頭 1500円
宿舎1人 1300円


最後は 「体験乗馬」



ここは 乗馬教室があったところ

懐かしい~~~
もう来ることはないと思っていたよ…嬉しいな

フジノシャワーかな?と思ったけど
違ったわ

ちびっ子騎手



乗馬保育で慣れてるそうです
お父さんに引いてもらっています

そう、職員の子どもさん

ボクも 慣れてるぅ~



引き馬で ひと回り
楽しかったです

お土産は クリアファイル



今回は 乗馬体験でしたが

「造鉄・装蹄実演」や「ブレーキング見学」もあるので
また参加してみようと思います

*ブレーキングとは 人を乗せる訓練です

山口・愛知からのご夫婦がいらしていました
山口から 体験移住1ヶ月間だそうです

無料で 誰でも参加できる 見学ツアーです


家庭菜園





やっと色付きはじめた紫陽花

そうそう 昨日の「セレクションセール」の話題

馬のセリを
見に行ったことを書いたよね

なんと!夜のニュースでやっていたよ

総額 20億円の売り上げだったそうで
ん~~~250頭だから…1頭の平均800万円

でね

一番の高値は 私が動画にした
3900万円だったみたい

同じ映像が流れてたわ


自宅の雑草取りは
シルバーさんにお願いしてます



別宅は 庭を放置しておくわけにもいかず
仕方なく 家庭菜園にしてます

やっと 実がなりだした



20度しかない地域で
赤くなるのかな

こちらは



たしか 黄色いミニトマト

インゲンマメも



雨続きで 草ボーボー

草取りをせねば…


馬のセリを見学♪




馬のセリを見てみたいな~と思って
行ってきたよ

パンフレット…と言うより
400ページもの厚い本



サラブレッド1歳の セレクションセール2016

今回は 242頭がセリに出されます

場所は北海道市場
新ひだか町の静内にあります

会場の外では
順番待ちの馬さんが 並んでいました


一般の見学もできるそうで
ドキドキしながら入場

10時から開始なので
始まっていましたよ



馬もドキドキしているのでしょうね
こんな場所 初めてでしょうし



落ち着かず動きます



うまく グルグル歩く

途中 ヒヒ~ンと いななく馬も



写真は フラッシュなしならOKってことで
動画も撮ってみたよ

セリの様子です




見ていて 面白いです
「売れるといいな~」って思っちゃう



500万円から 800万円くらいが多いかな

1000万超えると
「この馬 いい馬?」

…素人で スミマセン





初めから高値の馬って
親がいいからでしょうか

次の動画は凄い値がついていました




簡単に何百万とか 何千万って言いますけど…
ビックリですね

見てるだけ~の世界です

これからのレースで
活躍する馬も出るのでしょう


馬のセリは面白かったです
また行ってみようっと




乗馬教室~11鞍め




JRAでの 乗馬教室を終えて
町の乗馬公園でのレッスンに通っています

初心者コースの方々に入れてもらって
基礎を特訓中



ここに通い始めてから
担当のお馬さんは「マチカネタネガシマ」

タネちゃんです

お手入れして 鞍を装着して
練習場へ向かいます

初めてハミを着けさせてもらいました
ハミとは 金属の棒を口に噛ませて 手綱をつけるの

見ていたけど 自分でやるのは難しいな



お天気の良い日は 放牧されているので
迎えに行くんですよ

先輩たちは 先生なしで
迎えに行って 準備して 練習を始めます

お天気の日は 外練習です
日に焼けそう…

私たちは お天気に関係なく
室内練習場です

9月になったら

初めての方対象の 乗馬教室が始まるので
自立して先輩たちと一緒になります

できるのか?

準備に30分
4人が 20分ずつレッスン
片付けに30分

待ち時間が長いです



手綱だけで乗れるようになりました
…あっ 手前が逆だ

他の皆さんは若いのよね~
みんな上手なのよ

どんな教室に参加しても
先を行っていたはずなのに…

今回は 初めての劣等生



情けないなぁ~と思いつつも

ちょっとだけ進化していて
楽しくなってきた

みなさんの倍かかると思って
のんびり通うことにしようっと

練習後は
汗をかいた タネちゃんの 汗ふき

足洗い 爪にオイルも塗るよ



タネちゃんは
初心者用の お利口な馬さん

先生の「はい、けいはやあし~」の言葉に反応する

あのう…まだ指示出していませんけど





きらら☆ゴロスリと自転車こぎ


おととい
札幌で「小田和正」の コンサートだったの

いやぁ~~~ 良かったわ

古希が近いらしいけど…サービス精神旺盛で
観客みんなの近くに行ける会場設営だった

3時間以上 歌い続けたよ

いいねぇ~ あの声



北海道は ラベンダーの季節
最近 道路横の花壇に ラベンダーが増えた



きららと 誰も来ない公園に行ってきたよ
久しぶり~



慣れた場所だから 嬉しいみたい



特に 何をするわけでもない



ただブラブラするだけ





得意のゴロスリが始まった



なぜか ゴロスリでは 自転車こぎをする
イッチニ イッチニ

動画にしてみたよ
笑えるから…一緒にいる感じを お楽しみください 




きららと一緒にいると 面白いよ~
何たって 不思議ちゃんだからね

病院の先生やスタッフさんに
「きららちゃん お姉ちゃんになったね~」って言われるよ

5歳だからね~

…って 前は どれだけすごかった?(笑)


きららのあたま



「ふ~~っ」 ってしたくならない?



遠くの人を見ているよ




きらら☆三石(みついし)へ♪




お天気がいいので ドライブがてら
隣町へ

新ひだか町の三石(みついし)
車で 20分

「日高昆布」は 全国的に有名ですが
同じ日高でも 地域ごとにブランドがあります

日高昆布の中でも「三石昆布」は
ちょっと高級な昆布です



昆布屋さんで「こんぶソフト」を食べてみる

ちょっとグリーンのソフトクリーム
ささった昆布は 食べられます

特に 昆布の味は…しない気がします


帰りに 海浜公園に寄ってみたよ





いつでも どこでも 誰もいませ~ん







え~~~
お山では 軽々と歩いてるじゃないの

あきらめて 眺める



でも…



おいで~



しばらくしたら 自分で来たよ

出来るじゃないか









動画にしてみました




どうも 海浜公園は
ペットがNGだったようで…

帰る時に 気が付きました

すみません



きらら☆良い季節♪




なかなか20度にならない 日高地方ですが
やっと20度を超えてきました

21度とかですけどね~



お散歩コースのお花がキレイですよ

のんびり見ながら歩いていると



振り返る きらら

そういえば グイグイ引っ張らなくなったね



海風が爽やかで 過ごしやすいわぁ



ドライブでも 行ってくる?




八ヶ岳(硫黄岳ー赤岳鉱泉ー美濃戸口)




夜中 トイレに起きたら
満天の星だった

はな子ママさんを そっと起こす
「おいで~」

外に出て 「ほら 空を見てごらん」








プラネタリウムみたいに 星がいっぱい
天の川が 素晴らしい!

「こんなにたくさんの星 見たことないよ」って



日の出

4時起床 5時朝食



昨日 下ってきた
横岳からの道



5時半スタート



硫黄岳山荘横の「駒草神社」



周辺は コマクサがいっぱい

鹿の害で減少したコマクサを
電気の線を張って守った結果

こうして 復活してきた



それにしても
ここまで上がってくる鹿…恐るべし

30分ほどで 硫黄岳



最高のお天気
昨日だったら良かったのだけれどね

みんなの笑顔

硫黄岳 2760m
今回の縦走で 赤岳・横岳に続く 3座目



赤岳・横岳・硫黄岳山荘
自分の歩いてきた道が見える



はな子ママさん 感慨深げ

雲海とケルン



ここから見る景色が好き



南八ヶ岳の荒々しさ
この先の 北八ヶ岳のたおやかさ

両極端の八ヶ岳
また来たいな~って思う

頑張ったご褒美の景色だね

阿弥陀岳の向こうには 南アルプス



北アルプスも見えるよ
槍や穂高



御岳山と中央アルプス
去年 木曽駒ケ岳に登ったね



ずっと見ていたい



最高に気持ちいい



満杯の硫黄岳山荘
泊ったみなさんは 赤岳に向かったようで

静かな登山道です



赤岩の頭から



最後の絶景を 目に焼き付け



あとは一気に 下るだけ



日曜日なので
登ってくる人がいっぱいかと思いましたが

人は少なく 静かな下山



笑顔いっぱいの はな子ママさん
筋肉痛は大丈夫?

3日連続なんて 歩いたことないよね



1日目と比べて 明らかに
歩き方が変わったわ

登山者の歩き方のなったね

進化の様子を見られて 嬉しいです

1時間ちょっと下ると
「赤岳鉱泉」



ここで ゆっくり休憩しよう
予定の時間よりも かなり早い

足が疲れてくると 下りが辛いもの
ペースも遅くなりがち

でもね

はな子ママさん ついてくるよ~
すごいわ…のひと言



何度も渡渉があったけど
上手に渡れていましたよ

ひと回り 終えましたね



美濃戸山荘



スイカを冷やしていました
食べた~いけど ガマン

冷たいお水をいただきます



鮮やかなブルーが眩しい



ゴールです



ケガもなく 無事に下山出来て良かったね
達成感の笑顔です

八ヶ岳山荘で お風呂に入って
ご褒美のビールで乾杯





高速バスを予約していて
時間を持て余す

そう

はな子ママさんが 順調に下ったから
早く着いたの


楽しい3日間だったね~夢のような時間でした

はな子ママさんも 西ちゃんも
喜んでくれて良かったなぁ

こんな楽しい登り方が 私の好きな登山

また計画しますよ~~~~


高速バス
渋滞に はまったけどね

予定より早い便で
バビュ~ンと


長々と書いた旅行記
最後まで 読んでいただき ありがとうございました


今回歩いたコースです







八ヶ岳(文三郎尾根~赤岳~横岳~硫黄岳山荘)




行者小屋に宿泊
ここは すでに 標高2350m

5時半起床  6時朝食

八ヶ岳縦走 2日目
6:40スタート



予報通りの

雨は雨で お花がキレイだよ
楽しみましょう

赤岳まで 「文三郎尾根」ルートを登ります



急登オンリーだけど
分岐まで頑張ろうね



30分くらい登ると 赤岳頂上が見えてきたよ



下を見ると 泊まった 行者小屋が見えます
あと半分かな



こんなに登ってきたんだね~

ガンバ ガンバ



おっ 分岐の標識が見えた!



これを見ると 急に元気が出ます

やった~分岐



さあ ここからが 本日の核心部

岩場の連続です



チェーンの使い方 岩場の歩き方
梯子の使い方 などなど

安全な登山の基本を
軽~く レクチャーしながら進みます



はな子ママさん…素直だわぁ~

教えを 忠実に守りながら
一歩一歩 確実に そして 足を止めることなく登る

ホントはね

怖がったり ちょっとでもバランスが悪そうなら
お助け紐(スリング)を 使う予定だったの

これは 使う必要なしですね
下から 西ちゃんがサポートしてくれてるし安心



雨で濡れているけど
岩は滑らないし 足や手を掛ける場所もしっかりあるから

キケンな場所ではないですよ

こんな岩場の連続を 50分くらい頑張ったかな

やりました!赤岳頂上
2899m 八ヶ岳主峰です



みんなの笑顔がいいでしょ?

赤岳は よじのぼった感が たまりません



眺望ゼロで残念ですね~

頂上の神社にお参りして 頂上山荘で休憩



ストーブがあって温まるぅ
コーヒー飲んで ゆっくり まったり



さあ 今度は
赤岳の急登を下りますよ~

下りこそ 慎重にね



上手 上手



見ていて 危うさを感じない…素晴らしいわ

お花がたっくさん



雨の日は 人も少ないし
お花がキレイ

行者小屋から見えていた
赤岳天望荘は 通過しま~す



今度は 横岳に向かいましょう



またまた岩場を 上ったり 下りたりの
連続 連続



横岳は お花の宝庫

ツクモグサを探したけれど…会えなかった



ウルップソウの咲き跡

ウスユキソウ(エーデルワイス)には 会えました



これでもか~ってくらい歩いて

横岳頂上
本日 2座め



チェーンが 新しくなっていましたよ
硫黄岳山荘が 付け替えをしたそうです



平らな稜線に出ると…突風

低い姿勢を保ちながら進む

はい、着きましたよ~硫黄岳山荘
本日のゴールです



まだ お昼になったばかり
ゆっくり休もうね



2段ベッドの上です



硫黄岳山荘の横には「駒草神社」があります
(写真は 次の日撮影したもの)



なんと! この日は「駒草祭」
知らずに来ちゃいました



なので 満杯の人・人・人

神事が執り行われました
雨で 談話室に100人以上が詰まっています

なぜか
玉串奉納で 登山者代表を仰せつかりました

(目立つことは嫌いだ・・・

遠い北海道から来てくださったので
…と言われ 「はい 私で良ければ」


夕食は ご馳走が振る舞われました





鯉の姿煮は 6人で1匹



悪天候で ヘリが飛ばず
背負って荷上げしたそうです…感謝

日本酒・ワインも 飲み放題



談話室まで 布団が敷かれ
賑やかに 夜は更けました

はな子ママさん
貸し切りと満杯の 両極端の山小屋体験(笑)

今回 歩いたコースです



つづく



八ヶ岳(美濃戸口~行者小屋)




仲良しの はな子ママさんが
去年から 山歩きを始めたの

「一緒に登ろうか」ってことになり

この際
山小屋デビューしちゃう?

ご主人のOKをもらって 実現できたよ
うれしいな~~~

山だからね

家族に気持ちよく送り出してもらう
これ大事


山の魅力を知ってもらうために
どの山を ご案内しようか

考えて 考えて…

選んだ山は「八ヶ岳」



山仲間の 西ちゃんが 「いれて~」
もちろん!ウエルカム

新しくなった 新宿の高速バスターミナル「バスタ」
きれいで 便利になったね~

高速バスを利用して
美濃戸口の八ヶ岳山荘に到着

ここで用意をして 出発



この先の 美濃戸までは1時間くらい歩きます
自家用車は行けますが バス・タクシーは行けません

なので 道路です

野イチゴを食べながら
美濃戸の 赤岳山荘に到着



以前 ここに泊まりました
夕食は「ステーキ」だから 泊まりたい…

でも 今回は
もっと先まで進みます

ここから 登山道が始まりまるよ



行きは 南沢



帰りは 北沢から帰ってきます

赤岳ー横岳ー硫黄岳のラウンド
歩行距離は 20kmちょっと

2泊3日の山旅が始まりました



はな子ママさん 初めての本格登山に
たぶん緊張しているだろうな…

でも大丈夫だよ

ゆっくり ゆっくり
ちゃんとサポートするからね

岩ゴロゴロの登山道

長い 長い…



「山って 石なんですね…」
そうそう そうなのよ

美濃戸から 2時間以上登ってきたよ

ほら!

赤岳が見えてきた



明日は あそこの頂上に立つんだよ~

やっと 今日のお宿 「行者小屋」に到着





めっちゃ嬉しそうな はな子ママさん 

ここの小屋は 通過することが多いから
宿泊する人は少ない…と思っていたけど

な・な・なんと

私たちだけ(笑)

初めての小屋泊りが 貸し切りなんて
う~~~~贅沢だぁ

食堂で コーヒータイム

いっぱいお喋りして
楽しい時間

夕食は 18時



美味しいね~

明日の天気予報は 

外に出ると 赤岳もガスってきた



明日は 文三郎尾根を
ガンガン登ります

雨は雨で楽しいから
頑張りながら 楽しもうね~

お布団2枚敷いて
気持ちよく寝ました~


今回歩いたコースです




つづく



きらら☆AERUのドッグラン♪




日高は 夏涼しいらしいよ
なかなか20度に達しない…

涼しいから
AERUのドッグランに行ってきたよ



相変らず 誰もいない
なのに 走り回る きらら



「一緒に遊ぼうよ」の顔



じゃあ プラーで遊ぼうか







「持っておいで~!」



「やだ~」







楽しいかい?

誰か来ないかな~って キョロキョロ



誰も来ませ~ん(笑)

ドッグランも 飽きたから
隣の公園を散歩しよう

こちらも 誰もいませんが…

監視員の方が
きららに「おいで~」って してくれた

誰もいないのに お疲れさまです





あっ ここに入ってみようよ







「こっちおいで~」
こっちからなら 下りられるよ


さあ 帰ろうか

車の所で
「まだ帰りたくない」って

こうして お出掛けするのは
楽しいのかな

久しぶりに きららと のんびり
時を忘れて 過ごしました




きらら☆もうひとつのお誕生会♪


みるてぃとの お誕生会の後
別宅に 



家で パパさんと お誕生会

恒例の 記念写真



笑ってよ~~~

相変らずですね…

ティティーの5歳はどうだったかな



笑っているじゃないか!

ごりぬいさんに プレゼント



笑っていませんが…喜んでいます

早速



音を鳴らして 遊んでます

みんなで ケーキを食べました


きらら☆5歳のお誕生日♪




きららも 5歳になりました

同胎犬の みるてぃと
恒例の お誕生会をしましたよ



ケーキだ
早く みるてぃもおいでよ

しかし…

みるてぃは ケーキを食べることに集中
ケーキに 食いつきそうになる

仕方がない

高い所にケーキを持って
記念写真



誕生日のツーショットは初めて?
5歳にして 少しは進歩したんだよ(笑)

みゆきさん手づくりの シフォンケーキ
美味しいんだよ



来年こそは ケーキを前に
ツーショットしようね

さあ お待たせ
食べましょう

まずは みるてぃ



写真を撮る間もなく
一瞬でなくなる

お次は きらら

みるてぃが狙っている…

みるてぃは リビングに隔離



ワンワン! くれ~~~~!



食器棚の間から 凄い勢い
飛び出してきそう(笑)

ビビる きらら





モタモタしてたら…



シャルちゃんに

食べられた

きらら ドジですね~
おか~さんの ケーキを あげるからね

みるてぃへのプレゼントは



オモチャと



クールマット

気に入ってくれた?



きららが もらったのは



パッチワークのマット



嬉しいね~



みんなが笑顔で 元気に
暮らすことが出来ますように

そして
シニアになっても 一緒にお誕生会をしようね





雌阿寒岳(1499m)




斜里岳から下山し 日帰り入浴

そこから 阿寒湖近くの
野中温泉へ


ここの宿には 看板犬の「チロルちゃん」がいます
ゴールデンで お客さんを案内して登る 登山犬です

会えるといいな~

でも 探したけど…いない

夜中は 暴風雨

明日の朝の天気を見て決めよう
大雨なら 観光ね

まささんは この山を何度も登っている
「わざわざ天気悪い時に 登らなくてもいいですよ」

そう言ったら
「そうする~」って(笑)



7月3日(日)

雨はやみ 4:45出発

雌阿寒岳は活火山
昨年は 頂上まで登ることが出来なかったの

昨年末
噴火レベルが下がり 登ることが出来るようになったんだよ

日本百名山だし
今年は 混み合うんじゃないかな

入山届には 先行者が1組
…チロルちゃんは その人達をご案内かな?



青空が見えてきたよ



頂上方面も見えてきて 嬉しいな



1合目ごとに表示があるよ



すぐに次の表示
どんどん進んで嬉しいな

羊蹄山は なかなか次の表示が
出てこなかったっけ



気持ちのいい山歩き



あっ!上から ワンコが下りてくる



チロルちゃん

きゃぁ~~~会えて嬉しい


ごあいさつ~~~



お連れの方は 飼い主さんではありません
お客様です

リードもなし
決して離れません

途中で 他のお客様に「一緒に行こう」と
誘われても

決して ついて行きません

「今日の担当は このお客様です」

偉いなぁ~~~~

どうやら きららと同じくらいの年のようですよ

チロルちゃんに会えて 大満足したので
先に進みましょう







やりました!頂上



雲海がキレイです



本当は 隣の「阿寒富士」も行く予定でしたが
真っ白…につき 省略

オンネトーも 見えました



キレイな色





下山しましたよ



あっ チロルちゃん





可愛いね~~~



また会いましょうね
今度は 案内してね



温泉で汗を流し

足寄(あしょろ)の町へ



松山千春さんの出身地です



ラワンぶきを買って 帯広へ

豚丼を食べて



帰りました

ハードな日程でしたが
無事に 2座登頂

また北海道に来てね~


斜里岳(1535.8m)




知床半島の付け根にある 斜里岳 1535.8mに
登ってきました

札幌から まささんと一緒に出発

東京からくる きどちゃんを迎えに
女満別空港へ 




札幌から 300km以上あった

3人で 斜里温泉に宿泊

7月2日(土)

3時半起床 4時出発
登山口で用意して 4:45スタートです



どうやら 今日は 山開きらしい
駐車場が いっぱいになる前にスタートしましたよ



渡渉 渡渉 渡渉の連続



増水していなくて良かったわ



雪渓もあります



下二股 分岐です
私たちは 旧道を進みます



またまた 渡渉 渡渉



今度は 滝の連続です



岩も越え



ゴーゴー流れる川の横を通り



また 渡渉



そうそう
朝 目が覚めたら…声が出ない



ふぅ~~~ やっと 上の方が見えてきました



上二股
新道と 旧道の合流点



下が空洞になった雪渓は…怖い



景色がいいね



ここから急登ですね



風邪らしき症状は良くなったのですが
今度は 喉にきたようで

声が出ないのと 咳がコンコン
当然 急登では 息が苦しいです

馬の背まで来ました

右側が頂上



でもねその前に ここを上らないといけません



きぇ~~~~



やっとこ さっとこ進む

振り返ると



お~~~ すごい

頂上も見えたよ



お社で お参りしました



あと少し 頑張ろう





やりました!斜里岳
日本百名山です



以前 登った
海別(うなべつ)岳、羅臼(らうす)岳が見えます



記念写真



景色を堪能して 下山しよう



帰りは 新道経由





お~~い! くまみちゃ~ん
登り返しは 辛いよ



やっと 熊見峠
くまみちゃん



熊が見える?

帰りも 渡渉しながら



林道に出て ホッとしました



おつかれさまでした



下山すると 12時すぎでした

近くの 日帰り入浴で汗を流し
野中温泉まで 



明日は
雌阿寒岳に登るよ~~



お花を入れ忘れていましたね



追記します
チングルマも咲いていましたよ








仙台牛タンが札幌でも♪




たっぷり寝て 元気回復

昨日は 乗馬教室に行って
自宅に戻りました

その後の 乗馬教室

やっと

少しだけ ホントに 少しだけ
進歩したよ

嬉しい
また頑張って続けるつもりです


さて

先月の北海道新幹線旅行で
仙台の牛タンを食べたの




仙台駅牛タン通りで
「たんや 善治郎」

美味しかったねぇ~

また食べたい

・・・ってことで 調べたら

札幌にもあったよ!



人気店の「利休」
札幌に支店がふたつ あるんだって

ごりぬいさんと行ってみたわ

開店と同時に入ります
どんどん来て すぐに満席

お皿の牛タンが少なく見えますが
2段重ねです

帰るときには並んでました
みなさん ご存じなのね

うん 美味しい

本場で食べるのが一番でしょうけど
食べられるってことが嬉しいよね


どうやら 札幌には
もの凄く美味しい牛タン屋さんが存在するらしい

今度行ってくるね