きらら☆ドッグランで遊んだよ♪


昨日のミサイル通過には
驚いたね

頭の上を飛んでいったのかと思うと
・・・怖い

今日も 静かな一日

アエルのドッグランに行ってきたよ

オオハンゴンソウ



どこもかしこも 真っ黄色な 日高地方

アエルのドッグランは
小型犬用



全犬種用



足洗い場まであって 素晴らしい



行けば きららだけ ってことが多い





きららだって 走ることはある




気持ちよさそう



嬉しいんだね



お約束の ゴロスリ



わんわん運動会だって



地域の人達が 愛犬クラブを作って
町に ドッグラン設置を要望して出来たのが ここ

毎月 ここで定例会をしています

サークルの中心になって頑張っている方
shioさん

フラットコーテッド・レトリバーを2頭飼っていました
昨年、今年と 相次いでお空へ

今は 飼っていないのに
頑張ってくれているんですよ



プラーにも飽きたかな

隣の公園へ行ってみよう



馬の町だけあって 遊具も「馬」









興味のない きらら



いつも気になっている「らかん洞」



中を見たいけど きららがいるしね
どんな店なのかなぁ

広い敷地の公園だよ



きららは 誰かいないかな~って
人を探してる

犬には 興味ないのよね




きらら☆望洋の杜


朝から けたたましく
J-アラートが鳴ったね

何っ

えりも岬を通過


日曜日の朝

浦河の小さな中心部の裏手にある
山(・・・と言うより丘)に行ったよ



望洋の杜 って言うの



公園のようなところ

灯台もある



海も見える



ご機嫌な顔をして笑っているけどね
近所の散歩を嫌がるから…苦労しているのよ



風が爽やかで 気持ちいい



きららがいなかったら 来ることはないからなぁ
・・・まっ いいか



いつもの散歩道と違い
いくらでも歩く



だ~れもいない



景色を眺めたら?



嬉しいか?



うしろの黄色い花
見事でしょ?



この花ね
「オオハンゴンソウ」って言うらしい



外来種なんだよ

札幌方面では見ないけど
日高では すご~くたくさん咲いているの

先日行ったJRAでも 満開



国道沿いも 真っ黄色になるほど咲いている

キレイなんだけど
本当は増えちゃいけない花なんだよね

ナナカマドも 色づいてきた



秋が近いのよね



丘の上まで来たよ



野球場



ベンチに 若いお兄さん達がいっぱい

遠いのに ちゃんとチェックしている
・・・だって 動かないもん



もう帰ろうよ

やっと 帰るって~





いっぱい歩いたね

今朝は 大雨
みなさん地方は 晴れていますか?




きらら☆えりもにドライブ♪


昨日は 午前中
パパさんがお仕事だった

終わってから「ドライブ行こうか~」って

向かったのは えりも町

えりも岬の手前にある
短角王国 守人(まぶりっと)



右が レストランと ペンション
左が 焼き肉ハウス

おじゃましま~す


中からの景色は 雄大な草地
気持ちが良いわ

短角牛の焼き肉丼



短角牛は 霜降り肉が流行るなか
徐々に飼育が少なくなったそうです

赤みの美味しいお肉で
岩手などで 盛んに飼育されています

この地では 不漁時の 収入の別手段として
明治時代から 飼育されてきたそうですよ

薄味で お肉のうまみがしっかり
とっても美味しいお肉ですね

パパさんは きららに 1枚持参



お肉が嬉しくて ルンルン

お店の前からの景色



こんな景色を眺めながら
お泊りするのも 良さそうです



山の上には 自衛隊のレーダー

ここは えりも岬
大事な ポイントなのでしょうね

きらら 私のあとを追ってきたけれど
ポニーを見つけて Uターン


ポニーの たてがみは 剛毛です

周辺をドライブ



短角牛たちの放牧
北海道で茶色い牛の集団は めずらしいです

この牛たちは
先ほどの牧場の牛かな

広大な敷地に
70頭も飼っているそうですよ

風力発電の所が さっき行ったレストラン
その先は えりも岬



風が強いから
木は大きくなれないのでしょうね

帰り道
様似町の「親子岩ふれあいビーチ」へ



めずらしく 人がいた
水遊びしてますね



きらら~ おいで







ルンルンルン





飛び跳ねることもある







変顔



青空と海



気持ちのいい ドライブだったね~


きらら☆塩谷丸山(629m)


きららが 岩場登れず
2回続けて撤退したからね~

今回は 大丈夫な山を選んだよ

8月26日(土)
登ったのは 塩谷丸山 629m



小樽の塩谷にある山だよ

登山口は
小樽から余市までの 高速道路建設中

かなり出来てきたね~

登山口まで トンネルを通る



登山口



黙々と歩く



視界が開けたね~
ちょっと雨が降ったよ



そんなに嬉しいのかな



ごりぬいさんを待つのは
いつもと同じ





へへへ… ちょっと岩があるんだな



まあ大丈夫よ



山って 岩でできてるのよ





頑張る姿 可愛いのよ~



1時間半ほどで 頂上



もう着いちゃったね



海が見えて きれいだよ

もう少し先に行くと
奥の山が見えていいよ~



石の祠もあるの



錨もあります



記念撮影



ゆっくり休んで 下山









この間の 手稲山も
もっと頑張れたんじゃない?

秋だね~ススキがいっぱい



この山は 手軽な事から 人がいっぱい
ドンドン登ってきますよ

山ガールさんもいっぱいだわ
可愛いファッションの登山者の来る山なんですね



すれ違うたびに
「ワンちゃんも 頂上に行ったのですか?すご~い!」って…

いや 凄くないです

下山しました~



きららは この道を通る方が怖い

車のきららに日が当たらないようにして
窓全開で 温泉へ

サ~ッと 汗を流して 車に戻る

帰り道
小樽・銭函の「青空三丁目」

人気の餃子屋さん

駐車場に 日陰があった
またまた 窓を全開で きららは お留守番

並んだ!



大きな餃子が5個
食べるのがやっと

久しぶりに 美味しかったな~

夕方 日高まで またドライブ



夕日がきれいだったわぁ~



サマーセール♪


今週は 静内の北海道市場で
サマーセール(馬のセリ)をやっています

去年生まれた1歳馬が
なんと 1300頭もセリにかかります

1日270頭くらいがセリにかけられ
5日間実施されるんですよ

静内農業高校で育てた馬が
520万円で落札されたと 地方紙に出ていました



金曜日
自宅に帰る日です



気持ちの良い海岸線

静内の北海道市場です





駐車場は 高級車がズラリだった

駐車場の誘導員の方に 「いい馬 買ってくださいね」と言われ
「ははは・・・」と笑うしかない

場内は たくさんの人



千歳空港からの 送迎バスも出ています

受付で 冊子をもらえます



900ページもの 分厚い冊子

中には 馬1頭1頭のデータが載っています
馬1頭に 1ページ



ただし これは 後半の3日分
前半の2日分は もう1冊あります

中の様子

今日は「1062番」からスタートしたようです
11時半から始まりました





どうも 購買者目線よりも
生産者目線で見てしまいます

種付けに始まり 出産

去年の春に生まれてから
毎日休まずにお世話して育てて

それはそれは大変な苦労をして
ここに至る

良い価格で売れて欲しいな…

声がかからないと
なんとなく 切ない






競り合うと 価格も上がります

あっ 先日は ト○タの社長さんも
来ていたんですって

外では
歩く所を見てもらっています



セリの終わった馬は 記念撮影
カメラマンの横から撮っちゃった



きららが待っているから帰ろうっと

途中 オシッコタイム



自宅に戻って お散歩



気持ちのいい空だなぁ

自宅だと お散歩で
「そっち行かない」はしない



慣れない土地は 怖いのかな



ほらっ 臆病なくせに
こんな所も くぐるんだよ



きらら☆ニセコの追加写真♪


ニセコの報告は終わりましたが

みなさんが撮ってくれた
写真の紹介をしますね

ランチで寛ぐきらら



カンちゃんちで 寛ぐきらら



トロ箱で 寛ぐきらら



・・・って 寛いでばっかりじゃないかい

愛ちゃんをおんぶする私



きらら?



こんな顔するんだ…

りんごさん 写真が上手~
飼い主もビックリ

きららを座らせようと必死(笑)



夜の部の続き

テーブルの上のものには
興味がない きらら

りんごさんの家にも 定位置があります



蘭越の河川敷で



ここでも寛ぐか(笑)

お水を飲んでるところに
カンちゃんが 見に来たよ



きららの 駆け回る写真ってないなぁ…
いつも寛いでるね~

ランチの時



ちょこっと ベーコンをあげた時かな



自分の撮る写真とは また違っていいねぇ~

みなさん ありがとうございます


JRA見学ツアー


昨日は
日高地方も暑かったわ~~~

「こりゃあ 25度超えてるね」と思ったら
夕方のニュースで「23.5度」だって

うそ~~~っ 



JRAの日高育成牧場では

7~9月の間
一般向けの見学ツアーを実施しているよ

去年は何度も参加しましたが
今年初めて行ってきました



事務所で受付をして



スタート時間まで
ロビーのポスターなどを見て待ちます



時間になったので バスで出発

まず行ったのは 親子厩舎
今年生まれた仔馬です



4月に生まれたので
生後4か月…かなり大きいですね

生まれた時は 50kg
今は 250kg

後ろ足の緑のテープ
1日の行動を測定する機械ですって



ここは 研究施設ですからね~
データをとりながら育てます

実は 明日が乳離れ
お母さんとお別れするそうですよ

施設内は
普段 関係者以外立ち入り禁止です

敷地内を見学できるツアーはいいですね

場内をバスで移動します



高台に来ました



ただの芝生に見えますが 馬場です
どこまでも続いているよ

柵のない場所で 騎手の指示通り まっすぐ走る
これも大切な訓練なんだって

バスから降りて



見晴台へ



JRA日高育成牧場は 渋谷区と同じ広さとか

どこまでも ず~~~っと敷地内



トレーニングしてますね



1頭 1日 1000円で
トレーニング施設が使い放題

民間の育成牧場から トレーニングに来ているそうです

宿泊もできますよ
(一般は泊れません)

今回のツアーには
研修生の人達も参加していました



今日の特別企画は
「造鉄・装蹄作業見学」



おや? きみは「フジノシャワー




私が 乗馬を始めたときの馬さんです
JRAの初心者教室でした

フジノシャワーは 去年5月以来
…また乗ってみたいな~

「上手になったね」って言ってくれるかな

蹄鉄を外して 爪切り中



ヤスリがけ



1本の鉄から 蹄鉄を作ります

装蹄師さん すごい



既製品もありますが
こうして 爪に合わせた蹄鉄も作ります

完成したら じゅ~~~~っ



爪の殺菌と 爪と蹄鉄の隙間をなくすためだって

最後に 釘で止めて 完成



蹄鉄は 鉄ですが
レースでは より軽いアルミ?を使用するとか

何度参加しても楽しい見学ツアーです





きらら☆わんわんパラダイスinニセコ2


夜は
人間は2階の寝室

ワンコは 1階で 龍&來・・・ハウス
きらら・・・フリー

静かに寝ていましたよ

えらい えらい



龍&來は 初めてのお泊り
これからは 一緒に旅が出来そうだね

出発の用意をして
りんごさんちのドッグランへ~

龍くん すごい


愛ちゃんと エバちゃんだよ

きららと來くん



きららと 龍くん
・・・何かあるの?



組員さん達の シッコだしの間
ランの外に出ていたら

隣のおじさんが来たよ



誰にでも甘えるんだな(笑)

「おうちに入るよ~」に
坊ちゃん「いやだ~ここにいる~」



近くのペンション フィールドメリーさんへ

オペラママさん一団が宿泊中



ここに泊まりたくて 予約しようとするも
満室でした・・・次回は泊ってみたいな

ホップだね~



フィールドメリーさんの入口で

トトちゃん 可愛いな



カンちゃんも 来てくれてたよ

みなさん チェックアウト
忘れ物 ないかな?



車6台連なって向かったのは
蘭越(らんこし)の河川敷



左から
トトちゃん・エミーちゃん・コニーちゃん



きららの山服と お揃いのウエアがいっぱい
みんな細いから・・・別物に見える



リンゴさんちは
ララちゃんと 愛ちゃんが参加



みんなで水遊び



きらら 腰が引けてるよ
お尻 めくれているし



水飲んでる(笑)



カンちゃんは 「僕も行きたいな~」



迷ってる?



泳ぐといいのにねぇ
みんなの見て マネするかもよ



きらら



浅瀬で 浸ってた


それでも 岩を歩いて 向こうまで行ったわ
なんで ドヤ顔?

ここは 山じゃないし(笑)



みんなで 楽しい時間



いっぱい遊んでランチへ

途中 ごん太の水へ



記念写真は プルーンちゃん
水が冷たいよ

ルピシアさんに行くと
屋根に ゴールデンがいたわ

うちにも欲しいわ



なんと お休みで
グラウビュンデンさんに移動



ニセコは お洒落なお店が多い
外国の方もいっぱいだよ

サンドイッチは パンを選べるのですが
ベーグルしか無かった



でもね~ 美味しかったわ
ベーグルもいいね

ワンコ達も お利口さん



楽しい時間は あっという間だね

みなさんとお別れして
おけぃちゃんと帰りました

途中 毛無峠で休憩
小樽の街が見えたわ



楽しかったなぁ

ワンコ繋がりも いいものだね

みなさん
本当に ありがとうございました

今度は
日高に馬を見に来てくださいね~

ワンコOKの宿もありますよ




きらら☆わんわんパラダイスinニセコ


8月の 20日・21日と
おけぃさんが 2連休取れたって

久しぶりの2連休だから
ニセコで リフレッシュしよう!ってことに

おけぃさんを待つ間



おけいさんちの
チワワ 龍くんと來くんも同伴

私の車に
おけぃさん きらら 龍&來 が乗り込んで 出発

まずは
ニセコの「カムイの実」でランチ

りんごさんも合流



食べたのは ハンバーグです



美味しいね~

本日の りんごカー
ドライバーは 愛ちゃん



さて 本日は

たまたま ニセコに来ていた
オペラママさん一団と一緒に カンちゃんちのドッグランへ~

おじゃましま~す

さっそく オペラママさんちの コニーちゃん
水遊び



カンちゃんが ママさんの股の間から
顔を出してます(笑)・・・きみの おうちだよ

きららも 負けていないよ





カンちゃんと 龍(たつ)



龍は 大型犬がいっぱいの中でも 動じない
・・・大モノだね

プルーンちゃんと ララちゃん



ゴル6頭? ラブ4頭? チワワ1頭?
(來くんは 車で待機)



ワンコが苦手なきららだけど
みんな優しいから 馴染んでた



龍だって 一緒になって走ってる



プルーンちゃんの くわえてる
面白いボール



コニーちゃんと きらら
きららも ちょっと走ってみた



でも トロ箱のほうが好きみたい



みんな弾けてるね~



コニーちゃん 弾けすぎて 服が・・・
遠山の金さんになってる



さあ 記念写真
きらら ニコニコ



大型犬10頭 揃いました~



きららの嬉しそうな顔
私も 嬉しいわ



ママ達も入りま~す
カンちゃんパパさんが 撮ってくれたよ



マッタリ~



カンちゃんパパさんに 甘えるし~



おうちの中に おじゃまします

いっぱい居ても 定位置確保



賑やかだったなぁ~

たくさんのワンコがいたけど
きららは 楽しく過ごすことが出来て 安心しました

嬉しかったなぁ

おけぃさんと コテージへ



龍くん 來くんは お泊りが初めてなんだよ
一緒に泊まれて 嬉しいね~



龍くんと 來くんは ケージでお留守番
きららは フリーでお留守番

仲良く待っててね~

おか~さん達は 居酒屋へ



お洒落な居酒屋「阿武茶」さんへ

カウンターに クマさんが座っています



やっと 羊蹄山が 見えましたよ



美味しいお料理

オペラママさん・トトちゃんママさん
プルーンママさん・私
りんごさん・おけぃさん・カンちゃんママさん

7人の 楽しい食事



とっても楽しい 夜の部でしたよ

また 明日も みんなで遊ぼうね~
つづく


きらら☆手稲山(1023m)


8月19日(土)

きらら 久しぶりの登山です
登ったのは 手稲山 1023m

朝の6時前
まだ 駐車場は何台かの車しかいません

ごりぬいさんと 待ち合わせだよ



スタート







やっぱり・・・やると思った



布敷の滝



岩場になりました







一生懸命に登る姿
可愛いのだ~





ちょっとお疲れ?



いや ドヤ顔だ



だんだん岩が大きくなり 段差も大きくなる



それでも 行けそうなルートを探しながら
頑張る きらら



ところが…



どこまでも続く 地獄の三丁目

こんな岩場も
かなり頑張って登ったけれど・・・



あともう少しのところで
戦意喪失(笑)

仕方がないね
怪我をしたらいけないし

ごりぬいさんに 「頂上に行ってきて!」

きららと ゆっくり岩場を戻る



ごりぬいさんが 頂上の写真を
撮ってきてくれた





さあ 下山しようね



いっぱい休んだから 元気回復



それにしても 滑る 滑る

またもや クールダウン



青空になったね



トリカブト



お疲れさまでした~



前回に続き 途中で断念

「おか~さん 山を選んでよ
そう言われそう



きらら☆近くのドッグランへ♪


港まつりの日は お天気が良かった
空気が爽やかだよ

乗馬のレッスンは 屋外でした



屋外は2回目
乗馬は ほとんど屋内練習場なので 気分も違います

日高の山々もキレイ



待っている間 放牧中の馬を見る



いつも乗っている馬たちと ポニーもいます



お水を飲んでます



あっ こっち見た



このあと 水が無くなったのか
ガンガンと缶を鳴らして 催促してました

100鞍が乗馬の目安

私の場合
・・・100鞍乗っても サッパリ

そう思っていたら
この1ヶ月 調子がいいのですよ

乗れるようになってきたんですよね~
やっと 楽しくなってきた

この日は 駈足の発進 百発百中
持続もバッチリだった

やっぱり 100鞍なんですね
断念しないでよかったなぁ 



夕暮れ時 パパさんと一緒に
ドッグランへ行きました



暗くなってきて ブレブレ



パパさんが トイレに行った



ずっと見ている きらら

「大丈夫よ すぐに来るよ」



いつもの ゴロスリ~



この顔は 猛獣きららゴンだ



だけど めんこい



港まつりの 花火大会
ずっと 浴室にこもっていました・・・


巡視艇「うなづき」体験乗船


関東では 今月に入ってから
毎日雨なんですってね

こちらは 2学期が始まりました
・・・夏は 終わったのかな

昨日 港まつりのイベントで
巡視艇の体験乗船がありました



巡視艇「うらづき」に体験乗船できます

乗船は 10時・13時・15時半の3回
各35人定員

もちろん無料です

チケット配布は朝の9時
並びましたよ~

私は20分前に到着



結構 並んでおります
私の後ろには 倍くらいの人

13時出航のチケットをもらい
きららの散歩



ふぅ~~~ん
東京まで 780kmなんだ



爽やかで 気持ちいいね



家に帰り
13時の乗船に合わせて船へ~



制服を着て 記念撮影が出来ます



出航です



去年も参加しましたが
波が高く 遠くまで行けずに 引き返しました

今年はどうかな

浦河の中心部



裏手が山なので
国道沿いに商店が並ぶ 小さな中心街

きららの住む 住宅街が見えてきました
左側の山は 裏山です



奥までずっと住宅街 そして牧場が続きます

アポイ岳も見えますね



気持ちが良いですよ~

朝の便では
イルカ?アザラシ?が見えたそうです

みんな探しています



苫小牧方面に向かう海岸線
毎週 この海岸線を通って 自宅に帰っています



アポイ岳・ピンネシリがキレイです



夜には 時々 漁火が見えるんですよ
函館方面のように ずら~っとは見えませんけどね



操舵室



全員が復唱するから面白い
「止まれ」は 「とまーれ」って言うんだね



1時間の 楽しい航海でした
海から 町を見る事ってないですからね~

スタッフのみなさんは とても親切
ありがとうございました




盆踊りの定番曲は?


つまんないなぁ~の きらら



盆踊りの曲って 各地域で違うのよね?

北海道は 「北海盆唄」
ほら ドリフの8時だヨ!全員集合の オープニング曲

三笠市の幾春別(いくしゅんべつ)が 発祥の地


はぁ~~~~ 北海名物
か~ずか~ず コリャ あ~れどよ~


この他にね
「子ども盆踊り」ってあるんだよ

北海道の盆踊りは

早い時間の「子どもの部」と
そのあとの「大人の部」(北海盆踊り)があるの

子ども盆踊りは 子どもの部で踊られます
札幌の隣の 江別市が発祥なの

北海盆唄は 歌詞が子どもに好ましくないってことで
戦後すぐ 北海道教育委員会が 企画・制作したもの




手拍子揃えて シャシャンがシャン

シャンシャンは 馬の鈴
笛のお囃子が可愛いの

この時期になると あちこちから聴こえてきて
盆踊りだなぁって 感じます



みなさんの地域の盆踊り
定番曲は なんですか?



先週は 山の週だったから

・・・そう

今週は 馬の週
特訓の4日間です

昨日は クラブに
たくさんの人が来ていたよ

家族連れの引き馬体験ですね~
先生方 大忙し

引き馬は 予約が要らないの

先生「用意しておいてね~」って

ひとりで馬装したよ

馬さんは レガシー



レッスン終わった後も 先生は引き馬に走る
「あと頼むね~」

ひとりで 頭絡をはずして 無口に替えて
腹帯を外して 鞍を外して

脚のプロテクターを外して
足裏のお手入れをして

顔と体を拭いて…などなど

レガシーを馬房に入れて
道具を片付けて

おしまい

レガシーと お話ししながら お手入れしたよ
この時間が楽しいの

馬に乗るより 好きかも~


「ローソク出せ出せ」知ってる?


久しぶりに
スープカレーを食べに行ったよ



美味しいのよね~

子どもの頃の夏休みと言えば

大浜の海水浴
旭川の祖父母宅に滞在して お墓参り
盆踊り

そのほかに
「ローソク出せ出せ」があるよ

知っていますか?
北海道だけなんだってね~

「ローソクもらい」って言うらしい



北海道の七夕は 8月7日

近所の子どもたちが集まって
浴衣を着て 地域の家を訪問する

提灯を持っていたか・・・覚えていないけど


ローソク出せ出せ 出~さないと
ひっかくぞ
おまけ~に かっちゃくぞ

・・・だったかな

そう歌うと お菓子をくれる
本当に ろうそくを出されたら がっかり(笑)

ハロウィンみたいな感じかな
今は やっていないんだろうな



きららも一緒にお墓参り



うちの ご先祖さん





お墓参りのあと
久しぶりに 誰もいない農村公園に行ってみた



雨が続いているから ビチャビチャ









きゃぁ~~~~~~






トムラウシ山(2141m)~2


頂上から見た 360度の景色

↓ 大好きな ニペソツ山とウペペサンケ山



↓ 旭岳方向

何年か前に ずっと向こうの黒岳から
ここまで縦走したっけなぁ



大雪山って山はなくて
大雪山連峰です

↓ ユニ石狩岳・音更山・石狩岳と

中央の ずっと向こうに
雄阿寒岳・雌阿寒岳・阿寒富士も見えたよ



↓ 右側は 武利岳・武華山かな



↓ 写真では見にくいけれど
暑寒別も見える



8月10日(木)

夜中 雨が降ってた

朝は 4時起床で 朝食

メニューは 五目御飯と 春雨チゲスープ
スープに ご飯を入れて食べたよ

温かくて 美味しい



楽しかった テント泊

テント撤収



ガイドさんの 荷造りを観察
荷物の入れ方で 感じる重さも変わるのよね

テント内の狭い場所で
炊事道具一式・食材を広げるけど

全然場所をとらない
…私達の使うスペースと 同じ広さ

さすがですよね
いろんなことが勉強になります

そして ガイドさんはみんな
良く動く!

5時40分 出発





食材と 水が減った分 軽くなった



十勝岳連峰



左から 下ホロカメットク・十勝岳・美瑛岳・オプタテシケ山
この稜線をたどって トムラウシまで歩く・・・やりたいねぇ

雲海がキレイでしょ


チングルマの咲きあともいいね



青空が出てきたよ



ごりぬいさんが言う 「地獄の3丁目」
岩の隙間が広く 下に吸い込まれそうだから



素晴らしい景色と空気
だ~れもいないし





やっぱり 青空がいいね



最高~~~~



トムラウシ公園 って呼ばれている所

「カムイミンタラ」 神々の遊ぶ庭
カムイは「神様」 ミンタラは「遊ぶ庭」だよ



「ミンタラ ミンタラ~」

神様の遊ぶ姿が 見えるよ~~
そんな雰囲気



頂上と カメ岩



雲海







あっ ナキウサギ!



お耳が丸くって 可愛い
こっち向いた!



ず~~っと ポーズをとってくれました
ありがとね~

素晴らしいなぁ



もうすぐ 前トム平



ん? 登山道ではなく
ハイマツを漕いでくる男性2人を発見

「熊がいて 避けて上がってきました」って

あらら…

ガイドさん「時間的に 昨日と同じだね」
ここから 雪渓を通って沢を下るって日課だな

ほら また穴掘って食べてる



好きな植物の根があるんだって
水芭蕉も好きらしい

サクランボみたいなキノコ



あとは 下って 下って 下って

最後の休憩



お昼前 登山口に着きました



お疲れさまでした~

このコースは 日帰りで行けますが
テント泊したことで ゆとりをもって楽しめました

ガイドさんの助けを借りて
素晴らしい山行が実現できたことに 感謝~

ありがとうございました

温泉に入り 新得町から千歳空港へ

みなさん 無事に帰宅しました





きらら☆もしかしてダイエット成功か?


最近
「山わさび」が流行中だと思う



うん どれも美味しい

連休だって言うのに雨

お散歩は カッパを着ようか

・・・あれっ? 痩せた? ダイエットの効果あり?



カッパを着ると 痩せて見える(気がする)
…やっぱり 太っているのは 毛のせいか!



こうして見ると
そんなに太っていないんじゃない?



ダイエットが成功したのかな



ん~~~~~
やっぱり 太ってるか







宅配のピンポンで 「ワン!」と1回吠えた…



吠えちゃダメでしょ





トムラウシ山(2141m)~1


さとちゃんの 日本百名山97座目は
大雪山の トムラウシ山

8月8日(火)

きどちゃんが東京 さとちゃんが秋田から
北海道にやってくる

迷走台風・・・来るのか 来ないのか
飛行機が飛ぶ? 前日からドキドキ

時間としては 台風は新潟あたりかな
ふたりとも 予定通りにやってきたよ

ふぅ 

車で 屈足(くったり)温泉へ



ここで宿泊
夕食で元気をつけて 明日に備えましょう



8月9日(水)

朝は ホテルを4時出発
登山口には 5時15分到着

今回の トムラウシ山は
温泉短縮路のコース

本当は 日帰り登山で行けますが
頂上近くで テント泊しようと考えました

テント泊となると
テント、寝袋、食料、水…など かなりの装備になります

私ひとりじゃ ちょっと無理ってことで
ガイドさんをお願いしました

ガイドさんは 高山さん

ガイドさんのザックの重さに驚き



出発は 5時40分
登山口で 登山届を書きましょう



前半は 快調に歩きます



クマさんの フンがありました
昨日のかな?



トムラウシ山が見えてきました



お花畑



ここから コマドリ沢に下ります
かなりの坂を 一気に降ります

沢では ちょっと賑やかに…

まず 下ってきた人が
「上の雪渓に 熊がいた」と 登山をやめて帰るとのこと

後ろから来た W大のワンゲルのお兄さんたちは
この沢で 水を汲むつもりだったけど 水がない

ちょっと上流まで 水を汲みに行ったら
「熊がいた!」と

水はない 熊がいたの ダブルショックで
帰るって…

「上にいた熊が 下りていったのでしょう」

ここは 熊の生息地
熊の領域に おじゃまするのです

上りましょう



熊がいたのは この雪渓ですね



熊が掘った穴
何かの根を掘って食べるらしい



岩場に出ました



曇り空なので 暑過ぎず いいですね



ガスってきました



もうすぐ「前トム平」



さとちゃんが 私の後ろ姿を 撮ってくれました

私は トムラウシ山は 何度も登っています
今回は 荷物運びで参加しました



ゆっくり景色を眺める
テント泊だから 急がない・・・これって最高です



下っていく人達は 縦走したのかな
雲海がいいねぇ~



十勝岳連峰が 美しいです



また岩場です



ここを通過すると トムラウシ公園



歩いていて 気持ちいいねぇ~





チングルマの 咲きあと



お花がいっぱい



もうすぐで テント場



テント場に到着

すぐに テントを張ります



高山さんのザックには
テントや 鍋・ガスなどが いっぱい



まずは コーヒータイム



いい時間だね~

さてさて

荷物を置いて 頂上に向かいます
今のところ テントは1張



岩場を登って



頂上



やりましたね~
97座目 おめでとうございます

ヤッホ~
(左から 高山さん きどちゃん 私)



360度 山が見えます

素晴らしい 素晴らしい!

たっぷり楽しんで 下山です



テント内



夕食は パスタ・海藻サラダ・五目御飯など



海藻サラダ
テントが黄色いので 色が上手く出ませんが

美味しいです



山が もっとキレイに見えています



散策中の高山さん



単独行の 男性と女性
2張のテントが増えました

本日の宿泊は 3張です
思ったより 少ないです

水場に 水がありました

テント泊
とっても楽しいよ

荷物は重いけどね



きらら☆嬉しいお客さん♪


お散歩で 柴ちゃんと会ったよ



めずらしく ちょこっと ご挨拶できた


先日 ごりぬいさんが 遊びに来てくれたよ
きららは 嬉しくて 嬉しくて…大興奮

こんないい顔をしてたわ
(ごりぬいさん 撮影)



昨夜は マメちゃんが 遊びに来てくれたよ
お客さんが来ると 嬉しいのね~





マメちゃんママさんが オヤツを見せると…
注目



マメちゃんが 一生懸命に芸をする



それを 不思議そうに見る きらら(笑)



きららは 嬉しいのか 喜びの舞



きららと マメちゃん
つかず 離れず 距離感が絶妙

オモチャの取り合いはしないし
お互いに ウーすることも無い



常に イタズラすることを考えてる マメちゃん
ガタガタって音が・・・

何をした?



きららの おもちゃ箱を ひっくり返した



マメちゃんは きららのしないことをするから
面白い

先週は 馬の週だったから
今週は 山の週

その報告は 明日ね




北アルプス縦走~4


野口五郎小屋に泊まり

いつものように
朝食は 5時



7月28日(金) 縦走4日目
今日が最終日だよ

今日は 6時に出発しましょう



気温は 12度
お天気は 相変わらずイマイチ





小屋の横の分岐から
烏帽子岳方面に向かいます



向こうに見えるのは
野口五郎岳


小屋から スタッフの皆さんが出てきてくれて
ずっと手を振ってくれました

本当に 感じの良い
温か~い 山小屋でしたよ

烏帽子岳方面への道



またまた岩稜帯



岩は滑らないので歩きやすいです
慎重に進みましょう



ガスって ペンキの印が見えにくいです
ルートを確認しながら歩きます



コマクサが いっぱい咲いています
コマクサは ガレた栄養のない所に咲きます



コマクサさん どうしてこんなところに咲いているの?
「天敵がいないからだよ」





お花に 水滴がついて 素敵



3時間ちょっとで 小屋に着きました
ヘリポートもありますね



烏帽子小屋で ちょっと早目の昼食


カップラーメン お湯付き 600円
山では カップ麺が美味しい

ゆっくり休んで 下山しましょう



そう ここは 裏銀座です
表銀座よりも ハードなんですよ



さあここから 高瀬ダムへの下り

日本三大急登の下りです
ここは 上りで使いたくないなぁ



12番まで行けば 登山口ですね

うぅ~やはり 急登です



向こうに見える山も 急峻だわ
転げ落ちそうな斜面



うんこらしょ どっこいしょ



虫が出てきたので ネットをかぶります

キレイなお花



下って 下って 下って

登ってくる人が
大汗かいて フーフー言いながら上ってくる

みんな 大きな荷物・・・テント泊ですね
たくましいなぁ

最後は 人工的な階段



登山口に出ました~

烏帽子小屋から 3時間ちょっと
コースタイムより 速かったよ



高瀬ダムまで 来たんだね



不思議な砂地を歩く



あとで聞いたのですが
この砂は 山から流れてくる 自然の堆積物

予想よりも かなりの速度で堆積しているので
トラックで搬出作業をしているそうです

登山口から 車の来られるところまで
歩いていかねばなりません

およそ40分 頑張ろう

つり橋を渡り



トンネルを抜け



高瀬ダムの上に着きました
キレイな色の湖は 高瀬湖です



ダムの向こうに 乗合タクシーが待機しています
予約制ではありません

私が 「乗りま~す」って
ドライバーさんにお知らせして

みんなの所に戻ってきたところ
「やったね~」と喜び合う



タクシーがいないときは 電話があって呼びます

この高瀬ダムは「ロックフィルダム」
石積みのダムです

黒部ダムに次ぎ 日本第2位の高さを誇るダムなんだって

ドライバーさんが 途中で 寄ってくれました



この石積みの中のパイプに水を通して
水力発電をしています

端の水路は ダムが満杯の時の 排水路
今まで 使われたことは無いそうです

15分ほどで 七倉山荘に到着



まずは 温泉 

汗を流して スッキリ~
着替えの荷物は 先にここへ送っておきました

夕食は 焼き肉



4日間の縦走を振り返り

無事に帰ってこられたこと みんなが歩き通したことに
乾杯~

お天気は良くなかったけれど
やっぱり縦走はいいな~楽しい 楽しい

お喋りして ゆっくり寝て



翌日 朝ごはんを食べて



東京まで 高速バス
その先は 飛行機で 北海道へ

みんな 楽しい山旅をありがとう

そして 最後まで読んでいただき
ありがとうございます





北アルプス縦走~3


三俣山荘に泊まり
5時の朝食



どこの山小屋も ご飯が美味しいな

7月27日(木)縦走3日目
5時半スタート



この日が 一番長い日程
頑張ろうね

まずは 1時間半登って
鷲羽岳



水晶小屋に向かって 進みます



天気が悪く 写真が暗いので
せめて お花でも見てください





岩場を進み ワリモ岳へ



ガスっていますが お花はキレイ



水晶小屋から 水晶岳へ



あの岩山を越えて行きます



岩場の連続



あっ 頂上標識が見えました!



やりました!
水晶岳



今回の縦走は
水晶岳に登るために計画しました

そう

さとちゃんの 日本百名山 96座目 
おめでとうございます!

残り あと4つ~

それにしても 水晶岳は 遠いねぇ~



ウスユキソウ(エーデルワイス)が
登頂を祝ってくれました

帰りも慎重にね





ライチョウの親子も お出迎え



水晶小屋に着きました
ここで昼食



本当は ここで宿泊してみたかったけど
工事で休館しているので泊まらないよ

私たちは 野口五郎小屋に予約しているので 先に進みます
ここまでは予定通り 12時過ぎです



あとは 野口五郎岳まで行くだけだよ



少しずつ 晴れてきて 私達の進む道が見えました
・・・どこまで行くのかなぁ

野口五郎岳は どこかな~



稜線歩きかと思ったら
岩稜帯です



思ったよりも大変





ふぅ~~~
疲れもたまってきているし…



太陽が出てきて 暑くなってきた



水晶岳や 赤牛岳の稜線が見えます
ゼブラ模様がキレイだね



やった!
槍ヶ岳の 穂先が見えました



中央より左の 大きな山が 野口五郎岳?



頑張れ 頑張れ ゆっくり 頑張れ



やっと青空



やりました! 野口五郎岳
・・・あの野口五郎さんは この山から付けたのよ

野口五郎岳と 黒部五郎岳の どちらかを選ぶとなり
高い山の方の 野口五郎を選んだの

疲れて 足が進まなかったけれど
頑張ったねぇ~



でました ザック2個背負い
疲れた時は お任せあれ

遅くなってしまい
山小屋が心配しているかも…

ここから 山小屋まで
私が先に走って行きました

山小屋が見えた!



入口で手を振っている人がいます
レスキューさんでした

「ひとりですか?」
「4人です」

「あとの3人は 大丈夫ですか?」
「もうすぐ来ますから 大丈夫です」



着きました

17時を過ぎています
もう みなさん 夕食を食べていました

レスキューさん 山小屋の御主人に
「2個背負ってきたの
…すごい


重い荷物は平気なんだよね~
人間を おんぶしては無理だよ

到着してすぐに
温かい食事を用意してくれました



美味しいねぇ~

今日は ほぼ12時間歩きました
最後まで歩き通して立派だよね

みなさん お疲れさまでした

ゆっくり休もうね




はな子ママさんと陽子さん♪




犬繋がりで 仲良くさせてもらっている
はな子ママさんと陽子さん

もともと
二人は登山をしていませんでした

「登山をしてみたい」
そう思ってくれて

はな子ママさんは 山デビューを果たし
私も 何度か一緒に 登っています

今回 富士山に登頂しました



真ん中がはな子ママさんで、お友達と登りました
素晴らしいです

おめでとうございます

何でも一生懸命の はな子ママさん

たくさん 山の勉強をして
安全で楽しい登山をしていますよ



陽子さんも
山に登りたい願望が大きくなり

私の弟子1号である はな子ママさんに頼んで
高尾山に連れて行ってもらいました



陽子さん 見事 山デビューを果たしました

高尾山は
私は登ったことがありません

はな子ママさんは 高尾山で
ケーブルカーを使わずに登って訓練しています

いろんなコースがあるそうですよ

陽子さんも ケーブルカーを使わずに
稲荷山コースを登りました

デビュー おめでとうございます

山仲間が 増殖中 

たくさん練習しておいてね

そして 一緒に登りましょう
素晴らしい世界へ ご案内いたします

大きな1歩を踏み出したこと
前向きにチャレンジできたこと

とっても素敵だと思います




ホーストレッキング♪


朝寝坊な きらら

頭が落ちそうなって寝てる (-_-)zzz



苦しくないのかな 


先週は 山の週間だったから
今週は 馬の週間にしようって決めてた

馬の特訓週
(自分で勝手に命名)

火・水・木・金は 個人レッスン
仕上げの 土曜日は ホーストレッキング

今週は 5鞍に乗ったわ

一緒にスタートした乗馬仲間も
転勤、脱落・・・と 残るは 2人

その仲間 いや同志の「さおりさん」と
一緒に ホーストレッキングに行ったよ

なんと!アエルのホーストレッキングは
町民割引で 2割くらい安い 

知らなかったから 嬉しいよ

速足 60分コース



さおりさん 嬉しそう
外乗は初めてだからウキウキしてるんだって

さおりさんの乗っている馬は
「ヒンナ」 ポニーの23歳メス

イケイケどんどん ストップさせるのが大変
食いしん坊で すぐに草を食べようとする

うしろの私は
「ラッチ」半血種21歳メス

重くて 遅れがち

寂しがり屋で 遅れて みんなから離れると
諦めていじける・・・じゃあ遅れなきゃいいのに




気持ちがいいね~



ここで 休憩 もぐもぐタイム

歩くときは 勝手に草を食べさせない
でも ここでは 自由にどうぞ

観光客のお客さんは
「ご飯を食べさせていないのですか?」と聞くそう(笑)

馬は ずっと食べているよ



「ヒンナ」って 牛みたいな模様だね
「ラッチ」は白馬

普段私達が乗っている馬よりも
かなり小さいなぁ~



最高ですね!



さあ出発




あっという間の 60分

最後に 記念撮影 



楽しかったなぁ

アブが多くて 馬さん 可哀そうだったけどね

今度は 涼しくなった秋と
雪のある冬に行こう

駈足に自信が出たら
駈足コースに参加しよう

そうしたら
より遠くまで 行くことが出来るんだよ

ふたりで また行こうと 約束

さおりさんがいたから
ここまで頑張ってこられた

お互いに 馬が大好きなんだな

さおりさん ありがとう


お店で ハスカップの漬け物発見!



うん ハスカップの味がする

なかなか 美味しいです





北アルプス縦走~2


鏡平山荘に泊まり

朝食は 5時



しっかり食べて
5時半の出発

7月26日(水) 縦走2日目

今日は 晴れるかな



まだ稜線に上がりきっていないので
急登から始まる



雲海がきれいでしょ



これから歩く道が見えます



お花がいっぱいで 癒されるよ



また雪渓もあり 遊んでみた



「花見平」 お花が見事です



お花を見ながら ゆっくり歩きます



クロユリです



クロユリの群生
なかなか見られないよね



双六(すごろく)小屋が見えました



到着
ここは泊まらずに 休憩です



小屋から 双六岳に登ります



急だ
 急だ
やっと分岐まできました



北アルプスは 標識がしっかりとしています
迷うことはありません

前日の夕方 スマホが壊れました
GPSが使えなくなりましたが なんとか大丈夫ですね



お花に励まされながら
双六岳



そこから 一旦下り
今度は 三俣蓮華岳への上り

2時間近くかかって
三俣蓮華岳



あとは 宿泊の 三俣山荘まで下ります

途中で ライチョウ 見っけ



見えますか?
保護色だから 見えにくいねぇ~

三俣山荘が 見えてきました



後から 愛媛の団体さんが来たよ

ずっとお天気が悪かったそうで
予定変更して歩いてきたんだって

帰りの飛行機が決まっているので
明後日までには下山したいそうです



でもね~ ここは 北アルプスの最奥
明日は かなり歩かないと 富山には出られないわ

三俣山荘と 鷲羽岳
明日は この山に登ります

13時 山小屋到着
今日は 7時間半 歩きました



夕食は いつものように 17時

今夜のメニューは
ジビエのシチュー



南アルプスでは 鹿の害がひどく
減らす努力をしているとのこと

その鹿を 美味しく食べて 有効利用しよう

そんなことから
この山小屋では シチューをメニューにしているそうです

手間ひまかけて
柔らかく 臭みもなく 美味しいシチューでした

ご飯を入れて
カレーみたいにして 食べました



きらら☆車でお散歩♪


この間
スイカの 美味しい切り方を TVでやってた

CO-OPの情報誌にも出てたから
載せますね



この方法で 種に沿って切ると

種が表面に出て 取りやすく
中には 種が少ないそうです

今日も 車でお散歩

アポイ岳の登山口にある
ジオパーク



アスレチックとか
楽しい遊具がいっぱいあるのに

ほとんど利用されていない

嬉しいきらら



静内で見た 不思議な遊具
・・・ここにもあった



おと~さんに 「おいで」って言われるも



私の顔を見る(笑)

階段使えばいいのに
山なら それくらい登っているのに

甘えているのかな

マンホール型の遊具



これは 上がれた



妙に はしゃぐ



嬉しいのねぇ~

帰りに TVのCMでやっていた
これを買って帰る



うふっ

甘酸っぱい

北海道のコンビニ
セイコーマート

「セイコマ」です




北アルプス縦走~1


お天気は悪そうですが
楽しんで行きましょう

新宿からの 夜行バスに乗ります
出発は 23時

それまでの間

さとちゃん、ごりぬいさんと 私
はな子ママさん、陽子さん

5人でイタリアン
ワイワイ楽しい時間

はな子ママさんと 陽子さんは
今回の縦走には参加しないよ

今回のコースは こちら



新宿から 新穂高温泉までの 夜行バス

3列シートで 脚も上げられ ゆったり
ドライバーさんも 2人で交代です

7月25日(火) 縦走1日目

朝の6時半到着



朝から雨・・・

登山届を出して スタート

ごりぬいさん、きどちゃん、さとちゃん
私の4人グループ



はじめは道路 途中から 林道です



歩きやすい道でいいな

「わさび平小屋」到着



バナナ・リンゴ・オレンジが冷たそう
・・・寒いけどね(笑)


いよいよ本格的な上り

縦走は 1日目の上りが大変
上ってしまえば あとの高低差は少ない

一番汗をかくのも 高度の低い 1日目
・・・そこにカッパだもん 暑いよ



雪渓もあり
「きららちゃんなら ゴロスリするね~」

・・・こんな汚い雪渓で 
ゴロスリは 許さん



本日のお宿
「鏡平山荘」まで まだ2時間近くかかる



雨が降ると 花びらが 透き通るんだって



雨だから お花たちは イキイキ



まだ余裕のメンバーたち



石にペンキで「あと5分」



「ぜったいウソだよね」

うん 10分以上かかった(笑)

13時過ぎ 鏡平山荘に到着です



今日は 雨のせいもあり 6時間かかりました

「北海道から」ってことで
4人部屋をくれましたよ



雨の日の登山は 小屋に入ってからも大変

濡れたカッパ 服 靴 手袋や靴下
ザックまで ぜ~んぶ 乾燥室で乾かします

間違われることも多いので
名札を付けたり 時々見に行ったり

それでも
夕食まで 談話室で マッタリ

これがいいのよね~

17時 夕食



大きなコロッケと 山もりのキャベツで
お腹がいっぱい

あとは 寝るだけ

昨夜は 夜行バスだったから
今夜は しっかり寝ようね





きらら☆怠け犬


この頃
別宅での散歩に 行きたがらない

トイレだけ済まして
「帰る~」って

昨日の夕方の散歩は
玄関前で 「行かない」って 断固拒否

朝からオシッコしてないし
せめて近くで オシッコしなよ

「いやだ!」



ご飯食べに行くのかな~と思ったら



やっぱり不思議ちゃん



調子悪いのかな…

夕食のあと
車で 公園にでも 行ってみようか

すると

サ~ッと 車に乗る(笑)

車で2分くらいの公園に行って
外に出ると

ルンルン走り回ってるし
オシッコも ウンチも さっさとするし

なんだ

単なる 怠け犬か

・・・飼い主と同じだわ



ねっ

この食べ方だって どう見ても
怠け犬



昨日の夕方
新品の iphoneが届いたよ

自分でセットアップして
アプリをダウンロードするのかぁ

面倒だなぁ~って思って憂鬱だった

ところが

セットアップして icloudの情報で復元したら
壊れた時 直前の状態に戻った

アイコンの位置も そのまま
写真 メール LINE ゲーム・・・

ぜ~んぶ 元通りだった

嬉しいけど なんで?(笑)
機械が変わったのに・・・


icloudって 自動更新しているらしい
すごいな

感動モノだったよ

でも 少しか 慣れた人じゃないと
自分でするのは難しい気がする

やれやれ
スマホ事件 終了



どうせ 朝のお散歩も 拒否するんでしょ?

車でなんて 行かないよ~

うちの めんこちゃん





様似山道


昨日は

元同僚の みっちゃんと
いにしえの道「様似山道」を歩いてきました



ずっと歩いてみたかったのですが
車が2台ないと 往復を歩かなくちゃならない…

今回 やっと歩くことが出来ました

スタートは「幌満トンネル」出口



橋の下を横切って 山に入ります

橋の下に 作業員の人が2人いて
すっごくビックリされたよ



ここが入口
入林届を書きますが 10日以上 誰も入っていない?(笑)



赤い印を追いながら進みます



道が不明瞭で しかも
印が見つからない事もあって

探しながらの歩き



みっちゃんが 「不安じゃないですか?」と聞く
「これくらいなら大丈夫よ」

「熊とか いませんよね?」
「いるかも」って言うと 焦った顔してた

眺めが良いのかな
ちょっと 行ってみよう



お~~~~ 断崖絶壁だ



また道に戻る

少し行くと 「原田宿」



ここで お昼ご飯
ゆっくり休憩

みっちゃんは 小さな男の子2人と
忙しい日々を送ってるから

こんな時間は 心の癒しなんだって

5月に登った アポイ岳が とっても楽しかったらしい
登山靴も買って ヤル気満々

中間点



稜線は
下草もなく 公園みたいにキレイ



海に向かって 下って行く



昆布干し場!しかも広い



昆布干し場って 海岸線にあるだけだと思ってた



ここは 海岸線ではなく
高台です



昔の人は ここで休憩したんだね



それにしても 広い 昆布干し場



海は はるか下
海岸線の国道も見えます



国道に出ました
出口です



歩くこと ちょうど4時間



ここから 車まで 国道を歩きます
この山の向こうから ずっと歩いてきました



車を置かせてもらった漁協



ここは 冬島漁港

大きな岩があります



あの高台の昆布干し場は
自然の 海岸段丘だったのね

知るって 面白いな





自然の力って 凄いね

アポイ岳も見えました



楽しい歩きが出来ました

みっちゃんも 山を歩くのが好きだって~

「また行きたい」

嬉しいですね
山仲間が どんどん増えています