お別れはまだまだ。。。


仲良しさんの転勤で寂しい春

乗馬教室でも寂しいお別れ

「モモコⅡ」引退です



モモコは自由で なめられると 言うことを聞かない
好き勝手な方に行っちゃう

本当に大変だったけれど
大好きだった

モモコと仲良くなって
上手に乗るのが目標でした

もう1頭 「B・B」
ブラック・ビューティーも引退

初めの頃 良く乗せてもらった

初心者から上がってきて
初めて乗った時は 曲がるところで止まられたっけ

「バランスが変ですよ 落ちますよ」って
止まってくれたんだと思います



これから この女子2頭は
養老院で余生を過ごすそうです

教室も 7人が転勤などで お別れしました

今週の教室は
春休みと言うこともあり 9人の参加

いつも30人近くいるのに寂しい

3人の先生のうち
1人が定年退職で 最後の教室

いつもは 初心者の指導をしていますが
この日は 最後の特訓をしてくれました

部班(みんなで列になって演技すること)
駈足を 動画で撮ってくれました





先輩たちに 応援してもらって
止めないように必死

30分以上走り続けました
頑張った記念に公開します

まだまだですけどね

部班の駈足が目標で頑張ってきました
もっと力を抜いて乗りたいものですけど

転勤のなかった私は
これからも頑張りますよ





NP・トレッキング4日目


3月8日(木)
マナスルトレッキングも4日目

朝起きると寒い

食堂もストーブがついていないから
厨房に入って 暖を取らせてもらった



薪を燃やしながら かまどで鍋を温める
ガスも使うけれど 足りない時だけみたい

ガスボンベを運んでくるのは大変だし
金額も高いのだろう

ネパールの女性は働き者だね

食堂では プラカシュさんが
ストーブに火を入れていた



今朝は ミルクコーヒーと
パンケーキ



今日のコースは
ビムタム(3590m)から ゴア(2515m)まで下る

1000mの下りだよ



いつものように 8時出発



今日も快晴
最高の景色



ポーターさん親子も休憩



日が当たると汗が出る



急登はいつも辛いな



タルチョは峠 あと少しだね



ロッジのお母さんが下山してきた
私達が出発してから 片付けて 戸締りしたんだよね?



お母さんの家は 今日私達が泊まるところよりも
もっと下にある

通勤には あまりにも遠いよなぁ

小さな 小さな花



牛さん どこ行くの?



花が咲き マナスルにも春が近づいています



雪遊びしたロッジ



予約がないからか 今日は休業
ちょっと休憩



牛たちが放牧されているよ



すごい下り・・・ここを登ってきたんだね



シャクナゲの花



前に泊まったロッジ



ちょっと遅めのランチ



モモスープに 目玉焼きのせ



馬や牛を置いて 下山するから
勝手に水が飲めるように 出しっぱなしの水



このように自由



サラブレッドと比べると 小さくて可愛い



今夜のお宿は 前に休憩したロッジ
香港のお兄さんがいた

ここより上のロッジは 全部休業
予約していなかったからだね

予約しないと みんな下山しちゃう
だから ここで帰るそうです

・・・あらら 残念



ネパールでは
誰でもロッジを経営することはできないとか

その地域の人にしか 許可が下りないそうだ

プラカシュさんも
ここではロッジを経営できない

そうしないと 一気に外国資本が入ってきて
豪華なホテルが 建ってしまうのだろう

お部屋は2階



3ベッドルームで トイレ付き



夕食は ネパールの天ぷら
にんじんサラダ



茹でたジャガイモの皮をむき
ポテトサラダを作った

なかなか美味しいよ

きどちゃんが
明太子パスタソースと マヨネーズを持参

明日でトレッキングもおしまい
また恐怖のジープが待っている

今度は対策を考えようっと



きらら☆3月はお別れの季節


日高に来て2年
今年は 転勤がありませんでした

10年以上 2年ごとに
転勤してきました

今年は 引っ越しのトラックも
日曜日とぶつかり大変みたいです

・・・って 4月1日の引っ越しは
毎年大変なんです

それがないだけ ちょっと気持ちが楽でした

お散歩で 子ども達が大騒ぎ



私は 2年前のJRAの乗馬教室が
乗馬のスタートでした

12人中 女性は2人
きよちゃんと 励まし合って 楽しい時間を過ごしました

仲良くなり 時々会ってお喋り

お仕事が忙しく なかなか馬に乗れなかった きよちゃん

そのきよちゃんが釧路に転勤です

「あた会える!また会おう!」
元気で頑張って欲しいな~

こうくんを見つけて 動かない きらら



そして 一緒の頃に乗馬を始めた さおりさん
さおりさんファミリーも転勤です

もう1年 一緒に頑張れるかなって思ってたから
かなりのショック・・・

撃沈の日々で「もうだめ」と思った時も
励ましてくれたっけ

苦しさ 大変さ 楽しさ 嬉しさを 共有できて
本当に感謝しています

そして こうくん けいくん
いっぱい きららを可愛がってくれました

ありがたいです

さおりさんは 札幌へ
私の自宅とは近いです

これからも ずっと会えるんだけど
一緒に乗馬が出来なくなることが 悲しい

時々 日高に来て 一緒に乗れるといいな



昨日は さおりさんの お引っ越し
荷物を搬出しました

パパは送別会ってことで

けいくんのお誕生会をしました
きららと 私も参加させてもらいましたよ

9歳のお誕生日おめでとう



頭のけがは ご愛嬌



こうくんと マッタリ



けいくんが キャッチの練習をしてくれたよ



さおりさんにも 甘える



そのうち 寝ちゃった



さおりさん こうくん けいくん
元気でね

また きららと遊んでね

転勤が こんなに悲しいと思ったのは
初めてかも…

そして

今日は 先代ティティーの命日です

ティティーは お空で
みんなを見守ってくれているはず

何年経っても 忘れられないものですね




きらら☆ドッグランだけじゃなく


お天気がいいと嬉しいね



アエルの裏山は ダニが怖くて もう行けない

ゴロスリしたり



引っ張りっこしたり



誰もいないドッグランだから
おか~さんが 遊び相手



おか~さん 疲れたよ



座って 休んでくれた



まだ走りたいって



走る 走る



休憩は 女優だから 日陰ね



帰ろうとしたら 「まだ帰りたくない」って

仕方がないから 隣の公園へ



しばらく 公園散策

どこも きれいに乾いて 気持ちいいな




きらら☆きららの甘え方


土曜日は
久しぶりに ごりぬいさんと会った

きららは 大喜びで ピーピー言ってた



きららの最大級の甘え方は
腕にのること



ごりぬいさんの左腕に 両手をのせる
重いのにゴメンね

きららにとって 抱っこと同じなのかもね

夜 ごりぬいさんにもらった
サツマイモを食べる



久しぶりのサツマイモ
おいしいねぇ~

食べたら 寝るだけ



さて 昨日 ニュースで
八ヶ岳連峰での遭難ニュースが流れた

「八ヶ岳 阿弥陀岳南稜」で 7人が滑落
えっ 去年の同じ時期に 私も登ったよ

去年の地図を見る
立場岳から 阿弥陀岳に向かうルート



まさに行ったところだ
午前8時過ぎって…随分早い

立場岳から阿弥陀岳の様子
赤いジャンパーが私



撮影は 経験豊かなリーダー

滑落は この辺りじゃないかな



7人が繋がるって リスクが高すぎ…ベテランだったらしいね
1人が落ちたら みんな落ちる



私達は ガイド1人につき 2人しか繋がらない

それでも ガイドさんが
かなり早く反応しないと 助けられないと聞く

頂上まで あと少しの所
ヒーヒー言って 登ったっけ



やっと着いた頂上



リーダーと 屈強な若いお兄さん3人の 男子4人
そこに 私みたいな ヘナチョコが入ってしまった

みんなに助けられて やっと登った阿弥陀岳

ちょうど その日
たくさんの高校生の 雪崩遭難が起きた

大雪で 私達も難儀したっけ

山は 安全第一
もちろんリスクはある




NP・トレッキング3日目


トレッキング3日目

スタートの ダラパニ(1963m)から
2日かけて ビンタン(3590m)まで来た

実は ビンタンがゴール
ビンタンに連泊し 氷河湖まで行ってきます



昨日痛かった背中も
鎮痛剤と 筋肉がつった時の薬と 湿布で改善

朝起きた時には 治っていました

3月7日(水)
朝から快晴



7時朝食

トマトスープ・チベタンブレッド・ゆで卵



左が マナスル



今日は あの黒い丘を越えて
ポンカールタル(3965m)まで行ってきます



神秘の湖 ポンカール湖までの往復です

「状況が悪かったら 行けないよ」と
言われていましたが 大丈夫ですね

8時 出発



今日は連泊で
ポーターさんも荷物運びはありません

本当は 休息日なんです

でも 私達のお散歩に
付き合ってくれるようです

荷物がありませんから 速い 速い
しかも スニーカーだし



日が当たっていないと暗いですね



お宿が 遠くに見えました



ここから急登です



ポーターさんに 予備のカメラを渡したら
息子さんの方が「オレ、オレ、オレが撮る」と張り切って

いっぱい写してくれました



だから私も写ってます





楽しいなぁ





分岐に来ました

真っ直ぐに行けば マナスル山群を一周できます
私達は 湖方面へ



ロッジから見た丘は
もっと楽そうに見えました

上ってみれば・・・急登じゃないか



ここは ほぼ富士山の頂上と同じくらい
息も苦しくなります

でも景色が素晴らしいから
眺めながら ゆっくり進みましょう



上がっても 上がっても まだまだです



丘の上は どこだ~



景色を眺める人 日焼けを気にする人



下から 同宿の日本人5人グループさん
ガイドさんや ポーターさんもいるので ツアー並み



丘の上に行っても 先があった



手を振ってくれたよ





氷河です



すごい迫力



頑張って上る



「どうぞお先に」ってことで
追い越してもらう



あ~~~ 湖が見えてきた



あちらのグループは 湖畔へ
私達は 稜線を行き 上から湖を見ます



すごいね~



ここがゴール 記念撮影



氷河湖です



私達も 湖畔へ



やった~



ポーターの息子さん
家を作ってます



前日の雪遊びでも 家を作ってた
聞くと 新婚3ヶ月ですって

おうちが欲しいのね~

ゆっくり休んで オヤツを食べて
帰りましょう



あとは下るだけ



お天気に恵まれて 楽しかったなぁ



ロッジ到着 14時30分

行動時間 6時間半(休憩含む)

お腹が空いたので
フレンチフライポテト・モモスープ





お天気がいいから 靴を乾かして
のんびりタイム




きらら☆1か月後の検査


今週も忙しかったな

さおりさんち
もう覚えちゃって 玄関まで突進



不幸があって
旭川まで行ったりしてたけど

時間の隙間をぬって
おけぃさんや くまぐまさんと 久しぶりに会えた

おけぃさんとは 楽しい話で盛り上がり
いっぱい笑った

くまぐまさんには 焼き肉をリクエスト



お腹いっぱい食べて大満足
あっという間の楽しい時間を過ごすことができたよ

突然の「会いましょう!」コールに
快く応じてくれる友人たち ありがとう

自宅は まだまだ雪が残っているよ
いつも行く公園も…入ることが出来ないわ

だから きららだけ

ロングリードは便利だけど
そこでウンP
しないでね



さて きららの1か月後の検査
血液検査の数値は 正常値

ちょうどよい数値になっていました



良かったわぁ

あとは 1日1錠を飲み続けて
数か月に1度の検査でいいそうです

気になる体重は 1か月前よりも 1㎏減

トータル
薬を飲み始めて 1か月半で 2㎏減

やった

でも・・・見かけ 減った感じはしないけどね



甲状腺ホルモンは 新陳代謝をつかさどる

それが まったく出ていなかったから
体重増・元気がない・下痢という症状になるらしい

下痢は まったくしなくなったよ



薬を飲むと 興奮状態になるかも・・・とのこと

ネパールから帰った1週間
興奮状態だった

昼間から 家の中を
オモチャを持って走り回る

ゴミ箱から ティッシュを持ってきて
クチャクチャする



今までと違う行動といえば…それくらいかな



しばらく山に行っていない きらら
登りたい?



今日は 久しぶりに ごりぬいさんと会うよ
ずっと会いたかったけど 会えなかった

きららも連れて行って
可愛がってもらうの

とっても楽しみ




NP・トレッキング2日目


今回の マナスル展望トレッキング
日数は5日間です

3月6日(火)
トレッキング2日目

昨日の夕方から降った雨が
夜中は激しくなった

明日は大丈夫かな…と
寝ながら心配してた



朝起きて外を見ると
快晴!

しかも 雪景色

食堂で朝食
ストーブがありがたい



後の男性
左から ガイドのプラカシュさん ポーター・息子&父

左側の 厨房から顔を出しているのが
「帰るところだった」と ごねてた宿の御主人

ここカルツェは 標高2700m
今日は ビムタム 標高3590mまで行きます

8時出発



ポーターさん親子に 先に行ってもらう



今日も 橋を渡りますよ





雪は積もっていますが 夏靴で大丈夫です
(軽アイゼンは持っていきました)



ネパールには珍しい 深い森
雪が降って 本当に美しい



青空に映えますね



ポーターさんの背負う
オレンジバックが目立ちます



眩しい



どうして道が分かるのかな



もうここは トレッキングの人だけが歩く道
民家はありません

暖かくなって 雪が落ちてきたら大変そう



急登が苦しい



歩くには ちょうどいい気温



2時間ほどで
ロッジが見えてきました



きれいなロッジ



休憩しましょう



お天気がいいので 雪だるまを作ります



やっほ~~~~



子どもみたいに遊ぶ



写してって
…何を作ったの?



この先 泊まる宿までロッジがない
軽く食べましょうってことで フレンチフライポテト

なんと 1時間もかかった



美味しい

結局 1時間半もいたから
遅くなっちゃった



ここからの急登が辛かった



景色はいいんだけどね~



稜線は 突風が吹いてるね



氷河の流れていた跡じゃないかな
そこを渡る



車移動で 首から背中まで
筋がパンパンに張っていた

それが痛い

上りで 首をあげると 背中が痛いのだ

息が出来ないほど痛くて
・・・辛かった 辛かった



左の山が マナスル



どこまで行くのかね~



長く感じたな…
やっとロッジが見えてきたよ



もう少しだ 頑張ろう



この地域
いくつかロッジがあるけれど ここ1軒だけ営業

しかも 予約がないとクローズ

日本人5人のグループがいたよ



宿のお母さん
サンダルに 裸足

雪かき?

足が冷たくないのかしらね

お部屋もキレイ



到着は 16時15分

休憩したロッジを出て 5時間もかかった
背中が痛くて 苦しかったな~

本日の行動時間8時間15分
(ロッジ休憩1時間半と そのほかの休憩含む)

寒いねぇ
食堂のストーブから 離れられないよ

ゆっくり休もうっと





きらら☆晴れたからドッグランへ


3月19日(月)

晴れたから アエルのドッグランへ



雪がなくなってた



嬉しいかい?



プラーを追いかけて
いっぱい走った



「ほれ、ほれ~」って
取りに来いって誘う



そして ゴロスリ



肉だんごかっ



日陰を見つけるのが得意



暑くないのにね



眩しいのかな



そろそろ 1か月の検診
体重は?甲状腺ホルモンの数値は?

ちょっとドキドキだね



きらら☆広尾町へ


3月17日(土)

朝のお散歩
雪が無くなったね



パパさんが 午前中お仕事
帰ってきて ドライブへ




えりもの向こう 広尾町へ
海岸線の黄金道路を通る

広尾町といえば

日本で唯一のサンタランドのクリスマス. サンタクロースのふるさと
ノルウェー王国オスロ市から国外初のサンタランドとして
1984(昭和59)年に認定を受けた…そうです

ちょっと遅めのお昼を食べて

海岸へ~



風は冷たいな









ご機嫌の きららでした



ちょっと忙しくしていて
ブログが遅れがち・・・スミマセン

でも みんな元気です



NP・トレッキング1日目


(NPとは ネパールの国記号)

3月5日(月)

日本を出発して3日目
やっと トレッキング開始です

7時朝食



チベタンブレッド(揚げパン)
トマトスープに ゆで卵イン
あとは ミルクコーヒー

宿の看板犬



おでこが うっすら赤いのは
赤い点をつけた跡かな

7時40分 ロッジ出発
ここは 標高1963m

今日はカルツェまで 標高2700mなので
標高差740m



いよいよ始まるよ~



吊り橋を渡る



左手のロッジから 橋を渡り
右の谷を奥に進む



生活道路



ウシも通るし 車も通る



チベット仏教の経典を掘った石
きれいに並べています



向こうから 子ども達が
通学のため通り過ぎていきました

ネパールの山村では
通学に片道2時間の歩きは普通とか



ポーターさん



私たちのオレンジバッグを 2個背負います
おでこに紐をかけて 背負うんだよ

ポーターさんは2人
親子です

私達は3人ですが 寝袋の入ったカバンがあるので
合計4個になります

牛さん 通過



向こうから ロバさん

この辺りは 木が豊富にあるので
薪がたくさん積んであります



ただ 木の種類が 炭にならず
あっという間に燃え尽きてしまいます

木のない地域は
動物のフンを乾かして 燃料にします



どこ行くの~?

テリチェの村



村に入ると 馬が整列
・・・足がロープで繋がれています



乗りたいな



可愛い



休憩のロッジに到着
出発して 2時間半です

人懐っこい 看板犬



飲み物は ホットレモン



休憩して 出発
村の出口の門です



後から 荷物を運ぶ馬かな
馬方さんは最後尾

先頭は 一番お利口さんなのでしょうね



畑には キャベツ



今まで歩いたトレッキングコースよりも
森~って感じ



大きな山も見えてきましたよ



放牧地の柵は 石を積んでできています



次の村が見えました



うわっ おサルさん



12時過ぎ 昼食のロッジに到着



食べたのは ヌードルスープ
(3人で分ける)

フレンチフライポテト



じゃがいもの皮むきから始まるので
出来上がるのに 時間がすご~くかかる

すごく美味しかったよ

出発すると・・・なに?



「かかし」でした
ちょっと怖い感じ

また馬さん通過
荷物を運び終わって 帰るのかな



河原に出ると雨が降ってきました

石の上側が 全部茶色
・・・鉄分が多いのかな



途中で おじさんが 道路わきに座っていました
どうしたのかな~と思ったら

なんと 今夜のお宿のご主人

予約をしていた 5人組の日本人が
泊まらずに先に進んだし

あんた達も 泊まらないのかなって思い
下にある村の自宅に戻るところだよ

ポータさんに説得され
ごねて座ってた(笑)

プラカシュさんも説得し
ご主人は ロッジに戻って行きました

速い 速い あっという間に見えなくなる

お宿が見えてきました



15時20分 着いた~



お部屋は コテージ風



部屋は 質素で ベッドがあるだけ
あっ 今回はトイレがあった

この上に 寝袋で寝ます



部屋には暖房がないので 湯たんぽが大事

夕食は
右から モモ、チャーハン、りんごとザクロ



今日の行動時間は
7時間20分(休憩含む)

夕食後は
することがないし 寒いので 寝ます

そうそう どのロッジもキレイでしょ?

実は

マナスルと ランタンの トレッキングコースは
ネパール地震で 一番被害が大きかった場所

家やロッジは全壊だったそうです

それで すべて みんな新築なんですって

わずかな補助金はあったけど
あとは自力で建てたそうですよ



きらら☆ドッグランへ


ラブの赤ちゃん 大きくなりました



服が よじれてますよ~



昨日は アエルのドッグランに 行ってきました



かなり雪解けが進んでいますね
ザクザクです



ゴロスリ~



嬉しそう



そうそう
昨日 初めて 馬に足を踏まれた



洗い場に入れる時
中で Uターンします



いつも体を馬に向けて 足の動きを見ながら
踏まれないように気をつけています



昨日は なんとUターン中に
ボロ(ウンチ)をした

「あらっ こんなところで・・・」と思って
ボロを見た瞬間 踏まれた



踏まれた時 足を引いてはいけないそうです
引くと 馬は踏み込むので 更に体重が掛かります

じゃあ どうするかと言うと
馬の体を押すといいんですって

・・・思わず 足を引いちゃうよね



私は ジ~ッとして 馬が動くのを待ちました



痛かったよぉ

家に帰って 見てみたら
足の指が ブス色になってた



まあ 大したことないです
そのうち治りますよ



馬に初めて踏まれたなぁ~
体重500kgだからね…気をつけなくっちゃ



きららに踏まれても 痛い時があるよ

ドッグランで ご機嫌だったね






NP・マナスルトレッキングへ


3月4日(日)

朝食 6時15分





ホテルを7時に出発

カトマンズから ポカラまでの ハイウエイ
一番快適な道路だと思います

2時間ほど走って
1人目のポーターさんと合流

荷物を上に移動して 座席を作ります



道路の端は ゴミだらけだし
向こうにつぶれたタクシー 事故車があるし

向かいのドライブインは
ボロボロだ



10時になったので 休憩
ドライブインへ



テラス席から 寺院のゴンドラが見えたよ
カトマンズは 空気が悪くて 霞んでます



フルーツスタンドには あまり並んでませんね



道路の両脇には ドライブインがたくさん
途中で 2人目のポーターさんも乗りました



6時間近くかかって ベシサハールに到着



ちょっと遅めの昼食



食べたのは トゥクパ
うどんです



ここで車を乗り替えて
ジープのような トラックのような車になりました

そして未舗装の道路を進みます



今回のトレッキングは
マナスル 8163mを眺めに行きます

マナスルは 世界8位の山
1956年 日本の登山隊が初登頂しました

当時 日本でも話題になり
登山ブームとなりました

ですから 日本人は
マナスルって名前を よく知っていますよね

さて ベシサハールから
トレッキングを始める ダラパニまで

長い長い悪路

途中で チェックポストにも寄りながら



きれいなお姉さんたちを見ながら
(結婚式に行くのかな)



3時間くらい 揺られに揺られ

正直 半端じゃないです
むちうち状態になったわ

首がグキッ

(これが のちに 苦痛となる)

やっと休憩
滝が見えるよ



やれやれ



看板犬が可愛くて 癒される



ホントに 想像を絶する悪路です
車が走るとは思えない道路です

でも・・・3日かけて歩くより
車を選択しました

車の走る道路を歩くのは嫌な私達

実は この道路 11月にも通りました
そう アンナプルナ周回と 同じ道なのです

18時15分 今夜のお宿に到着
11時間移動でしたね



食堂



手前にあるのは 湯たんぽ
これ大事

夕食は パスタと ピザ



これは パスタじゃありません
うどんです

ピザも パンです

マナスル街道も イタリアンはダメですね

お部屋は2階



移動に1日かかりました
疲れたよね~

やっと明日から トレッキング開始です




ネパールへ


大荒れの北海道でしたが
無事に自宅に戻り 荷造りをしました

出発の朝は
飛行機
も定時に出発です

日本からネパールまでの直行便はありません

今回も 札幌から行ける大韓航空
成田に前泊しなくて済むので便利です

ソウルで 東京組と無事に合流



機内食は カルビ丼と ビビンバ丼
他の航空会社よりも美味しいと思います

ソウルのインチョン空港は大きくなり
新しい第2ターミナルでした

ソウルから 世界中に飛んでおり
アクセスの良い ハブ空港となっています

カトマンズ行きも 乗り継ぎの待ち時間が短くて
快適でした



いつも ネパールビザを
東京のネパール大使館で 取得するのですが

今回は カトマンズ空港で 手続きをしました
25ドルです(日本円だと3000円)

パスポートも 残り半年

残存期間が半年以上必要な国が多く
行ける国もありますが 今回が最後かな

パスポート50ページのうち 残りは3ページ
ページが足りなくなったら 1度だけ増刷できます

さて 無事入国し カトマンズに到着

現地旅行会社のプラカシュさんが
迎えに来てくれました

ホテルに向かいます
お宿は いつものホテル



今回は さとちゃん きどちゃん
女3人旅



プラカシュさんファミリーとの夕食に
誘っていただきました

末娘の さきちゃん
1歳のお誕生日のお祝いです



お姉ちゃんは さくらちゃん
幼稚園の年中さん

前菜は ネパールでは有名な「モモ」
ぎょうざです



プラカシュさんは 農村出身
カトマンズの国立大学を卒業後 日本に国費留学しました

日本語の先生の資格を持っています
(なので日本語で会話できます)



奥さまは 同じ民族の女性
6人の女姉妹 最後の7人目が男の子ですって

ネパールには120もの民族があります
同じ民族同士の結婚が ほとんどだとか

実家は ネパール地震の震源地に近い村
バスを降りてから 4時間も歩くそうですよ

奥さまのお父様は 学校の先生
6人の娘全員 大学に進んでいます

奥さまも先生で 出産後に退職したそうです

娘さん達には
充実した私立学校で学ばせたいとか

お料理は ネパール料理



どんどん追加をしてくれます
ストップをかけるあたり わんこそばみたいです

ショータイムが始まりました

シャイな さくらちゃんも参加
ダンスが大好きなんですって



最後に記念撮影



さきちゃんの帽子が可愛いです
手づくりなんですって

ネパールの小さな子は みんな被っています



プラカシュさん家族は 外食をすることは滅多になく
誕生日など 特別な時だけですって

1歳になった さきちゃん
ずっとご機嫌でした

お利口さんな二人です

明日から トレッキングに出発しますよ
ホテルで お風呂に入って パッキングです





きらら☆お兄ちゃ~ん♪


きらら地方
雪解けが 進んでいます



留守の間に 大雨が降って
雪解け水で 川が増水

あちこちの川が 満杯になったそうです



帯広と結ぶ 天馬街道も
3/2の大荒れ以降 ずっと通行止め



3月の上旬 必ず大荒れになります
それがないと 春が来ないのよね



きららは自宅に戻ると クンクン巡回しますが
別宅に戻っても 巡回しません



ゴロスリは します



昨日は さおりさんの家に行きました

こうくんと けいくんが 学校から帰ってくると
大喜び



嬉しそうな顔



今回は こうくんとの写真ばっかり



けいくんは きららに
おやつキャッチをしてくれたよ



下手っぴで みんなで爆笑

でもね 上手く出来たら 拍手





ふたりは お習字に行きました







あとは静かに
おか~さん達のお喋りを聞いて



時々 見てました







ただいま~♪


しばらくブログを お休みしていました

昨日 ネパールから帰りましたよ



今回も お天気に恵まれ
最高に楽しいトレッキングをしてきました

またブログで紹介しますね

きららも元気です
ホテルで ご機嫌だったそうです

ホテルでの写真です



みなさんのブログにも
少しずつ訪問していきます

まずは無事に帰国したことを
お知らせいたします



きらら☆やっとこ


今日は 自宅への移動日

高速道路の通行止めは解除
ゆっくり行こう

ず~っと 雪が降っていないから
視界良好

ただ 風が強いので
ハンドルはしっかり握る

千歳では 空を飛行機が飛んでた

札幌に入って吹雪

何とか 無事に自宅到着



昨日 ドカ雪だったのかな
すごく雪が増えてる

きらら隊長
自宅に戻ると 巡回パトロールをしたがる



ニオイチェックに余念がない


そうだ

今日 帰ってくるときに
ETCを通過する際

ETCが反応せず
バーが開かなかった

バーにぶつかったじゃないか



車に係員さんが来て ETCカードを渡したよ

どうしたのかな
私の車のETCが不良?

分からないけれど
そのあとのゲート2回通過時は ちゃんと反応した



今日 自宅に戻ったのには理由があって



明日から 海外遠征なのよ



行き先は ネパール

しばらく山らしい山を歩いていないから
・・・ちょっと心配



ただいま 荷造り中
いつも前日にバタバタ



明日は 無事に出発できますように



しばらく ブログはお休みです

帰ったら 報告しますね



きらら 雪が積もってるよ



きらら☆嵐の前の。。。


現在
大荒れの日高地方

嵐の前の 昨日の夕方散歩です



港の公園です
山の雪は なくなっています



ごろ~ん



公園の雪も少なくなっていますね



昼間 まほろちゃんと遊んで大満足だったよね



港を ゆっくりお散歩しました





今日は
さおりさんの家に遊びに行きました

私が こうくんとパソコンをしている間
きららは いい子でしたよ

さおりさんに撮ってもらっていました



けいくんと



こうして「きららちゃんも来てね」って
言ってもらえることが嬉しい

ありがとね~

明日は 自宅に戻ります
何時間かかるかな

覚悟して帰らなくっちゃ