モンゴル最終回


モンゴルで乗馬を5日間
いっぱい楽しみました

ホテルの食堂には
モンゴルの本がありました



う~~~~っ
何度読んでも 涙が出る・・・

他の絵本には
モンゴルの ゲルの様子や



遊牧民のお引越しも



そして

観光シーズンが終わったので
ホテルの部屋も 使わない分を解体

ゲルの解体
本物も同じなんですって

早送り動画で





81本の棒と 真ん中に2本の柱
横の蛇腹のパネルは 通常5枚

実際のゲルの床は土です

そうだ

アクションカメラ
撮ったけど・・・やはり揺れます



次回は(あるかないか不明ですが)
もうひと工夫 必要ですね

モンゴルの
広い広い草原 満天の星

優しい人々

とても素敵な国でした

また行きたいな

乗馬を終え 次の日の朝に帰国

ウランバートルの市内観光もせずに
帰ったのでした

長い長い記事を 最後まで読んでいただき
ありがとうございました



モンゴル乗馬5日目


モンゴルでの乗馬も 5日目
最終日になりました

雨予報だったけれど
何とか晴れそうです



ホテルの近くに 牛の集団



馬や牛のフンは 乾かして燃料になります



朝食
いつも美味しいです



ここの旅行会社は

毎日日本出発 いろんなプランがあり 日数も自由設定
同じプランの人と一緒になることは まずないです

私のプランは 最終日に
遠い古代オスマントルコ時代の遺跡
「トニュクク」を目指すものです

左手の遠い山が見えるでしょ?
その山の手前に遺跡はあります



そのトニュクク遺跡を目指して
私・ガイドさん・馬の先生 3人での1日ツアーです

今日の馬はあし毛くん



今日の乗馬のお客さんは2人
同室のさっちゃん

私は遠い所に行くので
さっちゃんは ガイドさんと先生の3人で乗馬

私…準備中
ガイドさんに防水カメラを渡して 撮ってもらうことにした



さっちゃんね
学校を卒業して 日高の牧場で働いていたんだって

え~~~~!ってことで
ローカルな話題で盛り上がる(笑)

もちろん さっちゃんは 乗馬のベテラン
お互い いっぱい楽しもうね~

別行動だから バイバイ

出発

・・・したのはいいけれど
あし毛くん 全然動かず

先生が 引っ張っても ムチ入れてもダメ

そこで 先生と馬を交換
先生の馬になったら 動いたよ~



先生は あし毛くんね



走る走る 草原を駈歩

駈歩はキャンター
もっと速い全速力の襲歩はギャロップ

サラブレッドなら 分速1000mとか
モンゴルの馬は小さいからね・・・それでも自動車並み

襲歩が出来るほど 広い場所で
乗る事ないもんね~

こりゃあ最高!

駈歩から襲歩になるとき
馬がキュッとあごを引いてハミ受けする

その途端 ものすごい前足の蹴り
地面を思いっきり蹴って襲歩

全力疾走の瞬間がわかるよ
「すごい!すごい!」

そして休憩





草原って
ただただ平らな草に見えるけど

実は違う

溝があったり 水のたまった場所があったり
車のわだちがあったり

そこでは スピードを落として
歩いて渡る

私の馬 3頭で一番強い馬だった
先生の馬だもんね

絶対に先頭を譲らないし
他の馬も 絶対前に出ない

私が先頭だと
どっちへ行くのか分からないし

スピードを緩める場所もわからない
後からついて行きたいよ~

2時間走って 遺跡に着いた



遺跡は ただ石が並んでいるだけ
あとは案内の看板



門は鍵が掛かっていたけれど
見えるからいいわ



ずっと並ぶ石





馬も休憩



さあ帰ろうかってことで
また走る



乗っているうちに
速歩や駈歩の出し方が分かった

それまでは 先生の口笛とか
他の馬が走り出すのが合図だったりしたけどね

「チュー」って言って 手綱を左右に振って
鐙で腹を軽く蹴って合図

自分で発進できると嬉しいな~

モンゴル乗馬は 立ち乗り
鐙に立って 体はまっすぐに立つ

反動を 鐙のある足首で受け止める
手綱は 左手で持つ 右手で鞍のハンドルをつかむ

上手くなったら 右手は放すけど
スピードが出ると怖い・・・まだ無理

水場に着いてランチタイム



馬さんも お水を飲む

ガイドさんの背中で揺れたランチボックス
どうなっているかなぁ?

みんなで そ~っとふたを開ける
無事でした



お昼を食べて ホテルに向かいます

あれ? こんな場面あったのね
先生と私 何してるのかな



先生 「大丈夫か?」「疲れていないか?」って
何度も聞いてくれたっけ

14時 ホテル到着
10時から4時間乗りました

本当は 16~17時到着予定だったけど
早く帰ってきたので 15時からの午後の乗馬もできました

「さっちゃん 午前はどうだった?」と聞くと
「全然 駈歩してくれなくて 撃沈~」

「午後 頑張りましょうね」

午後のスタート
先生と ガイドさん2人 私とさっちゃん

はじめから駈歩で グングン行く
さっちゃん「きゃぁ~ 駈歩してくれた~」

1時間走って休憩





気持ちいいな~



今回は ガイドさんの馬がボス
先頭に行ってくれる馬がいるから 楽ですよ~

さっちゃん 途中で目の前に石!
「どうしよう」って思ったら 馬が飛んだって

興奮して話してくれました



ホテルまで ずっと駈歩が出来て 大満足

モンゴル乗馬の最終日
最高に楽しい乗馬が出来ました

先生にありがとうを言いに行く



馬たちが 水を飲んでいました

夕食の時





修了証をもらいました

モンゴル文字は縦書き
左から右へ書きます

「今日は 午前の遺跡まで30㎞
午後の乗馬で10㎞
合計40㎞走りましたよ」って

時間にすると6時間
足首痛い(笑)

大満足のモンゴル乗馬
本当に楽しかったです

次回は まとめです
あと1回 お付き合いください



きらら☆こたろうくんと♪


昨日は
こたろうくんと待ち合わせ

久しぶりにあえて 嬉しいね~



こたろうくんは ママさんと
鹿児島に行ってきたんだって











久しぶりだけど いい感じの二人



そこに こたろうくんのお友達
「まるちゃん」が来たよ

偶然だって~



きらら まるちゃんを追いかける
まるちゃん 背中丸めてる・・・



でも大丈夫だったから ホッとしたわ



仲良くなれたね



まるちゃんパパさんが きららの飼い主?





団子3兄弟



こたろうくんと まるちゃんは 仲良しだね











こたろうくんと まるちゃん
ずっとレスリングしてた



きららは マイペース





とっても楽しい時間でした~

また遊んでね

きらら☆ドッグラン♪


休日のドッグラン

小型犬が何頭もいたけれど
みんな 小型犬用のスペースにいたからね

きららはひとりだよ



プラーを追いかけ



持ってくるかのようだけど



ここにおいて



ゴロスリ~



なんて嬉しそうな顔だろう



不思議ちゃん



嬉しいかい



今日は 久しぶりに こたろうくんと遊ぶんだよ



モンゴル乗馬4日目


モンゴル乗馬も4日目

6時過ぎの日の出は
空が赤くて キレイだったよ



あれ?雨じゃないの?

馬たちは 2頭ずつ繋がれて
夜も放牧されています



2頭の頭がくっついていて
1頭の足が 走れないようにロープが・・・

遠くに行けないようにです



夜中も 壁の向こうで ムシャムシャ 聞こえていました

左のお尻に 持ち主さんのマーク

野生の馬たちが移動している動画です
雨が降ってきましたよ



毎夜 新しい旅人が到着します

昨日「今夜は6人到着です」って言っていたのに
朝食の時に5人しかいない

「なぜ?」って思っていたら

なんと 成田空港で 
パスポートを忘れた事に気づいたらしい

家は静岡らしく
・・・パスポートを忘れたら 日本を出ることが出来ない

残念でしたね



雨が降っていて
ガイドさんが「どうしますか?」って みんなに聞く

全員 即答 「もちろん行きます!」



みんなカッパを着て出発

昨日までは 18度くらいあったけど
今日は 8度くらい・・・10度も低い

寒いね~
馬も震えているよ

速歩をすると 馬も温かいらしく
震えなくなった

休憩

馬の先生とガイドさんが
モンゴル相撲



休憩時が一番寒かった
「休憩なんていらないよね~」

部屋に戻って暖を取る

昼食



午後からのライディングは
近くの 民家訪問

もちろん馬でお出掛け
そして到着



遊牧民のお父さんがお手伝い



馬から降りる



ちゃんとつなぐ場所もある



みんな順番に降りて



番犬に ご挨拶



遊牧民は 移動するから 馬小屋はない
冬のマイナス40度でも 外で暮らす馬たち



おじゃましま~す

真ん中がお父さん

左の2人はガイドさん
右は 馬の先生



ストーブが暖かい

おもてなしは パンとバター



ミルクティー



子ども達は 8歳になると学校に行く
昔は遠い距離を歩いて通っていたが

今は家を出て 寮で暮らす
3人の子ども達は みんな学校

だから住んでいるのは ご夫婦だけ



休みになると 戻ってきて お手伝いをするらしい

パンに バターをのせてみる
味は 無塩バターみたいな感じ



モンゴルでは 現在でも
遊牧民が国民全体の35%

ガイドさんの実家も 遊牧民ですって



モンゴルには「ナーダム祭り」という国民的行事があり
競馬・相撲・弓射の3種目が競われます

子どもが乗って競う モンゴル競馬
ガイドさんも出場していたそうですよ

勝つとお金持ちになるそうです
・・・賞金が出る?のではなく

勝った馬が高く売れる
勝った馬の子どもが高く売れる

ということのようですね

家の上座に写真がいっぱい



バターかな



台所
ストーブに鍋を置きます



右がお母さん
携帯は便利ですね





馬乳酒は ここでは飲みませんでした

モンゴルは どんな客人も
快くもてなします

自分の羊たちがいなくなって
探す途中のゲルに寄ると「あっちの方に行ったよ」

「まあ ご飯でも食べて行きなよ」
と こんな感じ

知らない人にも おもてなし

民家訪問 良かったです

手土産は 日本のお菓子にしましたよ

夕食

コールスローサラダ・焼うどん・ムース



日本では台風が・・・

いつも9時頃新しい人が到着しますが
今夜は 夜中の2時でした

飛行機が遅れたのですね
でも・・・飛んでよかったね

いよいよ明日が最終日





モンゴル乗馬3日目


モンゴル乗馬も3日目

5日間の滞在だから
今日は 中日

やった 今日も晴れ
明日と明後日は 雨予報で寒くなるらしい



馬の先生が 馬を集めてる



2頭ずつ繋いで 夜間放牧してるんだよ

寝てるとね 壁の向こうで
ムシャムシャ 草を食べる音が聞こえるの

日本から 同じ飛行機で来た
同室のお姉さん2人が出発

市内観光をして ウランバートルに泊まり
明日の飛行機で帰るみたい

スタッフさん達が お見送り



さよ~なら~
とても楽しかったです



車が見えなくなるまで
手を振ってくれるスタッフ



モンゴルの人 優しいです

朝食は 昨日の夜に到着した
お2人とご一緒のテーブル



あし毛ちゃんの顔
笑える

今日は どの子に乗るのかな





午前の部 出発
今日の馬の先生は 違う人です



今日も 初めての乗馬の人がいるから
ゆっくり歩きます



1時間進んで 休憩
私は この茶色の子



お花がいっぱい





ここに1日いてもいいな



帰りましょう



牛が にらんでます



でも みんな逃げちゃった



うわぁ~~~~羊と山羊の群れ
何頭いるの?



1頭や2頭 いなくなっても わからない?
それとも わかる?のかな





楽しいライディングのあとは ランチ

揚げ餃子の大きいもの



午後からは 裏山に登ってみよう



明日から 天気が悪いなら
今日しかないよね

なだらかに見えるけど
結構 急だよ



ホテルから見える場所に着いた
ホテルが小さく見えますね

ホテルの向こうの山は
女性は登っちゃいけない山

遠くに町が見えますね



頂上は ずっと奥にありました
ここまで来たら 行ってみよう



お花がいっぱい





頂上です
山の向こうは またどこまでも続く草原



頂上から ホテルは見えません



下りは 別方向から
岩場がありましたよ



午後のライディングの時間になりました

自分が先頭にいると
写真が撮りにくいです

こうして離れると いい感じに撮れますね



休憩タイム



みんなで ゆっくり



今日は1日 この茶色の馬さんでした



絵になるなぁ~



この3頭と 他の馬たちは
別の家族なんですって

後ろ姿もいいね



帰りましょう



こんな天気の良いライディングは
今日が最後かな



あ~~~~もっと 駆け回りたい



明日と明後日は 雨予報だから・・・
思いっきり 駆け回れないかも



このままじゃ
消化不良で終わっちゃいそう・・・

ん~~気分は微妙(笑)

夕食は 春雨の太いモノ
焼きそばならぬ 焼き春雨?

ミニトマトのサラダ・ケーキ



明日から 雨かぁ

雨でも 絶対に乗るんだ
カッパも 持ってきたよ




きらら☆海へ♪


お天気もいいし
夕方 隣町の様似(さまに)町へドライブ

夕日を見たいな



穴掘りが始まった



お好きにどうぞ



砂浜には たくさんの足跡があるね



座って 海を眺める

隣に座るのはいいけれど
海に背中を向ける きらら







いい気持ち~





我が家の めんこちゃん







あ~~~~ダメだ
夕日が海に落ちない





海はいいねぇ~




モンゴル乗馬2日目


ライディング2日目

やった!晴れた
これぞ モンゴルのイメージだよ



8時半の朝食



今日は 平らな揚げパン
オムレツ

10時からの乗馬



遠くに 牛が放牧されてるよ



さあスタート
今日は 乗りながら撮影したよ

乗ってるときは こんな感じ



ゴマ粒みたいに見える
羊と山羊?



1時間進んで 休憩タイム



草原のど真ん中で休憩・・・いいねぇ



ガイドさんが 私を馬に乗せて
練習に連れ出してくれた

あし毛ちゃん「みんなと離れるのは嫌!」って
行こうとしない

ガイドさんが「蹴って!」
「もっと強く!」

でも駈歩しない

「お尻叩いて!」

お尻を パーンって叩いたら
駈歩した

ガイドさんの馬と並走して
みんなが見えなくなる丘の向こうまで駈歩したよ

気持ちいい~~~~~~

モンゴル乗馬は 立ち乗り
「膝を伸ばして」「もっと身体を起こして」

だんだんバランスのとり方が
分かってきたよ

みんなの所に戻って





記念写真



帰り道も1時間



ホテルは見えません





馬の先生が
みんなを引き馬で駈歩させる



みんな嬉しそうだった
・・・ここで初めて馬に乗ったのにすごいね~



ホテルが見えてきたよ



13時からランチ
今日は 小籠包



午後から 裏の丘に行ってみた
いい眺め



どこまでも続く草原



同室の人が スケッチしてた
それぞれの時間を過ごす



お部屋の天井は 明り取りになっているよ



15時からは 午後のライディング
今度は 反対方向へ





休憩タイム





端の馬だけ 草を食べる







陽が傾いてきたね
帰りましょう



今日の馬・・・あし毛ちゃん
オグリキャップも あし毛だったよね



シャワーを浴びて
まったりして

19時から夕食
今夜は 炒飯 ニンジンサラダ



どうしても 歩きが多いライディング

もっと走りたいなぁ~



きらら☆おけぃさんと




本当は おけぃさん
水曜日と木曜日に 日高に来るはずだった

火曜日の午後 メールが・・・
「今 静内にいるよ」

え~~~~~っ!びっくり!

おけぃさん
超アクティブになった

いいことだね

そこで 知り合いの牧場にも行ったよ

おけぃさん 写真を撮ってた



お母さんと同じ模様であることを発見



右下の子 美人だねぇ~って



さて シルバーフォレストの朝

看板犬が フロントにいました



2頭の ボーダーコリー



広々していて TVが大きい(65型)



朝食も素敵



ウッドデッキ
きららは 隙間が怖い



階段は
コーナーの狭い方から降りる

頭を使いなさい





お尻がめくれていますよ



なぜに 道路でゴロスリ?



気持ちいいね



ドッグランへ



はいはい



今日も走る












そして 來



きらら・龍・來
みんな7歳





シルバーフォレストさん
今回も いい感じでした

また来たいな~

帰り道は
「サラブレッド銀座」を通ります

しばらく 馬を眺めましょう





オッパイ飲んでるね
もうすぐママとお別れだよ



あどけない顔





子ども達 眠そう





ママの ゴロスリ



いつまでも見ていたい景色
飽きないよ~

お昼には早いしね
「ベンチタイム」さんで 休みましょう



パフェを食べちゃった



楽しかったなぁ~

なかなか遠くて
「おいでよ~」って言えない

でもね

こうして 来てくれる友達

嬉しいね

ありがとう
また来てね 待ってるよ~




モンゴル乗馬1日目




パパさんが
「えっ ひとりで行くの?」
「えっ 知らない人と 同じ部屋なの?」って

前から ひとりで行ってたし
山小屋の 雑魚寝にも慣れてるし・・・平気

同室の3人は
とても良い人でしたよ

夜中 すごい雨が降って
煙突の隙間から雨が入るってことで

煙突を抜いて
ゲルの上の蓋を閉じてくれた



ゲルには 窓がなくて 上の蓋があかりとり
蓋が閉まっていると 暗いです

夜中 雨の日は トイレに行くのが億劫だね

毎日 同じパターンで過ごす

8時半 朝食



モンゴルの 揚げパンは美味しい
ここで焼いている 食パンも美味しい

オレンジジュースではなくて
黄色い実のジュース

身体にはいいらしいけど
私は 遠慮したい味

番犬の モンゴル犬



1日目の朝は 吠えたけど
2回目からは もう吠えない

覚えてくれたかな

ライディング午前の部は
10時から2時間

みなさんヘルメットと すね当てをレンタル
私は ヘルメットとブーツを 持参しました



雰囲気は 和気あいあい

だけど お天気は曇り

モンゴルと言えば
青い空と草原のイメージだったよ

今日のメンバーは6人で
3人が 初めての乗馬



乗り方の説明
ガイドさんが見本を



サラブレッドと違って
鐙に足がかかるし 自転車に乗るように上がれます



さあ出発

今日は 乗っている時は 撮影しないでおこう

先生やガイドさんが
初めての人を引き馬します

馬に乗って 引き馬だよ
だって歩いたら・・・疲れるよね(笑)

ま~~~~すぐ 1時間進む

で 馬から下りて休憩



先生が 馬が逃げないように 繋ぎます
おうちに帰っちゃったら困るからね



草の上で休憩

遠くに 遊牧民のゲルと
放牧中の 牛や馬 羊と山羊の群れが見えます



左が 馬の先生
右のふたりは 日本語ペラペラのガイドさん



馬が お行儀よく並んでる?

いえいえ 口と口を 短く繋いでいるから
並ばざるをえない

草も 食べられない

みんなで 「せーのっ!」で頭を下げたら
食べられるのにね



また1時間かけて ホテルに戻ります

1時から 昼食

今日は ロシア料理
ボルシチとピロシキ レーズンの甘煮



少し休んで 午後のライディング

今度は 反対方向に 1時間進む
軽~く 速歩もしました



1時間進んで休憩



いいねぇ~



また1時間かけて 戻ってきます



いい天気だね

ゲルの戻って シャワータイム
いちいち管理棟に行くのは面倒だけど

温かいシャワーは嬉しいです

夕食前に雨が降って 虹が出たよ
大きな虹だったわ



夕食前に 若いお兄さん3人組が

「オプションで 羊の丸焼きを頼みました
3人じゃ無理なので 一緒に食べてください」って

こんなお料理



大きな鍋に 肉を敷いて 焼いた石を並べ
また肉を並べて 焼いた石を並べる

そんな風にして 焼くそうです

血を流さず 肉を水で洗わないので
うまみが凝縮しているそうです

いただいた 一切れ



かぶりつくしかないです

これだけで お腹いっぱい

夕食が出てきました



お兄さん3人組

どう見ても学生さん
・・・でも社会人

モンゴルを楽しもうってことで
ホームステイしたり 馬乳酒飲んだり
満喫していました

お腹もいっぱいになり
お部屋で 楽しいお喋り

眠くなって みんなで早々に就寝

4時間も 馬に揺られたから
心地よい疲れかな 


きらら☆シルバーフォレストさんへ


今週は 楽しいことがあったよ

おけぃさんが 龍&來と一緒に
日高に 来てくれたの

はな子ママさんと泊まった
シルバーフォレスト



おけぃさんも ぜひ泊まりたいということで
行ってきました



向こうに見えるのは お風呂
温泉じゃないけれど 24時間OKです





相変らず 素敵な空間



今回の地震で キャンセルが凄いそうです
「大丈夫ですよって言っても ダメなんです」って



北海道中のホテルが
キャンセルで困っています

函館でも ほとんどがキャンセルですって・・・
それじゃあ 日高には来ないかもね

こうやって泊まることも支援かな

今回のお部屋は



隣のベッドルームと 2部屋続き



ドッグランで遊ぶ



仲良し3頭

きらら・・・



走る 走る







めずらしいね~嬉しいな





ご機嫌な顔







嬉しい顔



あらら・・・おけぃさんが撮ってくれた
はずかしい写真

でも きらら らしい



ペンションの道路をはさんで牧場
4頭の馬が近寄ってきたよ



1歳馬のギャル4人組

記念写真と思ったけれど
きららは 見ないふりして近くに行こうとしない



龍&來は 近くまで行って 記念写真



この馬たち
この時間まで外にいるってことは 夜間放牧ですね

このモンゴルみたいな星空を見ながら
夜を過ごしている馬たちは 贅沢~

天の川が すごい濃い雲みたいでしたよ

夕食は
士幌のサフォーク種って言ったかな

北海道産の羊肉は高級です



ガッツリではないけれど
美味しくいただきました

しめは

こちらの農場で採れたそば粉で
手打ちそば



美味しい



夜のお部屋

きららは 私がソファから立つと
「場所とった」と 自慢げ



でも やっぱり壁が好き



みんな静かに寝てました~

いいねぇ~
みんな一緒は 楽しいよ

次の日の事は また次に


YOUは何しにモンゴルへ?


って 乗馬に決まってますよね~

9月1日(土)
成田空港から モンゴルの首都ウランバートルへ

MIATモンゴル航空の直行便
5時間半で着きますよ



機内食



予定通り到着

入国審査などはスムーズ
お迎えのガイドさんとも会えました

ウランバートルの チンギスハン空港



空港から車で1時間半で
滞在するホテルに到着

ホテルは 旅行会社が経営している
日本人向けのツーリストキャンプ

左が レストラン・シャワー・トイレ
右が ゲルのお部屋



夏休み中
もっとゲルが建っていました

お客さんが少ない季節になったので
たたんだそうです

ゲルは 遊牧民が住んでいる家です



お部屋の入口です

遊牧民も 同じくらいの大きさに
住んでいます



お部屋から 山が見えます



放牧中の馬たち



見渡す限りの草原



レストランの窓からは 草原が見えます



清潔で素敵なレストラン



お部屋の中
ここは 空き部屋で 3人用



私の部屋は 4人部屋



ゲルは 組み立てたり たたんだりを
あっという間に出来るんです



ストーブがあって
9月の初めなのに 無いと寒いです



ホテルの横に 馬がいます
馬の先生が 馬たちの所に行きます



曇りの日と 晴れの日があって
紹介なので 混じっています

繋がれてる馬たち



2頭ずつのペア



準備して 皆さんが出てくるのを
待っているのを待っているスタッフ



晴れた日だと こんな感じ



今日は ホテルの紹介

次回から 乗馬の様子や食事など
いろいろ紹介していきますね~



乳離れ


昨日の夜
別宅に戻りました

日高道は
鵡川(むかわ)から通行止め

鵡川から 国道で帰りました
高速道路は 作業車がいっぱい

復旧作業をしていましたよ

国道を通ったので 時間は掛かりましたが
特に問題はなかったです

日高道は
今日の午前中に開通したようです



札幌では ガソリンスタンドで 長蛇の列
信号いくつぶんもの行列でした

途中の コンビニも やっていない所が多く

静内のイオンも休業していました

今日 近くの生協に行ったら
野菜がたくさん並んでいました

魚・肉は少々
乳製品は 置いていませんでした

それでも 少しずつ
物資が動き始めているようですね

水と電気があるので
何とかなると思います



今日は 知り合いの牧場に行ってきました

停電で 地下水をくみ上げるポンプは
発電機で賄えたそうです

牧場では 水が一番大切ですからね

昨日の午後から 乳離れスタートです



お母さん馬を2頭 離しました
仔馬4頭に 母馬2頭です

夜間放牧をして 夜中もずっと
この状態だったそうです



母馬のいない左の2頭は 一緒にいます

私を見つけて 来ました



今日は 母馬と離れて
初めて個室に寝ます



今は みんなと一緒なのでいいのですが
個室に入ると 鳴くんじゃないかな

寂しいよね~

慣れたら もう1頭の母馬も離して
お世話役に 乳母だけ残すそうです

ここの牧場では
こうした間引き方式で 乳離れさせているそうです




ただいま~


昨日 成田に帰国しました

一昨日の朝

現地のガイドさんが
「日本で大きな地震があったよ」と教えてくれました

「北海道だよ」。。。えっ

私のスマホは電波がありませんし
詳しい情報はわかりません

昨日の昼に 成田に着いて
メールや LINEが大量に着信

なんと! 成田空港に
はな子ママさんが 心配して来てくれていました

・・・詳しい日程を 知らせていなかったのに
「たぶん この飛行機だろう」と思ったそうです



成田から羽田に移動し
遅延・欠航が多い中

一番早く出発する飛行機に
振り替えてもらい

本当は乗るはずだった飛行機よりも
早く北海道に帰ることが出来ました

きららを迎えに行くと 元気でした

家の中はどうなっているかな?

帰ると

小物が落ちている程度で 大丈夫でした

電気や水道も復旧していましたし
何も問題なありません

昨日の帰宅で タイミングとしては
良かったのかもしれません



ホテルでの きららの写真
きららは 白いゴールデンになりましたね(笑)



みなさんに ご心配おかけしました

たくさんのメールやメッセージ
ありがとうございます

こうけいママさんは
札幌のライフラインの状況を知らせてくれて
片付けが必要なら行くよ ガスもあるよって・・・

はな子ママさんは
成田空港まで来てくれたし

たくさんの人に支えてもらって生きていることを
実感しました

有り難いです
心から 感謝しています

お返事が遅れてしまっていて ごめんなさい

とりあえず

元気でいることと
感謝の言葉を伝えたくて投稿しました

ありがとうございました



行ってきま~す♪


自宅に戻ると 嬉しそうな きらら



あちこちの においチェックは
大事なお仕事



これから

モンゴルで 馬に乗ってきます

帰ったら 報告しますね~