冬の牧場




朝もやの牧場

馬のシルエットが素敵



冬は 雪が積もって 牧草を食べられないので
牧草ロールを エサ入れのカゴに入れておきます



こっち見てる



人を見つけると 近寄ってくる 母馬たち



これから お腹がドンドン大きくなるね

馬房では
馬服を着せていますよ

牧場の番犬「ももちゃん」
馬房の敷きわらを干している場所で 日向ぼっこ



ももちゃんは 働き者

知らない車が来ると吠えて知らせる
ワンワン吠えるから 誰か来たなってわかるよ

夜から朝は 夜間放牧されている馬を守って
シカなどの野生動物を 追い払う

カメラを出そうと ポケットに手を入れると
オヤツかと思い オスワリをする



この子は ももちゃんの娘…その1

ももちゃんが 向かいの牧場に遊びに行ったら
妊娠した

ももちゃんの娘…その1は「すももちゃん」
ももちゃんより もっと臆病で 良く吠える

すももちゃん 日向ぼっこ中

やっと 私の手から オヤツを食べるようになったけど
…吠えられる



ももちゃんの娘…その2
「あんずちゃん」すももちゃんと同胎

本当に ももちゃんの娘?ってくらい
似ていない



手足がとっても長いし スレンダー
お父さん似?

いえ お父さんではなく
おじいちゃんに似ているそうです

みんな外飼いですが
あんずちゃんが とっても寒がりで いつも震えている

ってことで

きららの ジュニアの頃の服をあげてみたよ

嫌がって ビリビリに破くかも
みんな そう思ったけれど

なんと はじめから ちゃんと着ています



夜中も着ていて 朝見ても
ちゃんと着用

もしかしたら 暖かいって わかったのかな

外で暮らすワンコは大変ね

きららの着られなくなった服
もっと探してあげようかな



きらら☆今年を振り返って


クリスマスケーキを食べました

美味しかったねぇ



我が家がケーキを買うのは 年2回
きららの誕生日とクリスマス

クリスマスプレゼントは・・・ないです

今年の初めに 甲状腺の病気が分かって
お薬を飲み始めました

お陰さまで 体調が良く
1度も 下痢Pになりませんでした

「お薬だよ~」って言うと
私の前に来て オスワリします

忘れずに飲むことが出来ましたね

今年は こうけいママさんの影響で
乗馬日記をつけました

1回の乗馬で 半ページほどに
レッスン内容や 上手く出来た事 出来なかったこと

1冊目の50ページが終わり
2冊目に突入しています



長続きしない私が 1年間良く続きました

振り返って読むと 忘れていたことも蘇ります
スズとの思い出も このノートのおかげです

記録って大事ですね

来年も 続けていこうと思います

とにかく忙しかった1年

でも

みんなが元気に暮らせて
いろんなチャレンジが出来て

幸せな年だったと思います



来年も 素敵な1年になるといいな

きららも元気でいてね

私を支えてくれる 大好きな友人たちと
パパさん きららに

心から 感謝しています

年末は
パパさんと旅行だよ





きらら☆クリスマスですね♪




クリスマスにピッタリな雰囲気

雪のきらら地方



雪が大好き



またゴロスリですか…





雪景色って好き





コスプレにチャレンジ





もっと笑って欲しいけどね~

みなさん
素敵なクリスマスを お過ごしくださいね




NP・最終回です


11月26日(月)

ポカラの お湯のたっぷり出るホテルで
1週間ぶりの入浴で スッキリ

寝袋を使わないベッドで グッスリ

美味しい朝食に満足



スイカのジュースが美味しい
ウエルカムドリンクも スイカのジュースだったよ

ホテルを7時に出て 15分ほどでポカラ空港



屋上から見る景色が素晴らしい



いつも ポカラ空港の搭乗口で 延々と待たされる

カトマンズから飛んでこない事には
どうにもならないのよね

この日の夜便で帰国の国際線に乗るから
いつも ハラハラドキドキ

昼までに飛ばないと 陸路での移動となる

今回は めずらしく定刻のようで



定刻で行けそうとなると

「そら早く」「早く乗って」「早く早く」「飛ぶよ」と
客室乗務員に 妙にせかされる(笑)

座った途端 動き出して
あっという間に 定刻7:55離陸



カトマンズまでの飛行時間は25分
陸路だと6時間

左側の座席からは
ヒマラヤの山並みが素晴らしい



丘(山?)の上まで 人々が暮らしている



ヒマラヤって
白い山とか 雪のある山 って意味らしい

ヒマラヤには 8,000m級の山が 14座
7,200m以上の山が 100座以上ある

地球上で ヒマラヤ以外で
7,000mを超える山はなく

三浦さんがチャレンジする
南米のアコンカグア6,961mが最高峰



あっという間に カトマンズに到着

昼食まで 商店が立ち並ぶ
タメル地区で ショッピング

お土産は スーパーが便利
紅茶・コーヒー・ハチミツ・お菓子類はここで

昼食は いつもの ヒマラヤ蕎麦
右側の 桜が満開



長野で修行したご主人と 日本人の奥さまが経営

ネパールで収穫したそば粉で
日本より日本らしい 蕎麦定食



美味しいのよね~

まちこさんが 初ネパールなので
観光もしなくっちゃ

スワヤンプナートへ



ネパールに来たら 寺院は訪れてみてほしい
ここは ネパール最古の仏教寺院



仏塔には 仏陀の知恵の目(ブッダアイ)が
四面に描かれているのが特徴



丘の上までの階段

「そんな所で寝ていたら 踏まれちゃうよ」



ネパールは 人も 動物も 優しい国

お土産物店





世界遺産ですが
ネパール地震で 大きな被害がありました

修復後 初めて来ました



モンキー・テンプルと呼ばれるほど
お猿さんがいます

餌を撒いている人の 袋を略奪してた





マニ車を回す

中には 経典が入っていて
1回まわすと 1回お経を読んだことになります

常に 時計回りでね



カトマンズが一望できます





どうしても 動物に目が行きます



動物たちが 安心して暮らせる国っていいな



ホテルのボーイさんや お店の人などが
「どこの国?」って聞いてきます

「ジャパニーズ」と答えると

「自分の兄弟が 日本で働いているよ」と
言われることが とても多いです

そんな時
悪い環境での低賃金 過酷な仕事をしていないかな?

そうだったら恥ずかしいな

最近の外国人労働者の問題を聞くにつけ
そんなことを思うのです

プラカシュさんの話では

ネパール全国民に 好きな国を聞いたら
ダントツで ほとんどの人が日本と答えるよ とのこと

理由は

日本は 道路や橋などのインフラ整備をしてくれて
人々の暮らしの役に立っていてくれるから

ずっと 日本が好きと言ってもらいたいものです

最近は ある国の進出が激しいとか
ほぼ乗っ取り行為と受け止められているようですね

ネパールに行くと
心が穏やかになります

たぶん また行くんだろうな

毎回 ブログを読んでいただき
ありがとうございます


(追記)

韓国のインチョン空港
セブンイレブンで これを買いました



コンビニの おにぎりみたいな のり巻き

焼き肉や キムチが巻いてあって
すごーく美味しかったです




NP・トレッキング6日目


11月24日(土)と25日(日)

パウドワールからポカラまでの2日間



宿泊施設とは思えないような
みんなで大笑いのロッジ

こんな宿でも
ネパールには 虫がいないから許せます



トウモロコシ粉で作ったパン(上)
・・・味は忘れた



ロッジを出て 村を抜けます



5分ほど歩いて 道路に出ると
手配してくれていたジープが待っていました



ポカラまでの幹線道路があるタトパニまで
歩く事は出来ますが

基本 車の通る道は車で・・・な私たち

1時間20分 悪路を揺られ揺られて
着いたのは 温泉地のタトパニ



川沿いの道から 急登を上って
丘の上にある村

そこにあるホテルへ

コテージタイプのお部屋



食堂は 今までよりお洒落



ポーターさん親子とお別れ
記念写真を



ポーターさんのお仕事
日給2000ルピー(2000円)だとか

ネパールでのお仕事としては
貴重な現金収入のようです

とても気持ちよく働いてくれたので
たっくさんチップを渡しました

重い荷物を背負わずに歩けるのは
ポーターさんのおかげ

ありがとうございました

温泉地のタトパニ

丘の上のホテルから 河原の入浴施設を見る



これが温泉 混浴
水着着用です



すご~く熱いそうです
私たちは・・・入りません(笑)

ちょっと都会っぽくなったせいか
ホテルにはケーキも



ティータイムで食べる
4人で2つ



なかなか美味しいよ

今回のトレッキングルートは
日本人には あまり知られていないコース

欧米人には人気のルートです
だから たくさんの欧米人がいました

街を散策





美味しそう



1本道の商店街
あっという間に 端から端へ



わっ 食パン
食べた~い



ホテルのレストラン



昼食は サンドイッチ
ゆで野菜と いため野菜



野菜が美味しい!

部屋には お湯シャワーがあると言ったけど
・・・やはり出ず

まあ快適に過ごして
次の日

幹線道路を通って ポカラまで行くのですが

道路工事のため
11時からしか 道が開かない

並んで待つ



気長に待っていると 動き出した



工事中の道



これが幹線道路かって思うほどの道
歩くよりはいいと考えることにしよう

途中で トイレ休憩



のどかな いい眺め

タトパニから 車で4時間
ポカラのホテルに到着





やった~ 寝袋を使わずに寝られるよ
お湯たっぷりの お風呂に入ることが出来るよ



極楽 極楽

夕食は いつもの かつ丼



特に 日本食が恋しいわけではないの

あの飽きるほど見たメニューにないモノが食べたい
そんな気持ち

めっちゃ うまい!

やっぱり日本人だね

明日は カトマンズまで移動

あと1回 お付き合いください



スズ、ありがとう。。。


昨日 乗馬教室で
スズの訃報を知りました



スズのドアップ

右がスズ



スズって 女の子みたいだけど
正式名は「スズショウグン」という 立派な男子



スズは 左の前足と後ろ足が白い

顔を見てもわからないから
足でスズを見つける

練習が終わって 厩舎に戻るところ



そして お手入れ



まだ17歳

腰の調子が悪く 夏から乗馬には 出ていなかった
立てなくなって 亡くなったとのこと

馬房には お花とニンジンが
いっぱい供えられていました

みんなに愛されたスズです

今年のお正月から
練習日記をつけています

スズに乗った時の記録を読んでいて
涙が出ました

私はスズに

たくさん教えてもらって
たくさん喜びを感じさせてもらったのよね

ありがとう スズ





きらら☆またやってしまった。。。


朝のきらら

なんて無防備な寝方をしてるんだろ



顔をアップ…目が半開き?(笑)



自宅と別宅

行き来する際に 大事なものを
丸ごと持って移動しています



なんと その一式入ってるカバンの中に
外付けHDDがない

大事なデータが 全部入っているのよ

…自宅に忘れてきてしまった

なんでぇ~~~~



それがないと ネパールの写真が取り出せない
…トレッキングの続きがアップできないよ

住所録も取り出せないから
年賀状も印刷できないし



ホントにガックリ

かといって 取りに行くのも面倒だしなぁ

前に 自宅に戻ってから
パスポートがないことに気づき

日高まで往復したこともある



どうして懲りないのかな
抜けている自分に 腹が立つ



きららの防寒着
馬服みたいでしょ

裏はアルミのシートが貼ってあって
首も お尻も 温かいんだよ

脱ぎ着もしやすくて 超オススメ




NP・トレッキング5日目


11月23日(金)
ネパールトレッキング5日目



コプラダンダ(3660m)から パウドワール(2020m)
1600m下ります

アンナプルナサウスや ダウラギリを
心いくまで眺めました

ここからは帰り道です



朝日が当たる
アンナプルナサウスとテェリチョピーク



雲海と 赤く輝くダウラギリの頂上

チベットパンとオムレツにも
少し飽きてきたかも



いつものように 8時出発
正面にダウラギリ



山に向かって歩くのもいいね



もう見えなくなりますね
さようなら



5人の影で 記念写真



目的地 パウドワールの案内板



今日は この谷の底まで下ります



歩いてきた山々と雲海
「歩いてきたんだね~」と感慨深げ



ダウラギリとニルギリ



この急登を下ってきたよ



ポーターさんも 元気に下ります



お寺って言ってたけど・・・
中には 何もなかった



あの稜線に 泊まったロッジがあったよ



また石の階段が出現



休憩のロッジが見えてきました



大根を干しています
大きなマリーゴールドも見事です



茶店は新しいみたいね



中からの景色は抜群



ポテトを刻む器具で 大根を切ってる



キャベツが見事



ゆっくり休憩して また歩きましょう



急な斜面に 段々畑が見えてきました



上がったり下りたりが 大変そうです



突然 牛が・・・



村が見えてきました



民家ですね



水場で 洗濯中



学校帰りの子ども達
「ナマステ~」って 手を合わせます



お母さん達の 井戸端会議?



学校だそうです



学校の隣にある ここが今夜のお宿



古い建物ですね



こちらが食堂棟





古いけれど 整理整頓バッチリでした



前回の マナスル・トレッキングは
ネパール地震で家々が倒壊したため

どのロッジも新築でした

今回のルートは どのロッジも古かったです

このお宿は・・・すごい



天井は ビニールシートを木で止めていますし
ドアの上下に壁はないし

あまりの凄さに 大笑いしてしまった

初ネパールのまちこさん
ドン引きしちゃったでしょうね

こんなのも平気になって
笑えるんだから

私達も たくましくなったものです

来るたびに
ネパールの電気事情はよくなっています

部屋の電気はいつでも点くから
ヘッドランプも必要なくなりました

以前は有料だった充電も
今では 部屋にコンセントがあったりします

無料のWI-FIが使えたりする

そんな変化を見るのも楽しいものです




きらら☆コタロウくんと雪遊び


11月13日(木)

朝から快晴

コタロウくんを誘って ドッグランに行ってきたよ



きらら フードで前が見えないわ(笑)



ブルブルってすると フードが脱げる



こんにちは~の ごあいさつ



クンクン



コタロウくん お耳がピョ~ン



きららは 撃沈



追いかけっこ





コタロウくん 可愛いな



きらら 最高の笑顔



どうした?



それぇ~~~~~



ベンチの下に避難?







いつもの楽しい時間



きらら 爆走



嬉しいのね~



今日は 寒くなかったよ

ゆっくり過ごして みんな大満足でした




NP・トレッキング4日目


11月22日(木)
ネパールでのトレッキングも 4日目になりました

そうそう いつも3人部屋でしたが
トリプルルームがないってことで ツインが2部屋

この日は 私が一番に場所を選べる日だったので
一人部屋にしました



3人でどのベッドを選ぶか
輪番制です

外にいても 部屋にいても
隣の部屋と 普通の声で会話できるから

3人部屋と変わりません



7時45分 ポーターさんが出発



私達も 早く用意が出来たので
出発しましょう



今日も いいお天気



「あそこの稜線にあがりますよ~」
「え~~~~
」な私達



急登です



突然顔を出したら ビックリするじゃないか!

「それは こっちのセリフだ」



何か見えてきたよ



右の山が ムダイピーク(朝日を見に登ったところ)
真ん中の山が 昨日休憩したロッジ

山を越えてきたのよ



休憩しましょう
急登だったから 息が切れたよ



道がずっと続いています
ダウラギリも見えてきました



「今日は 途中に 休憩ロッジがないのよね?」
「はい、ないです」

あれ?道の先に屋根が見える?



「きゃぁ~~~ロッジ!」
もう着いたの?

まだ11時前です



右の アンナプルナサウス
真ん中が ティリチョ・ピーク
左が ニルギリ



今夜のお宿は 3660m
富士山くらいですね



ロッジにチェックインしているのを待つ間
絶景を堪能



今日は 3時間ほどで着いちゃった

食堂



メニューを撮ってみる



1ルピー=1円 わかりやすいです

フライドポテトを頼むと
これが出ます



「フライド」は 油いためです

早めの昼食

いい景色のロッジですね~



午後から 明日行く予定だった
カヤール湖方面に散策へ



休憩



左側にロッジが見えますよ



だんだん アンナプルナサウスが
近づいてきます

どこまで行くのかなぁ~



しばらく歩いては休憩



急登もあるよ
ザックがないから いいけどね~



上りきって休憩



ロッジが遠くになっちゃった



雲が出てきて 素晴らしい雲海



もう大満足だね ってことで
ここがゴール



パノラマ写真にして
左から ダウラギリ・ニルギリ・ティリチョピーク・アンナプルナサウス



ポーター・息子さんの方
記念写真を撮っています



きゃっ まちこさん 上まで行っちゃった
ここは4000mだよ~ 大丈夫?



みんなで雲海を眺めて





帰りましょう



素晴らしいな



ただいま~

ロッジの右手前の ビニールハウス



ここは ポーターさん達のお部屋
のぞいちゃった



夜は 寒いんじゃないですか?

夕焼け



なんてキレイなの



日の入り



夕食は
カレー・スパゲッティ・フレンチフライポテト



食堂のストーブで暖をとる

湯たんぽと プラスチックボトルにお湯をもらい
湯たんぽダブルで ぬくぬく

毎日 早々に就寝です




NP・トレッキング3日目


11月21日(水)
トレッキング3日目

5時起床 5時半出発
荷物を置いて 丘の上「ムダイピーク」まで行きます


まだ暗いので ヘッドランプで歩きます



山のシルエットが見えます



ムダイピークが見えました



ロッジから 30分ほどで到着
ここは 標高3637m 富士山と同じ位です



今日も快晴 山がキレイですね



ダウラギリ(8167m)は世界第7位



あれ?ワンコがいる!
・・・なんか 見たことあるような



みんなで 日の出を待ちます



ポーターさんが
ポットに紅茶を持ってきてくれました

温かくて 美味しいね

山に 朝日が当たり始めました

ダウラギリ



アンナプルナサウスとマチャプチャレ



日の出です



この優しいお顔



 そして この優しいお目々



首輪を見て 間違いありません
下のロッジで見た 女の子と一緒にいたワンコです

どうしてここに?
あなたの家はどこ?

絶景を楽しむ



アンナプルナと ダウラギリの
両方を眺められるなんて すごい贅沢



記念写真





いつまでも見ていたい景色ですが
そろそろロッジに戻りましょう

朝食は
チベットパン(揚げパン)と オムレツ



8時半 出発
今日もいいお天気ですね



下ります



泊まったロッジ



下にもロッジがありますが
やはり 私達の泊まった 上のロッジの方がいいよね





この写真じゃ見えないかな
写真中央に 今日のお宿の青い屋根が見えます





休憩のロッジです



正面に ダウラギリ



ゆっくり休んで 出発ね







山の上の方に 光る屋根が見えますか
休憩したロッジです



ひと休み



大きな木



ヤク
・・・ってことは この辺りに 人が住んでいる?



谷底まで下りました 渡渉して
隣の山に渡ります



そして また登る~思ったよりも 長かったなぁ

やっと 宿泊のロッジに到着



ロッジから 5時間くらい歩いたね
早朝の ムダイピークの分もあるから もっとだわ



ゆっくり休んで 夕食は

ジャガイモのゆでたのを頼んで
ビニール袋でつぶして ポテトサラダを作る

明太子ペースト・ゆでたまご・マヨネーズも入れて
美味しかったなぁ~

あとは 春巻きと チャーハン



相変らず 美味しそうに見えないですね

でも 美味しいのよ






きらら☆さぶぅ~い


北海道に移住してきた さっちゃん
元気に牧場で 働いています

先日 家に寄ってくれました
きらら 思いっきり甘えています

さっちゃんは 前に黒ラブの女の子と
暮らしていたんだよ



先週は 雪の少ない きらら地方も
雪が積もりました



木に雪が積もって 水墨画の世界
とっても美しいです



金曜日は 自宅に戻りました
猛吹雪と 渋滞で 4時間近くかかったよ

夏は 2時間半です

土曜日は ごりぬいさんとランチ
午後からは こうけいママさんちへ



きららは 寛ぎながら
私と こうけいママさんの話を 聞いているのよね



ママさんが撮ってくれた写真を紹介



夕食は 近くの スープカレー店へ



家に帰って 自宅では こんな感じ



甲状腺の血液検査結果も良好
正常値の ど真ん中でした

3/4錠は 続きます

先生が「変な脂肪がなくなって 体がしまったね」って



今朝は 冷えました
冬の服を着てお散歩







去年より 服が少し大きい?



フードを被って歩くと可愛いのにね



今日は ずっとマイナス気温の
真冬日になりそうです

さぶぅ~い



NP・トレッキング2日目


11月20日(火)
トレッキング2日目

宿泊した タダパニ(2595m)から
ドバト(3450m)へ向かう

標高差は 850m

徐々に 高度も上がってくるから
ゆっくり ゆっくり 歩きます



いつものように6時起床

なんと!山が見える!



朝焼けの 左が アンナプルナサウス 7219m
右が 魚の尾びれの山 マチャプチャレ 6993m

ワンコ達も眺めてます



黒いワンコ



茶色いワンコ



日の出です



キレイだなぁ~~~~

一番天候の良い 11月に来たんだもん
こうでなくっちゃ

7時の朝食
チベタンブレッド(揚げパン)と プレーンオムレツ



トーストと スープの方は こちら



雲ひとつない青空
素晴らしい天気になりました



8時出発
森の中を歩きます



今日も急登ですよ
石段ではなく 土だと歩きやすいです



木々の間から アンナプルナサウス
氷河の融けた水が 滝になって流れています



トレッキングコースは 人が少ないです
静かな山歩き



休憩タイム



標高 2965mまで来ました
もうすぐ3000mを超えますね



案内の地図看板が面白い



山を眺めながらの ティータイム
気持ちが良いし 素敵なんだけど・・・

洗濯物 何とかなりません?



雲が出てきましたね~

さあ また頑張って 歩きますよ



上の方に小屋が見えます
あそこまで行くんですって



急登だ 急登だ



着いた~~~

なんか 食堂の床が 宙に浮いてる・・・
支えの柱 細いよ



ず~~~っと上に 小屋が見えるよ
あそこまで登るの?



ランチは ネパール名物の「モモ」
小籠包みたいなものです

あとは フレンチフライポテト



フライドポテトを頼むと 別の物が出てきます
じゃがいもの油いためです

あとは ネパールの定食「ダル」



ポーターさんや ガイドさんは いつもこれ
カレーと ご飯は おかわり自由

ロバが ガスボンベを背負って行きます
重いだろうね~ 頑張れ~



さあ行きますよ



ちょっとトラバース
上りじゃないと楽ですね



お花がキレイでした



ポーターさん 重い荷物をありがとう

今回のポーターさんは2人
親子です



お宿が見えてきました



ご主人が 石を薄く割って 地面をキレイにしていました
働き者ですね



シャワーが浴びられるらしいけど
私達は 風邪を引いたら困るので 使いません



食堂は ストーブがあって ヌクヌク



ホットチョコレート
城戸ちゃん持参の わらび餅

隣の席の 外国人さんに
「それは何?」と聞かれたけど

わらび餅の説明が出来なかったわ

夕食



たぶん スパゲティと
辛いヌードルスープ

あとは カレーと ライス

赤い色の器は
どうも美味しそうに見えないね~

部屋に暖房はないけれど

湯たんぽを用意してもらって
寝袋の中は ヌクヌク



NP・トレッキング1日目


11月19日(月)
トレッキング1日目



まだ暗いうちから
ロバのガランガランという音が響いてた

早くからお仕事なのかな?

6時起床で準備 荷物も出して
7時の朝食



ロッジの道路を挟んで向かい側
ネパールに来たなって感じます



お天気がイマイチの中
8時出発

泊まったキムチェは 標高1800m
今日の目的地はタダパニ 標高2595m

標高差 およそ800m



ワンコがついてきたワン

ポーターさんが 追い越していきます
ここはまだ車道



吊り橋を渡ります
下が透けて見えます

ロバなどの動物も渡ります
・・・きららは無理ですね



キレイに石畳が敷かれていますが
石の階段は 足が痛くなります



お天気が悪くて 霞んでいますが
中央が 宿泊した村のキムチェ



棚田が素晴らしいけれど
作業をするのは 大変ですね

車道の行き止まりのようです



旅行者が車に乗り込んでいます
トレッキングが終わり ポカラに向かうようです

子ども達もいます
どこから来たのかな



大きな桜の木、満開でした

ここからは生活道
全ての物を人や動物が運びます



村の門



村は ず~~っと上



大根が干してありますね
大きなマリーゴールドが見事です



本当は こんな景色が楽しめるのだと思います
・・・雲 雲 雲で残念



欧米人で賑わっています



私達もティータイム



休んでから また歩きます



え~~~っ ここを登るの?
ってほどのクネクネ急登です



でもね お花が癒してくれますよ



登る 登る 石段登る
息切れがするわ~



タダパニの領域に入ったようです



12時半です ランチですよ

女の子に 何をされても穏やかなワンコ
優しい顔をしていますね



ランチは ヌードルスープ
インスタントラーメンです



あっさりしていて 適度な塩分もいい
元気が出ます

さあ行きましょうか



ロバが 薄く割った石の板を運んでいます
このあたりでは 屋根に敷いて使っているようです

重いでしょうね



案内板がありました
黄色い〇が 今日の目的地タダパニ



タダパニは 大きな村ですね~



今日のお宿に到着
14時半です

ってことは
休憩を含めて 6時間半歩きました

休憩は長いです

料理が出来上がるまで
すご~く時間が掛かるからです



宿に着くと サンダルの履き替え
ダウンを着たり 足や体を拭いたりして

そのあと 食堂で オヤツ&ティータイム
夕食まで ゆったり過ごしましょう

今夜のお部屋

3つベッドがあると・・・床がないじゃないか!



今日は たくさん歩いたな~

食事はメニューを見て 食べたいものを頼み
みんなでシェアします

なぜかな・・・夕食の写真がない

明日は しっかり紹介しなくっちゃ




カトマンズから


カトマンズに着いても
そこからトレッキングが始まるわけではないです

11月18日(日)
7時50分の飛行機で ポカラに向かいます

朝早く ホテルで朝食
国内線のターミナルへ

搭乗手続きのカウンター



いろんな航空会社があり
それぞれ 窓口が1つ

私たちの乗る ブッダエアーは
大きな航空会社なので カウンターがたくさん



行き先別に 1つずつ窓口があります
混んでますね

どうやら ポカラ行きは 遅れているようです
・・・いつものことで 今日中に飛べばいいかな

しばらく待って チェックイン
そして 搭乗ゲートで長々と待つ

混雑した搭乗ゲートのベンチに座り
人間ウォッチングが楽しい

持参したお弁当を食べる人
大きな荷物をたくさん持っている人
思いっきり オシャレしている人

日本人ツアーの団体さんもいました

かなり待って やっと飛行機へ



飛行機に乗ってからも なかなか動かず

やっと離陸

窓から 少し雲のかかったマナスルかな



飛んでしまえば30分かからない

でも・・・すでにお昼
何時間遅れなんだ?3時間半の遅れか?

陸路を行けば 6時間かかる
そう思えば いいか(笑)



ポカラの空港
左手に 荷物の受け取り場所があります



荷物が運ばれてきたよ



ターンテーブルは無く
職員さんが台の上に載せる



コンテナを指さして「あれだ 青いのだ!」というと
早く渡してもらえるみたい

上から順に運んだ方が 早いと思うけどね

荷物の半券と引き換えってところが
なかなかキチンとしているわ

車で10分ほどのホテルに移動



ここのロビーで スーツケースの荷物を
ポーターさんの持ちやすい ダッフルバックに移し替えます

スーツケースは ホテルに預かっておくよ

さあ トレッキングスタートのキムチェまで
ジープで移動

およそ3時間
揺られ揺られて 着きました

今回は 前回の反省を生かし
首のクッションを持参しました

今夜のお宿



このベットに 寝袋で寝ます



外のテーブルで ティータイム



カウベルのような ガランガランって音がするので
道路を見たら



荷物を運ぶためのロバさん
運び終わった帰りかな



夕食は 電気が暗いせいか
食器の色のせいか 美味しそうに見えませんね



お疲れさま
やっとトレッキングの スタート地点に着きました

長い道のりですね

今回も 楽しい旅にしましょう
早々に おやすみなさい



ネパールへ


11月16日(金)

新千歳空港から ソウルへ
まささん、まちこさんと3人です

いつからか ソウル行きの朝の便がなくなって
今回は午後の便

ソウル到着が夜なので
カトマンズ行きに乗り継げない

・・・そこで 空港ターミナルの
ゲート内にある トランジットホテルに泊まることに

韓国に入国せず
ゲート内なので とっても便利

キレイだし 快適
ゲートの椅子で寝るのは疲れちゃうからね

高いのは仕方がないかな

朝食は フードコートで
韓国料理「冷麺」



コチジャンたっぷりで辛い!
全部 溶かせなかったわ

成田から来た きどちゃんと合流
今回は4人旅です

カトマンズ行きに乗ると
お楽しみの機内食「ビビンバ」



カトマンズに着くと
いつものように プラカシュさんのお出迎え

車で定宿のホテルへ



今回は 男性1人 女性3人なので
シングルルームと トリプルルーム

私達は ツインと エキストラベッド





ぐっすり寝て 出発です



国内線で ポカラへ移動です

まちこさんは 初めてのネパール
ドキドキしてるんじゃないかな

みんなで楽しもうね

さあ 旅の始まりです