古都カラコルム


先週から 北アルプスに登ってきました

お天気はイマイチながらも
薬師岳と 黒部五郎岳に登頂できました

旅の記録を のちのち紹介しますね

さて 憧れのカラコルム

キャンプに到着してから
車で出掛けました

20190731IMG4012.jpg

うわぁ~~~~これ これ!

20190731IMG4013.jpg

この仏塔が並ぶ景色
これが見たかったんだよ

20190731IMG4014.jpg

かつての モンゴル帝国の首都でした

モンゴルでは「カラコルム」を
「ハラホリン」と呼んでいます

朝青龍のお父さんの故郷です

20190731IMG4015.jpg

チベット仏教の寺院エルデネ・ゾー

20190731IMG4016.jpg

仏塔が敷地をぐるっと囲んでいます
写真じゃ伝わらなくて残念

20190731IMG4017.jpg

寺院の門

20190731IMG4018.jpg

中は撮影できませんが
仏画とか 仏像とか とてもキレイでしたよ

20190731IMG4019.jpg

アジアの人よりも
欧米人がたくさん来ていました

20190731IMG4022.jpg

かつてのモンゴル帝国は
どんな感じだったのかな

20190731IMG4024.jpg

そんなことを想像しながら
素敵な時間を過ごす

20190731IMG4025.jpg

チベット仏教なので
マニ車もあります

ネパールとか チベットと 
繋がっているんだね

20190731IMG4028.jpg

次は博物館・・・と思ったら
ちょうど閉館したところでした

門の所に
大きなチェス

20190731IMG4027.jpg

楽しそうでしたよ

疲れをゆっくり取って
明日からは 帰り道

頑張らなくっちゃ


大いびき


1歳馬は 昼夜放牧と言って
夜も 放牧地で過ごしています

昼間は 見通しが良くて
外敵が良く見えますが

夜は 真っ暗なので 見えません

そこで 馬たちは
常に移動して 身を守ります

ですから 運動量が多く 疲れます
(その運動量が目的です)

朝 ひと休みしに馬房へ

どこからか 大いびきが聞こえてくる
どこだ~?

ここだ

(音量 大きくしないと聞こえないかも)



母ナイトと 父オルフェーブルの子

期待の星ですが・・・笑える



きらら☆新しい特技


パパさんが帰ってくると

玄関で 夕刊をもらいます

咥えてリビングに運んで

20190724165405.jpg

こうやって 手にのせて
「とってください」ってします

あたしって お利口さんだと思います
by きらら


大雪山


毎年7月は大雪山に行きたい

今年もまっちゃんと行ってきました
しかし・・・晴れ予報が 雨マークに変わっちゃった

ごりぬいさんから「晴れて良かったね~」メール
「雨です」

20190724RIMG7850.jpg

今週は 北アルプスに遠征だから
登って鍛えておかないとね

20190724RIMG7853.jpg

雨だけど
ウコンウツギが美しい

雨には 雨の良さもある

20190724RIMG7855.jpg

大雪山のこの時期は
残雪と高山植物が素晴らしいんだよ

20190724RIMG7858.jpg

大雪山黒岳石室にお泊り

寝袋・食料・水など
かなりの重さ

20190724RIMG7860.jpg

汗と 雨とで ぐっしょり
そして 肩に食い込むザック

20190724RIMG7861.jpg

重いザックを背負って上るのはキツイ
少し歩いては ひと休み

まっちゃん 申し訳ないね~

トリカブト

20190724RIMG7862.jpg

リフトから 1時間半なんだけど
ザックが重い分 もうちょっと掛かったかな

黒岳頂上

20190724RIMG7864.jpg

ガスガス

コマクサが 健気に咲いてた

20190724RIMG7866.jpg

石室に向かって下ります

20190724RIMG7867.jpg

下りになった途端・・・楽!

20190724RIMG7868.jpg

今年も ナキウサギに会えたよ
「ナッキー~」お耳が丸い

20190724RIMG7869.jpg

石室まで あと少し

20190724RIMG7871.jpg

チングルマが素晴らしいね

20190724RIMG7873.jpg

石室に到着
お疲れさま~

20190724RIMG7874.jpg

受付をして 寝床を確保
1泊 毛布付き 2000円

食事は自炊

20190724RIMG7875.jpg

夕食は ジンギスカン
まっちゃんが 用意してくれたよ

20190724RIMG7876.jpg

重かったでしょう
ありがとね

汗と雨で 下着まで濡れた
なかなか乾かなくて 寒かったわ

夏でも低体温・・・気を付けなくっちゃ

朝まで爆睡



朝 目が覚めると・・・

晴れてるじゃないか!

20190724RIMG7877.jpg

急がなくっちゃ

20190724RIMG7880.jpg

朝ご飯の荷物を用意して出発

20190724RIMG7881.jpg

わ~い!
素晴らしい 残雪の景色

20190724RIMG7882.jpg

これが見たくて来たのよ

20190724RIMG7883.jpg

素敵だね~
あの丘の上まで頑張るよ

20190724RIMG7886.jpg

着いた~
お鉢平展望台

20190724RIMG7887.jpg

ここが お鉢平
「カムイミンタラ」神々の遊ぶ庭

20190724RIMG7888.jpg

ここでの朝ご飯
最高の贅沢なんだ

20190724RIMG7889.jpg

朝ご飯は 私の担当

朝カレー&ウインナー&サラダ

20190724RIMG7890.jpg

朝から こんなに食べていいのかしら
あっ ご飯は小さめサイズを買いました

至福の時を満喫

あらら 曇ってきたわ

20190724RIMG7891.jpg

急いで まっちゃんとの記念写真

美味しい
絶景を堪能

満足 満足で 下山

食料・水が無くなって
ザックの軽いこと

しかも下り

足どりも軽い

20190724RIMG7901.jpg

リフトは霧

20190724RIMG7903.jpg

黒岳ロープウェイは
観光客で 混雑していたよ

20190724RIMG7904.jpg

層雲峡に下りて 温泉へ

山のあとは 温泉だよね~
気持ちいいな

そして 山のあとと言えば
ラーメン

20190724RIMG7905.jpg

上川で 旭川ラーメンを食べて
帰りました

久しぶりの山歩き
大雪山は きららは行けないけど…今度ね

今週の北アルプスが楽しみです



モンゴル4日目


久しぶりの投稿ですね~
筆が進まない(笑)

前回の記事
みなさん 笑っちゃったでしょ

朝のキャンプ
青空が気持ちいいよ

20190717IMG4002.jpg

キャンプの周りは 見渡す限りの草原

今日は 世界遺産「カラコルム」を目指します

20190717IMG4005.jpg

ゲルが客室
右手の建物が食堂

20190717IMG4007.jpg

食堂の中
整然として きれいです

20190717IMG4009.jpg

朝食

20190717IMG4010.jpg

馬管さんが 鞍をのせて準備中
私の馬「とっちー」

20190717RIMG7769.jpg

馬管さんの馬
目の周りとか白くて 可愛いの

20190717RIMG7771.jpg

キャンプのみなさんが お見送り

20190717RIMG7773.jpg

明日 カラコルムから 戻ってきます
「また明日ね~」

さあ 今日は45kmもあるんだって
果てしなく続く道を・・・また歩くのか?

20190717RIMG7776.jpg

こんな平らな所 走ろうよ

20190717RIMG7780.jpg

朝8時に出発して
お昼まで ひたすら進む

ほとんど歩き ときどき速歩(はやあし)

お昼のお弁当は車の中

20190717IMG4011.jpg

遠く 向こうの山の麓に
カラコルムが見えてきたよ

街が見えるけど 写真じゃ わからないね
遠いわぁ~

20190717RIMG7786.jpg

こんな感じで進む
今日は 引き馬じゃないよ

20190717CIMG6040.jpg

馬は 家から離れていく方向は
あまり行きたがらない

「帰ろうー」「帰ろうー」って 立ち止まる

20190717CIMG6041.jpg

ガイドさんの馬は 特にそうなんだよね
だから 馬管さんが引っ張る

途中 遊牧民のオジサマと遭遇
ひつじを管理してたよ

20190717RIMG7788.jpg

立ち話が始まる

20190717RIMG7789.jpg

内容は不明だけど

「どこの誰だ~」とか
「どこに行く~」とか

そんなことを話しているに違いない

すごーく平らな草原
パッカパッカ走ったら 速く進むのにな

20190717RIMG7792.jpg

遊牧民の家が ポツーン

夜は静かでしょうね
満天の星は 素晴らしいだろうな

20190717RIMG7795.jpg

やっと カラコルムの街が近くなった

20190717RIMG7798.jpg

キャンプはどこだ~
・・・って 街の一番奥だって

20190717RIMG7799.jpg

仔馬が こっちをガン見
可愛いな

20190717RIMG7800.jpg

まるで西遊記の三蔵法師だな

馬に乗って 楽そうに見えるけど

ほとんどが歩きだから 景色も変わらず
果てしなく長い

太陽に当たって 干からびそう
眠くなるし

朝の8時に出発して
キャンプに着いたのは17時

なんと9時間も歩いた

さすがに疲れたよ

駈歩(かけあし)していれば
昼過ぎには着いたはず

キャンプの食堂

20190717IMG4030.jpg

うん 夕食は美味しい

page_201907241339438b0.jpg

17時に到着して
世界遺産の見学に出かけたよ

「やっているの?」と思ったけれど
ギリギリセーフ

見たかった カラコルムの世界遺産
その様子は 次回ね


モンゴル3日目


モンゴルに着いて
3日目

朝食はパンとスープ

20190716IMG3993.jpg

今日から トレッキングに出かける

前回は 同じキャンプにいて
毎日 あっち方面 こっち方面に向かっての乗馬
いわいる滞在型だった

今回は このウギー湖から
モンゴル帝国の都「カラコルム」に向かう旅
移動方の乗馬

ウギー湖から カラコルムまでは およそ80km
2日間で行って

20190716CIMG6018.jpg

カラコルムに着いたら 遺跡の見学をして
また戻ってくる

合計4日間 160kmです

メンバーは

馬管さん(遊牧民) 日本語ガイドさん 私で 馬3頭
車が伴走するので ドライバーさんがいて 合計4名

私ひとりのために モンゴリアン3人に同伴してもらう
なんて贅沢な旅でしょう

準備OKだよ~

20190716CIMG6019.jpg

あれっ 馬管さん・・・
昨日の17歳の子の お兄ちゃん19歳だって

聞くと 馬は子どもの時から乗っているけど
お客さんを案内したこと・・・ないと思う(大丈夫か?)

本当は お父さんが行くべきだったらしく
あとで問題となる

20190716CIMG6025.jpg

私は 馬管さんに 手綱をつかまれ
馬管さんの馬のお尻に 足が当たって痛い

頼むから ひとりで行かせてちょうだい

20190716CIMG6030.jpg

しかも この中上級者対象のコースなのに
日本語ガイドさんが・・・馬に乗れないって ありえない

「なんでだー!私は 走りに来たんだぞ~」

20190716IMG3995.jpg

下りて休憩・・・って 疲れてないし

ウギー湖が見えた
ここまで よく歩いてきたね

20190716IMG3996.jpg

お昼になったので お弁当タイム
車の中で ゆっくり食べる

20190716IMG3999.jpg

「引き馬しないで ひとりで乗りたい」と言うと

「安全のためです ご理解ください」って
リーダーっぽいドライバーさんに言われ 諦めたよ

安全って・・・ガイドの安全?

駆け回りに来たのに
ひたすら歩く

20190716RIMG7757.jpg

草原は 歩いても 歩いても
景色が変わらない

陽射しが強い

あっ 何か見えてきた

20190716RIMG7765.jpg

博物館らしいけど

次のキャンプまで行ってから
車で見学に行くんだって

つまり 歩いているから
なかなか進まないってこと

20190716RIMG7766.jpg

やっと今夜のお宿が見えてきた
見えてからが長い

20190716RIMG7767.jpg

キャンプに到着

馬ちゃん お疲れさん
私の馬は 栃栗毛っぽいから 「とっちー」

20190716RIMG7768.jpg

キャンプの門

20190716CIMG6032.jpg

宿泊のゲルと 右は食堂

20190716CIMG6033.jpg

少し休んで 車で博物館の見学

20190716CIMG6035.jpg

18時の夕食

page_201907161925392e3.jpg

なーんか疲れちゃったな

モンゴル乗馬で 思いっきり走り回る予定が・・・

旅行会社に電話しようにも
電波はないし いまさらメンバーチェンジも無理だろう

「ガイドさんは車に乗って!私と馬管さんとで走って行くから」
とも言いにくい

こんな時 どうしたらいいのかしらね
それよりも 明日は45kmだぞ

今日の調子なら
いつ着くかわからないわ




モンゴル2日目


ぐっすりと眠って
爽やかな朝

外を見ると 牛

20190713IMG3940.jpg

このキャンプは
モンゴルで一般的なホテル

ガイドさんと ドライバーさんは
コテージに泊まったそうですよ

20190713IMG3943.jpg

朝食
揚げパンと ソーセージは モンゴルの定番

page_20190713173648fd3.jpg

今日は この車で長距離移動

ホーストレッキングのスタート地点
「ウギー湖」までの ドライブです

20190713IMG3946.jpg

国道を走っていると
ヒツジの群れが横断

20190713IMG3948.jpg

毛刈り前のヒツジ達

20190713IMG3949.jpg

国道から けもの道のような
道なき道に入ります

そこでランチ
キャンプで持たせてくれた お弁当

20190713IMG3951.jpg

食べて また出発

湖に出たら
いきなりの馬・・・入水中

20190713IMG3954.jpg

湖の見える 今夜のキャンプに到着
眺めがいいね~

20190713IMG3955.jpg

私は いつも一人部屋
3つのベッド

20190713IMG3957.jpg

キャンプからの眺め
たくさんのヒツジの群れや ヤギの群れ

向こうの方に 別のキャンプも見えるよ

20190713IMG3958.jpg

これぞモンゴル~な景色

20190713IMG3961.jpg

さっきの馬たち まだ入水中

今日は30度を超えていたからね~
暑いから水に入っているのかな

20190713IMG3963.jpg

馬が3頭やってきた

20190713IMG3964.jpg

近くの遊牧民の馬
連れてきたのは 17歳の息子さん

20190713IMG3965.jpg

黄色い服はお父さん?(ってあとで気がついた)
鞍をのせて セッティング

20190713IMG3966.jpg

明日からの トレッキングにむけて
軽く乗馬

20190713IMG3974.jpg

馬のヒザ上までの水に浸かりながら歩いたよ

夕食は お肉
赤いのは ビーツ

去年は 日本人用のキャンプに滞在したけれど

今回は 一般の人が泊まる
ローカルキャンプ

だから 食事も日本人向けではないです

20190713IMG3982.jpg

私は 美味しくいただきました

キャンプの番犬

20190713IMG3983.jpg


仲良しの2頭なんだけど
左のワンコ すごい毛玉だった・・・



きららクイーン


三石の花農家さんから
お花を頂いたよ

20190713CIMG1195.jpg

日高は 馬だけじゃないんです

お花も 「ニシパの恋人」っていうトマトも
三石牛に びらとり牛・・・
いろいろあるんだよ~

20190713CIMG6067.jpg

凄い雨の中をお散歩
タオルで乾かしても 濡れてる

こんなメロンを発見!
「きららクイーン」

20190713CIMG6068.jpg

栗山のメロンです
思わず買っちゃった

美味しいといいな

雨の中 牧場へ

馬房で 放牧を待っている親子
「早くお外に行きたいよ~」

20190713CIMG6062.jpg

去年の5月に生まれた
オルフェーブルの仔 思い出の写真です

20190713CIMG4379.jpg

1年経った今

20190713CIMG60681.jpg

大きくなったね~

先日 関節とかの骨格を調べる
レントゲン検査があったのだけど

体が大き過ぎて
骨の成長が追いついていないらしい

急がずに ゆっくり しっかりと
体を作っていくといいです とのことだったそうです

牧場の中でも 最後の方に生まれたのに
一番大きい

期待の星ちゃん
走っておくれよ

20190713CIMG60651.jpg





そろそろモンゴル話


すっかり遅くなってしまったね~
ずいぶん前に モンゴルに行ってきたのよ

モンゴルの首都ウランバートルへの直行便は
モンゴル航空のみ
しかも週何便かしか飛んでいない(季節により違う)

でもね 運航スケジュールが意外と便利

成田空港発14時40分だから
北海道からでも当日移動で余裕あり

帰りも 成田空港13時40分着だから
北海道に余裕で帰ることが出来ます

20190711IMG_3924.jpg

ウランバートル行きは満席
ほとんどモンゴル人

日本人観光客は とても少ないです

5時間くらいで
ウランバートルの チンギスハーン空港に到着

入国審査・荷物の受け取り・税関は とても素早い
予定よりも早く外に出られたわ

出た所に 日本語ガイドさんが待っていてくれたよ
「きららママさん」って紙を持ってるから すぐにわかります

ドライバーさんと 日本語ガイドさんと 私
これから3人旅が始まります

1時間半くらい走って
今夜のお宿に到着

20190711IMG_3925.jpg

20190711IMG_3945.jpg

そろそろ薄暗くなってきた

ワンコのお出迎え

20190711IMG_3927.jpg

私のお部屋

20190711IMG_3928.jpg

室内

20190711IMG_3933.jpg

このキャンプは 日本人用ではなく
一般の宿泊施設

遅くなったけど 夕食タイム

page_201907111446539a9.jpg

さあ これから 肉々生活の始まりだよ~

ゆっくり寝ましょう


お受験の続き♪


筆記試験は
覚えることがたくさんあって

なかなか苦労したよ

馬の部位
なんと 55個もあるんだ

絵をクリックすると
大きな絵が出ると思います

20190709IMG00011.jpg

見えにくいけど

㉚ 前膝(まえひざ)ね
じゃあ 後膝(あとひざ)は ど~こだ?

㊹でしょ・・・ところが ㊷なのよ
なんでだ~!

㊶は なんだと思う?
腿(もも)だと思わない?

ところが ㊶は 股(また)なんだ
股って 内側だろ~!

と 突っ込みどころ満載(笑)

足の裏(ひづめ)だけでも
10個以上の名前がついているんだよ


実技の動画

恥ずかしいけれど アップするね
長いから 半分のダイジェストにしたよ

もちろん 大失敗の部分はカット

でもね~ ダメだね~

あんなに練習したのに
注意されたことが 全然できていないわ

また頑張るよ~

[広告]
 

あっ アプリのCMが消えない・・・

失敗しても 合格は合格
(と 開き直り)

これも私の努力賞記念



お受験


乗馬ライセンスの 試験を受けました

試験を受けるなんて
いつ以来のことかな

結果は

何とか 合格できました

相棒馬は「チュラククル」11歳

20190707CIMG1178.jpg

私の大好きな栗毛ちゃん
目が可愛いの

20190707135422.jpg

初めて乗った時に
「相性がいいかも」って思うほど 乗りやすかったの

だから 「試験はチャラククルで行きましょう」って言われて
とっても嬉しかったよ

まずは 筆記試験

元々 暗記科目が苦手なところにきて
加齢による 記憶力低下が著しく

猛勉強するも 全然頭に残らず 苦労しました

でもね たぶん ほぼ満点だったと思います
(まだ 点数は聞いていませんけど)

そのあとは 実技試験

試験は 私が1番手でした
緊張したよ~~~~~

201907071004231.jpg

試験は 正装です

ジャケットの下に プロテクターをしているから
パツンパツンで きっついわぁ~

201907071005381.jpg

途中 1回止まっちゃって…失敗しちゃった
すぐに駈足出して続けたよ

何とか 経路も間違わず
無事に 最後の敬礼

201907071006201.jpg

チュラが頑張ってくれたから・・・

そう思うと 泣きそうになったよ

下馬して 記念撮影

2019070710100911.jpg

チュラは 今日は試験だからって
スタッフさんが たてがみを編んでくれて お洒落したんだよ

・・・見えないね~

今回受験したのは3級でした
2級を取るまで頑張りたいと思っています

まだまだ これからも頑張るよ





きらら☆7月なんだねぇ~


気がつけば7月
夏なんだね~

毎日雨ばっかりだったよ
これから晴れるのかな

20190706CIMG6055.jpg

時間を気にしない
ゆっくり散歩は楽しいな

20190706CIMG6057.jpg

ひと休み
だはぁ~な顔もいいでしょ

20190706CIMG6056.jpg

陽射しも強くなく
気温も高すぎず

気持ちがいいな

20190706CIMG6060.jpg

「また どっか行きたいね~」

「おか~さんばっかり行ってるじゃないですか」

「今度は一緒に行こうよ」


きらら☆8歳になりました


なんでかな

ハウスの外から 顔を突っ込んで
ご飯を食べる

飼い主に似て ナマケモノだね

20190703CIMG1181.jpg

窓から 外を眺めるのが好き

20190703CIMG1182.jpg

今日は きららの
8歳のお誕生日

ティティーの時からの
我が家の恒例行事

20190703CIMG1188.jpg

デコレーションケーキと記念写真
100円ショップの 帽子をかぶってくれたよ

さあ 食べようね~
舌を大きく広げて ペロッてしたわ

ここでオシマイ
スポンジ部分をあげて

あとは おと~さんと おか~さんが
食べてあげるよ

20190703CIMG1189.jpg

プレゼントは・・・特別ないのよ

パパさんが買ってくる ぬいぐるみが
大量にあるからね

我が家に来た日の きらら

20190703IMG0244.jpg

仙台空港から
飛行機に乗って来たんだよ

20190703NEC0076.jpg

8歳のお誕生日を迎えられたことは
心から嬉しく思う

毎日一緒に過ごして
幸せをくれる

大切な家族

来年も お誕生日ケーキを
食べられるといいね

20190703CIMG1194.jpg

きらら 我が家に来てくれて
本当にありがとう

人が大好きで
誰にでも 「大好き~」って寄って行く

そんな所も好き

お誕生日メールをくれたお友達
感激しましたよ

私は記念日に疎くって
ほとんど意識していないんだよね

きららのお誕生日も 昨夜気が付いたし
パパさんの誕生日も忘れそうになる

なのに

きららのお誕生日を覚えていてくれる人がいるって
すごいなって思うし
本当にありがたいものですね

心から感謝しています
ありがとう